1. TOP
  2. 研修情報を探す
  3. 金沢医科大学病院 自らがデザインするプログラム
金沢医科大学病院

大学病院

金沢医科大学病院

かなざわいかだいがくびょういん

    自らがデザインするプログラム

    下記ボタンから申し込むと、施設へ連絡が届きます。

    就業前研修(輸液ポンプ・シリンジポンプ)
    就業前研修(気道・呼吸管理実習)
    就業前研修(静脈路確保・採血実習)
    アメリカ心臓協会BLS ※病院が受講料を負担、研修医はテキスト代のみ

    病院の早見表はこちら!

    • 指導医数(2019年度時点)

      152名

    • 初期研修医(2019年度時点)

      51名

      卒後1年次 26名

      卒後2年次 25名

    • 給与

      卒後1年次(月給/年収)
      月給 350,000円

      卒後2年次(月給/年収)
      月給 360,000円

      詳細はこちら

    • 当直回数

      1年次 4回/月
      2年次 4回/月

    採用関連情報

    • 病院見学実施日

      随時

    • 採用予定人数

      61名

    • 昨年度の受験者数

      56名

    • 試験日程

      応募締切(消印有効)
      1次:2019年7月16日(火)
      2次:2019年9月 2日(月)
      試験(面接)
      1次:2019年7月28日(日)
      2次:2019年9月14日(土)

    この研修プログラムの特徴

    将来人間性豊かで有能な医師として成長・自立し、広く社会に貢献できることを目的にした初期臨床研修プログラムです。この2年間で医師として求められる基本的診療能力を修得し、医療人として求められる高い人格を涵養することをめざしています。
    修了後は各診療科の認定医、専門医にむけての後期研修によるさらなるキャリアアップへの道が広がっています。
    なお、初期臨床研修2年次から大学院進学が可能です。

    年間スケジュール
    金沢医科大学病院初期臨床研修プログラム(高度医療連携プログラム)
    その他、地域医療連携プログラム(他院とのたすきがけプログラム)、外科系プログラム、産婦人科専門プログラム、小児科専門プログラムを設定。
    選択枠はプログラム責任者の助言のもと、研修医自らが診療科、期間を設定する。

    なお、本学国際交流センターを通じ、希望者については選考のうえ短期海外研修(約2週間)を行うことができます。
    平成25年度実績 バーモント大学医学部(アメリカ)2名
    平成26年度実績 バーモンド大学医学部(アメリカ)2名 
    平成27年度実績 バーモンド大学医学部(アメリカ)1名
    平成28年度実績 バーモント大学医学部(アメリカ)2名
    平成30年度実績 バーモント大学医学部(アメリカ)1名

    研修病院タイプ
    基幹型
    URL

    http://www.kanazawa-med.ac.jp/

    こだわりポイント

    • 特徴あるプログラム

      2年目は49週自由に研修科が選べるプログラム

    • 福利厚生が充実

      研修医専用の宿舎あり(63室)

    • 手技に積極的

      外科・麻酔科を必修化

    • 女性医師サポートあり

      女性医師の「水月会」によりサポート

    金沢医科大学病院初期臨床研修プログラム抜粋

    4月5月6月7月8月9月10月11月12月1月2月3月
    1年次内科(28週)救急(12週)必修(神経精神科)(4週)必修(小児科)(4週)必修(産婦人科)(4週)
    2年次地域(8週)麻酔科(病院独自必修)(8週)必修(外科選択)(4週)外科(病院独自必修)(4週)自由(24週)
    1. 1年次
    1. 4月
    2. 5月
    3. 6月
    4. 7月
    5. 8月
    6. 9月
    7. 10月
    8. 11月
    9. 12月
    10. 1月
    11. 2月
    12. 3月

    内科(28週)

    救急(12週)

    必修(神経精神科)(4週)

    必修(小児科)(4週)

    必修(産婦人科)(4週)

    1. 2年次
    1. 4月
    2. 5月
    3. 6月
    4. 7月
    5. 8月
    6. 9月
    7. 10月
    8. 11月
    9. 12月
    10. 1月
    11. 2月
    12. 3月

    地域(8週)

    麻酔科(病院独自必修)(8週)

    必修(外科選択)(4週)

    外科(病院独自必修)(4週)

    自由(24週)

    スケジュールを

    必修として内科、救急、地域医療、外科、小児科、産婦人科、精神科を研修。地域医療2か月で一般外来と並行研修する。自由枠で麻酔科8週、外科(外科選択)4週を必修とする。

    研修環境について

    在籍指導医(2019年度時点)
    合計 152名

    主な出身大学
    金沢大学, 金沢医科大学, 富山大学, その他

    在籍初期研修医(2019年度時点)
    合計 51名

    卒後1年次の初期研修医数
    26名(男性 16名:女性 10名)
    主な出身大学
    金沢医科大学, 獨協医科大学, 東海大学, 久留米大学

    卒後2年次の初期研修医数
    25名(男性 16名:女性 9名)
    主な出身大学
    金沢医科大学, 川崎医科大学

    51名
    在籍専攻医・後期研修医(2019年度時点)
    合計 26名(男性 18名:女性 8名)

