1. TOP
  2. 研修情報を探す
  3. 近畿大学病院 初期臨床研修プログラム、周産期・小児科・産婦人科プログラム
近畿大学病院

大学病院

近畿大学病院

きんきだいがくびょういん

レジナビBook臨床研修版

初期臨床研修プログラム、周産期・小児科・産婦人科プログラム

病院の早見表はこちら!

  • 指導医数(2020年度時点)

    251名

  • 初期研修医(2021年度時点)

    64名

    卒後1年次 29名

    卒後2年次 35名

  • 給与

    卒後1年次(月給/年収)
    月給 300,000円/年収 3,600,000円

    卒後2年次(月給/年収)
    月給 300,000円/年収 3,600,000円

    詳細はこちら

  • 当直回数

    1年次 4回/月
    2年次 4回/月

採用関連情報

  • 病院見学実施日

    随時

  • 採用予定人数

    37名

  • 昨年度の受験者数

    103名

  • 試験日程

    2021年7月17日、7月31日(予定)

この研修プログラムの特徴

(指導体制:マンツーマン・屋根瓦混合方式)

当院の臨床研修プログラムの特徴としては、研修医一人ひとりが個性に合わせて自由度の高いプログラムを作成していけることである。44週を自由選択期間とし、一般外来研修は大学外の多数の施設で行うプログラムとなっている。また当院は、大阪南部に位置する唯一の大学病院で地域基幹病院としての役割も果たしており、プライマリ・ケアから高度先進医療まで多彩な医療を学べるようになっている。特にプライマリ・ケアに関しては、できるだけ研修医にファーストタッチの機会を多く設けている。その他では、ハンズオンセミナーなどいろいろな面で研修のサポートを行っている。
さらに、大学病院では未だ少ないNPO法人卒後臨床研修評価機構の認定基準病院となっており、研修医にとって十分満足出来得る研修プログラムを提供している。

研修病院タイプ
基幹型
URL

http://www.med.kindai.ac.jp/kensyu/

こだわりポイント

  • 症例数が多い

  • 指導体制が充実

  • 施設設備が充実

初期臨床研修プログラムスケジュール例

4月5月6月7月8月9月10月11月12月1月2月3月
1年次必修:内科①(8週)必修:内科②(12週)必修:救急部門(救命救急センター)(8週)必修:救急部門(麻酔科)(4週)病院選択必修(4週)必修:外科(4週)必修:産婦人科(4週)必修:精神科(4週)自由選択(4週)
2年次必修:内科③【一般外来】(4週)必修:小児科【一般外来含】(4週)必修:地域医療(4週)自由選択(40週)
  1. 1年次
  1. 4月
  2. 5月
  3. 6月
  4. 7月
  5. 8月
  6. 9月
  7. 10月
  8. 11月
  9. 12月
  10. 1月
  11. 2月
  12. 3月

必修:内科①(8週)

必修:内科②(12週)

必修:救急部門(救命救急センター)(8週)

必修:救急部門(麻酔科)(4週)

病院選択必修(4週)

必修:外科(4週)

必修:産婦人科(4週)

必修:精神科(4週)

自由選択(4週)

  1. 2年次
  1. 4月
  2. 5月
  3. 6月
  4. 7月
  5. 8月
  6. 9月
  7. 10月
  8. 11月
  9. 12月
  10. 1月
  11. 2月
  12. 3月

必修:内科③【一般外来】(4週)

必修:小児科【一般外来含】(4週)

必修:地域医療(4週)

自由選択(40週)

スケジュールを

※当院では週単位のプログラムとしている。
※必修の救急12週は、うち4週を麻酔科での研修とする。
※病院選択必修:麻酔科もしくは外科を選択。
■上記は一例であり、他のプログラムも実施。

周産期・小児科・産婦人科プログラムスケジュール例

4月5月6月7月8月9月10月11月12月1月2月3月
1年次特別選択科(12週)必修:内科①(8週)必修:内科②(12週)必修:救急部門(救命救急センター)(8週)必修:救急部門(麻酔科)(4週)病院選択必修(4週)必修:外科(4週)
2年次必修:内科③【一般外来】(4週)必修:小児科【一般外来含】(4週)必修:地域医療(4週)必修:産婦人科(4週)必修:精神科(4週)自由選択科(32週)
  1. 1年次
  1. 4月
  2. 5月
  3. 6月
  4. 7月
  5. 8月
  6. 9月
  7. 10月
  8. 11月
  9. 12月
  10. 1月
  11. 2月
  12. 3月

特別選択科(12週)

必修:内科①(8週)

必修:内科②(12週)

必修:救急部門(救命救急センター)(8週)

必修:救急部門(麻酔科)(4週)

病院選択必修(4週)

必修:外科(4週)

  1. 2年次
  1. 4月
  2. 5月
  3. 6月
  4. 7月
  5. 8月
  6. 9月
  7. 10月
  8. 11月
  9. 12月
  10. 1月
  11. 2月
  12. 3月

必修:内科③【一般外来】(4週)

必修:小児科【一般外来含】(4週)

必修:地域医療(4週)

必修:産婦人科(4週)

必修:精神科(4週)

自由選択科(32週)

スケジュールを

※当院では週単位のプログラムとしている。
※特別選択科は小児科もしくは産婦人科から選択。
※必修の救急12週は、うち4週を麻酔科での研修とする。
※病院選択必修:麻酔科もしくは外科を選択。
■上記は一例であり、他のプログラムも実施。

