1. TOP
  2. スペシャルコンテンツ
  3. 埼玉医科大学国際医療センター

新時代の医療を拓く 埼玉医科大学国際医療センター 新時代の医療を拓く 埼玉医科大学国際医療センター

動画で知る埼玉医科大学国際医療センター

4つのFeature― 新時代の医療を拓く ―

当院で働く魅力― 先輩医師に聞いてみました ―

婦人科腫瘍科 助教三輪 真唯子 先生

呼吸器内科 助教橋本 康佑 先生

消化器内科 助教寺田 里絵 先生

放射線腫瘍科
専攻医斎藤 哲 先生

  • 私は埼玉医科大学国際医療センターの婦人科腫瘍科に所属しています。
    当院に赴任する前、私は関西地方で勤務していました。関西地方で勤務をしていて感じていたことは、関東首都圏では臨床や研究などの新しい情報が発信されるスピードが速く、様々な勉強会や研究会への参加を通して、最新の情報によりアクセスしやすいのではないかということでした。関西にいた頃は、外部の勉強会や研究会があってもその場所に行くためのアクセスが悪く、日常臨床業務終了後に参加することが困難なことも多くありました。
    関東の病院で勤務する可能性を探している中で、偶然にも埼玉医科大学国際医療センターから異動されてきた先生にご指導いただく機会を得ました。そして、この病院の存在を知りました。

    私はそれまで県立病院や一般病院で勤務しており、大学病院という場所で働いたことがありませんでした。それまで抱いていた大学病院のイメージは、医師数が多く1人あたりの経験症例が少ないのではないか、若手医師が発言しにくい環境なのではないか、というものでした。
    しかし、紹介していただいた先生から埼玉医科大学国際医療センターのことを詳しく伺い、また実際に赴任してみて、そうしたイメージとは正反対であったことに大変驚きました。

    埼玉医科大学国際医療センター 婦人科腫瘍科の症例数は全国有数であり、臨床経験も一人ひとりが十二分に積むことができるため、医師としての実力をしっかり身につけることができます。また、私が強く印象を受けたのは、毎朝全スタッフが集まってカンファレンスを行っており、活発なディスカッションが行われていることでした。若手の医師がどんどん発言をして、全員参加型の議論が展開されています。
    標準的な治療であっても、その治療が患者さんにとって最適なものであるのかを皆で考え、しっかりと議論をしていきます。「患者さんのためにできるベストの選択肢」を常に考え、時に新しい試みを取り入れながら、治療を組み立てていくことは、医師として成長する中で非常に重要な過程であると感じています。「私たち自身が患者さんのためにベストの治療方針を考えて決めていくんだ」という実感があり、医師としてのやりがいも非常に大きく感じています。

  • 知識アップデートをし続けることが、
    最適な医療の提供に繋がる

    現在はインターネットによって、すぐに情報が手に入る時代であり、情報過多の時代でもあります。
    現代社会では、個々の情報が本当に正しいものなのかどうか、情報やデータを自分で考え評価することが重要であり、正しい情報を見極める力がなければ、患者さんにとって適切な医療を提供することはできません。当院ではカンファレンスなどを通して常に考える姿勢を身につけ、それによって正しい医療を提供するために必要な能力や、自分の意見をプレゼンする能力も磨くことができます。
    また、関西にいた頃と比べて、院外の研究会や勉強会の開催数も多く、会場に行くアクセスも便利であり、そうした面でも当院に来て本当に良かったと感じています。

  • 医師である前に一人の女性として
    仕事と家庭の両立が最大のポイント

    埼玉医科大学国際医療センターは、女性医師の働きやすさという視点で見た場合も優れた環境であると感じています。普段から勤務のスケジューリングもしっかりされていますし、フォロー体制も充実しており、仕事と家庭を両立することができます。

    また、常にチームで動くため、個々に大きな責任が圧し掛かるということはありません。雰囲気も明るく、教授をはじめ上の先生たちもユーモアに溢れ、女性医師にとっても非常に働きやすい環境です。埼玉医科大学国際医療センターでは常に新しい情報を収集し、実践する環境があります。日々新しい発見があり、常に新しい試みに目を向け、積極的に挑戦できる土壌があります。当院では、個々の患者さんにとってベストの医療を提供することを第一に考えています。個々が常に考え、かつスキルを磨き、それを持ち寄ることで婦人科腫瘍科としても成長を続けていくことを目指しています。
    見学・実習を随時受け付けておりますので、ぜひお越しください。

