横浜市立大学附属病院
  • 大学病院

横浜市立大学附属病院

よこはましりつだいがくふぞくびょういん

画像 見学体験記 2件

横浜市立大学 血液・免疫・感染症内科学 矢印他の研修プログラム

ブックマークボタン
この病院をブックマーク
矢印 見学申矢印 資料請求矢印
■ 病院情報ここをチェック!
指導医数
(-年度時点)
5名

この研修プログラムの特徴

 本コースでは関節リウマチ、SLE、強皮症、血管炎症候群、皮膚筋炎、ベーチェット病などの膠原病・リウマチ患者を中心に診療にあたり、その多彩な臓器病変に対応することで、膠原病に関する専門的な知識だけでなく、画像読影、抗菌薬使用、中心静脈カテーテル挿入、腰椎穿刺、骨髄穿刺などの内科全般の知識、手技を習得する

URL

グループ回診
入院カンファレンス*
グループ回診
グループ回診
グループ回診
グループ回診
午前
外勤
教授回診
外来
外勤
グループ回診
午後
グループカンファ
関節エコー
夕方
グループ回診
グループ回診
グループ回診
グループ回診
*膠原病・血液・感染症・呼吸器のすべての入院患者

研修環境について

当科病床数
15床
当科平均外来患者数
80.0名/日
当科平均入院患者数
15.0名/日
在籍指導医
(-年度時点)
5名

-
専攻医・後期研修医
(-年度時点)
合計 0名

卒後3年次の専攻医・後期研修医数
-名 (男性 -名:女性 -名)

卒後4年次の専攻医・後期研修医数
-名 (男性 -名:女性 -名)

卒後5年次の専攻医・後期研修医数
-名 (男性 -名:女性 -名)

4名
カンファレンスについて
入院カンファレンス・症例カンファレンス(各 週1回)  
研修後の進路
大学附属病院、関連病院勤務、大学院(長期履修制度で研修中より可能)
関連施設
横浜市立大学附属総合市民医療センター、横浜南共済病院、国立横浜医療センター、横浜船員保険病院、藤沢市民病院、大和市立病院
留学の可能性
あり
海外の関連施設
米国NI、FDA、UCSFなど

病院見学・採用試験について

病院見学

毎週火曜日(要連絡 sec1nai@med.yokohama-cu.ac.jp)
応募連絡先
医学・病院統括部 職員課人事担当 小柳、髙桑
TEL:045-787-2800(代表)
E-mail:resident@yokohama-cu.ac.jp

研修医の方へメッセージ

シニアレジデント/リウマチ・膠原病上原 武晃 出身大学 : 福島県立医科大学
みなさまこんにちは!入局2年目の上原です。入局1,2年目とも福浦に所属し、日々是勉強の中にも、意地と誇りと朝食を賭けた真剣な早朝回診、上司からの執拗な糖分攻め、研修医との戯れ、そしてグループのお家芸であるカラオケなど、まさにメリとハリをきかせた楽しい日々を過ごしています。大学の部活のときに感じていた,いわばファミリーのような感覚を職場でも感じることができるのはとても幸せです。診療内容としては、リウマチ、膠原病以外にも内科一般疾患を診療することもあり、症状から診断、治療に至るまでの過程が非常に多彩で、内科としての面白さをひしひしと感じています。膠原病に興味ある方にはもちろん、一般内科を目指している方にも最適な科といえます。年に2回アメリカとヨーロッパを中心とした海外の学会に発表する機会もあり、研究や発表などに興味のある方にもおすすめです。最後に、内科は思っているほど忙しい科ではありません。私を含め家庭を持っている医局員が多く、女性の先生にも働きやすい環境が整っていると思います。仕事からプライベートまで充実した生活をぜひ一緒に送りましょう。
1日の研修スケジュール例
7:00病院到着
7:30 8:00病棟回診(指導医、初期研修医、学生とともに担当患者の回診)
8:00 9:00ミニカンファレンスで患者指示(点滴・検査)の確認
9:00 12:00指示の変更、検査オーダー、検査結果の確認、カルテ記載水曜日 外来 その他の日も外来救急患者対応など
12:00 13:00昼食
13:00 14:00明日以降の治療、検査のオーダー(翌日の指示受け締切14:00)
14:00 17:00新入患者の診察、検査計画の確認火曜日 カンファレンス 水曜日 腎生検 金曜日 関節エコー 必要に応じて、CV挿入、骨髄穿刺 髄液穿刺など
17:00 18:00病棟回診 (指導医、初期研修医、学生とともに担当患者の回診)
18:00 18:30カルテ記載、明日の準備の再確認
19:00帰宅 抄読会(水曜日) 研究会参加(適宜)
准教授/膠原病リウマチ・感染症上田 敦久 出身大学 : 横浜市立大学
本プログラムは多種感染症の診断・治療方針の決定に関する基本的ロジックと、これを可能とする知識の習得を行います。具体的にはは感染症専門医の取得を目指します。さらに近年増加傾向である輸入感染症とHIV感染症の診療を行いますが、当院は豊富な症例を有し、これが可能です。感染症診療に興味のある初期研修医の見学は歓迎です。
1日の研修スケジュール例
7:15~医生物検査室で血液培養陽性例、等に関し症例検討
10:30~病棟回診
13:00受け持ち患者の指示だし、等
14:00病棟回診
19:00カンファランス準備、等
横浜市立大学附属病院
ブックマークボタン
この病院をブックマーク
矢印 見学申矢印 資料請求矢印