公立大学法人福島県立医科大学附属病院
  • 大学病院

公立大学法人福島県立医科大学附属病院

ふくしまけんりついかだいがくふぞくびょういん

画像 見学体験記 3件

【新専門医制度】福島県立医科大学 泌尿器科専門研修プログラム 矢印他の研修プログラム

ブックマークボタン
この病院をブックマーク
矢印 見学申矢印 資料請求矢印
Image thumb 4dbe858d5551c6a9c7ad
■ 病院情報ここをチェック!
指導医数
(-年度時点)
10名
給与 卒後3年次(月給/年収)
月給 261,800円/年収 -円
■ 採用関連情報
病院見学実施日
随時
採用予定人数 55名
試験応募締切日
2020年度採用(予定)
1次募集:2019年12月頃
2次募集:2020年2月頃
試験日程
願書を受理次第に面接日を通知します。

専門研修・サブスペシャルティ

診療科:泌尿器科

基幹施設/連携施設
基幹施設

■ 診療科情報

診療科名 病床数 医師数 指導医数 平均外来患者数 平均入院患者数
泌尿器科・副腎内分泌外科 26床 22.0名 12.0名 56.8名/日 25.5名/日
その他の診療科情報はこちらアイコン

この研修プログラムの特徴

福島県立医科大学泌尿器科専門医研修プログラムは福島県立医科大学附属病院を中心としたいくつかの診療拠点病院と地域医療を担う地方中核病院の 2 群から構成されています。泌尿器科専門医に必要な知識や技能の習得と同時に、地域医療との連携や他の専門医への紹介・転送の判断も的確に行える能力を身につけることができるよう配慮しました。また学術的な涵養を目的とした大学院進学コース、専門研修後にはより高い臨床実施能力の獲得を目指す臨床修練コース、被災 2 県の大学(福島県立医科大学および岩手医科大学)が協力して医療体制の復興を目的として医療人の育成行う震災2県大学間連携コース、修学資金制度利用者コースの 4 つから選択することが可能です。

URL

研修環境について

責任者
小島 祥敬(泌尿器科 部長)
責任者の出身大学
名古屋市立大学
当科平均外来患者数
55.0名/日
当科平均入院患者数
27.0名/日
在籍指導医
(-年度時点)
10名

8名
■指導医の主な出身大学:東海大、杏林大、自治医大、帝京大学、日本大学、聖マリアンナ医科大学
専攻医・後期研修医
(-年度時点)
合計 0名

卒後3年次の専攻医・後期研修医数
-名 (男性 -名:女性 -名)

卒後4年次の専攻医・後期研修医数
-名 (男性 -名:女性 -名)

卒後5年次の専攻医・後期研修医数
-名 (男性 -名:女性 -名)

21年度登録 2名/22年度登録 1名/23年度登録 1名/24年度登録 1名
研修後の進路
当院で助手又は病院助手として引き続き勤務
関連施設
総合南東北病院、太田西ノ内病院、星総合病院、ほか

給与・処遇について

給与
卒後3年次(月給/年収)
月給 261,800円/年収 -円
卒後4年次(月給/年収)
月給 261,800円/年収 -円
卒後5年次(月給/年収)
月給 261,800円/年収 -円

医師賠償責任保険
病院で加入。個人加入は任意
宿舎・住宅
なし

社会保険
健康保険、厚生年金保険、雇用保険、労働者災害補償保険
当直料
【院内研修時】21,000円/回

病院見学・採用試験について

病院見学
病院見学実施日
随時
見学時交通費補助:あり

事前に電話かメールでお申込みください。日程調整し御連絡します。
試験・採用
試験日程
願書を受理次第に面接日を通知します。
選考方法
面接
採用予定人数
55名

コースディレクターの面接後、後期研修管理委員会の審議を経て合否を決定します。
採用予定:55名(全てのコースを合わせて)
昨年度(旧制度)の受験者数
8名

応募関連
応募書類
後期研修(専門研修プログラム)願書、履歴書、医師免許(写し)

応募締切
2020年度採用(予定)
1次募集:2019年12月頃
2次募集:2020年2月頃
応募連絡先
医療人育成・支援センター
TEL:024-547-1047
E-mail:CMECD@fmu.ac.jp
公立大学法人福島県立医科大学附属病院
ブックマークボタン
この病院をブックマーク
矢印 見学申矢印 資料請求矢印