総合病院 水戸協同病院
  • 市中病院

総合病院 水戸協同病院

みときょうどうびょういん

画像 見学体験記 2件

【新専門医制度】筑波大学附属病院 水戸地域医療教育センター総合病院 水戸協同病院 総合内科専門医プログラム

ブックマークボタン
この病院をブックマーク
問い合わせ矢印 見学申し込み矢印 資料請求矢印
Image thumb 07c4ccf572da695953d8
■ 病院情報ここをチェック!
指導医数
(-年度時点)
17名
在籍研修医数
(2018年度時点)
卒後3年次の在籍研修医数
8名
給与 卒後3年次(月給/年収)
月給 750,000円/年収 -円
当直回数 3回/月
■ 採用関連情報
病院見学実施日
年末年始、年度末年度始めを除き平日随時 土曜日は打合せによる
採用予定人数 8名
試験応募締切日
2018年11月末ごろ
試験日程
原則火曜日

専門研修・サブスペシャルティ

診療科:内科

基幹施設/連携施設
基幹施設

■ 診療科情報

診療科名 病床数 医師数 指導医数 平均外来患者数 平均入院患者数
内科 95床 -名 -名 -名/日 -名/日
その他の診療科情報はこちらアイコン

この研修プログラムの特徴

初期研修で培った総合診療能力をさらに深めていく、内科後期研修のベースとなるプログラムです。

URL

■ こだわりポイント

  • 症例数が多い
  • 積極的に手技ができる
  • 女性医師サポートあり
    委員会を設置しサポートしています
  • 産休育休取得者あり
    男性女性とも取得実績あり

研修環境について

責任者
総合診療科 教授 小林 裕幸
責任者の出身大学
防衛医科大学校
当科病床数
389床
在籍指導医
(-年度時点)
17名
主な出身大学 東北大学,山形大学,筑波大学,自治医科大学,防衛医科大学校,昭和大学

後期研修医
(2018年度時点)
合計 12名

卒後3年次の後期研修医数
8名 (男性 7名:女性 1名)
主な出身大学旭川医科大学,北海道大学,秋田大学,筑波大学,群馬大学,聖マリアンナ医科大学,北里大学,名古屋市立大学

卒後4年次の後期研修医数
3名 (男性 3名:女性 0名)
主な出身大学弘前大学,東北大学,京都府立医科大学,島根大学

卒後5年次の後期研修医数
1名 (男性 1名:女性 -名)
主な出身大学長崎大学

カンファレンスについて
朝カンファ(毎日)グランドカンファ(週1回)レクチャー(毎日)
研修後の進路
他病院、当院総合診療科フェロー、当院専門科フェロー
関連大学医局
筑波大学
留学の可能性
あり
海外の関連施設
シンガポール国立大学留学実績あり

給与・処遇について

給与
卒後3年次(月給/年収)
月給 750,000円/年収 -円
卒後4年次(月給/年収)
月給 780,000円/年収 -円
卒後5年次(月給/年収)
月給 810,000円/年収 -円

月給には基本給・研究手当・第一調整給・時間外手当・当直3日分を含む
宿舎・住宅
あり
住宅補助 30,000円/月

社会保険
健康保険・厚生年金・雇用保険・労働者災害補償保険
学会補助
あり

ポスター印刷補助、出張費補助(上限あり)
当直回数
3回/月

当直料
10,000円/回

休日・有給
年休 入職初年度12日、2年目以降20日付与 リフレッシュ休暇年5日(消化必須)

病院見学・採用試験について

病院見学
病院見学実施日
年末年始、年度末年度始めを除き平日随時 土曜日は打合せによる
当直・救急見学:あり
見学時交通費補助:なし

試験・採用
試験日程
原則火曜日
選考方法
面接,小論文
採用予定人数
8名

身体診察テスト、推薦書 あり
応募関連
応募書類
履歴書、推薦書(初期研修先、その他 合計2通)、小論文「どんな医師になりたいか」

応募締切
2018年11月末ごろ
応募連絡先
福家 聡美
TEL:029-231-2371
E-mail:residency@mitokyodo-hp.jp

研修医の方へメッセージ

Without Practice, No Emergence
“Without Practice, No Emergence.”(「修せざれば現れず」)という禅の言葉があります。当院では、実践を通して学び、それを活かしていくということが文化となっています。当院の特徴の一つとして、「初診外来・入院・退院後外来の全経過を自分で診られること」があります。これにより、疾患の全経過を診ることができます。また症例の多さも特色と考えます。
 ときに症例の多さに圧倒されることもあります。しかし、上級医や専門医の支援をうけつつ、自分が主治医として患者さんの経過のすべてを診ていくことによって、臨床がわかる喜び、できる喜びを得ることができます。ベッドサイド学習のほか、座学としては米国の生涯教育の教材であるMKSAPを利用して学習会をひらいています。参加している専門医の意見もききながら、標準治療や日米の診療のギャップについても学ぶことができます。
当院は臨床医に必要な、診断力、治療マネジメント力、コンサルテーション力、教育力、それらを身につける最高の環境といえます。皆様と一緒に働けることを楽しみにお待ちしています。
一診入魂
 当院に興味を持ってくださりありがとうございます。『一診入魂』この言葉を胸に秘め、当科では診療をしています。外来ではどんな主訴の患者でも診療します。入院が必要なら、自身が入院担当として各専門科とdiscussionしながら患者のmanagerになります。
 退院後は、継続して外来診療を続けることもできます。不幸にもお亡くなりになれば、剖検に立ち会いCPCで徹底的に議論する。
 それを繰り返しながら、自己研鑚しています。
 幅広く、そして深く病を追求し、患者と最期まで真摯に向き合う。そんな現場を垣間見たい方は、是非見学にいらしてください。
 熱いstaffと美味しい水戸のdinnerでおもてなしします。
総合病院 水戸協同病院
ブックマークボタン
この病院をブックマーク
問い合わせ矢印 見学申し込み矢印 資料請求矢印