1. TOP
  2. 研修情報を探す
  3. 関西医科大学附属病院 関西医科大学附属病院 救急医学科
関西医科大学附属病院

大学病院

関西医科大学附属病院

かんさいいかだいがくふぞくびょういん

関西医科大学附属病院 救急医学科

下記ボタンから申し込むと、施設へ連絡が届きます。

附属病院高度救命救急センター外来初療室
附属総合医療センター救命救急センター初療室 Hybrid ER system

病院の早見表はこちら!

  • 指導医数(2020年度時点)

    7名

  • 在籍研修医数(2020年度時点)

    9名

    卒後3年次 4名

    卒後4年次 3名

    卒後5年次 2名

  • 給与

    卒後3年次(月給/年収)
    月給 230,000円

    卒後4年次(月給/年収)
    月給 230,000円

    卒後5年次(月給/年収)
    月給 230,000円

    詳細はこちら

  • 当直回数

    6回/月

    希望者は院外勤務の許可を出します。

採用関連情報

  • 病院見学実施日

    随時

  • 採用予定人数

    5人

  • 試験応募締切日

    詳細は、同院ホームページを参照のこと

  • 試験日程

    詳細は、同院ホームページを参照のこと

専門研修・サブスペシャルティ

診察科救急科
基幹施設/連携施設
基幹施設
連携施設
社会医療法人 警和会 大阪警察病院兵庫県立西宮病院関西医科大学総合医療センター、長崎大学病院、信愛会 交野病院、長崎県上五島病院
サブスペシャルティ
救急科専門医に加え、腹部外科・内科・整形外科・脳外科
また、病院前診療(ドクターカー、地域メディカルコントロール)、災害医療(DMAT)の資格も取得可能

この研修プログラムの特徴

関西医科大学附属病院、関西医科大学附属総合医療センターでの研修は3次救急医療施設である救命救急センターで行い、多様な外傷、疾病の患者さんの治療にあたります。両施設とも初療+集中治療型の救命救急センターであり入院治療も担当するため初期診療に加えて集中治療を研修します。基幹施設は附属病院ですが両施設は関西医科大学救急医学講座のスタッフによって支えられており、後期研修期間中に異動が可能です。

附属病院での手術症例は多く下記のような手術経験が可能です。
整形関連手術約300例(小児骨折42、開放骨折35、骨盤骨折30、脊椎外傷20など)
腹部手術約80例(外傷、内因性急性腹症)
緊急消化管内視鏡止血術 約80例
また、附属医療センターでの研修はハイブリッドERシステムを用いた救急初期診療を行い手術症例も豊富です。

プログラムの詳細は下記HPをご覧ください。

当HPの記載は主に関西医大附属病院高度救命救急センターの情報となりますが、附属医療センター救命救急センターでも豊富な症例を引き受けています。
大学附属病院での研修は主に重症集中治療型の救急科専門医研修になりますが、後期研修中に異動が可能な連携病院ではER型救急科専門医研修が可能です。

こだわりポイント

  • 症例数が多い

    整形関連手術約300例、腹部手術80例、緊急内視鏡80例など

  • 指導体制が充実

  • 女性医師サポートあり

  • 産休育休取得者あり

関西医科大学附属病院救急科専門医プログラム

関西医科大学附属病院のスケジュール

申し送り申し送り申し送り申し送り申し送り
午前チーム回診週間カンファレンスチーム回診チーム回診重症カンファレンス
教授回診
午後集中治療室栄養チームカンファレンス
夕方
 午前午後夕方
申し送りチーム回診
申し送り週間カンファレンス
申し送りチーム回診
申し送りチーム回診集中治療室栄養チームカンファレンス
申し送り重症カンファレンス
教授回診

救命センター初療、ICU勤務をローテーションでおこなう

研修環境について

責任者
鍬方 安行
責任者の出身大学
筑波大学
当科病床数
35床
当科医師数
17.0名
当科平均外来患者数
6.9名/日
当科平均入院患者数
3.0名/日
在籍指導医(2020年度時点)
7名

