1. TOP
  2. 研修情報を探す
  3. 関西医科大学附属病院 関西医科大学附属病院プログラム
関西医科大学附属病院

大学病院

関西医科大学附属病院

かんさいいかだいがくふぞくびょういん

関西医科大学附属病院プログラム

下記ボタンから申し込むと、施設へ連絡が届きます。

更新日:2022/05/12

病院の早見表はこちら!

  • 指導医数(2022年度時点)

    183名

  • 初期研修医(2022年度時点)

    92名

    卒後1年次 47名

    卒後2年次 45名

  • 給与

    卒後1年次(月給/年収)
    月給 310,000円

    卒後2年次(月給/年収)
    月給 310,000円

    詳細はこちら

  • 当直回数

    1年次 4回/月
    2年次 4回/月

    1・2年次:平均5回/月

採用関連情報

  • 病院見学実施日

    随時
    ※診療科との調整時間が必要な為、見学希望日の2週間以上前にご連絡下さい。

  • 採用予定人数

    47名

  • 昨年度の受験者数

    142名

  • 試験日程

    令和4年7月22日(金)
    令和4年8月12日(金)  
    *基礎研究医プログラムを希望される方は、応募期間が異なりますので、別途ご相談ください。
    一般枠とは別に採用試験を実施いたします。

この研修プログラムの特徴

関西医科大学附属病院は、高次急性期病院、特定機能病院としての機能を明確化し、最新の設備を完備し、かつ電子カルテシステムを導入した最先端病院である。臓器別診療体制やセンター化構想(心臓血管病センター、脳卒中センター、内視鏡センター、がんセンター、小児センター、遺伝子センター等)による高度先進医療を行っています。また関西医科大学総合医療センターは平成28年5月に本館をリニューアルし、高度で最先端の医療機器を持つ、地域密着型の急性期医療センターを目指し、地域の中心となる一つのセンターとして進化しています。当学には多くの協力型臨床研修病院があり、病院ごとに特色を有しており、2年間の研修期間中に2 附属病院を中心としてローテートすることにより、より充実した研修が可能である。

研修病院タイプ
基幹型 協力型
URL

http://www.kmu.ac.jp/residency/

こだわりポイント

  • 特徴あるプログラム

    令和4年度から基礎研究医プログラムが新設されました

  • 症例数が多い

  • 指導体制が充実

  • 女性医師サポートあり

    2020年にオール女性医師キャリアセンター設立!女性医師をサポートします。

関西医科大学附属病院プログラムその他

4月5月6月7月8月9月10月11月12月1月2月3月
1年次内科(16週)救急(12週)麻酔科(8週)外科系(4週)小児科(4週)精神神経科(4週)
2年次外科(4週)地域医療(4週)産婦人科(4週)内科(8週)※将来専門とする診療科等を自由選択(20週)
  1. 1年次
  1. 4月
  2. 5月
  3. 6月
  4. 7月
  5. 8月
  6. 9月
  7. 10月
  8. 11月
  9. 12月
  10. 1月
  11. 2月
  12. 3月

内科(16週)

救急(12週)

麻酔科(8週)

外科系(4週)

小児科(4週)

精神神経科(4週)

  1. 2年次
  1. 4月
  2. 5月
  3. 6月
  4. 7月
  5. 8月
  6. 9月
  7. 10月
  8. 11月
  9. 12月
  10. 1月
  11. 2月
  12. 3月

外科(4週)

地域医療(4週)

産婦人科(4週)

内科(8週)

※将来専門とする診療科等を自由選択(20週)

スケジュールを

*2020年度からの新プログラム。
・本プログラムでは、内科24週以上、救急12週以上、麻酔科8週、外科、外科系、小児科、産婦人科、精神神経科および地域医療を各々4週以上必修とする。(地域医療研修は2年次に行う。)
・一般外来研修は総合診療科、小児科、一般内科、一般外科で並行研修で行う。
「外科」とは「外科、心外、呼外」が望ましい。「外科系」には、「外科、心外、呼外、脳外、整形、形成、腎泌尿器外科、眼科、耳鼻咽喉科」が含まれる。
・在宅医療研修は、アイル在宅医療クリニック、大越なごみの森診療所で行うこともできる。

