1. TOP
  2. 研修情報を探す
  3. 兵庫県立はりま姫路総合医療センター(~2022年4月兵庫県立姫路循環器病センター・製鉄記念広畑病院) 兵庫県立はりま姫路総合医療センター内科専門研修プログラム
兵庫県立はりま姫路総合医療センター(~2022年4月兵庫県立姫路循環器病センター・製鉄記念広畑病院)

市中病院

兵庫県立はりま姫路総合医療センター(~2022年4月兵庫県立姫路循環器病センター・製鉄記念広畑病院)

ひょうごけんりつはりまひめじそうごういりょうせんたー はりひめ

レジナビBook臨床研修版

兵庫県立はりま姫路総合医療センター内科専門研修プログラム

下記ボタンから申し込むと、施設へ連絡が届きます。

更新日:2022/05/19

病院の早見表はこちら!

  • 指導医数(2020年度時点)

    12名

  • 在籍研修医数(2021年度時点)

    2名

    卒後4年次 1名

    卒後5年次 1名

  • 給与

    卒後3年次(月給/年収)
    年収 7,340,000円

    卒後4年次(月給/年収)
    年収 7,560,000円

    卒後5年次(月給/年収)
    年収 7,840,000円

    詳細はこちら

  • 当直回数

    2~3回程度/月

採用関連情報

  • 病院見学実施日

    随時

  • 採用予定人数

    15人

専門研修・サブスペシャルティ

診察科内科

診療科情報

診療科名病床数医師数指導医数平均外来患者数平均入院患者数
総合内科- 床8名7名- 名/日- 名/日

総合内科

病床数医師数指導医数平均
外来患者数
平均
入院患者数
- 床8名7名- 名/日- 名/日

その他の診療科情報はこちら

この研修プログラムの特徴

基幹施設と連携施設それぞれの特色を活かし、高度急性期~慢性期、在宅医療までを含めた、包括的な内科の専門研修を行うプログラムです。内科医としての基礎力をしっかりと身につけていただきます。また、希望に応じて各サブスペシャルティ領域との連動研修を認め、早期のサブスペシャルティ専門医資格取得も可能としています。研修期間は3年間です。

・高度急性期、急性期、回復期、慢性期、在宅医療といった様々なセッティングで、幅広い疾患を経験することができます。
・総合内科では、外来や救急で自分が担当した症例をそのまま主治医として受け持つため、領域横断的かつ縦断的に経験することができます。また、各科から教育的症例を紹介いただき、総合内科で入院診療を行います。これにより専攻医―総合内科指導医―各科指導医の2人指導医体制となり、手厚い研修を行うことができます。
・播磨姫路圏域の救命救急センターを有しており、豊富な救急症例を経験できます。
・豊富な専門診療科を有し、高度な医療を経験できます。様々な専門診療科医師の意見を聞くことができ、キャリアを選択する際に参考になります。
・専攻する診療科を悩んでいる方にとっては、3年目にも総合内科研修や各科ローテートをすることで、じっくりと自分のキャリアを検討することができます。専攻する診療科が決まっている方にとっては、1、2年目でしっかりと内科医としての基礎力を身につけ、3年目で専攻診療科のサブスペシャルティ連動研修を行うことが可能となっています。

こだわりポイント

  • 症例数が多い

  • 積極的に手技ができる

  • 指導体制が充実

  • いろんな大学から集まる

総合内科カンファレンス希望専門科カンファレンス総合内科カンファレンス
午前救急当番希望専門科研修(内視鏡、心カテ等)外来救急当番希望診療科研修(内視鏡、心カテ等)
午後救急当番エコー外来救急当番
夕方症例検討会総合内科カンファレンス
 午前午後夕方
救急当番救急当番
総合内科カンファレンス希望専門科研修(内視鏡、心カテ等)エコー症例検討会
希望専門科カンファレンス外来外来
総合内科カンファレンス救急当番救急当番総合内科カンファレンス
希望診療科研修(内視鏡、心カテ等)

