1. TOP
  2. 研修情報を探す
  3. 社会医療法人 愛仁会千船病院 千船病院 小児科専門研修プログラム
社会医療法人 愛仁会千船病院

市中病院

社会医療法人 愛仁会千船病院

ちぶねびょういん

レジナビBook臨床研修版

千船病院 小児科専門研修プログラム

病院の早見表はこちら!

  • 指導医数(2021年度時点)

    6名

  • 在籍研修医数(2021年度時点)

    9名

    卒後3年次 3名

    卒後4年次 3名

    卒後5年次 3名

  • 給与

    卒後3年次(月給/年収)
    月給 320,000円

    卒後4年次(月給/年収)
    月給 360,000円

    卒後5年次(月給/年収)
    月給 400,000円

    詳細はこちら

  • 当直回数

    4回/月

    平日当直2~3回/月、週末日当直1~2回/月

採用関連情報

  • 病院見学実施日

    随時可能(当院ホームページより事前に申し込みください) 

  • 採用予定人数

    3人

  • 試験応募締切日

    決定次第、ホームページなどにて公表いたします。

  • 試験日程

    決定次第、ホームページなどにて公表いたします。

この研修プログラムの特徴

当院小児科で1~2年の基本研修を行ったのち、神戸大学か兵庫医科大学か高槻病院のいずれかで血液疾患研修を含めた高度な小児科研修を、北播磨総合医療センターか甲南医療センターで心身医学の研修を、明石医療センターか柏原病院か豊岡病院での地域医療の研修を必須としている。 また研修医の希望によっては、国立循環器病研究センターでの循環器疾患の研修、愛仁会リハビリテーション病院での療育の研修も可能としている。
基幹施設である当院の特徴につぃては、NICUを15床有し、大阪府の地域周産期センターとして、新生児の高度専門医療を行っている。地域に根ざした病院として、common diseaseの診療、乳児健診、予防接種、小児救急医療等の基本的な研修に加え、アレルギー外来、神経外来、腎臓外来と国立循環器病研究センター小児循環器科医師による心臓外来、兵庫医科大学小児科医による代謝内分泌外来を専門外来として有していることから、幅広い疾患についても専門医の指導を受けることができる。当科は新生児医療と一般小児医療を分けずに研修を行っており、出生時より成人するまでの小児を区切ることなく診療できる。

こだわりポイント

  • 症例数が多い

  • 積極的に手技ができる

  • 指導体制が充実

  • 女性医師サポートあり

サマリーチェック速読会速読会速読会カンファランス
午前外来・病棟業務外来・病棟業務外来・病棟業務外来・病棟業務外来・病棟業務
午後外来・病棟業務外来・病棟業務外来・病棟業務外来・病棟業務外来・病棟業務
夕方周産期カンファランスカンファランス
 午前午後夕方
サマリーチェック外来・病棟業務外来・病棟業務
速読会外来・病棟業務外来・病棟業務周産期カンファランス
速読会外来・病棟業務外来・病棟業務
速読会外来・病棟業務外来・病棟業務カンファランス
カンファランス外来・病棟業務外来・病棟業務

研修環境について

責任者
院長/小児科  吉井 勝彦
責任者の出身大学
高知医科大学
当科病床数
51床
当科医師数
20.0名
当科平均外来患者数
73.0名/日
当科平均入院患者数
43.0名/日
在籍指導医(2021年度時点)
6名

専攻医・後期研修医(2021年度時点)
合計 9名

卒後3年次の専攻医・後期研修医数
3名(男性 1名:女性 2名)


卒後4年次の専攻医・後期研修医数
3名(男性 1名:女性 2名)


卒後5年次の専攻医・後期研修医数
3名(男性 1名:女性 2名)


カンファレンスについて
抄読会、臨床カンファランス、研究カンファランスを行っている。特に、死亡症例の検討は、尊い生命から学びとった知識に更なる研鑽を加え、必ず行っている。また各々が臨床研究のテーマを持ち、定期的にその進捗状況をカンファランスの場で確認しあっている。(2回/週)
研修修了後の進路
当院スタッフ、大学病院、他病院など
関連施設
神戸大学附属病院
関連大学医局
神戸大学, 兵庫医科大学

