見学体験記

埼玉県

獨協医科大学埼玉医療センター

公開: 2019/11/13
投稿者:どれみさん
  • 初期研修
関連タグ
  • 病院見学
総合評価
5.0
  • 病院設備:

    5

  • 研修医との関わり:

    5

  • 指導医・上級医との関係:

    5

  • コメディカルとの関係:

    5

※5段階評価

見学時の補助
■宿泊補助あり
病院から徒歩10分くらいのところにある寮を借りられます。

■交通費補助あり
5000円分のQUOカードが頂けました。

■食事補助あり
製薬会社からお弁当を頂きました。食券の支給もあります。


見学の病院を選んだきっかけ
埼玉県内では最大規模の病院であり、いろいろな症例が見れると思ったため。

見学当日のスケジュール(見学した診療科等)
<1日目 総合診療科、救急科>
8:10集合
8:20事務の方からお話
8:45総合診療科見学
12:30勉強会に参加、昼食
13:30救急科見学
17:00解散

強い・おすすめの科
■消化器内科(胃腸科・肝胆膵)
■泌尿器科 
■救急救命科  

見学の注意点
持ち物は白衣、名札(大学で使用しているもの)、聴診器でした。到着後まずロッカーに荷物を置き、着替えて、事務の方から病院のこと、研修のことなどのお話があり、各診療科の見学が始まります。

病院・設備について
電子カルテの使用:あり
5段階評価(1=悪い・5=良い):5


病院は最近建て替えたこともあり、とてもきれいです。新越谷駅・南越谷駅から徒歩5分くらいで立地もよいです。

人間関係・雰囲気について
研修医と関われたか→はい

研修医同士(5段階評価):5
指導医・上級医との関係(5段階評価):5
コメディカルとの関係(5段階評価):5


研修医同士はとても仲が良く、和気あいあいと仕事をしていました。指導医の先生が研修医を対象とした勉強会をお昼の時間に定期的に開催したり、日常診療の中でも研修医の先生が上級医に聞いたりと上の先生との関係も良さそうでした。

病院のお勧めポイント
とてもハイパーというわけでもなく、ハイポというわけでもなくバランスがいい病院だと思います。基本的なことはできるし、自分の時間も確保できるといった印象を持ちました。やりたい人はどんどんできるので、自分次第では研修医のうちから色々な手技を経験できると思います。救急科は病院内でもかなり研修医に任せていることが多い科であり、かなり力がつくと研修医の先生はおっしゃっていました。ハイブリッド手術室やダヴィンチなど最新機器が揃っているので泌尿器科や外科志望の方にも良いと思います。

見学全体を通しての感想
獨協大学の関連病院ですが、出身大学は獨協大学が半数、そのほかは様々であり、他大学卒業生でも働きやすそうな環境でした。研修医の部屋も広く、一人一机と施設はとてもよいです。研修医の先生たちも優しく、とても雰囲気のよい病院だと感じました。

あなたへのおススメ

病床数が近い
  • 初期研修
自治医科大学附属病院
栃木県

平均評価:4.5

体験記:3

病床数が近い
  • 初期研修
公益財団法人大原記念倉敷中央医療機構倉敷中央病院
岡山県

平均評価:4.4

体験記:4

エリアが同じ
  • 初期研修
独立行政法人地域医療機能推進機構埼玉メディカルセンター
埼玉県

平均評価:4.8

体験記:1

平均救急数が近い
  • 初期研修
国際医療福祉大学病院
栃木県

平均評価:4.3

体験記:1

エリアが同じ
  • 初期研修
TMGあさか医療センター
埼玉県

平均評価:4.0

体験記:2

エリアが同じ
  • 初期研修
医療法人社団武蔵野会新座志木中央総合病院
埼玉県

平均評価:4.0

体験記:1