手稲渓仁会病院
  • 市中病院

手稲渓仁会病院

ていねけいじんかいびょういん

画像 見学体験記 6件

【新専門医制度】手稲渓仁会病院産婦人科専門研修プログラム 矢印他の研修プログラム

ブックマークボタン
この病院をブックマーク
矢印 見学申矢印 資料請求矢印
■ 病院情報ここをチェック!
指導医数
(2020年度時点)
5名
在籍研修医数
(2020年度時点)
卒後3年次の在籍研修医数
2名
給与 卒後3年次(月給/年収)
月給 500,000円/年収 -円
■ 採用関連情報
病院見学実施日
随時受付中
土日祝日も見学可能です。まずはご相談ください!
採用予定人数 2名
試験応募締切日
9月12日(土)
試験日程
10月2日(金)、3日(土)

専門研修・サブスペシャルティ

診療科:産婦人科

基幹施設/連携施設
基幹施設
連携施設
倶知安厚生病院、函館中央病院、旭川厚生病院、砂川市立病院、王子総合病院、網走厚生病院、公立芽室病院、町立中標津病院、八雲総合病院、富良野協会病院、苫小牧市立病院、小樽市立病院

各連携施設の研修可能性を見るアイコン
ローテーションスケジュール
ローテーション・スケジュールを見るアイコン
症例数
症例数を見るアイコン
サブスペシャルティ
生殖医療専門医、婦人科腫瘍専門医、周産期専門医(母体・胎児)、女性ヘルスケア専門医のすべてにわたり取得可能です。もちろん内視鏡技術認定医の修練施設にもなっています。これらすべての分野に専門医がおり、サブスペシャルティ領域の専門医取得に協力します。

この研修プログラムの特徴

当科では、常勤スタッフとして16名(嘱託非常勤医師1名含む)の医師により日常の診療を行っています。産婦人科の診療は大きくわけて周産期(産科)、婦人科(子宮や卵巣の良性腫瘍・悪性腫瘍・子宮内膜症・性器脱・感染症など)、生殖医療(不妊症)、ウィメンズヘルス(思春期・更年期・月経異常・閉経後疾患など)と極めて広範囲に及びます。当院ではどの領域においてもそれぞれその分野における指導的立場の医師がおり、それらの専門医・指導医を中心に高度で専門的な診療を学ぶことができます。産科は6床あるNICUをバックに多くのハイリスク患者がおり、専門的な産科管理を修得できます。悪性腫瘍は、整った設備のもと集学的な治療を行い、開腹はじめ腹腔鏡のがん根治術も豊富です。良性疾患は極めて症例が多く、手術症例が豊富です。平日は午前・午後ともに木曜は3列、それ以外の日は2列で手術を行っており、いろいろな術式において豊富な症例を経験でき、なかでも腹腔鏡手術は全国でも有数の件数があり、ほとんどの医師が内視鏡技術認定医を目指しています。

生殖医療は、生殖医療認定医のもと、一般不妊治療から体外受精・顕微授精などの補助生殖医療(ART)まで行うことができ、一人の患者さんに、婦人科手術・不妊治療・産科管理まで一貫して関わることも多く、産婦人科医としての総合力が身につくと思います。また、札幌市の産婦人科救急の中心的な病院として、産婦人科救急疾患症例も多く経験でき、救急として対応できる設備も十分整っています。

平日は毎日カンファレンスを行っており、科内での意見交換・意思疎通を頻繁に図ることにより、診療の質を保つよう努めています。

URL

■ こだわりポイント

  • 症例数が多い
  • 積極的に手技ができる
  • 指導体制が充実
  • on off がハッキリ

良性疾患カンファレンス
生殖医療カンファレンス
悪性疾患カンファレンス
良性疾患カンファレンス
周産期・新生児合同カンファレンス
抄読会
午前
外来・手術・病棟業務
外来・手術・病棟業務
外来・手術・病棟業務
外来・手術・病棟業務
外来・手術・病棟業務
午後
外来・手術・病棟業務
外来・手術・病棟業務
外来・手術・病棟業務
外来・手術・病棟業務
外来・手術・病棟業務
夕方

研修環境について

責任者
主任部長 和田真一郎
当科病床数
60床
当科医師数
16.0名
当科平均外来患者数
106.0名/日
当科平均入院患者数
32.0名/日
在籍指導医
(2020年度時点)
5名

