獨協医科大学埼玉医療センター
  • 大学病院

獨協医科大学埼玉医療センター

どっきょういかだいがくさいたまいりょうせんたー

画像 見学体験記 4件

獨協医科大学埼玉医療センター初期臨床研修一般プログラム / 小児科プログラム / 産科婦人科プログラム / 外科系プログラム

Image thumb eadbfef2af33c27b80da
1年次オリエンテーション(基本的手技の演習)
Image thumb 051f6752ec83e87ca6c2
AMLSプロバイダーコース受講
Image thumb b1b70a2cd9ca13389c8a
研修医向けランチョンセミナー(毎週開催)
■ 病院情報ここをチェック!
指導医数
(2019年度時点)
237名
初期研修医
(2020年度時点)
卒後1年次の初期研修医数
45名
給与 卒後1年次(月給/年収)
月給 340,000円/年収 4,080,000円
■ 採用関連情報
病院見学実施日
随時
※現在、新型コロナウイルス感染症への懸念から、初期研修先をご検討中の方の見学受け入れを中止しております。(R3.1.30更新)オンラインの懇談会を定期開催しておりますので、是非お申し込みください。
採用予定人数 50名
昨年度の受験者数 102名

この研修プログラムの特徴

1.厚生労働省が掲げる研修理念を実現するもので、医師としての診療能力を幅広く身につけるために、プライマリケア習得を各科カリキュラムの基本としている。

2.必修科目に加え麻酔科8週を履修し、厚生労働省が定める到達目標の確実な達成を図った。希望履修選択期間では標榜する診療科のどれをも選択でき、同時期に獨協医科大学病院で標榜する診療科を選択研修ができる。
また、小児科および産科婦人科、外科系に特化したプログラムも設けている。

3.専門・高度医療を実践するためのミニワーク・カリキュラムを重層的に備えている。

4.臨床研究の基礎トレーニングができる。

5.医師としてのキャリア構築につながる。

研修病院タイプ
基幹型
URL

■ こだわりポイント

  • 症例数が多い
    県内外から多くの患者様が来院され、市中病院の役割も担っています。
  • いろんな大学から集まる
    現臨床研修医の半数以上が他大学出身者です。
  • 産休育休取得者あり

獨協医科大学埼玉医療センター初期臨床研修一般プログラム

厚生労働省指定の必修科目及び選択必修科目の全てを履修します。将来進みたい診療部門の決まっていない方はもちろん、決まっている方でも、研修期間でしか経験できない、あらゆる科目の知識に触れることができます。

4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
1年次 内科
(24週)
救急部門
(12週)
外科
(4週)
麻酔科
(8週)
2年次 小児科
(4週)
産科婦人科
(4週)
地域医療
(4週)
精神科
(4週)
希望履修科目選択期間
(32週)
※ローテーションの順番は、入職前に希望調査を実施するため、研修医自身が計画することができます。
※詳細や他のコースについては当院臨床研修センターサイトをご参照願います。http://www2.dokkyomed.ac.jp/dep-k/kenshuアイコン

研修環境について

在籍指導医
(2019年度時点)
合計 237名

在籍初期研修医
(2020年度時点)
合計 85名

卒後1年次の初期研修医数
45名 (男性 28名:女性 17名)
主な出身大学 北海道大学, 岩手医科大学, 秋田大学, 獨協医科大学, 埼玉医科大学, 杏林大学, 帝京大学, 東京女子医科大学, 東邦大学, 東海大学, 山梨大学, 新潟大学, 金沢医科大学, 滋賀医科大学, 鳥取大学, 佐賀大学, 大分大学

卒後2年次の初期研修医数
40名 (男性 30名:女性 10名)
主な出身大学 弘前大学, 岩手医科大学, 獨協医科大学, 群馬大学, 埼玉医科大学, 杏林大学, 帝京大学, 東京女子医科大学, 東邦大学, 日本医科大学, 聖マリアンナ医科大学, 北里大学, 山梨大学, 産業医科大学, 大分大学, 琉球大学, その他

在籍専攻医・後期研修医
(2020年度時点)
合計 103名 (男性 65名:女性 38名)
主な出身大学 札幌医科大学, 北海道大学, 岩手医科大学, 秋田大学, 東北大学, 山形大学, 福島県立医科大学, 獨協医科大学, 群馬大学, 埼玉医科大学, 杏林大学, 帝京大学, 東京女子医科大学, 東邦大学, 日本大学, 横浜市立大学, 聖マリアンナ医科大学, 北里大学, 東海大学, 山梨大学, 金沢大学, 愛知医科大学, 京都大学, 鳥取大学, 島根大学, 川崎医科大学, 大分大学, 宮崎大学, その他