    ※この記事は平成30年4月末に取材をしたものです。

  • 臨床も研究も高度で最先端。
    スペシャリティをとことん追求できる病院です

    私は初期臨床研修から埼玉医科大学国際医療センターにお世話になっており、呼吸器内科に入局して現在2年目になります。
    当院を初期研修先に選んだ理由は、埼玉医科大学の医学生の頃から研究に興味をもち、5年次から研究室に出入りしていたことがきっかけです。その研究室の尊敬する先生が呼吸器内科の肺がんを専門とする教授であったことから呼吸器内科に興味を持ち、本院(埼玉医科大学病院)ではなく、がん医療に強い埼玉医科大学国際医療センターを研修先に選びました。
    当院の呼吸器内科では、2015年に赴任した各務博教授による免疫治療や分子標的薬の研究が注目されており、企業や経済産業省などから研究協力の依頼が多く来ています。臨床だけではなく、こうした研究に恵まれた環境であることも、初期研修から引き続き当院に残り、呼吸器内科に入局した大きな理由です。
    ちなみに、私は早い時期から研究に親しんでおきたかったこと、そして学位を早く取りたいという気持ちがあり、初期研修の1年目から大学院に通っています。臨床、研究、勉強と忙しいですが、病院や医局の理解も大きく、大学院のある日は勤務時間を調整していただくなど大変助かりました。

  • 埼玉医科大学国際医療センターの魅力は、なんといっても病院の大きな柱である「がん」、「心臓」、「救急」に非常に強い病院であり、スペシャリティを追求したい医師や研究にも力を入れたい医師にとって、これ以上はない最高の環境にあるということです。
    私のいる呼吸器内科は包括がんセンターに所属しており、がん医療に関していうと、時代の流れは免疫療法が中心になっていくだろうと言われています。免疫療法は副作用として様々な臓器に影響を与えるため、臓器ごとの副作用をどう抑えるのかが大きな課題です。当院では診療科が臓器別に細分化されているため、臓器ごとに副作用を軽減する研究が活発に行われているなど、豊富な医療資源を活かした先進医療や臨床研究が推進されています。

    医師の教育体制についても魅力的な環境にあり、大学病院というと研修医や医師の数が多いため、症例が取り合いになると思っている方もいるかもしれません。しかし、当院は患者数が非常に多く、研修医や若手医師に積極的に経験させるという教育方針で診療が行われているため、一人ひとりがしっかりと患者さんに向き合いながら、主役として働ける環境にあります。

  • 埼玉医科大学国際医療センターは2007年に開設された新しい大学病院であり、出身大学の派閥やしがらみなどが全くなく、各医局の間に壁がないことも魅力です。他大学から多くの教授をお招きしていますし、初期研修医をはじめ、医師の出身大学も様々で、全国から優秀な医師が集まっています。全ての医師が世界最高水準の治療や研究を目指しており、各医局と密な協力体制を取りながら高度な臨床、研究が日々行われています。
    さらに、埼玉医科大学国際医療センターでは、大学病院で日本初のJCI(国際病院評価機構)認定を取得しており、患者さんの安全の担保に非常に力を入れていることも特徴です。処置を始める前の確認事項一つ取ってもチェック項目が細かく、徹底しており、常に安全確認をしているため、他の病院の応援に入ったときも徹底した安全確認が自然とできるようになりました。

    埼玉医科大学国際医療センターは、自分の目指す医師像に向かって「やりたいことが積極的にできる病院」であり、高度で最先端の臨床スキルはもちろん、研究マインドをもった優れた医師に成長できる環境です。当院で研鑽を積みたい全ての医師が「ここに来て良かった!」と思える病院であると自信を持って言うことができます。

    ※この記事は平成30年4月末に取材をしたものです。

  • 目標となる優れた医師が多数在籍。
    先進的かつ高度な症例を経験できる

    私は初期研修から「埼玉医科大学国際医療センター」にお世話になっており、現在は消化器内科に所属し、内科専門医の取得を目指して研鑽を積んでいます。
    当院の消化器内科に進んだのは、内視鏡の手技が好きで、診断から治療までを内視鏡で完結できることに魅力を感じましたし、さらに高度な内視鏡技術を獲得することは将来にわたって医師としての大きな強みとなるからです。また、初期研修で消化器内科をローテートした際、先生方の磨かれた内視鏡技術の腕に見惚れ、目標となる先生方の元で優れた技術を学びたいと思ったことも大きな理由です。

