埼玉医科大学病院
  • 大学病院

埼玉医科大学病院

さいたまいかだいがくびょういん

画像 見学体験記 1件

3病院自由選択プログラム(38名)、研究マインド育成自由選択プログラム(5名)、総合医育成広域連携病院自由選択プログラム(6名)、周産期・成育医療専門医自由選択プログラム(4名)、外科系プログラム(定員2名)

Image thumb a184393312eae2bf2520
2020研修医です。
Image thumb 7ea7d577b3dcfc2d0a82
整備された専用研修医室、Wi-Fi
Image thumb 5759cf782cbaa94c7a10
縫合手技レジデントトレーニング
Image thumb a83a8b81fc62e7f7b3ab
毎週行われるランチョンセミナー
■ 病院情報ここをチェック!
指導医数
(2020年度時点)
140名
初期研修医
(2020年度時点)
卒後1年次の初期研修医数
33名
給与 卒後1年次(月給/年収)
月給 340,000円/年収 -円
当直回数 1年次4回/月
■ 採用関連情報
病院見学実施日
随時
採用予定人数 55名
昨年度の受験者数 68名
試験日程
2020年8月8日、22日

この研修プログラムの特徴

埼玉医科大学病院初期臨床研修プログラムは、「広い視野と知識を有する優れた臨床医の育成」を目的として作成されており、現役研修医や指導医たちの生の声をリアルタイムに反映させ、年々充実してきております。
研修プログラムは3病院自由選択プログラム、研究マインド育成自由選択プログラム、総合医育成広域連携病院自由選択プログラム、周産期・成育医療専門医自由選択プログラム、外科系プログラムに分かれています。3病院自由選択プログラムは、あらゆる診療科に進む研修医に適しており、自由度を高めることで各研修医の希望を最大限取り入れてオーダーメードに近い研修が行えるように配慮しています。
研究マインド育成自由選択プログラムは臨床研修と大学院を同時期に学べるように配慮されたプログラムです。
総合医広域連携病院自由選択プログラムは当院の指導医が推薦するあらゆる診療科に進む研修医の基盤づくりに適しています。一方、周産期・成育医療育成専門医自由選択プログラムは産婦人科・小児科それぞれの専門診療科に進むことを念頭に、効率的な研修ができるように配慮されています。また平成27年度には外科系の専門医取得を目指している研修医向けに外科系プログラムを新設しました。
特徴:
医療圏内に総合病院が存在しない、全国でほとんど唯一の大学病院 
◆豊富で多彩な症例数 
◆プライマリ・ケアに適している 
◆多彩な地域医療研修施設(埼玉県、長崎県、北海道、東京都、千葉県、新潟県)
◆プライマリ外来診療制あり 
◆フレキシブルな研修プログラム 
◆充実した指導・サポート体制 
◆指導医の数と質の充実 
◆研修医の担任制度あり 
◆初期研修から後期研修(常勤)への継続可 
◆優秀者表彰制度あり

研修病院タイプ
基幹型
URL

■ こだわりポイント

  • 症例数が多い
  • 指導体制が充実
  • 施設設備が充実
  • 産休育休取得者あり

研修スケジュール例

4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
1年次 OR・導入研修 内科 救急 小児科(必修) 内科 産婦人科(必修) 内科
2年次 精神科(必修) 地域医療 自由選択 予備・調整
地域医療研修施設は埼玉県内各地、長崎県、北海道、新潟県、千葉県、東京都等多彩な施設から選択可能である

研修病院の例

4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
1年次 埼玉医科大学病院 総合医療C 埼玉医科大学病院 国際医療C 埼玉医科大学病院
2年次 埼玉医科大学病院 地域医療施設 埼玉医科大学病院 国際医療C 地域保健施設 埼玉医科大学病院 総合医療C 埼玉医科大学病院
〈研修方法の基本条件〉
・初期臨床研修2年間における研修を導入研修、内科必修研修、救急必修研修、選択必修研修、地域医療研修、自由選択研修に大別する。
・導入研修以外の1年目の研修における診療科は、埼玉医科大学病院および、協力型病院である埼玉医科大学総合医療センター、埼玉医科大学国際医療センターの全ての診療科から選ぶことができる。2年目においては、自由選択研修期間の“11ヶ月間”は、埼玉医科大学病院ならびに協力型病院である埼玉医科大学総合医療センター、埼玉医科大学国際医療センターおよび地域の研修協力病院の全ての診療科から選ぶことが出来る。なお、基幹型病院の性質上、2年間の研修期間のうち12ヶ月以上は、埼玉医科大学病院において研修を行う。


