岐阜大学医学部附属病院(岐阜大学病院)
  • 大学病院

岐阜大学医学部附属病院(岐阜大学病院)

ぎふだいがくいがくぶふぞくびょういん(ぎふだいがくびょういん)

所在地
〒501-1194
岐阜県岐阜市柳戸1-1 大きな地図を見る
Thumb a0e582ebe5db9ece35e5
Thumb 74b677c04bf19c7ca119
救急指定 病床数 医師数
アイコン3次救急 アイコン614床 アイコン360.0名
平均の患者数
外来患者1268.0名/日 入院患者525.0名/日 救急車搬送患者4.2名/日 救急外来患者13.3名/日 心肺停止状態
搬送患者
-名/年

矢印病院情報どこ見たらいいの?病院情報のチェックポイント

病院情報詳細

運営団体名
国立大学法人岐阜大学
病院長
吉田 和弘
出身大学:岐阜大学
所在地
〒501-1194
岐阜県岐阜市柳戸1-1 大きな地図を見る
TEL
TEL: 058-230-6000
病院ホームページ
https://hosp.gifu-u.ac.jp/アイコン
主な設備
内視鏡、内視鏡下手術、血管連続撮影、シネアンギオ、IVR-CT、血管造影下CT、血管内手術、PCI、3D-DSA、PCPS、IVUS、OCT、PET-CT、多列CT3D-CT、心臓CT、SPECT、MRI、骨塩定量、トモシンセシス(断層撮影)、RI、ガンマカメラ、マンモグラフィ、エコー、カラードップラー、X線テレビ、デジタルラジオグラフィー、自動血液ガス分析、自動血球計数、自動生化学分析、ホルター心電計、呼吸機能検査、トレッドミル、眼底カメラ、人工呼吸器、除細動器、ESWL、レーザー結石破砕、衝撃波結石破砕、高気圧酸素療法、人工心肺、前立腺レーザー照射、リニアック、125 I-前立腺刺入、SRS、SRT、IMRT、RALS(マイクロセレクトロン)、定位照射、脳定位照射、体幹部定位照射、IABP、PTCA、透析、CAPD
学会認定・修練施設等
詳細は岐阜大学病院ホームページ
(https://hosp.gifu-u.ac.jp/features/qualified.html)
をご覧ください。
病院の特徴
岐阜大学医学部附属病院は岐阜県下唯一の医学部附属病院、特定機能病院として東海地方でも最高レベルの質の高い医療を提供している。現在、医療政策として重点の置かれている疾患(がん、心筋梗塞、脳卒中、糖尿病、精神疾患)の治療と、5事業(救急医療、災害医療、へき地医療、周産期医療、小児医療)に積極的に取り組んでいる。
本院は特定機能病院の機能を果たすべく、高次救命治療センターから始まり、難病、肝疾患、エイズ、がんなどの診療拠点病院となっており、病院前からの救急医療、災害医療など、全ての領域において岐阜県の中心的な役割を担っている。
現在、医療は様々な方面で発展し、複雑化している。そのような中、医学部附属病院に求められているのは、先進・高度医療とともに安全で質の高い医療である。岐阜大学医学部附属病院では、これからもさらに医療の質を高めていくと同時に、医療の安全を確保し、一人一人の患者さんに対して最上級の医療を提供できるようにチーム医療の実践と医療人の育成を行なっている。
岐阜大学医学部附属病院(岐阜大学病院)