東京女子医科大学東医療センター
  • 大学病院

東京女子医科大学東医療センター

とうきょうじょしいかだいがくひがしいりょうせんたー

画像 見学体験記 1件

未来に繋がる実践的な臨床研修 ~Common diseaseからrare diseaseまで~「東京女子医科大学東医療センター 卒後臨床研修プログラム」

Image thumb 0b5cdf6537d51e121f58
外来棟
Image thumb 4b66e4c00243582d2131
手術室では、、、
Image thumb b325c7b3dbfddf816a16
気管挿管も!
Image thumb e73c43948d610eeb4351
申し送りもしっかりと。
Image thumb 6c7cda449032e769dbf0
病棟では患者さんに寄り添って、、、
Image thumb 688195055f58bf489345
救急外来では研修医がFirst touch!
Image thumb 333c99535315e9d523ce
検査も!
Image thumb d989ceb5e281b34a41e5
指導医のもと、手技もどんどん経験できます!
■ 病院情報ここをチェック!
指導医数
(2020年度時点)
97名
初期研修医
(2020年度時点)
卒後1年次の初期研修医数
15名
給与 卒後1年次(月給/年収)
月給 230,000円/年収 -円
当直回数 1年次6回/月
■ 採用関連情報
病院見学実施日
随時 
採用予定人数 13名
昨年度の受験者数 43名
試験日程
2020年8月1日、8月22日

この研修プログラムの特徴

厚生労働省より求められている臨床研修医としての研修項目が充分経験できるよう、プログラムを設定しています。特に、救急外来研修に力を入れており、1・2次救急外来研修をはじめ、3次救急の研修を積極的に行うことにより、プライマリ・ケアの診療能力を高める研修を行っています。また、地域医療研修では在宅医療を中心とした研修ができ、一般外来研修では地域の医療施設での数日の外来研修も可能としています。地域に密着した研修を行うことで、医療連携のあり方についても学ぶことができます。

外科研修は、一般外科、心臓血管外科、呼吸器外科からなる外科系必修の他、外科系選択として、脳神経外科、泌尿器科、整形外科、形成外科から選択することも可能です。外科系での研修2か月で、周術期管理を集中的に学ぶことができます。

選択研修では、当院のどの診療科も選択できます。検査科や病理診断科、輸血部、リハビリテーション部なども選択でき、「将来、どの診療科に進むにしても研修して良かった」と研修医から好評です。協力施設での研修を希望することもできます。
2年間の研修期間で、研修医個々のニーズに合わせたオーダーメイドな研修プログラムを提供します。(研修医の希望状況、診療科受入可能人数により調整する場合もあり)

研修病院タイプ
基幹型 協力型
URL

■ こだわりポイント

  • 特徴あるプログラム
    基本コースは2年次選択研修が8ヵ月あり、将来を見据えた研修を行うことができます。
  • 手技に積極的
    すべての診療科で初期研修医が多くの手技を経験できるよう指導しています。積極的に研修すればかなり高度な手技も身につきます。
  • いろんな大学から集まる
    女性研修医も含め全国から集まっています。遠方の方もぜひ一度見学にいらして当院の雰囲気をみてください。
  • 救急充実
    1次から3次救急まで幅広く研修できます。1・2次救急では初期研修医が最初に患者を診察し、その後、指導医にすぐに確認・相談できる体制です。どんな患者にも自信を持って対応できるようになります。

基本コース(スケジュール1例)

4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
1年次 内科 外科系研修 小児科 内科 救急部門(救急医療科) 麻酔科
2年次 地域医療 選択科目 精神科 選択科目 救急部門(ER) 選択科目 産婦人科
基本コースの1例を提示
詳細は当院HPに掲載

研修環境について

在籍指導医
(2020年度時点)
合計 97名

在籍初期研修医
(2020年度時点)
合計 32名

卒後1年次の初期研修医数
15名 (男性 8名:女性 7名)
主な出身大学 岩手医科大学, 秋田大学, 山形大学, 東京医科大学, 東京女子医科大学, 和歌山県立医科大学, 大阪大学, 広島大学, 高知大学, 大分大学

卒後2年次の初期研修医数
17名 (男性 9名:女性 8名)
主な出身大学 札幌医科大学, 岩手医科大学, 東京慈恵会医科大学, 東京女子医科大学, 日本大学, 信州大学, 金沢医科大学, 藤田医科大学, その他

全国の医学生が当院の研修プログラムに興味を持たれ、研修先に選んでくれています。海外の大学を卒業され、日本の医師免許を取得された方も研修されています。また、医学部以外の学部を卒業された後、医学部に入られた方、社会人経験のある方も研修されています。
当直体制
対応医師数
研修医 4名、研修医以外の当直医 15名
開始時期
オリエンテーション終了後、現場配属の日から