    当院は「包括的がんセンター」を有した、がん治療にとても強い病院であり、そのため悪性疾患の治療もたくさん経験することができます。消化管の早期がんと膵臓、胆道系のがんに対して、内視鏡治療技術に優れた先生方による高度な内視鏡治療を実施していることが特徴です。
    他病院からの紹介患者さんも多く、他院で治療困難な症例、重症な背景疾患をもっている患者さん、技術的に難しい症例なども数多く経験することができ、専門医取得に必要な症例数が充分に集まる病院です。さらに、他施設から来られた臨床能力の優れた先生方が多数在籍いることも特徴であり、高度な手技だけではなく、いろんな知識や考え方を吸収できることも魅力です。

  • 目標とする医師像や、目指す診療科、
    やりたい医療が見つかる環境です

    専門研修に入れば、一人でできることが増え、それと同時に責任感も大きくなってきます。不安を覚える方もいるかもしれませんが、初期研修医のときよりも症例や患者さんに対して更に深く向き合えるようになり、医師としての楽しさ、充実度も大きく感じられるようになるはずです。
    当院は先生方もコメディカルの方もとても話しやすく、何でも相談できる優しい人柄で、院内の雰囲気はとてもいいです。最先端をいく充実した医療環境のなか、委縮することなく、積極的にのびのびと医療に臨むことで、医師としての価値を高められる技術や知識を着実に獲得することができ、日々、自分の成長を実感することができるでしょう。
    また、将来の診療科が決まっていない方や、専攻医の方でもサブスペシャルティ領域が決まっていない方は、幅広い診療、症例を経験できることで、自分が本当に興味があり、やりたい分野を見つけることができますし、「この先生のような医師になりたい!」など、理想とする医師像も見つかるはずです。

  • 女性医師のキャリア継続や、
    多様な働き方を支援する制度も充実

    当院では、出産・育児などライフイベントのある女性医師がキャリアを継続できる制度が充実していることも大きな特徴です。
    育児休暇や当直免除、時短勤務など、一人ひとりの状況によって柔軟に働くことができますし、当直免除、時短勤務であっても、労働時間により給与は変動しますが、常勤と同じ条件の手厚い福利厚生の元で働くことができます。
    専攻医の期間は、出産、子育ての時期に重なることも多く、私自身も子どもを育てながら勤務をしています。男性の先生も小さなお子さんがいる方が多く、子育てに対して非常に理解があり、子どもが急に病気になったときなども休みが取りやすく、また、休むことに後ろめたさを感じることのない気持ち的にも両立しやすい環境です。
    当院には院内託児所も整備されており、子どもを預けながら集中して研修や仕事に取り組むこともできます。託児所の保育士の方はすごくいい人ばかりで安心して預けられますし、遠足や運動会など行事もたくさんあって、子どもにとっても楽しい時間が過ごせるのではと思います。
    仕事と家庭の両立はどの病院で働くにしても大変だと思いますが、当院では女性が働きやすい環境改善にとても力を入れているため、仕事と家庭のバランスを取りながらキャリアを継続することができ、医師としても大いに活躍できる環境であると感じています。

    ※この記事は令和3年2月末に取材をしたものです。

  • 当院との出会い

    埼玉医科大学国際医療センターのことは、出身大学である弘前大学の耳鼻科の先生に教えていただきました。私は学生時代に頭頸部癌に興味を持ち、地元の埼玉県で、頭頸部癌を扱っている病院を探してみたら数ヶ所しかなく、初期研修先の選択肢はかなり絞れました。
    志望科が決まっているけれども病院選びに困っている学生は、まず所属大学の先生に「こういうことができる病院はどこですか」と相談し、情報を教えてもらうのがいいと思います。興味がある疾患を扱っていると書いてあっても、精力的に取り組んでいるかという情報は得難いです。そういった情報を手に入れるには、専門家に聞くのが一番です。

  • 初期研修時代を振り返って

    指導医のバックアップがあるうちに実践経験をたくさん積むことができるというのは、かなり重要なことです。
    当院は、若手の先生がたくさんいる病院ではないということもあり、「若手に早く成長して欲しい」という想いが強く、指導に熱心な先生が多いです。実践経験させてもらえるスピードはかなり早いと思います。
    私の所属する放射線腫瘍科はもちろんのこと、初期研修でお世話になった呼吸器内科や救命救急科なども、手取り足取りすごくいろいろ教えてくれました。比較的若い先生方も、理論はもちろんのこと、実際の仕事を手際よく終わらせる方法や患者さんへの接し方まで、かなり綿密に指導してくれます。例えば、心臓内科でのカテーテル診断、救命救急科での外傷の初期診断、外科系も初期研修から指導医のもと、執刀医を担当させてもらえることも珍しくありません。放射線腫瘍科医でも、乳癌や骨転移の治療計画などを初期研修期間中の1ヶ月の研修でも相当数実践させてもらいました。