 

関西医科大学附属病院小児科重点プログラム小児科

4月5月6月7月8月9月10月11月12月1月2月3月
1年次小児科(12週)内科(16週)救急(12週)産婦人科(4週)精神神経科(3週)
2年次地域医療(4週)麻酔科(8週)外科系(4週)外科(4週)内科(8週)※将来専門とする診療科等を自由選択(20週)
  1. 1年次
  1. 4月
  2. 5月
  3. 6月
  4. 7月
  5. 8月
  6. 9月
  7. 10月
  8. 11月
  9. 12月
  10. 1月
  11. 2月
  12. 3月

小児科(12週)

内科(16週)

救急(12週)

産婦人科(4週)

精神神経科(3週)

  1. 2年次
  1. 4月
  2. 5月
  3. 6月
  4. 7月
  5. 8月
  6. 9月
  7. 10月
  8. 11月
  9. 12月
  10. 1月
  11. 2月
  12. 3月

地域医療(4週)

麻酔科(8週)

外科系(4週)

外科(4週)

内科(8週)

※将来専門とする診療科等を自由選択(20週)

スケジュールを

*2020年度からの新プログラム。
・本プログラムでは、内科24週以上、救急12週以上、麻酔科8週、外科、外科系、小児科、産婦人科、精神神経科及び地域医療を各々4週以上必修とする。(地域医療研修は2年次に行う。)
・一般外来研修は総合診療科、小児科、一般内科、一般外科で並行研修で行う。
「外科」とは「外科、心外、呼外」が望ましい。「外科系」には、「外科、心外、呼外、脳外、整形、形成、腎泌尿器外科、眼科、耳鼻咽喉科」が含まれる。
・在宅医療研修は、アイル在宅医療クリニック、大越なごみの森診療所で行うこともできる。
・1年次小児科(12週)は1~15週の固定期間で行う。

 

関西医科大学附属病院産婦人科重点プログラム周産期

4月5月6月7月8月9月10月11月12月1月2月3月
1年次産婦人科(12週)内科(16週)救急(12週)外科系(4週)
2年次地域医療(4週)麻酔科(8週)内科(8週)外科(4週)精神科(4週)小児科(4週)※将来専門とする診療科等を自由選択(20週)
  1. 1年次
  1. 4月
  2. 5月
  3. 6月
  4. 7月
  5. 8月
  6. 9月
  7. 10月
  8. 11月
  9. 12月
  10. 1月
  11. 2月
  12. 3月

産婦人科(12週)

内科(16週)

救急(12週)

外科系(4週)

  1. 2年次
  1. 4月
  2. 5月
  3. 6月
  4. 7月
  5. 8月
  6. 9月
  7. 10月
  8. 11月
  9. 12月
  10. 1月
  11. 2月
  12. 3月

地域医療(4週)

麻酔科(8週)

内科(8週)

外科(4週)

精神科(4週)

小児科(4週)

※将来専門とする診療科等を自由選択(20週)

スケジュールを

*2020年度からの新プログラム。
・本プログラムでは、内科24週以上、救急12週以上、麻酔科8週、外科、外科系、小児科、産婦人科、精神神経科及び地域医療を各々4週以上必修とする。(地域医療研修は2年次に行う。)
・一般外来研修は総合診療科、小児科、一般内科、一般外科で並行研修で行う。
「外科」とは「外科、心外、呼外」が望ましい。「外科系」には、「外科、心外、呼外、脳外、整形、形成、腎泌尿器外科、眼科、耳鼻咽喉科」が含まれる。
・在宅医療研修は、アイル在宅医療クリニック、大越なごみの森診療所で行うこともできる。
・1年次産婦人科(12週)は1~15週の固定期間で行う。