研修環境について

在籍指導医
(2020年度時点)
合計 140名

(厚労省の開催指針に則った指導医講習会修了者)
在籍初期研修医
(2020年度時点)
合計 66名

卒後1年次の初期研修医数
33名 (男性 18名:女性 15名)
主な出身大学 山形大学, 埼玉医科大学, 杏林大学, 金沢医科大学, その他

卒後2年次の初期研修医数
33名 (男性 24名:女性 9名)
主な出身大学 秋田大学, 埼玉医科大学, 大分大学

在籍専攻医・後期研修医
(2020年度時点)
合計 34名 (男性 23名:女性 11名)
主な出身大学 北海道大学, 弘前大学, 群馬大学, 埼玉医科大学, 杏林大学, 帝京大学, 東京医科歯科大学, 日本医科大学, 聖マリアンナ医科大学, 東海大学, 信州大学, 金沢医科大学, 愛知医科大学, 藤田医科大学, 高知大学, 福岡大学, 産業医科大学

カンファレンスについて
研修医ランチョンセミナー(週1回)、各診療科カンファレンス、臨床病理カンァレンス(年11回)
協力型施設
埼玉医科大学総合医療センター、埼玉医科大学国際医療センター
研修修了後の進路
後期研修医(常勤採用)への継続、大学院生(社会人大学院制度あり)、地域関連病院での継続研修

給与・処遇について

給与
卒後1年次(月給/年収)
月給 340,000円/年収 -円
卒後2年次(月給/年収)
月給 340,000円/年収 -円

月給は基本給25万円に諸手当を含む平均額 賞与別途支給あり50万円/年
諸手当:日・当直手当、時間外手当、住宅手当、通勤手当、扶養手当
医師賠償責任保険
個人にて加入
宿舎・住宅
あり
宿舎 20,000円/月

 
月額20,000円(光熱水費込)リネンサービス
研修医専用 48室完備(24時間管理人駐在)

社会保険
公的医療保険、公的年金保険、労災保険、雇用保険に加入
福利厚生
研修医室(個人専用机、Wi-Fi、ロッカー、電子カルテ、冷蔵庫、電子レンジ、書庫等)研修医専用(当直室、シャワー室)インターネット接続PC6台(共用)白衣貸与(クリーニングは病院負担)
学会補助
あり

当直回数
1年次 4回/月
2年次 4回/月

1年次:約4回程度/月
2年次:約4回程度/月
当直料
1年次 10,000円/回
2年次 10,000円/回

休日・有給
月9休制
有給休暇:初年度10日

病院見学・採用試験について

病院見学
病院見学実施日
随時
見学時交通費補助:あり

病院HPより見学申込書をダウンロードし、E-mailまたは郵送にて希望日の2週間前までに申し込みください。見学時に宿泊施設の利用をご希望される場合は、宿泊施設申込書をHPよりダウンロードし、E-mailまたは郵送にて送付して下さい。


【送付先】
〒350-0495 埼玉県入間郡毛呂山町毛呂本郷38
埼玉医科大学病院 臨床研修センター事務室 宛
E-mail:kenshui@saitama-med.ac.jp
試験・採用
試験日程
2020年8月8日、22日
選考方法
面接
採用予定人数
55名
昨年度の受験者数
68名

応募関連
応募書類
1.当院所定の申込書(HPよりダウンロードしてください)2.当院所定の履歴書(HPよりダウンロードしてください)http://www.saitama-med.ac.jp/resident/moro/program_junior_resi.html#3

応募締切
◎ 詳しくは、 埼玉医科大学病院臨床研修医募集HPをご参照くださいhttp://www.saitama-med.ac.jp/resident/moro/index.html
応募連絡先
埼玉医科大学病院 臨床研修センター事務室
TEL:049-276-1862
E-mail:kenshui@saitama-med.ac.jp