当直体制
開始時期
1年目4月から

※診療科毎に1名以上の上級医が当直する。初期研修医単独での当直は不可。
※各診療科の当直の他に、月2回程度「時間外内科当直」を実施する。
カンファレンスについて
臨床病理検討会(病院CPC)(年3回)、臨床研修医ランチョンセミナー(毎週木曜開催)、診療科によるカンファレンス・勉強会 他
研修修了後の進路
専攻医として、希望する専門医研修プログラムに参加し、専門知識と技能を習得できます。また、当院で大学院医学研究科の専攻分野を開設しており、希望者は社会人大学院制度を利用して、勤務しながら(給与を得ながら)大学院生として研究を行い、学位(医学博士)の取得も可能です。

給与・処遇について

給与
卒後1年次(月給/年収)
月給 340,000円/年収 4,080,000円
卒後2年次(月給/年収)
月給 340,000円/年収 4,080,000円

※月給は一律支給。時間外手当8万円分を含む。
※その他当直手当を支給。
医師賠償責任保険
施設限定医師賠償責任保険適用(保険料病院負担)
宿舎・住宅
あり
宿舎 35,000円/月

単身用職員寮。部屋によって38,000円/月。住宅手当・通勤手当はなし。

Thumb d60999147e9265fc87c7

社会保険
公的医療保険(日本私立学校振興・共済事業団に加入)公的年金保険に加入、雇用保険に加入
福利厚生
職員用保育室あり。厚生施設あり。
学会補助
あり

年間上限額45,000円
当直回数
1・2年次 基本4回/月 但し、診療科によって異なる。
当直料
月~土18,000円 休診日(日直)18,000円 休診日(当直)18,000円
但し、当院で研修開始後6ヶ月間は半額となる。
休日・有給
1年次有給休暇:15日間
2年次有給休暇:17日間
※上記日数にはフレックス休暇(5日間)が含まれる。
その他 冠婚葬祭などの為の特別休暇など

病院見学・採用試験について

病院見学
病院見学実施日
随時
※現在、新型コロナウイルス感染症への懸念から、初期研修先をご検討中の方の見学受け入れを中止しております。(R3.1.30更新)オンラインの懇談会を定期開催しておりますので、是非お申し込みください。
当直見学:なし
見学時交通費補助:あり

詳細は、当院臨床研修センターサイトをご参照願います。http://www2.dokkyomed.ac.jp/dep-k/kenshuアイコン
※現在、新型コロナウイルス感染症への懸念から、初期研修先をご検討中の方の見学受け入れを中止しております。(R3.1.30更新)オンラインの懇談会を定期開催しておりますので、是非お申し込みください。
試験・採用
選考方法
面接,その他
採用予定人数
50名

詳細は、当院臨床研修センターサイトをご参照願います。http://www2.dokkyomed.ac.jp/dep-k/kenshuアイコン
昨年度の受験者数
102名

応募関連
応募書類
1.応募書 2.履歴書 3.成績証明書 4.CBT結果(写)

応募締切
詳細は、当院臨床研修センターサイトをご参照願います。http://www2.dokkyomed.ac.jp/dep-k/kenshu
応募連絡先
獨協医科大学埼玉医療センター 臨床研修センター 吉田、頓所、松川、横地
TEL:048-965-7842(直通)
E-mail:k-kenshu@dokkyomed.ac.jp

医学生の方へメッセージ

臨床研修センター長から
臨床研修センター長/救命救急センター(救急医療科)教授松島 久雄 出身大学 : 獨協医科大学
 当院は埼玉県越谷市に位置し、埼玉県東部地域人口180万人の基幹病院として地域医療の重要な役割を担っております。病床数は一般病床923床、手術室は22室と県内最大規模です。大学病院でありながら、市中病院のような研修が魅力的であり、臨床能力のみならず、医師としての基本的価値観を身に着けることを目的としたプログラムを運用しています。
 2018年、2019年のマッチングでは100名を超えるご応募をいただき、全国各地の卒業生を幅広く受け入れています。一般、小児科、産科婦人科に加え、令和2年度より多種多様で豊富な外科症例を経験できる外科系プログラムを開始しました。
 丁寧な指導、精神面でのサポート、充実したカンファレンス、off the jobトレーニングなど要望に応じてUp to Dateな研修を心がけています。
 都心へのアクセスが良く、学会参加や休日のリフレッシュにも適した環境です。獨協医科大学埼玉医療センターで充実した卒後研修を行ってみませんか?
先輩研修医から
研修医 出身大学 : 獨協医科大学
 当院の一番の特徴は、日常診療で頻繁に遭遇するCommon diseaseを多く経験できることに加え、高度医療機関でないと診療する機会が少ないRare diseaseまで経験することができることだと思います。将来、何科に進もうともこのような経験は必ず活きてくるため非常に重要であり貴重なものとなるに違いありません。
 さらに当院での研修では、どの診療科で研修しても上級医の先生方は熱心に指導してくださり、1年目から様々な手技を実践することが出来ます。自分自身のやる気次第では、研修医ではなかなか経験できない手技の機会を与えてもらえ、さらなる成長につながります。
 研修医同期は多く、お互いに切磋琢磨しながら仲良く楽しく研修しています。ぜひ、一度見学にきて、研修の雰囲気を感じてみてください。そしてぜひ一緒に働きましょう。

獨協医科大学埼玉医療センター