1. TOP
  2. 研修情報を探す
  3. 群馬大学医学部附属病院 群馬大学内科専門医プログラム
群馬大学医学部附属病院

大学病院

群馬大学医学部附属病院

ぐんまだいがくいがくぶふぞくびょういん

群馬大学内科専門医プログラム

病院の早見表はこちら!

  • 指導医数(2018年度時点)

    68名

  • 在籍研修医数(2019年度時点)

    34名

    卒後3年次 17名

    卒後4年次 17名

採用関連情報

  • 病院見学実施日

    随時

  • 採用予定人数

    30人

  • 試験応募締切日

    詳細が決まり次第、当院ホームページに掲載

  • 試験日程

    詳細が決まり次第、当院ホームページに掲載

専門研修・サブスペシャルティ

診察科内科
基幹施設/連携施設
基幹施設
連携施設
県立心臓血管センター 前橋赤十字病院 済生会前橋病院 群馬中央病院 老年病研究所附属病院 上武呼吸器科内科病院 伊勢崎市民病院 高崎総合医療センター 日高病院 公立藤岡総合病院 くすの木病院 公立富岡総合病院 渋川医療センター 北関東循環器病院 原町赤十字病院 利根中央病院 桐生厚生総合病院 東邦病院 県立がんセンター 館林厚生病院 太田記念病院 深谷赤十字病院 国際医療福祉大学病院 佐久医療センター
サブスペシャルティ
総合内科専門医,循環器専門医,不整脈専門医,超音波専門医,核医学専門医,呼吸器専門医,アレルギー専門医,感染症専門医,気管支鏡専門医,がん薬物療法専門医,消化器病専門医,消化器内視鏡専門医,胃腸専門医,肝臓専門医,内分泌代謝科専門医,糖尿病専門医,甲状腺専門医,腎臓専門医,透析専門医,リウマチ専門医,血液専門医,血栓止血学会認定医,がん治療認定医,輸血細胞治療学会認定医,造血細胞移植認定医,神経内科専門医,認知症専門医

この研修プログラムの特徴

1) 本プログラムは,群馬県の国立大学である群馬大学医学部附属病院を基幹施設として,群馬県および北埼玉医療圏をプログラムとしての守備範囲とし,必要に応じた可塑性のある,地域の実情に合わせた実践的な医療も行えるように訓練されます.研修期間は基幹施設2年間+連携施設1年間の3年間です.

2) 内科専門医としてのGeneralityを重視しつつ, 内科系Subspecialty 分野の研修を専攻医1年目から選択する, いわゆる「並行研修」も選択可能であり, 専門知識や技術の早期習得と, 内科専門医取得後のsubspeciality専門医を見据えた研修が可能です.

3) 専門知識本研修プログラムでは,症例をある時点で経験するということだけではなく,主担当医として,入院から退院〈初診・入院~退院・通院〉まで可能な範囲で経時的に,診断・治療の流れを通じて,一人一人の患者の全身状態,社会的背景・療養環境調整をも包括する全人的医療を実践します.そして,個々の患者に最適な医療を提供する計画を立て実行する能力の修得をもって目標への到達とします.

4) 基幹施設である群馬大学医学部附属病院での2年間(専攻医2年修了時)もしくは群馬大学医学部附属病院1年+連携施設1年で,「研修手帳(疾患群項目表)」に定められた70 疾患群のうち,少なくとも通算で45 疾患群,120症例以上を経験し,日本内科学会専攻医登録評価システム(J-OSLER)に登録できます.そして,専攻医2年修了時点で,指導医による形成的な指導を通じて,内科専門医ボードによる評価に合格できる29症例の病歴要約を作成できます.

5) 連携病院が地域においてどのような役割を果たしているかを経験するために,原則として1年間,立場や地域における役割の異なる医療機関で研修を行うことによって,内科専門医に求められる役割を実践します.

6) 専攻医3年修了時で,「研修手帳(疾患群項目表)」に定められた70 疾患群のうち,少なくとも通算で56 疾患群,160症例以上を経験し, J-OSLERに登録できる体制とします.そして可能な限り,「研修手帳(疾患群項目表)」に定められた70 疾患群,200症例以上の経験を目標とします.

研修環境について

責任者
山田 正信・教授
当科医師数
72.0名
当科平均外来患者数
501.0名/日
当科平均入院患者数
152.0名/日
在籍指導医(2018年度時点)
68名

専攻医・後期研修医(2019年度時点)
合計 34名

卒後3年次の専攻医・後期研修医数
17名(男性 11名:女性 6名)
主な出身大学
山形大学, 自治医科大学, 群馬大学, 東京女子医科大学, 東海大学, 新潟大学

卒後4年次の専攻医・後期研修医数
17名(男性 11名:女性 6名)
主な出身大学
獨協医科大学, 群馬大学, 金沢医科大学, 長崎大学

給与・処遇について

医師賠償責任保険
国立大学附属病院損害賠償責任保険
宿舎・住宅
あり
社会保険
健康、厚生年金、雇用、労災
福利厚生
敷地内に保育施設あり※病児保育実施

病院見学・採用試験について

病院見学
病院見学実施日
随時
見学時交通費補助:なし

件名を「病院見学申込」とし、以下の内容を記載して、下記連絡先までお申し込みください。
・病院名:
・氏名(ふりがな):
1 現在の状況: 研修医   年    医師免許取得後   年
2 見学を希望するコース・希望日 ※原則1日1診療科でお願いします
・診療科名:     (希望日:平成 年 月 日( )~平成 年 月 日( ))
・診療科名:     (希望日:平成 年 月 日( )~平成 年 月 日( ))
3 見学したい内容:
4 駐車券の送付: 希望する ・ 特に希望しない 
※自家用車を利用される場合は必要です。
<履歴欄>
・生年月日: 年 月 日(満 歳)
・現住所:〒  -    都道府県   市
・現住所TEL:
・連絡先:〒  -    都道府県   市
・連絡先TEL:
・E-mail:
・学歴・職歴(学歴は高校入学から記入)
 年 月      高等学校入学
 年 月
 年 月
試験・採用
試験日程
詳細が決まり次第、当院ホームページに掲載
選考方法
面接
採用予定人数
30人

昨年度の受験者数
17名
応募関連
応募書類
シニアレジデント応募願書、履歴書、医師免許証の写し(A4)

応募締切
詳細が決まり次第、当院ホームページに掲載
応募連絡先
臨床研修センター
TEL:027-220-7893
E-mailc-center@ml.gunma-u.ac.jp

この病院の見学体験記

プログラム名を選択してください18件プログラムが登録されています
ブックマークを行うにはログインが必要です

気になる病院・研修プログラムはどんどんブックマークして、
あとから見返して比較したり、必要なときに行動できるようにしておこう!
このサイト上から資料請求や問合せが可能です。

まだ民間医局レジナビ会員でない方はこちら