    主な出身大学
    金沢医科大学, 富山大学, 産業医科大学, 金沢大学, 名古屋市立大学, その他

    初期修了3年目のみ表示
    当直体制
    対応医師数
    研修医 1名、研修医以外の当直医 1名
    開始時期
    4月から

    カンファレンスについて
    CPC(定期)、基本医療技術セミナー(不定期) など
    研修修了後の進路
    本院では基本18領域の専門研修プログラムを用意しています。

    給与・処遇について

    給与
    卒後1年次(月給/年収)
    月給 350,000円
    卒後2年次(月給/年収)
    月給 360,000円

    <給与>
    1年次:諸手当含む
    2年次:諸手当含む
    医師賠償責任保険
    医師賠償責任保険(本人加入)
    宿舎・住宅
    あり
    宿舎 20,000円/月

    単身者用・既婚者用、期間:2年間

    社会保険
    日本私立学校振興・共済事業団(健康保険・年金)、雇用保険、労働者災害補償保険
    福利厚生
    休日:土曜(隔週)、日曜祝日、有給休暇、夏季休暇あり
    当直回数
    1年次 4回/月
    2年次 4回/月

    当直料
    1年次 11,400円/回
    2年次 17,000円/回

    病院見学・採用試験について

    病院見学
    病院見学実施日
    随時

    当院ホームページの臨床研修医募集の中にある「病院見学申込書」をダウンロードのうえ必要事項を記入のうえ、臨床研修センター事務課まで郵送もしくはFAXしてください。
    試験・採用
    試験日程
    応募締切(消印有効)
    1次:2019年7月16日(火)
    2次:2019年9月 2日(月)
    試験(面接)
    1次:2019年7月28日(日)
    2次:2019年9月14日(土)
    選考方法
    面接
    採用予定人数
    61名

    ■選考方法:書類選考・面接
    昨年度の受験者数
    56名
    応募関連
    応募書類
    当院ホームページの臨床研修医募集の中にある応募要領から「臨床研修医採用願」と「履歴書」をダウンロードのうえ必要事項を記入のうえ、臨床研修センター事務課まで郵送してください。

    応募締切
    当院ホームページの臨床研修医募集の中にある応募要領で確認してください。
    応募連絡先
    臨床研修センター(事務課)電話:(内線5481、5482、5483、5484)
    TEL:076-286-3511
    E-mailkensyu-j@kanazawa-med.ac.jp

    医学生の方へメッセージ

    • 病院長/心血管カテーテル科北山 道彦
    • 出身大学:金沢医科大学

    医師に求められるのは単に診断や診療の技術だけではありません。治療の過程において、想定する治療法に不足している要素はないか、経験した同様の症例と同じ治療法を適応してもいいのか、新しい合併症はないのかなど、症例に付随する様々な要因を洞察、分析する能力が必要となります。すなわち、杓子定規の治療は通用しません。このような能力を身につけるためには、過去に経験した症例を多方面から解析し、必要ならば国内外の文献から多くの情報を得て、それを理解し、臨床に活用することが求められます。これは、特殊な領域での専門医を目指す医師、一般家庭医などとして地域医療に貢献したい医師、医学研究を目指す医師、など全ての医師に共通して求められる資質です。習得した知識と技術のみで、「なぜ」、「どうして」、という探求心を持たずに漫然と日々の臨床を行えば、将来必ず行き詰る時がきます。このような態度、いわゆる研究マインドを持った医師となるために、若いときに是非一度は医学の研究・教育機関に身をおいて下さい。それは、初期研修でも後期研修でもいいと思います。金沢医科大学病院では、そのような研究マインドを持った医師の育成に努めるとともに、臨床研修のニーズに応じた様々なプログラムを用意いたしました。大学病院でしか経験できない研修、さらに地域医療に密着した臨床研修など、自分が何を研修に求めているのか、何を得たいと考えているのか、十分考慮してください。皆さんと一緒に金沢医科大学病院で働き、学ぶことを願っています。そして、後ろから追ってくる後輩達のために力を貸していただきたいと思います。

    • 研修医/女性

    研修医という立場になり、学生のときとは違い責任感が必要となってきて不安ですが、その分やりがいのある仕事だと思います。患者さんとうまくコミュニケーションをとり、信頼関係を築いていくことが大切です。そのためにもまずは、ひとつでも多くの手技を習得し、学生のときの甘えは捨て勉強をし、患者さんに不安を与えないよう自分に自信をもてるようにならなければいけないと思います。実際現場に出るとなると、わからないことばかりだと思いますが、その都度先生方に指導してもらい、自分自身でも学んでいき、実りある研修期間にしていきたいです。分野にとらわれず色んな疑問を質問できるのは研修医のうちだと思うので、積極的に行動し、経験をつみたいと思います。働くうえで同期の仲間はもちろん、コメディカルの方とも協力しあいチームの一員として助け合っていきたいと思っています。二年間という貴重な時間を大切に過ごし頑張っていきたいです。

    プログラム名を選択してください0件プログラムが登録されています
    ブックマークを行うにはログインが必要です

    気になる病院・研修プログラムはどんどんブックマークして、
    あとから見返して比較したり、必要なときに行動できるようにしておこう!
    このサイト上から資料請求や問合せが可能です。

    まだ民間医局レジナビ会員でない方はこちら