1. TOP
  2. 研修情報を探す
  3. 関西医科大学附属病院 関西医科大学附属病院 第一内科(血液腫瘍内科、呼吸器・感染症内科・リウマチ膠原病科)
関西医科大学附属病院

大学病院

関西医科大学附属病院

かんさいいかだいがくふぞくびょういん

関西医科大学附属病院 第一内科(血液腫瘍内科、呼吸器・感染症内科・リウマチ膠原病科)

下記ボタンから申し込むと、施設へ連絡が届きます。

更新日:2022/11/29

リウマチ膠原病内科 学会参加風景
血液腫瘍内科 骨髄穿刺検査
呼吸器内科(感染症アレルギー内科) 気管支鏡検査

病院の早見表はこちら!

  • 指導医数(2022年度時点)

    10名

  • 在籍研修医数(2022年度時点)

    8名

    卒後4年次 3名

    卒後5年次 5名

  • 給与

    卒後3年次(月給/年収)
    月給 230,000円

    卒後4年次(月給/年収)
    月給 230,000円

    卒後5年次(月給/年収)
    月給 230,000円

    詳細はこちら

  • 当直回数

    1回/月

採用関連情報

  • 病院見学実施日

    随時

  • 試験応募締切日

    日本専門医機構のスケジュールに準ずる
    詳細は、同院ホームページを参照のこと

  • 試験日程

    詳細は、同院ホームページを参照のこと

専門研修・サブスペシャルティ

診察科内科
基幹施設/連携施設
基幹施設

この研修プログラムの特徴

1 研修の目標
【血液腫瘍内科】
近隣の医療機関に血液内科が少ないため、診療圏のほぼすべての血液疾患患者を受けれいており、豊富な症例数を誇ります。
当科で扱う疾患は造血器悪性腫瘍が主体です。抗癌剤治療、抗体療法、放射線治療、そして造血幹細胞移植からなる多数のtoolを組み合わせて治癒を目指した集学的治療を実践しています。さらに、分子標的療法などを含めた最先端医療、新規治療薬を積極的に取り入れ、常に新しいエビデンスに基づいた治療を行うことができる体制を整えています。患者の全身管理を初めoncologist、感染症の知識も要求されますので細分化された医療だけではなく、generalistとしても大成することを目標としています。

【呼吸器感染症内科】
呼吸器・感染症内科では悪性疾患以外の感染症および気道疾患(気管支喘息や COPD)、びまん性肺疾患(間質性肺炎など)、希少疾患、呼吸器領域の common な良性疾患など幅広く数多くの症例を経験し得る。呼吸器良性疾患の診断・治療に加え、感染症制御なども学び得ることが可能であり、院内の感染制御業務も担っている。呼吸器領域は各科と連携することも多く、各部門と調整し幅広く活動しており、すぐれた臨床医を育てることを目標としている。

【呼吸器腫瘍内科】 呼吸器腫瘍内科では呼吸器悪性疾患のみを扱い、豊富な症例を生かして原発性肺癌や悪性胸膜中皮腫を数 多く経験し、診断から治療へのプロセスを修得し、さらには数多い臨床研究を 通して、エビデンスの構築の仕方を学び得る。

【リウマチ・膠原病科】
リウマチ性疾患の診断に必要な身体所見を理解し、その修得が可能となります。関節リウマチや全身性エリテ マトーデスなど多くの難治性疾患を担当し、生 物学的製剤などによる最新治療も提供し、大阪府下随一の症例数を誇る。また、自己免疫疾患と炎症性疾患の基礎医学的な側面を含めた理解を深め、関節エコーに関しては、指導のもとで技術の習得を行います。基礎医学および各疾患に関しては、週1回のレクチャーを連続的に行い、その理解を助けます。





こだわりポイント

  • 症例数が多い

  • 指導体制が充実

  • 女性医師サポートあり

  • 産休育休取得者あり

研修環境について

責任者
伊藤 量基
責任者の出身大学
関西医科大学
当科医師数
17.0名
当科平均外来患者数
111.6名/日
当科平均入院患者数
46.1名/日
在籍指導医(2022年度時点)
10名

専攻医・後期研修医(2022年度時点)
合計 8名

卒後3年次の専攻医・後期研修医数
(男性 1名:女性 1名)
主な出身大学
埼玉医科大学, 関西医科大学, その他

卒後4年次の専攻医・後期研修医数
3名(男性 3名)
主な出身大学
関西医科大学, 兵庫医科大学

卒後5年次の専攻医・後期研修医数
5名(男性 3名:女性 2名)
主な出身大学
関西医科大学

研修修了後の進路
進路は多岐に用意されている。

給与・処遇について

給与
卒後3年次(月給/年収)
月給 230,000円
卒後4年次(月給/年収)
月給 230,000円
卒後5年次(月給/年収)
月給 230,000円

賞与:年2回
学外兼務を認めていますが、学外兼務をせずに本学附属病院で研修に専念する人には、毎月10万円を支給します。
年収:約560~700万円(学外兼務の有無による)
医師賠償責任保険
病院:加入(患者から病院が訴えられ賠償金等を填補する場合)個人:任意、日本医師会:任意加入(患者から医師個人が訴えられ賠償金などを填補する場合)
宿舎・住宅
あり
住宅補助 27,000円/月
自宅:15,500円 賃貸:27,000円補助
社会保険
日本私立学振興・共済事業団私立学校教職員共済に加入、労災保険、雇用保険あり
福利厚生
健康管理:採用時健康診断、定期健康診断(年1回)特殊勤務者検診、そのほか感染症などにより臨時に必要を生じた検診及び予防接種
当直回数
1回/月

当直料
宿日直手当:約16,000円/回
休日・有給
休暇:日祝日、創立記念日、年末年始(12月29日~1月3日)、第2・4土曜日、年次有給休暇、夏季休暇、結婚休暇、忌引休暇

病院見学・採用試験について

病院見学
病院見学実施日
随時
見学時交通費補助:なし

診療科に問い合わせのこと
試験・採用
試験日程
詳細は、同院ホームページを参照のこと

書類、面接
採用予定:詳細は、同院ホームページを参照のこと
応募関連
応募書類
研修プログラム申込書(所定) 履歴書(所定) 写真(30×40mm) 医師免許証の写 臨床研修修了証明書又は見込み証明書

応募締切
日本専門医機構のスケジュールに準ずる
詳細は、同院ホームページを参照のこと
応募連絡先
卒後臨床研修センター附属病院分室事務局(本部)
TEL:072-804-2847
E-mailsotugori@hirakata.kmu.ac.jp
プログラム名を選択してください25件プログラムが登録されています
新専門医制度
新専門医制度
ブックマークを行うにはログインが必要です

気になる病院・研修プログラムはどんどんブックマークして、
あとから見返して比較したり、必要なときに行動できるようにしておこう!
このサイト上から資料請求や問合せが可能です。

まだ民間医局レジナビ会員でない方はこちら