関西医科大学附属病院基礎研究医プログラム

臨床研修の到達度が評価され、修了が見込まれた後、基礎医学系講座・部門において16週以上、24週未満基礎研究を行う。

4月5月6月7月8月9月10月11月12月1月2月3月
1年次内科(16週)外科(4週)麻酔科(8週)小児科(4週)救急(12週)※将来専門とする診療科等を自由選択(4週)
2年次地域医療(4週)産婦人科(4週)内科(8週)外科系(4週)精神神経科(4週)基礎医学系講座・部門(24週)
  1. 1年次
  1. 4月
  2. 5月
  3. 6月
  4. 7月
  5. 8月
  6. 9月
  7. 10月
  8. 11月
  9. 12月
  10. 1月
  11. 2月
  12. 3月

内科(16週)

外科(4週)

麻酔科(8週)

小児科(4週)

救急(12週)

※将来専門とする診療科等を自由選択(4週)

  1. 2年次
  1. 4月
  2. 5月
  3. 6月
  4. 7月
  5. 8月
  6. 9月
  7. 10月
  8. 11月
  9. 12月
  10. 1月
  11. 2月
  12. 3月

地域医療(4週)

産婦人科(4週)

内科(8週)

外科系(4週)

精神神経科(4週)

基礎医学系講座・部門(24週)

スケジュールを

基礎医学系講座・部門は「解剖学」「生理学」「薬理学」「微生物学」「iPS・幹細胞再生医学」「衛生・公衆衛生学」「法医学」「分子遺伝学部門」「侵襲反応制御部門」から1講座又は1部門を選択できます。また、臨床研修中に、大学院へ進学することも可能です。
臨床研修修了後には、4年以内を目処に、基礎医学の論文を作成する必要があります。

研修環境について

在籍指導医(2022年度時点)
合計 183名

主な出身大学
筑波大学, 東京大学, 新潟大学, 藤田医科大学, 滋賀医科大学, 京都大学, 大阪大学, 関西医科大学, 鳥取大学

■指導医の主な出身大学
関西医大、京都大、東京大、筑波大、慶應義塾大、順天堂大他
在籍初期研修医(2022年度時点)
合計 92名

卒後1年次の初期研修医数
47名(男性 26名:女性 21名)
主な出身大学
東北医科薬科大学, 埼玉医科大学, 帝京大学, 金沢医科大学, 愛知医科大学, 大阪医科薬科大学, 近畿大学, 関西医科大学, 川崎医科大学, 九州大学, 福岡大学, 久留米大学

卒後2年次の初期研修医数
45名(男性 22名:女性 23名)
主な出身大学
帝京大学, 金沢医科大学, 奈良県立医科大学, 大阪医科薬科大学, 近畿大学, 関西医科大学, 兵庫医科大学, 川崎医科大学, 福岡大学, 久留米大学, 宮崎大学, その他

当直体制
対応医師数
研修医 2名、研修医以外の当直医 4名
開始時期
1年次4月から

必ず上級医と一緒に当直します
協力型施設
関西医科大学香里病院、名瀬徳洲会病院、帯広徳洲会病院、済生会泉尾病院、済生会野江病院、沖永良部徳洲会病院、喜界徳洲会病院他
研修修了後の進路
当プログラムでの研修修了後、引きつづき専門研修を希望する者は、関西医科大学大学院医学研究科に入学を希望することも可能である。
関連大学医局
京都大学、大阪大学、大阪市立大学他

給与・処遇について

給与
卒後1年次(月給/年収)
月給 310,000円
卒後2年次(月給/年収)
月給 310,000円

<給与>
1年次:当直手当、交通費、住宅手当別途支給
2年次:当直手当、交通費、住宅手当別途支給
<賞与>
無し
医師賠償責任保険
病院:加入(患者から病院が訴えられ賠償金等を填補する場合)個人:任意、日本医師会:任意加入(患者から医師個人が訴えられ賠償金などを填補する場合)
宿舎・住宅
あり
住宅補助 27,000円/月
自宅:15,500円
賃貸:27,000円
社会保険
日本私立学振興・共済事業団私立学校教職員共済に加入、労災保険、雇用保険あり
福利厚生
健康管理:採用時健康診断、定期健康診断(年1回)特殊勤務者検診、そのほか感染症などにより臨時に必要を生じた検診及び予防接種
当直回数
1年次 4回/月
2年次 4回/月