神戸大学

給与・処遇について

給与
卒後3年次(月給/年収)
月給 320,000円
卒後4年次(月給/年収)
月給 360,000円
卒後5年次(月給/年収)
月給 400,000円

【諸手当】時間外(超勤)手当、当直手当など表示給与に含まない
【賞 与】入職初年度:夏0.27ヶ月+冬2.0ヶ月=2.27ヶ月、2年目以降:夏2.0ヶ月+冬3.0ヶ月=5.0ヶ月※法人業績により変動
医師賠償責任保険
任意加入
宿舎・住宅
あり
宿舎 35,000円/月

宿舎は単身用のみ
社会保険
健保保険、厚生年金保険、雇用保険(常勤職員に準ずる)
福利厚生
退職金制度、財形貯蓄など法人の規定に準じる
学会補助
あり

当院規定による
当直回数
4回/月

平日当直2~3回/月、週末日当直1~2回/月
当直料
60,000円/回

平日当直料60,000円
休日・有給
週休2日制、有給休暇:法令に準ずる

病院見学・採用試験について

病院見学
病院見学実施日
随時可能(当院ホームページより事前に申し込みください) 
当直・救急見学:あり
見学時交通費補助:なし

新型コロナウイルス感染防止対策の一環として、見学時間短縮(14:00頃まで)にて実施しておりますこと、何卒、ご容赦ください。
試験・採用
試験日程
決定次第、ホームページなどにて公表いたします。
選考方法
面接、その他
採用予定人数
3人

日本専門医機構より専攻医募集スケジュールが発表となり次第、当院ホームページなどにて公表いたします。
昨年度の受験者数
3名
応募関連
応募書類
①願書(当院所定願書)、② 履歴書(当院所定履歴書)、 ③医師免許の写し、④ 志望動機書(A4サイズ:600字程度、専攻希望科明記)

応募締切
決定次第、ホームページなどにて公表いたします。
応募連絡先
診療部支援室 田堂 博志
TEL:06-6471-9541
E-mailsennofune@chp.aijinkai.or.jp

研修医の方へメッセージ

鉄は熱いうちにうて

  • 院長/指導医/新生児医療吉井 勝彦
  • 出身大学:高知医科大学

我々は「鉄は熱いうちにうて」と日々、先輩医師より研鑽をうけてきました。超人的な先輩医師より受け継いだ、技術、知識、感性を風化させることなく伝承し、motivationを高く持ち、17時までは若手医師と共に、エネルギーを昇華できればと思っております。

  • 小児科後期研修医榎本 真由子 (平成23年卒) (平成23年卒)
  • 出身大学:久留米大学

私は後期研修医として千船病院で勤務させていただき、現在3年目になります。初期研修はたすき掛けで、1年目は当院で、2年目は神戸大学附属病院でローテートさせていただいていました。後期研修で当院を選択した理由は、もちろん小児科全体としての雰囲気の良さを1年目に実感していたことも大きいですが、新生児領域では地域の中核病院として数多くの症例を学べること、それと同時に一般・救急外来で小児科領域のcommon diseaseを初期対応から学べることにあります。中でも、早産児の出生後の管理から退院後の発達フォローまで主治医として経験できることにより、医師としての責任感を痛感すること、同時に児の成長の喜びを感じることができ、当院で研修を行っていてよかったと思います。また、他科との垣根も低く情報共有がしやすいことや、コメディカルの方々とも仲がよく、和気藹々と楽しく充実した研修を行えると思います。是非当院で小児科医として一緒に働いてみませんか?

更新日:2021/08/03

この病院の見学体験記

ブックマークを行うにはログインが必要です

気になる病院・研修プログラムはどんどんブックマークして、
あとから見返して比較したり、必要なときに行動できるようにしておこう!
このサイト上から資料請求や問合せが可能です。

まだ民間医局レジナビ会員でない方はこちら