    外から見えにくい初期研修先としての魅力を考えてみますと、当院には2つ大きな魅力があると思います。
    私は、初期研修の一番の目標は、患者さんのアセスメントをして治療プランをきちんと立てられるようになることだと思っており、当院では、これらに関してかなりしっかりとした指導がありました。それが1つ目の魅力です。
    そして2つ目の大きな魅力は、重症の患者さんをたくさん診ることができるということです。もちろん、コモンディジーズも大事ではありますが、心筋梗塞や脳卒中、交通外傷などは、数時間あたふたしていると健康的な不利益が生じ、場合によっては死に至ることもあるわけです。初期研修のうちに、最初にそういう患者さんに気づけて、なおかつ専門の先生にお願いするまでにすべき検査や管理ができるということは、すごく重要なことです。救命救急科や心臓内科、脳卒中外科、脳卒中内科といったさまざまな診療科で、多くの重症の患者さんに対して診断や管理を経験できるということは、初期研修先としてかなり魅力的な要素だと言えるでしょう。研修を終えた後にその科に入らないとしても、重症の患者さんへの初期対応をリアルに体験するというのは大切で、初期研修のうちにしかできない機会だと思います。初期研修は、いろいろな科について知る、唯一であり最後の機会です。

    また、当院では、埼玉医科大学病院、埼玉医科大学国際医療センター、埼玉医科大学総合医療センターの3病院の各診療科で自由に研修を行うことのできる「3病院自由選択プログラム」というものを実行しています。初期研修の2年目に、自分が希望するいろいろな科で研修を受けることができます。「3病院自由選択プログラム」は、研修期間に自分で足りていないと感じるところをいろいろ補うことのできる、とても意義のあるプログラムだと思います。
    3病院自由選択プログラムを活用すると、自分の志望科周辺がよく“見えて”きます。脳外科を例に出すと、当院では脳卒中外科と脳血管内治療科、脳脊髄腫瘍科に分かれていて、それぞれの科で高度な医療を行っています。それを初期研修2年目で自分の好きなように全て見て学ぶことができるというのは、すごく魅力的なところだと思います。
    私の場合は、一番興味があった頭頸部癌の治療に関わる、耳鼻科、形成外科、放射線治療・診断の全ての科を研修でき、さまざまな視点で見ることができました。
    当院は、それぞれの科の癌のスペシャリストの先生方がその都度集まって協議して補い合っていますし、脳血管疾患であれば、内科、外科、救急が共同で、最適な治療をできる動き方、方法を考え実践しています。そういった他科との連携を学ぶことのできるレアな病院の1つだと思いますので、是非初期研修先に選んでいただければと思います。

  • 専攻医として思う当院の強み

    専門研修先に当院を選んだ理由として一番大きいのは、症例数の多さです。次に、若手の先生の活躍ぶりです。当院は、比較的若いドクターが、例えば手術では執刀医になり、放射線だったら治療計画を担当するなど、最前線に立つ機会にすごく恵まれています。初期研修中にそこに気が付き、研修先として信頼できると思いました。
    放射線腫瘍科の医師は主治医になることはありません。他科の先生が主治医として診ているがん患者さんを、放射線腫瘍科の医師も並行して診るわけです。したがって、放射線腫瘍科で癌の治療を行う場合には、他科とのコミュニケーションが重要です。その上で当科の特徴を申し上げると、当院にはがんセンターがあり、そこに所属する医師はみんな癌の治療を専門にしているので、科が違ってもコミュニケーションを図りやすいという特徴があります。放射線腫瘍科自体も非常に優秀な先生が多いですが、むしろ他科の先生たちもすごく優秀だということが、がんセンターとしての高度な治療を可能にしていると思います。
    あとは、三次救急を行っている救命救急科についてです。脳卒中や心筋梗塞に関しては、確定診断がつくまでは救命救急科で診ます。その後に、心筋梗塞だったら心臓内科、脳梗塞だったら脳卒中内科、脳出血で手術が必要なものだったら脳卒中外科にコンサルトします。
    一般的な救急科では、いわゆる北米型のERで、病棟を持たないで初期診療だけやるというところが多いと思います。一方、当院ではICU管理や一般病棟も含めて救命救急科が管理します。救命救急科で、重症患者さんのアセスメントからその後退院するまでの全身管理まで経験できるというのは、ほかの病院にはなかなかない強みだと思います。