主な出身大学
筑波大学, 金沢大学, 愛知医科大学, 大阪大学, 関西医科大学

関西医科大学附属病院、附属総合医療センターを含む

専攻医・後期研修医(2020年度時点)
合計 9名

卒後3年次の専攻医・後期研修医数
4名(男性 3名:女性 1名)
主な出身大学
福井大学, 関西医科大学

卒後4年次の専攻医・後期研修医数
3名(男性 2名:女性 1名)
主な出身大学
富山大学, 和歌山県立医科大学, 関西医科大学

卒後5年次の専攻医・後期研修医数
2名(男性 1名:女性 1名)
主な出身大学
信州大学, 和歌山県立医科大学

プログラム在籍中後期研修医(関連病院勤務中を含む)
研修修了後の進路
本専門研修プログラムによる救急科専門医取得後には、サブスペシャルティ領域である集中治療専門医、感染症専門医、熱傷専門医、外傷専門医、脳卒中専門医、消化器内視鏡専門医、日本脳神経血管内治療学会専門医の研修プログラムに進んだり、救急科関連領域の医療技術向上および専門医取得を目指す臨床研修や、リサーチマインドの醸成および医学博士号取得を目指す研究活動を選択したりすることが可能です。
関連大学医局
順天堂大学, 大阪大学, 大阪市立大学, 長崎大学

留学の可能性
あり

給与・処遇について

給与
卒後3年次(月給/年収)
月給 230,000円
卒後4年次(月給/年収)
月給 230,000円
卒後5年次(月給/年収)
月給 230,000円

上記に加え、当直手当などが加算されます。
賞与:年2回
学外兼務を認めていますが、学外兼務をせずに本学附属病院で研修に専念する人には、毎月10万円を支給します。
年収:400万円以上~ 詳細は見学時にお伝えします。
医師賠償責任保険
病院:加入(患者から病院が訴えられ賠償金等を填補する場合)個人:任意、日本医師会:任意加入(患者から医師個人が訴えられ賠償金などを填補する場合)
宿舎・住宅
あり
住宅補助 27,000円/月
自宅:15,500円 賃貸:27,000円補助
社会保険
日本私立学振興・共済事業団私立学校教職員共済に加入、労災保険、雇用保険あり
福利厚生
健康管理:採用時健康診断、定期健康診断(年1回)特殊勤務者検診、そのほか感染症などにより臨時に必要を生じた検診及び予防接種
当直回数
6回/月

希望者は院外勤務の許可を出します。
当直料
16,000円/回

宿日直手当:約16,000円/回
休日・有給
休暇:日祝日、創立記念日、年末年始(12月29日~1月3日)、第2・4土曜日、年次有給休暇、夏季休暇、結婚休暇、忌引休暇

病院見学・採用試験について

病院見学
病院見学実施日
随時
当直・救急見学:あり
見学時交通費補助:なし

卒後臨床研修センター附属病院分室事務局(本部):平野、宮本
試験・採用
試験日程
詳細は、同院ホームページを参照のこと
採用予定人数
5人

書類、面接
採用予定:詳細は、同院ホームページを参照のこと
応募関連
応募書類
研修プログラム申込書(所定) 履歴書(所定) 写真(30×40mm) 医師免許証の写 臨床研修修了証明書又は見込み証明書

応募締切
詳細は、同院ホームページを参照のこと
応募連絡先
卒後臨床研修センター附属病院分室事務局(本部)
TEL:072-804-2847
E-mailsotugori@hirakata.kmu.ac.jp
プログラム名を選択してください25件プログラムが登録されています
新専門医制度
新専門医制度
ブックマークを行うにはログインが必要です

気になる病院・研修プログラムはどんどんブックマークして、
あとから見返して比較したり、必要なときに行動できるようにしておこう!
このサイト上から資料請求や問合せが可能です。

まだ民間医局レジナビ会員でない方はこちら