研修環境について

在籍指導医(2020年度時点)
合計 251名

主な出身大学
近畿大学, 京都大学, 奈良県立医科大学, 和歌山県立医科大学, 大阪医科薬科大学, 関西医科大学, 神戸大学

■医師数:477名
在籍初期研修医(2021年度時点)
合計 64名

卒後1年次の初期研修医数
29名(男性 16名:女性 13名)
主な出身大学
愛知医科大学, 近畿大学, 川崎医科大学, 大阪医科薬科大学, 金沢医科大学, 埼玉医科大学, 広島大学, 島根大学

卒後2年次の初期研修医数
35名(男性 25名:女性 10名)
主な出身大学
愛知医科大学, 近畿大学, 大阪医科薬科大学, 関西医科大学, 兵庫医科大学, 川崎医科大学, 久留米大学, 福島県立医科大学, 帝京大学, 金沢医科大学, 福岡大学

在籍専攻医・後期研修医(2018年度時点)
合計 36名(男性 22名:女性 14名)

主な出身大学
札幌医科大学, 日本大学, 愛知医科大学, 滋賀医科大学, 近畿大学, 関西医科大学, 兵庫医科大学, 島根大学, 川崎医科大学, 福岡大学

当直体制
対応医師数
研修医 2名、研修医以外の当直医 1名
開始時期
研修医1年目4月より

※ER当直時
研修修了後の進路
当院専攻医・助教、他病院就職、大学院進学など

給与・処遇について

給与
卒後1年次(月給/年収)
月給 300,000円/年収 3,600,000円
卒後2年次(月給/年収)
月給 300,000円/年収 3,600,000円

医師賠償責任保険
個人加入
宿舎・住宅
あり
有料・室数限定
社会保険
日本私立学校振興・共済事業団
学会補助
なし
当直回数
1年次 4回/月
2年次 4回/月

当直料
1年目:5,500円(1回) 2年目:11,000円(1回)
(ER当直)30,000/回その他
休日・有給
年末年始(12月29日~1月3日)、創立記念日、ほか就業規則に準じる。
有給休暇:1年目・10日/2年目・11日

病院見学・採用試験について

病院見学
病院見学実施日
随時
見学時交通費補助:なし

当直見学は要検討。HPより申込み必須。
試験・採用
試験日程
2021年7月17日、7月31日(予定)
選考方法
面接、小論文、その他
採用予定人数
37名

■その他:適性試験
昨年度の受験者数
103名
応募関連
応募書類
応募希望者は、書類提出前にホームページより必ず申し込みをしてください。提出書類を開催日の1週間前(必着)までに所定の提出先まで持参、もしくは郵送をお願いします。

応募締切
詳細はHPをご確認ください。
応募連絡先
近畿大学医学部・病院事務局 医学教育研修課
TEL:072-366-0221(代表)
E-mailkensyui@med.kindai.ac.jp

医学生の方へメッセージ

  • 総合医学教育研修センター長・外科教授竹山 宜典

全国の医学生の皆さん、スチューデントドクターとしての研鑽とともに、実習や国家試験の準備に、忙しい日々を送られていることと思います。一方、自分の将来を左右する初期研修をどこですべきか、多くの選択肢の間でお悩みのことと思います。そのような諸君に、私どもの近畿大学病院における研修をお奨めしたいと思います。当院は、すべての診療科で先進的医療を行う特定機能病院であり、症例数も多く、初期研修先としてのみならず後期研修にも対応しており、専門医取得にも有利です。しかし、そのような病院でいわゆるプライマリ・ケアが学べるのか、基本的手技の修得が可能なのかという不安と疑問があるかと思います。ご安心ください。当院では、初期研修医が2〜3回/月のER当直を行っています。そこでは、1年目と2年目の初期研修医のペアをベテランの指導医が指導する体制で、1次、2次救急外来を担当し、救急疾患の初療を修得できるようになっています。これにより、各科の専門的知識のみならず、Common Diseaseに対する基礎的臨床能力が培われます。ERで指導に当たると、1年目と2年目の研修医の能力差は歴然としており、1年間の研修成果が実感できます。さらに、初期研修医数は他の特定機能病院に比べて少なく、そのために各科に配属される研修医は多くても2~3名であり、採血、点滴から始まり腰椎穿刺やエコーガイド下中心静脈穿刺などの基本的手技を経験できる機会も豊富で、指導医からのきめ細かい指導を受けられます。また、これらの手技の実際を練習できるシミュレーションセンターも充実しています。最後に、近畿大学医学部の校風として、母校愛があることはもちろんですが、他大学出身者であっても全く分け隔てしないことも美点として挙げられます。多くの他学出身者が母校出身者と共に、大学と病院を支え盛り立てています。近畿大学には、大阪狭山市の本院のほかに、奈良病院という中規模病院も存在し、2病院が連携して診療を行っており、両方の病院で研修できます。研修先として選択いただければ、必ず将来につながる有意義な研修が可能であることをお約束いたします。ぜひ一度見学にお越しください。

更新日:2021/05/27

この病院の見学体験記

プログラム名を選択してください18件プログラムが登録されています
ブックマークを行うにはログインが必要です

気になる病院・研修プログラムはどんどんブックマークして、
あとから見返して比較したり、必要なときに行動できるようにしておこう!
このサイト上から資料請求や問合せが可能です。

まだ民間医局レジナビ会員でない方はこちら