    癌や心臓、脳、救命救急を専門研修先として考えている先生にとっては、当院はトップクラスでよい病院と思います。症例数が多いのはもちろんのこと、さまざまな科で相談して症例検討ができる、若手の医師に症例を積ませてくれて手技もどんどん経験させてくれるという面では、最高の病院だと思います。自分の専門にしたい科が当院とマッチしているようであれば、絶対におすすめします。

  • 自身の目標、展望

    専攻医として勤務する中、直近の目標は放射線腫瘍科で専門医資格をとることです。色々と議論はありますが、他の病院に就職する時などにこの資格をとっておいた方が、就職先の病院も雇用しやすいと思います。将来的に仕事のやりやすさを考えると、まずは専門医資格取得です。
    放射線腫瘍科はほとんど癌を診る科です。この癌はこういう性質を持っているとか、この癌は骨転移しやすい、こういう症状が出たときにはこういう対処をするなど、癌に関する知識を最も総合的に持っている科です。放射線腫瘍科の専門医資格をとった後、将来的に腫瘍内科や緩和ケアという方向に進める人が出てきてもいいように、トレーニングコースの開発を進めてもいます。将来的には放射線腫瘍科以外の働き口も並行して考えています。

婦人科腫瘍科 助教三輪 真唯子 先生

呼吸器内科 助教橋本 康佑 先生

消化器内科 助教寺田 里絵 先生

放射線腫瘍科
専攻医斎藤 哲 先生

埼玉医科大学
国際医療センターとは

埼玉医科大学国際医療センター

病院の特徴

埼玉医科大学国際医療センターは、国際競争力のある世界最高水準の病院づくりを目指し、開設されました。がん、心臓病、そして脳卒中を含む救命救急に特化した専門病院ですが、初期研修では特定の専門教育ではなく、専門医療のバックボーンとなる総合診療に重点を置きつつ、その後の専門研修に連動する重要な研修と位置付け、初期研修・専門研修を合わせた一貫教育を目指しています。専門研修では本人の将来設計を基に、プログラムに従って、より高度で専門的な診療能力の研鑽を積むことで専門医資格の取得が可能となります。また、診療科の専門医員として研究を行い、学位論文を発表して、博士(医学)を取得することも可能です。女性医師支援として敷地内託児所、時短で勤務が可能な勤務制度なども充実しています。国際的にも競争力のある優秀な人材が揃っており、最先端の医療知識・技術を提供しています。

  • 協力型臨床研修病院

    埼玉医科大学病院 埼玉医科大学総合医療センター 
    相澤病院 埼玉病院 さいたま市立病院 
    熊谷総合病院 新久喜総合病院 
    行田総合病院 
    西埼玉中央病院 小川赤十字病院 
    足利赤十字病院 横浜市立市民病院 
    立川綜合病院

  • 臨床研修協力施設

    宮古島徳洲会病院(沖縄) シャローム病院 
    たんぽぽクリニック(愛媛) 
    丸山記念総合病院 
    瀬戸病院 など

数字で見る埼玉医科大学国際医療センター

病院概要情報

  • 運営団体名
    学校法人 埼玉医科大学
  • 病院長
    佐伯 俊昭(出身大学:広島大学)
  • 所在地
    〒350-1298 埼玉県日高市山根1397-1
  • TEL
    042-984-4111
  • 主な設備
    循環器系X線シネ撮影装置、脳ハイブリッド手術室、心臓ハイブリッド手術室、重症患者監視システム、超音波内視鏡システム、画像診断治療総合システム、除細動器、酸素吸入装置、人工呼吸器、血管連続撮影装置、大動脈バルーンパンピング装置、血液浄化装置(血液透析装置、持続的血液濾過透析装置など)、3TMRI、64列CT、PET、麻酔器、心電図モニター など
  • 基本理念
    患者中心主義のもと安心で安全な満足度の高い医療の提供を行い、かつ最も高度の医療水準を維持するよう努めます。
  • 病院の使命
    埼玉県全域を範囲とし、がん、心臓病に対する高度専門特殊医療に特化し、かつ高度の救命救急医療を提供します。
  • 病院の基本方針
    上記の理念に従って「患者中心主義(Patient-Centerd)」を貫き、あらゆる面で「患者さんにとって便利」であることを主眼とし、患者さんひとりひとりにとって最も適切な医療を提供致します。
国際医療センター地図