1. レジナビTOP
  2. マナーレッスン

マナーレッスン

ちょっとした言葉づかい、立ち居振る舞いで、あなたの印象は良くもなり悪くもなり、信頼できる人物だと思われたり思われなかったりします。職業、性別、年齢に関係なく、身につけておくべきマナーをご紹介します。

言葉づかい

みなさんは、言葉づかいに自信がありますか?見学、面接時には目上の方に会う機会が多くなります。言葉の使い方ひとつで、相手に与える印象が大きく変わることもありますし、コミュニケーションを円滑に行うためにも、しっかりと正しい言葉づかいを身につけておきましょう。言葉づかいの基本的な知識をご紹介します。

(1)敬語の種類

敬語には、「尊敬語」「謙譲語」「丁寧語」の3種類があります。
この3種類を使い分けて、正しい言葉で話しましょう。
●尊敬語:目上の人に敬意を表し、相手の行為を高める表現。
●謙譲語:自分を低く見せることで相手に敬意を表す表現。
●丁寧語:丁寧な言葉づかいによって敬意を表す表現。

  尊敬語 謙譲語 丁寧語
いる いらっしゃいます おります います
する なさいます いたします します
行く 行かれます 伺います 行きます
来る いらっしゃいます 参ります 来ます
言う おっしゃいます 申します 言います
例文・・・
イラスト
  • ◆ご担当の方はいらっしゃいますでしょうか。
  • ◆貴院のHPを拝見させていただきました。
  • ◆明日、貴院にお伺いしたいと思います。

その他…覚えておきたい言葉づかい

敬語の他にも、「クッション言葉」や丁寧な言い回しを取り入れることで、言葉づかいの印象を良くしましょう。

★クッション言葉
文字通り、『クッションとなる言葉』をつけることで、相手にソフトな印象を与えることができます。

例文・・・
イラスト
  • ◆『恐れ入りますが』○○様はいらっしゃいますでしょうか。
  • ◆『申し訳ございませんが』その日は都合がつきません。
  • ◆『失礼ですが』もう一度お名前をおっしゃっていただけますでしょうか。
  • ◆『お手数ですが』日時をお教えいただけますでしょうか。

★気をつけたい言葉
目上の人と話す場合には、普段の友人同士での話し方で話すのは控えましょう。

イラスト
  • ◆僕、私→わたくし
  • ◆すごく→大変・とても
  • ◆ちょっと→少々
  • ◆このあいだ→先日・以前
  • ◆あとで→後ほど
  • ◆どう→いかが

相手を尊重しながら、しっかりと自分の気持ちを伝えましょう!

おすすめ情報

  • 特集 ~研修の現場から~
    特集 ~研修の現場から~
  • マッチングまでの道のり