金沢大学附属病院
  • 大学病院

金沢大学附属病院

かなざわだいがくふぞくびょういん

【新専門医制度】北陸総合診療コンソーシアム金沢大学附属病院プログラム 矢印他の研修プログラム

ブックマークボタン
この病院をブックマーク
問い合わせ矢印 見学申し込み矢印 資料請求矢印
■ 病院情報ここをチェック!
指導医数
(2016年度時点)
2名
給与 卒後3年次(月給/年収)
月給 -円/年収 3,025,000円
■ 採用関連情報
病院見学実施日
随時

専門研修・サブスペシャルティ

診療科:総合診療科

基幹施設/連携施設
選択なし(既存プログラム)
連携施設
金沢医科大学病院、公立穴水総合病院、恵寿ローレルクリニック、城北病院、上越総合病院、市立敦賀病院、珠洲市総合病院、市立輪島病院 ほか

この研修プログラムの特徴

 「北陸総合診療コンソーシアム(Hokuriku General Practice Consortium, HGPC)」は、専攻医の皆さんのさまざまなニーズに応えたテーラーメイドの総合診療専門研修を提供し、これからの北陸のプライマリ・ケアを担う若い人材を育成するために、国公私立、大学・研修病院・診療所などのあらゆる壁を越えて、石川県を中心とする北陸の8つの基幹病院と31の連携施設により策定された極めて画期的な連携プロジェクトです。専攻医は、総合診療医としての基礎を身につけることはもちろんですが、家庭医、病院総合診療、医学教育や臨床疫学研究など、自分の描く将来像にマッチした特色ある育成目標を掲げる基幹病院を選択することができます。と同時に、どの基幹施設を選択しても、働いてみたい他の基幹施設や連携施設でも一定期間研修し、新たな経験を積み、人脈を拡げ、将来の活躍の基盤を作り上げることができます。

 金沢大学附属病院を基幹病院とする当HGPCプログラムは、コンソーシアム内の連携施設で臨床的な研修を行い、さらに、金沢大学附属病院において疫学研究や医学教育といったアカデミック総合診療の基礎を身につけるためのプログラムです。
 また、特定の基幹施設に所属せずに、自由な立場で総合診療専門研修の3年間を過ごしたいと仰る方にもご応募頂けるプログラムです。その場合、アカデミック総合診療の研修期間を設定するかどうかは、ご本人の希望により決定します。いずれの場合でも、金沢大学附属病院は基幹施設として3年間を通じて専攻医のサポートを継続します。

URL
金沢大学附属病院研修医・専門医総合教育センター http://web.hosp.kanazawa-u.ac.jp/senmoni/index.htmlアイコン
北陸総合診療コンソーシアム http://hgpc.w3.kanazawa-u.ac.jp/アイコン

■ こだわりポイント

  • 関連病院が多い
  • 指導体制が充実

研修環境について

責任者
野村 英樹(特任教授・総合診療科長)
当科平均外来患者数
3.4名/日
当科平均入院患者数
0.0名/日
在籍指導医
(2016年度時点)
2名

給与・処遇について

給与
卒後3年次(月給/年収)
月給 -円/年収 3,025,000円
卒後4年次(月給/年収)
月給 -円/年収 3,170,200円
卒後5年次(月給/年収)
月給 -円/年収 3,315,400円

手当:通勤手当、特殊勤務手当、時間外・休日労働手当、夜間勤務手当、宿日直手当、診療待機手当
医師賠償責任保険
病院において加入、個人加入任意
宿舎・住宅
なし

社会保険
健康保険、厚生年金保険、労災保険、雇用保険
福利厚生
健康診断、その他各種予防接種
休日・有給
年休、夏季休暇、年末年始休暇

病院見学・採用試験について

病院見学
病院見学実施日
随時

応募連絡先
金沢大学附属病院
ブックマークボタン
この病院をブックマーク
問い合わせ矢印 見学申し込み矢印 資料請求矢印