1・2年次:平均5回/月
当直料
1年次 15,000円/回
2年次 15,000円/回

休日・有給
休暇: 日祝日、創立記念日、年末年始:12月29~31日、1月1~3日、第2・4土曜日、年次有給休暇:1年次:10日(0.5日を単位とする)2年次:11日、特別休暇:夏季休暇3日、結婚休暇5日、忌引休暇:配偶者3日、一親等2日

病院見学・採用試験について

病院見学
病院見学実施日
随時
※診療科との調整時間が必要な為、見学希望日の2週間以上前にご連絡下さい。
当直見学:あり
見学時交通費補助:なし

1)見学を希望する診療科、病院(附属病院または総合医療センター)および日程をお決めいただき、できる限り2週間以上前にメールにてお問合せください。
sotugori@hirakata.kmu.ac.jp
氏名、大学名、学年、連絡先(携帯番号など)、見学希望日程、希望診療科及び病院を明記の上、送信してください。

※基本1日1診療科の見学です。
※希望する診療科が複数ある場合は、希望順位を明記してください。
※救急医学科を見学の場合は、当直も見学可能です。
「1日見学希望」又は「当直も含めて見学希望」のいずれかを明記してください。
※精神神経科の見学は、総合医療センターのみ

[見学推奨日]
(附属病院)
小児科・・・・・・・・・・・・水曜日
消化器肝臓内科・・・・木曜日
神経内科・・・・・・・・・・木曜日
(総合医療センター)
精神神経科・・・・・・月曜日
眼科・・・・・・・・・・・・金曜日
試験・採用
試験日程
令和4年7月22日(金)
令和4年8月12日(金)  
*基礎研究医プログラムを希望される方は、応募期間が異なりますので、別途ご相談ください。
一般枠とは別に採用試験を実施いたします。
選考方法
面接、筆記
採用予定人数
47名

■選考方法:筆記・面接
昨年度の受験者数
142名
応募関連
応募書類
臨床研修医採用申請書、受験票・受験者照合票(本院所定の用紙)、CTBの成績表
http://www.kmu.ac.jp/residency/students/requirement.htmlからダウンロード可

応募締切
令和4年7月8日(金)17時まで

*基礎研究医プログラムを希望される方は、応募期間が異なりますので、別途ご相談ください。
一般枠より先に〆切ります。
応募連絡先
卒後臨床研修センター附属病院分室事務局(本部)
TEL:072-804-2847
E-mailsotugori@hirakata.kmu.ac.jp

医学生の方へメッセージ

是非関西医科大学で一緒に研修をしましょう!

  • 2年次研修医
  • 出身大学:関西医科大学

関西医科大学卒業生である私ですが、自身の研修先として当院を選択したのは、漠然とした進路としてではなく、救命科という明確な希望診療科が存在したからです。その診療特性上、救命科では内科のみならず外科やマイナー診療科での知識や経験が必要になると考えました。その点、自由度の高いローテーション制度である点、さらには同一の診療科であっても関西医科大学附属病院と関西医科大学総合医療センターという2つの病院から選択が可能である点は、2年間の研修生活を送るうえで、選択の幅を広げ、より有意義なものとしてくれるでしょう。そうして選択した各診療科では、担当症例を通じて実臨床に即した知識を、指導医や教授から学べ、ときには大学病院であることから、自分が指導役として学生と接する機会もあります。吸収するだけでなく、アウトプットすることが修得した知識と経験を確固としたものとし得るのです。また、病院13階に位置する卒後臨床研修センターは、研修医1年目と2年目が一緒になって討議する場にもなり、時にはそのまま業務後に食事に繰り出すことだってできる「研修医だけの医局」です。その中では、他大学出身の先生も疎外感を感じることはないはずです。研修生活の後半戦に突入する私ですが、前半の1年間の経験を糧に、目標とする救急医療のために邁進する後半の1年間をこの環境ならば叶えてくれると思っています。

プログラム名を選択してください25件プログラムが登録されています
新専門医制度
新専門医制度
ブックマークを行うにはログインが必要です

気になる病院・研修プログラムはどんどんブックマークして、
あとから見返して比較したり、必要なときに行動できるようにしておこう!
このサイト上から資料請求や問合せが可能です。

まだ民間医局レジナビ会員でない方はこちら