東北医科薬科大学病院
  • 大学病院

東北医科薬科大学病院

とうほくいかやっかだいがくびょういん

画像 見学体験記 1件

【新専門医制度】東北医科薬科大学外科専門研修プログラム 矢印他の研修プログラム

ブックマークボタン
この病院をブックマーク
矢印 見学申矢印 資料請求矢印
■ 病院情報ここをチェック!
指導医数
(2019年度時点)
21名
給与 卒後3年次(月給/年収)
月給 410,000円/年収 6,900,000円
■ 採用関連情報
病院見学実施日
随時(面接と同日の見学も可能)
採用予定人数 9名
試験日程
随時 ※日本専門医機構の募集スケジュールに準ずる

専門研修・サブスペシャルティ

診療科:外科

基幹施設/連携施設
基幹施設
連携施設
八戸市立市民病院石巻市立病院東北大学病院JA秋田厚生連平鹿総合病院仙台赤十字病院栗原市立栗原中央病院公立置賜総合病院みやぎ県南中核病院東北労災病院青森県立中央病院坂総合病院いわき市医療センター、JA秋田厚生連大曲厚生医療センター、登米市立登米市民病院、南三陸病院、塩竃市立病院、赤石病院、宮城県立こども病院、地域医療機能推進機構仙台南病院、公立刈田綜合病院、白河厚生総合病院

この研修プログラムの特徴

当プログラムでは、東北医科薬科大学病院を基幹施設とし、多数の連携施設とともに病院施設群を構成しています。3年間でバランスよくローテートすることにより、多彩で偏りのない充実した研修を行うことが可能となります。これは専攻医が専門医取得に必要な経験を積むことに大変有効です。
当院では消化器外科、肝胆膵外科、呼吸器外科、乳腺・内分泌外科、心臓血管外科を有し、サブスペシャリティ領域・外科関連領域の専門医取得までシームレスな指導が可能です。低~高難易度まで豊富な手術バリエーションがあり、充実した教育体制の下、若手医師が積極的に執刀しています。

○研修期間
3年間の専門研修期間のうち、原則的には最初の2年を連携施設で、最後の1年を基幹施設(東北医科薬科大学病院)で研修を行ないます。ただし、基幹施設での1年間の研修を1〜2年目に前倒しで行なうことも可能です。本プログラムの連携施設で初期臨床研修を行なった場合、引き続き初期臨床研修施設で専門研修を行なうことも可能です。1施設での研修期間は6ヶ月以上とします。

○年次到達目標
1年目:連携施設のいずれかに所属し研修を行います。
  一般外科/麻酔/救急/病理/消化器/心・血管/呼吸器/小児/乳腺・内分泌の経験症例200例以上 (術者30例以上)
2年目:連携施設で研修を行います。
  一般外科/麻酔/救急/病理/消化器/心・血管/呼吸器/小児/乳腺・内分泌の経験症例350例以上/2年 (術者120例以上/2年)
3年目:東北医科薬科大学病院での研修を基本とします。
  東北医科薬科大学病院では、不足症例に関して各領域をローテートします。
  カリキュラムの技能を習得したと認められた専攻医には、積極的にサブスペシャルティ領域専門医取得に向けた技能教育を行います。

○サブスペシャリティ領域
東北医科薬科大学でサブスペシャリティー領域(消化器外科、心臓・血管外科、呼吸器外科)、外科関連領域(乳腺など)の専門研修を行います。消化器外科については、連携施設でも十分な症例経験を積むことが可能です。

URL

■ こだわりポイント

  • 関連病院が多い
    当院と22の連携施設でコモンから稀な疾患や治療困難例まで経験できます
  • 症例数が多い
    専門研修施設群の3年間NCD登録数は約6,237例!
  • 積極的に手技ができる
    オペレーターとして幅広いバリエーションの手術ができます
  • 指導体制が充実
    教育機関であるため指導医が豊富で個々の指導能力が高い!