専攻医・後期研修医
(2020年度時点)
合計 4名

卒後3年次の専攻医・後期研修医数
2名 (男性 0名:女性 2名)

卒後4年次の専攻医・後期研修医数
1名 (男性 0名:女性 1名)

卒後5年次の専攻医・後期研修医数
1名 (男性 0名:女性 1名)

カンファレンスについて
全て毎週 時間は午前
月曜日 良性疾患カンファレンス
火曜日 生殖医療カンファレンス
水曜日 悪性疾患カンファレンス
木曜日 良性疾患カンファレンス
    周産期・新生児合同カンファレンス
金曜日 抄読会
研修後の進路
同院スタッフ、大学医局入局、他病院スタッフ。

給与・処遇について

給与
卒後3年次(月給/年収)
月給 500,000円/年収 -円

■当直手当等は別途支給
■賞与:なし
■4年次以降は院内規定による
宿舎・住宅
近隣の物件を斡旋

社会保険
健康保険、厚生年金保険、雇用保険、労災保険あり
福利厚生
健康診断(年2回)
学会補助
あり

年間20万円まで
当直回数
バックアップ体制あり。5回程度/月
当直料
8,000~23,000円

病院見学・採用試験について

病院見学
病院見学実施日
随時受付中
土日祝日も見学可能です。まずはご相談ください!

試験・採用
試験日程
10月2日(金)、3日(土)
選考方法
面接
採用予定人数
2名
応募関連
応募書類
①履歴書(当院指定様式) ②初期臨床研修修了証書(コピー)または修了見込証明書 ③臨床研修修了登録証(コピー)(初期臨床研修修了者のみ) ④医師免許証(コピー) 

応募締切
9月12日(土)
応募連絡先
専門研修委員会事務局 担当 小林
TEL:011-681-8111
E-mail:tkh-senmoni@keijinkai.or.jp

研修医の方へメッセージ

産婦人科 主任部長/産婦人科和田 真一郎 出身大学 : 北海道大学
当院産婦人科は札幌市内以外にも石狩市、小樽市など近隣の市町村を含めたエリアから患者さんが訪れ、後期研修医2名を含む12名で診療を行なっている、認定研修施設です。診療内容は産科、婦人科、生殖医療を幅広く行なっており、一般診療はもちろんのこと、腫瘍専門医、細胞診断医、内視鏡技術認定医、生殖医療指導医の資格を有する医師もおり、専門的な分野に至るまで指導を行なっております。産科については小児科との協力によりハイリスクな分娩にも多く対応し、年間分娩件数は500件以上と研修には十分な数があります。婦人科については、悪性腫瘍、良性腫瘍、子宮内膜症、性器脱などアクティブに取り組んでおり、手術は毎日午前午後通して定期手術を行い、年間手術件数は約1300件と、産婦人科としては国内有数の手術数があり、後期研修に必須である手術手技の習得は短期間で可能です。さらに2011年の手術1307件のうち、908件(約70%)は腹腔鏡で行なっており、将来の医療を先取りしております。悪性腫瘍については手術や化学療法、放射線治療、さらには治療後のリンパ浮腫、緩和ケアに至るまで、専門医の指導のもと、研修医がメインになって入院患者のマネージメントを行なっております。生殖医療についても、体外受精や顕微授精を行なっており、すべての分野を満遍なく研修できます。研修医も多くの患者さんを診療する中で、他の意見を吸収できるよう、カンファレンスでの討論を毎週、産科と婦人科に分けて 2回行い、さらに週1回の抄読会で知見を深めています。学会発表や論文作成にも積極的に取り組んでいます。当直は分配し、後期研修医の負担を軽くしています。余暇もできるだけ多くとるようにし、病院負担の学会参加以外にも、年間2週間の休暇を皆エンジョイしております。日中は忙しいけれども有意義に仕事をし、休日はしっかりリフレッシュして、全員が明るく診療できるような環境づくりに努めております。当院は手稲駅の側にあり、快速で10分で札幌の中心部へ行け、札幌オリンピックの会場であった手稲山スキー場は目の前にあり、私生活も楽しめます。診療の規模が大きく、まだ他に数名の後期研修医がいても十分有意義な研修ができますので、新しい仲間を喜んで歓迎いたします。

この病院の見学体験記みんなの見学体験記

もっと見るarrow
手稲渓仁会病院
ブックマークボタン
この病院をブックマーク
矢印 見学申矢印 資料請求矢印