医学生の方へメッセージ

研修管理委員会 委員長/脳神経内科・脳卒中内科山元 敏正 出身大学 : 埼玉医科大学
写真
 初期臨床研修の目的は、医療に関わる基本的な知識と技術を習得し、患者さんを全人的に診る臨床能力を身につけ、かつ、適切なプライマリ・ケアを行えるようにすることです。また、この時期に医師としての人格を涵養することも重要です。初期臨床研修に携わる2年間は、将来の皆さんの臨床医としての能力を左右する最も重要な期間です。研修でどれだけ多くの患者さんの診療に関わる事ができるか、そしてどれだけ多くの事を学ぶ事ができるか、それによって将来の臨床能力に大きな差が生まれます。医師としての臨床能力の多くはこの時期に養われると言っても過言ではありません。埼玉医科大学の理念は”良き臨床医の育成”であり、そのため、医師の臨床能力の向上に特に力を注いでいます。埼玉医科大学は3つの基幹型の大学病院を持ち、それぞれに特徴をもった診療科があります。専門診療科で経験豊富な指導医のもと、様々な診療経験を積む事ができます。初期研修プログラムの中には3病院共通の自由度の高いプログラムが用意されています。例えば、3病院自由選択プログラムでは、3病院の中から皆さんが希望する診療科を回ることができます。この他、研修医の希望に応じて最も適切なプログラムを選択できるようになっています。3つの埼玉医科大学病院は埼玉西部地区の基幹病院であり、沢山の患者さんが来院されます。地域に根ざした大学病院であり、多くの疾患を経験する事ができます。この症例数の多さは、皆さんの診療経験にとって最も重要なポイントです。 この病院群には最新鋭の設備が整っており、我々は常に高度先端医療も目指しています。このような環境の下に、科学的な思考やリサーチマインドを持った医師を育成する事も我々の重要な役目です。
最後に最も重要な事、それは優しく熱心なスタッフが揃っている事です。この点はどの病院よりも自慢できるポイントです。是非、3当院に見学に来て下さい。
 初期臨床研修医の皆さんが医師として最も大事な時期に埼玉医科大学病院を研修先として選んで頂ける事を期待しています。そして、皆さんが充実した初期研修生活を送れるように、全スタッフが全力でサポートします。
 我々埼玉医科大学病院一同、皆さんにと一緒にお仕事ができることを大変楽しみにしています。
初期研修医1年目
埼玉医科大学病院で研修を始めて間もないですが当院の特徴を紹介したいと思います。埼玉医科大学病院は近隣に病院が少ないため症例数が多く、専門性の高い疾患からプライマリケアまで多くに疾患を経験できます。また当院はすごくアットホームです!私は外部出身ですが埼玉医科大学の人たちは本当に温かい人ばかりで、指導医の先生や同期、看護師さんなどわきあいあいとし、笑顔あふれる病院だと思います。私は埼玉医科大学病院を初期研修病院にえらんで本当によかったと思います!ぜひ一緒に働きましょう!
初期研修医2年目
埼玉県は人口10万人当たりの医師数が全国最小の医療過疎地域であるため、当院はcommon diseaseから専門的治療を要する症例まで幅広く経験できる恵まれた環境です。手技も積極的に実践することが可能です。また3病院自由選択プログラムを採用しており、各病院の特徴を生かし自分のニーズに合わせて学ぶことができます。教授を含めた上級医との垣根も低く、熱心に指導してくださいます。他大学出身の医師も多く、勤務しやすい職場です。ぜひ一緒に働きましょう!
初期研修医2年目
私が当院を選んだ理由は埼玉県出身である事、埼玉県の医療の中核を担っている大学病院で研修を行いたかった事です。他大学出身でしたが、将来的に埼玉の地で地域医療に貢献していきたいという考えがあり、研修医の段階で埼玉県に帰って来ることを決意しました。早い段階から埼玉県で働き、多くの先生方との人脈を作りたかったという理由もあります。是非一度病院見学に来て下さい。きっとあなたもこの病院のアットホームな雰囲気を気に入るはずです。私自身も実際に病院に足を運び、肌でその病院の雰囲気を感じ、直に病院の方々と接すると見えてくる事も多かった様な気がします。交通費などは埼玉医科大学病院が負担してくれるのも魅力です。
初期研修医2年目
私は大学卒業を機に、実家(東京)へ戻ろうと考えていました。埼玉医科大学の3病院では大学病院でありながら、市中病院や個人病院で診るCommon Diseaseの一般的な症例から専門性に特化した症例までを受け持っています。しかも、紹介状がなくても最初からきちんと診察に応対しています。都内の大学病院だったら、こうはいきません。幅広い症例を経験できる魅力に引かれました。また、大学の先輩でここに残った人、都内で研修している人の話を聞いたのですが、ここの手技は、市中病院と同等の症例を研修医が経験できると知って、大学病院なのに市中病院の要素も持っているというところから、東京に戻らずにここに残ろうと思い、いいとこ取りができる「3病院自由選択プログラム」を選びました。
更にメッセージを見るarrow
埼玉医科大学病院