■ 週間スケジュール (東北医科薬科大学病院 消化器外科の例)

午前
回診
手術
回診
手術
回診
手術
回診
手術
回診
手術
午後
手術
術後管理
手術
術後管理
手術
術後管理
手術
術後管理
術後管理
夕方
回診
回診
抄読会(月1回)
術前カンファ
手術症例検討会(月1回)
回診
病理カンファレンス(月2回)
回診
回診
消化器内科とのカンファレンス

研修環境について

責任者
柴田 近・消化器外科科長、卒後研修支援センター長
責任者の出身大学
東北大学
当科病床数
82床
当科医師数
32.0名
当科平均外来患者数
64.2名/日
当科平均入院患者数
70.1名/日
在籍指導医
(2019年度時点)
21名
主な出身大学 旭川医科大学,札幌医科大学,北海道大学,弘前大学,岩手医科大学,秋田大学,東北大学,山形大学,福島県立医科大学,獨協医科大学,千葉大学,慶應義塾大学,東京慈恵会医科大学,東京大学,東邦大学,北里大学,山梨医科大学,新潟大学,金沢医科大学,富山医科薬科大学,福井医科大学,名古屋大学,名古屋市立大学,滋賀医科大学,京都大学,京都府立医科大学,和歌山県立医科大学,大阪大学,大阪市立大学,近畿大学,神戸大学,鳥取大学,島根大学,山口大学,高知医科大学,九州大学,長崎大学,大分医科大学,宮崎医科大学,琉球大学

カンファレンスについて
・各診療科によるカンファ、抄読会、勉強会
・合同カンファ
・臨床病理検討会
・Cancer Board
・エコーガイド下CV手技トレーニングなど各種トレーニング

給与・処遇について

給与
卒後3年次(月給/年収)
月給 410,000円/年収 6,900,000円
卒後4年次(月給/年収)
月給 420,000円/年収 7,100,000円
卒後5年次(月給/年収)
月給 425,000円/年収 7,300,000円

通勤手当 上限50,000円/月
夜勤手当 夜勤を実施した場合に支給
賞与   年2回(夏季6月、冬季12月)給与規定に基づき支給
※月給は手当含まず。
※年収は時間外手当、賞与込みの見込年収。
※連携施設での研修期間中、専攻医の処遇は労働基準法に準じて各施設の規程に従います。
医師賠償責任保険
病院賠償責任保険(勤務医賠償責任保険)に病院が加入
宿舎・住宅
あり

社会保険
1.健康保険は私学共済に加入
2.雇用保険
3.労災保険
4.介護保険(対象者)加入
福利厚生
•健康診断実施、ワクチン接種等あり
•保育園あり
•ユニホーム貸与
•私学共済保健事業(スポーツジム・ディズニーリゾート・契約宿泊施設利用補助制度あり)
学会補助
あり

旅費支給(年度2回)
当直回数
研修先により異なる。
休日・有給
1月単位の変形労働時間制(交替制)による、週休2日制
年次休暇 法定に基づき付与
育児休業、介護休暇等就業規則に基づき付与

病院見学・採用試験について

病院見学
病院見学実施日
随時(面接と同日の見学も可能)
見学時交通費補助:なし

卒後研修支援センターウェブサイトのお問い合わせフォームよりお申し込みください。
http://www.hosp.tohoku-mpu.ac.jp/resident/contactアイコン
試験・採用
試験日程
随時 ※日本専門医機構の募集スケジュールに準ずる
選考方法
面接
採用予定人数
9名
応募関連
応募書類
1.専攻医申込書(指定様式あり)
2.専攻医推薦状
3.専攻医研修履歴書(指定様式あり)
4.最終学校の卒業見込証明書または卒業証書の写し、卒業証明書
5.最終学校の成績証明書
6.勤務経験者は職務経歴書
7.国家資格取得者は免許証の写し

詳しくは、当院ウェブサイト「募集案内」をご覧ください。
指定様式もダウンロードが可能です。

応募連絡先
医学部卒後研修支援センター
TEL:022-259-1221(内線1478)
E-mail:kenshu-shien@hosp.tohoku-mpu.ac.jp

研修医の方へメッセージ

【先輩メッセージ】
心臓血管外科医師
写真
後期研修3年目(卒後5年目)から当院で勤務しています。元々、何が問題で、何故病気が起きるのか、論理的に考えることができる心臓の病気に興味があり、県内では有数の心臓血管外科手術実績がある当院を選びました。消化器や呼吸器などの腫瘍切除の手術は、結果がすぐには現れないこともありますが、循環器は結果をダイレクトに感じることができます。それが逆に怖さでもありますが、自分が努力して身に着けたスキルで患者さんの病気を治せたときに大きな喜びを感じます。
患者さんに最良・最善の手術を行うためには、チームワークが最も大切だと思います。当院は中規模病院ですが、だからこそ雰囲気が良く、ベテランの先生にも気軽に相談できますし、診療科間の垣根も低くて、複数科合同カンファランスも頻繁に行われています。患者さんのために、当院だからこそ実現できる医療を皆さんと一緒に築いていけたら嬉しいです。
東北医科薬科大学病院
ブックマークボタン
この病院をブックマーク
矢印 見学申矢印 資料請求矢印