・上記はある総合内科専攻医のスケジュールの一例です。
・内科および各診療科( Subspecialty )のバランスにより、担当する業務の曜日、時間帯は調整・変更されます。
∙ 入院患者診療には、内科と各診療科( Subspecialty) などの入院患者の診療を含みます。
∙ 日当直やオンコールなどは、内科もしくは各診療科( Subspecialty) の当番として担当します。
∙ 地域参加型カンファレンス、講習会、 CPC 、学会などは各々の開催日に参加します。

研修環境について

責任者
内科統括部長 大内佐智子
当科病床数
73床
当科医師数
21.0名
当科平均外来患者数
140.6名/日
当科平均入院患者数
68.1名/日
在籍指導医(2020年度時点)
12名

専攻医・後期研修医(2021年度時点)
合計 2名

卒後4年次の専攻医・後期研修医数
1名(男性 1名)


卒後5年次の専攻医・後期研修医数
1名(男性 1名)


カンファレンスについて
内科全体カンファレンス(週1回)、抄読会(週1回)
研修修了後の進路
医師として県立病院にて勤務、大学への入局など
関連大学医局
神戸大学

給与・処遇について

給与
卒後3年次(月給/年収)
年収 7,340,000円
卒後4年次(月給/年収)
年収 7,560,000円
卒後5年次(月給/年収)
年収 7,840,000円

兵庫県の規程が適用されます。
医師賠償責任保険
施設賠償責任保険に加入。個人医師賠償責任保険は任意(加入推奨)。
宿舎・住宅
あり
宿舎 32,000円/月

※別途、駐車場利用料あり
※利用条件あり
社会保険
(採用1年目)雇用保険法、厚生年金保険法及び健康保険法適用
(採用2年目)地方公務員等共済組合法適用
学会補助
あり
当直回数
2~3回程度/月

病院見学・採用試験について

病院見学
病院見学実施日
随時
見学時交通費補助:なし

詳細はhttps://hgmc.hyogo.jp/recruit/visit/index.htmlをご覧ください。
試験・採用
選考方法
面接、その他
採用予定人数
15人

書類審査及び面接
応募関連
応募書類
後日、当院総合採用サイトに掲載します。

応募連絡先
診療サポート課臨床研修担当
TEL:079-289-5080
E-mailrinken_harihime@hgmc.hyogo.jp

研修医の方へメッセージ

  • 内科統括部長(プログラム責任者)大内 佐智子

当院は内科の専門診療科が充実しており、十分な内科研修が可能な病院です。
高度急性期の総合病院でありますが、連携施設での研修を組み合わせて、内科全般を広く経験できるようにプログラムを考えています。楽しく仕事ができるような環境づくりを心掛けていますので、ぜひ当院での研修をご検討ください。

  • 総合内科部長八幡 晋輔

 当院および2022年5月1日に開院するはりま姫路総合医療センターでの内科研修に興味を持っていただきありがとうございます。当院の内科専門研修は、「どんなセッティングでも活躍できる内科医」、「多職種チームの一員として患者さんや地域住民の方々の暮らしに貢献できる内科医」の育成をコンセプトとしております。内科医としてのキャリアは、総合医、専門医、教育者、研究者など、非常に多彩です。当院のプログラムの3年間で、内科医としての基礎力をしっかりと身につけていただき、どのようなキャリアを選択したとしても、スムーズに移行ができるよう支援していきます。しかし、どのようなキャリアを選択したとしても、その先にある目標は「患者さんや地域住民の方々の暮らしを支えること」です。「内科医として誰かの役に立つ」、その第一歩を私たちと一緒に踏み出してみませんか?

さらにメッセージを見る

兵庫県立はりま姫路総合医療センターへの移行について

    2022年5月1日、兵庫県立姫路循環器病センターと製鉄記念広畑病院が統合再編し、兵庫県立はりま姫路総合医療センターが開院しました。製鉄記念広畑病院内科専門研修プログラムは、兵庫県立はりま姫路総合医療センター内科専門研修プログラムへ移行しました。

    ブックマークを行うにはログインが必要です

    気になる病院・研修プログラムはどんどんブックマークして、
    あとから見返して比較したり、必要なときに行動できるようにしておこう!
    このサイト上から資料請求や問合せが可能です。

    まだ民間医局レジナビ会員でない方はこちら