カンファレンスについて
入職時オリエンテーション(集中セミナー)、研修医要望項目による研修医勉強会(下半期・月1回)、病理検討会/CPC(年3回)、1年次プレゼンテーション発表(2月)、女子医大学会研修医症例報告(2月)、研修診療科で開催のカンファレンスに参加、その他院内でのセミナー(医療安全講習会、感染対策講習会、等)開催あり。
協力型施設
協力型臨床研修病院(東京女子医科大学病院、東京女子医科大学付属八千代医療センター、地方独立行政法人 大月市立中央病院、社会医療法人友愛会 友愛医療センター)、臨床研修協力施設(荒川区保健所、医療法人 焔 やまと診療所、熊野前にしむら内科クリニック、社会福祉法人 勝楽堂病院、医療法人社団 かわうち幸生会 西尾久クリニック、武田内科小児科クリニック)
研修修了後の進路
後期臨床研修を行う道が開かれている

給与・処遇について

給与
卒後1年次(月給/年収)
月給 230,000円/年収 -円
卒後2年次(月給/年収)
月給 240,000円/年収 -円

<給与> ※時間外手当24時間相当分を含む
1年次:住宅手当・交通費(本学規定)・日当直手当(別途支給)
2年次:住宅手当・交通費(本学規定)・日当直手当(別途支給)
<賞与>
なし
医師賠償責任保険
病院として加入、個人の保険加入も推奨
宿舎・住宅
あり
住宅補助 10,000円/月
宿舎 40,000円/月

2021年秋の新病院移転時には、病院に隣接する宿舎が併設予定。移転までは、契約賃貸ワンルームマンションの家賃補助(4万円/月)あり。契約賃貸ワンルームマンションに入居されず、個人契約の場合、住宅手当は大学の規定(単身者1万円/月)により支給。

社会保険
健康保険、厚生年金保険、労災保険、雇用保険
学会補助
あり

研修の一環として学会に参加される場合、出張申請ができる場合もあります。研修診療科にご相談願います。
当直回数
1年次 6回/月
2年次 6回/月

4~6回程度/月
当直料
1年次 5,000円/回
2年次 5,000円/回

休日・有給
休日:日曜日、祝日、創立記念日(12月5日)、年末年始(12/30~1/4) ※ 休日に数日、日当直勤務あり
有給休暇:1年次10日、2年次11日

病院見学・採用試験について

病院見学
病院見学実施日
随時 
当直見学:なし
見学時交通費補助:なし

※見学希望日、見学希望診療科をメールでお知らせ願います。
試験・採用
試験日程
2020年8月1日、8月22日
選考方法
面接,筆記,小論文
採用予定人数
13名

2020年6月27日(土)、2020年7月11日(土)に採用試験説明会を開催します。参加希望の場合、氏名、大学名、学年をメールでお知らせ願います。
昨年度の受験者数
43名

応募関連
応募書類
履歴書、卒業(見込)証明書、成績証明書 他詳細につきましては、募集要項をご覧下さい。

応募締切
第1回目:2020年7月17日 第2回目:2020年8月7日
応募連絡先
卒後臨床研修センター
TEL:03-3810-1111 (内線 4485、4433、4434)
E-mail:sotugo.ao@twmu.ac.jp

医学生の方へメッセージ

「指導医からのメッセージ」
内科(循環器)指導医リーダー/内科(循環器)久保 豊(1988年卒) 出身大学 : 高知医科大学
写真
初期研修の2年間は基本的知識、技術の習得はもちろん、医師としてのあり方を決定づける極めて重要な時期です。
医学はいまだ経験則の占める割合が高い病域です。従って、優れた医師になるためには質の高い診療に参加しながら多くの症例を経験する必要があります。
内科研修は時間的にも、また直接担当医として患者に深く関わっていけることにおいても初期研修の中心に位置します。当院内科は専門性をもちながら総合内科の形態をとっています。病棟業務では内科各領域の専門医の指導下でcommon diseaseからrare caseまで様々な症例をバランス良く経験できます。夜間、休日の日当直業務を通じて初期診療にも十分に関わることができます。これらは将来どの診療科に進もうとも必須とされるプライマリ・ケアに必要な知識や技術の習得につながります。
このように初期研修のニーズにマッチした当院で是非医師としての第一歩を踏み出していただければと思います。アットホームな雰囲気の中で活躍している研修医の姿を是非見学に来て下さい。
「先輩研修医からのメッセージ」
研修医E・N
東京女子医科大学東医療センターでの2年間の初期研修ももう終わりをむかえます。この2年間を振り返ってみると、何度も泣き、何度も笑い、一言で言うと「青春」に近かったと思います。この歳になって「青春」なんていうのもおかしいですがそれだけ自分が大きく変わることのできた研修だったのだと実感しています。これから研修医として誰もが経験するであろう苦悩であったり喜びであったり、皆さんにとって初めて体験することばかりだと思います。どこの病院で研修してもいい所もあれば悪い所もあると思います。それなりに色々できるようになると思います。ただ私がこの病院でよかったと思うのは同期や先輩、後輩の存在がとても近く、強く影響を受けながらお互いが成長していけることだと思います。個人のmotivationや能力によって成長の度合いに差はあるかもしれませんが自分の要求を満たしてくれる研修システムは充実していると思います。しかしそれ以上にともに考え、ともに刺激しあえ、ともに「青春」できる仲間がここにはいます。皆さんが私たちの仲間になってくれることを楽しみにお待ちしています。
東京女子医科大学東医療センター