1. TOP
  2. 研修情報を探す
  3. 学校法人 藤田学園 藤田医科大学病院 内分泌・代謝・糖尿病内科
学校法人 藤田学園 藤田医科大学病院

大学病院

学校法人 藤田学園 藤田医科大学病院

ふじたいかだいがくびょういん

レジナビBook臨床研修版

内分泌・代謝・糖尿病内科

病院の早見表はこちら!

  • 指導医数(2021年度時点)

    7名

  • 在籍研修医数(2021年度時点)

    6名

    卒後3年次 0名

    卒後4年次 6名

    卒後5年次 0名

  • 給与

    卒後3年次(月給/年収)
    月給 268,840円

    詳細はこちら

  • 当直回数

    1回/月

採用関連情報

  • 病院見学実施日

    随時

  • 試験応募締切日

    11月

  • 試験日程

    適宜

専門研修・サブスペシャルティ

診察科内科
基幹施設/連携施設
基幹施設
連携施設
愛知県厚生農業協同組合連合会 豊田厚生病院、藤田医科大学ばんたね病院 藤田医科大学岡崎医療センター
サブスペシャルティ
内分泌・代謝・糖尿病内科領域

診療科情報

診療加盟病床数医師数指導医数平均外来患者数平均入院患者数
内分泌・代謝内科- 床19名10名168名/日21名/日

内分泌・代謝内科

病床数医師数指導医数平均
外来患者数
平均
入院患者数
- 床19名10名168名/日21名/日

その他の診療科情報はこちら

この研修プログラムの特徴

・内分泌疾患
  内分泌系が生体の恒常性維持に重要な働きをなし、その疾患が全身に様々な症状・所見を呈することを理解し、正しい診断・治療法を学ぶ。内分泌疾患のもつ普遍的な症状・所見から病態を正確に把握し診断治療ができ、さらに当該分野の最新の専門的知識を学ぶ。検査所見を正しく理解し、病態を生理学、生化学、分子生物学の理解の上に正確に把握できるようにする。
・代謝疾患
  近年増加が著しい糖尿病・高脂血症・肥満を中心に代謝疾患を研修する。糖尿病は全身性の疾患であり、特に合併症がその生命予後ばかりでなく社会生活に多大な影響を及ぼすことを理解する。代謝疾患は生活習慣の是正を必要とする食事療法・運動療法が治療法として何よりも大切であり、病気の概念、養生法、最近の治療までやさしい言葉で説明できる臨床医を目指す。糖尿病、脂質異常症におけるEvidence-based Medicineの根拠となっている代謝の正常化の重要性について習得する。

 後期研修においては研修1〜2年で得た知識を更に深めるため、病棟の主治医の一員として研修を深める。また、糖尿病ケアサポートチームの主要メンバーとしてチーム医療を推進する方法を学ぶ。

URL

http://www.fujita-hu.ac.jp/~endylabo/
https://www.facebook.com/藤田保健衛生大学医学部-内分泌代謝内科-220736314732640/

こだわりポイント

  • 症例数が多い

  • 指導体制が充実

  • 施設設備が充実

  • 産休育休取得者あり

週間スケジュール

病棟ブリーフィング病棟ブリーフィング病棟ブリーフィング病棟ブリーフィング病棟ブリーフィング
午前病棟業務病棟業務教授回診病棟業務病棟業務病棟業務
午後病棟業務病棟業務病棟業務病棟業務病棟業務
夕方症例カンファレンス
 午前午後夕方
病棟ブリーフィング病棟業務病棟業務
病棟ブリーフィング病棟業務病棟業務
病棟ブリーフィング教授回診病棟業務
病棟ブリーフィング病棟業務病棟業務症例カンファレンス
病棟ブリーフィング病棟業務病棟業務
病棟業務

糖尿病ケアサポート外来の担当者として、病院内外との連携担当業務を担う。

研修環境について

責任者
鈴木敦詞 教授
責任者の出身大学
名古屋大学
当科病床数
22床
当科医師数
19.0名
当科平均外来患者数
94.2名/日
当科平均入院患者数
20.0名/日
在籍指導医(2021年度時点)
7名

主な出身大学
福井医科大学, 名古屋大学, 藤田医科大学, 京都大学, 秋田大学

専攻医・後期研修医(2021年度時点)
合計 6名

卒後3年次の専攻医・後期研修医数
0名(男性 0名:女性 0名)


卒後4年次の専攻医・後期研修医数
6名(男性 3名:女性 3名)
主な出身大学
藤田医科大学, 関西医科大学

卒後5年次の専攻医・後期研修医数
0名(男性 0名:女性 0名)


カンファレンスについて
毎朝の病棟ブリーフィング 症例検討会(週一回) 教授回診(週一回) グランドカンファレンス(月一回)
研修修了後の進路
大学病院並びに分院でスタッフとして勤務。関連病院への赴任。大学院での研究生活
関連施設
JA愛知厚生連 豊田厚生病院 藤田医科大学ばんたね病院 藤田医科大学岡崎医療センターなど
留学の可能性
あり

給与・処遇について

給与
卒後3年次(月給/年収)
月給 268,840円
その他手当、賞与年2回別途支給あり
社会保険
健康保険(日本私立学校振興・共済事業団)、厚生年金
福利厚生
カフェテリアプラン(選択型福利厚生制度)
当直回数
1回/月

病院見学・採用試験について

病院見学
病院見学実施日
随時

試験・採用
試験日程
適宜
選考方法
面接

応募関連
応募書類
大学規定による

応募締切
11月
応募連絡先
TEL:0562-93-9242
E-mailendolabo@fujita-hu.ac.jp

研修医の方へメッセージ

内分泌・代謝・糖尿病領域の疾患を網羅的に学べます

  • 教授鈴木敦詞
  • 出身大学:名古屋大学

当診療科の特徴は、内分泌疾患と糖尿病をはじめとした代謝疾患を、数多く網羅的に経験できることです。内分泌学的負荷検査は入院中心に数多く行っており、外来患者さんへの甲状腺超音波検査、吸引細胞診などの手技も毎日行っています。
また、多職種連携に力を注いでおり、糖尿病ケアサポートセンター外来と公衆衛生看護科を軸に機動的に、職種・診療科の垣根を越えた診療を行っています。数多くの疾患を経験していただきながら、科学的な心で医療に取り組む姿勢を身につけていただくようにプログラムを作成しています。
また、大学院生も毎年受け入れておりキャリアアップ・スキルアップのために力を注ぎながら、発信力のある医局活動を続けています。
また、妊娠・出産・育児・介護など人生の様々なステージに配慮してキャリアを続けていただくために支え合う医局運営を行っています。

更新日:2021/07/29

この病院の見学体験記

プログラム名を選択してください38件プログラムが登録されています
ブックマークを行うにはログインが必要です

気になる病院・研修プログラムはどんどんブックマークして、
あとから見返して比較したり、必要なときに行動できるようにしておこう!
このサイト上から資料請求や問合せが可能です。

まだ民間医局レジナビ会員でない方はこちら