1. TOP
  2. 研修情報を探す
  3. 島根県立中央病院 島根県立中央病院精神科専門研修プログラム
島根県立中央病院

市中病院

島根県立中央病院

しまねけんりつちゅうおうびょういん

    島根県立中央病院精神科専門研修プログラム

    病院の早見表はこちら!

    • 指導医数(2019年度時点)

      3名

    • 在籍研修医数(2019年度時点)

      0名

      卒後3年次 0名

      卒後4年次 0名

      卒後5年次 0名

    • 給与

      卒後3年次(月給/年収)
      年収 11,624,000円

      卒後4年次(月給/年収)
      年収 12,380,000円

      卒後5年次(月給/年収)
      年収 12,594,000円

      詳細はこちら

    • 当直回数

      3回/月

    採用関連情報

    • 病院見学実施日

      随時可能。事前に当院HPより申し込みを行ってください

    • 試験応募締切日

      当院HPをご確認ください

    • 試験日程

      要相談。

    専門研修・サブスペシャルティ

    診察科精神科
    基幹施設/連携施設
    基幹施設

    診療科情報

    診療加盟病床数医師数指導医数平均外来患者数平均入院患者数
    精神科40床4.0名3.0名42.3名/日1.1名/日

    精神科

    病床数医師数指導医数平均
    外来患者数
    平均
    入院患者数
    40床4.0名3.0名42.3名/日1.1名/日

    その他の診療科情報はこちら

    この研修プログラムの特徴

    本施設群は、10つの施設群から構成されている。1,2年目は基幹施設で研修、3年目は連携施設をローテートして研修する。専攻医は年2名を予定している。研修基幹施設は、島根県出雲市にある島根県立中央病院である。県の中核を担う総合病院で、高度救命救急センター、総合周産期母子医療センターを併設している。こういった病院の特徴から、思春期から老年期に至るまでの主要な精神疾患の治療機会を得ることが可能である。精神科面接・診断・治療計画、精神療法や薬物療法の基礎を学ぶ。特に精神科救急、身体合併症例やコンサルテーション・リエゾンの分野では多くの治療経験を得ることができる。また、症例報告を始めとする学会発表・論文作成についても指導を行う。
     以下は連携施設の特徴について概略を述べる。島根県立こころの医療センターは、県の精神医療の中心的役割を果たしており、難治症例、措置入院症例、児童思春期症例、医療観察法症例、クロザピン治療症例を経験することが可能である。松江赤十字病院では、アルコール依存症例や思春期症例を多く学ぶことができる。松江市立病院では、緩和ケア病棟を有しており、緩和ケア症例を多く学ぶことができる。隠岐病院では、離島の地域医療を学ぶことができる。諸島の診療所への巡回診療を行うと共に、心身の程度によっては本土へのヘリコプターによる救急搬送にも関与する。島根大学医学部附属病院では、電気けいれん療法や睡眠ポリソムノグラフィなど専門的検査に習熟できるとともに臨床研究にも関与することができる。鳥取大学医学部附属病院では、近赤外線スペクトロスコピー(NIRS)や認知矯正療法など先進的な医療に触れることができる。細田クリニックでは患者の生活に密着した精神科診療を経験するとともに、産業メンタルヘルスを学習出来る。エスポアール出雲クリニックでは、認知症デイケアを有しており、老年精神医学の醍醐味を学ぶことができる。島根県立心と体の相談センターは、県の精神保健福祉センターであり、高次脳機能障害やひきこもり、自殺対策などの精神保健福祉に関わる相談業務を体験することができる。以上のことから、生物学的・心理社会的に、また地域医療から先進的な医療まで、幅広く精神医療を学ぶことが可能なプログラムであり、バランス感覚に優れた精神科医を養成することが可能と考える。

    こだわりポイント

    • 症例数が多い

    • 積極的に手技ができる

    • 施設設備が充実

    • 女性医師サポートあり

    午前外来診察(予診/診察陪席)外来診察(予診/診察陪席)病棟診察病棟診察外来診察(予診/診察陪席)
    午後リエゾン
    病棟診察
    リエゾン                       指導医とケースカンファレンスリエゾン
    病棟診察
    リエゾンリエゾン             病棟診察               精神科内カンファレンス島根県精神科医懇話会(隔月)
    夕方院内勉強会
     午前午後夕方
    外来診察(予診/診察陪席)リエゾン
    病棟診察
    外来診察(予診/診察陪席)リエゾン                       指導医とケースカンファレンス
    病棟診察リエゾン
    病棟診察
    病棟診察リエゾン院内勉強会
    外来診察(予診/診察陪席)リエゾン             病棟診察               精神科内カンファレンス
    島根県精神科医懇話会(隔月)

    研修環境について

    責任者
    森﨑洋平・精神神経科部長
    責任者の出身大学
    島根医科大学
    当科病床数
    40床
    当科医師数
    4.0名
    当科平均外来患者数
    42.3名/日
    当科平均入院患者数
    1.1名/日
    在籍指導医(2019年度時点)
    3名

    主な出身大学
    鳥取大学, 島根医科大学

    専攻医・後期研修医(2019年度時点)
    合計 0名

    卒後3年次の専攻医・後期研修医数
    0名(男性 0名:女性 0名)


    卒後4年次の専攻医・後期研修医数
    0名(男性 0名:女性 0名)


    卒後5年次の専攻医・後期研修医数
    0名(男性 0名:女性 0名)


    研修修了後の進路
    当院の正規職員として採用(県職員としての適性審査あり) 関連大学医局への紹介、関連施設への紹介

    給与・処遇について

    給与
    卒後3年次(月給/年収)
    年収 11,624,000円
    卒後4年次(月給/年収)
    年収 12,380,000円
    卒後5年次(月給/年収)
    年収 12,594,000円

    宿舎・住宅
    あり
    民間賃貸住宅の場合、住居手当支給あり(当院規程による。家賃額の1/2、上限27,000円)
    社会保険
    公的医療保険:地方職員共済組合
    公的年金保険:厚生年金保険
    労働者災害補償保険法の適用:あり
    雇用保険:あり
    学会補助
    あり
    当直回数
    3回/月

    当直料
    30,000円/回

    休日・有給
    年次有給休暇は1年間に20日(採用初年は、4月採用の場合は15日)あります。その他、夏季休暇、慶弔休暇、産前産後休暇、私傷病休暇等

    病院見学・採用試験について

    病院見学
    病院見学実施日
    随時可能。事前に当院HPより申し込みを行ってください
    当直・救急見学:あり
    見学時交通費補助:なし

    試験・採用
    試験日程
    要相談。
    選考方法
    面接

    応募関連
    応募書類
    後期臨床研修医採用選考試験募集申込書 履歴書 初期臨床研修修了見込証明書(もしくは初期臨床研修修了証明書) 医師免許証(写し)

    応募締切
    当院HPをご確認ください
    応募連絡先
    臨床教育・研修支援センター
    TEL:(0853)22-5111
    E-mailkouki@spch.izumo.shimane.jp
    プログラム名を選択してください15件プログラムが登録されています
    ブックマークを行うにはログインが必要です

    気になる病院・研修プログラムはどんどんブックマークして、
    あとから見返して比較したり、必要なときに行動できるようにしておこう!
    このサイト上から資料請求や問合せが可能です。

    まだ民間医局レジナビ会員でない方はこちら