1. TOP
  2. 研修情報を探す
  3. 名古屋市立西部医療センター 名古屋市立西部医療センター臨床研修病院群医師臨床研修プログラム
名古屋市立西部医療センター

市中病院

名古屋市立西部医療センター

なごやしりつせいぶいりょうせんたー

名古屋市立西部医療センター臨床研修病院群医師臨床研修プログラム

研修医室の様子です。1年目・2年目・歯科研修医の皆さんに使っていただきます。
豊富な症例を学ぶことができます。
小児・周産期医療の研修もバッチリ。
研修医による院内症例発表会の様子。
みんなイキイキと研修できる環境です。
研修医の歓迎会の様子。指導医との距離も近いです。
名古屋市立大学と名古屋市立病院で、症例発表会を毎年行っています。
シミュレーターを使用した救命救急研修の様子
研修医対象の研修も豊富にあります。
放射線読影も研修できます。

病院の早見表はこちら!

  • 指導医数(2019年度時点)

    68名

  • 初期研修医(2019年度時点)

    16名

    卒後1年次 8名

    卒後2年次 8名

  • 給与

    卒後1年次(月給/年収)
    月給 365,000円/年収 5,500,000円

    卒後2年次(月給/年収)
    月給 405,000円/年収 6,000,000円

    詳細はこちら

  • 当直回数

    1年次 5回/月
    2年次 5回/月

採用関連情報

  • 病院見学実施日

    随時

  • 採用予定人数

    8名

  • 昨年度の受験者数

    25名

  • 試験日程

    8月に2回。ホームページにてご確認ください。

この研修プログラムの特徴

【※現在、当プログラムは初期研修医の2次募集を行っております。詳しくは下部応募連絡先に記載の担当までご連絡ください。】

「名古屋市立西部医療センター」は名古屋市の北西部に位置する地域の中核病院です。平成23年5月に開院した党員の病床数は内科9診療科をはじめ33診療科を設置しており、日常で出会うほとんどの疾患に対応できる研修指導体制となっております。

1.小児・周産期医療センターによる救急医療、高度専門医療が充実。

2.消化器腫瘍センター・呼吸器腫瘍センターでキャンサーボードを開催するなど、内科・外科を始め他診療科の垣根を越えたがん医療を推進。

3.充実した指導医・専門医が各診療科に配置されており、ほとんどの疾患に対応できる行き届いた研修指導体制を確立。

4.選択期間を長く設けており、自由度の高い研修プログラム。個々の研修医が自分の目標に合わせてカリキュラムを組み立てることが可能。

5.選択科目は名古屋市立大学病院・名古屋市立東部医療センターの診療科も研修可能。それぞれの病院の強みの部分を研修できる充実した研修体制。

こだわりポイント

  • 特徴あるプログラム

    選択期間の長い、とても自由度の高いプログラム。皆さんの理想の研修プログラムを組み立てることができます。

  • 症例数が多い

    地域の中核病院で、ほとんどの疾患に対応できる研修体制を整えています。

  • 指導体制が充実

    14名の臨床研修担当医師が研修をサポート。また数多くの医師が臨床研修指導医の資格を持っています。

  • いろんな大学から集まる

    研修医の卒業大学は名古屋市内、愛知県内だけでなく、関東、関西、九州、四国と多種多様です。全国各地の皆様からのご連絡をお待ちしております。

名古屋市立西部医療センター 研修ローテート例

4月5月6月7月8月9月10月11月12月1月2月3月
1年次内科(24週)外科(4週)麻酔科(4週)産婦人科(4週)小児科(4週)救急(8週)
2年次地域医療(4週)精神科(4週)選択科(40週)
  1. 1年次
  1. 4月
  2. 5月
  3. 6月
  4. 7月
  5. 8月
  6. 9月
  7. 10月
  8. 11月
  9. 12月
  10. 1月
  11. 2月
  12. 3月

内科(24週)

外科(4週)

麻酔科(4週)

産婦人科(4週)

小児科(4週)

救急(8週)

  1. 2年次
  1. 4月
  2. 5月
  3. 6月
  4. 7月
  5. 8月
  6. 9月
  7. 10月
  8. 11月
  9. 12月
  10. 1月
  11. 2月
  12. 3月

地域医療(4週)

精神科(4週)

選択科(40週)

スケジュールを

必修科…内科24週間、外科4週間、小児科4週間、産婦人科4週間、救急部門12週間(麻酔科4週間、名古屋市立東部医療センター救急科4週間、救急部門又は名古屋市立東部医療センター心臓血管センター・脳血管センターから選択し4週間)、地域医療4週間、名古屋市立大学病院精神科4週間、
選択科…必修科の他、整形外科、脳神経外科、皮膚科、泌尿器科、眼科、耳鼻咽喉科、放射線科、病理診断科及び名古屋市立東部医療センター、名古屋市立大学病院の各診療科より幅広く選択する。希望により同一科を複数単位研修することも可能。ただし、西部医療センターでの研修期間が52週以上になるようにする。
研修期間を通して4週間の一般外来研修を、他の診療分野の研修と同時に行う。内科、小児科、外科、地域医療で合わせて4週間(20日分)行う。

研修環境について

在籍指導医(2019年度時点)
合計 68名

主な出身大学
名古屋市立大学, 愛知医科大学

在籍初期研修医(2019年度時点)
合計 16名

卒後1年次の初期研修医数
8名(男性 6名:女性 2名)
主な出身大学
名古屋市立大学, 愛知医科大学, 関西医科大学

卒後2年次の初期研修医数
8名(男性 7名:女性 1名)
主な出身大学
名古屋市立大学, 愛知医科大学, 東京大学, 藤田医科大学, 三重大学, 広島大学

在籍専攻医・後期研修医(2019年度時点)
合計 26名(男性 11名:女性 15名)

主な出身大学
名古屋市立大学, 愛知医科大学, 藤田医科大学, 三重大学, 高知大学, 岩手医科大学, 山形大学, 金沢医科大学, 兵庫医科大学, 山口大学

当直体制
対応医師数
研修医 2名、研修医以外の当直医 9名
開始時期
4月。ただし最初の2~3回は、通常の人員にプラスして当直を担当します。

カンファレンスについて
各ローテート研修している診療科のカンファレンスに参加
協力型施設
名古屋市立東部医療センター、名古屋市立大学病院、名古屋市厚生院、足助病院、上矢作病院、かいせい病院、輝山会記念病院、新城市作手診療所、知多厚生病院附属篠島診療所、日間賀島診療所
関連大学医局
名古屋市立大学, 愛知医科大学

給与・処遇について

給与
卒後1年次(月給/年収)
月給 365,000円/年収 5,500,000円
卒後2年次(月給/年収)
月給 405,000円/年収 6,000,000円

その他通勤手当、住居手当を支給。
医師賠償責任保険
病院で加入しているが、外部研修については個人加入を推奨している。
宿舎・住宅
あり
住宅補助 30,000円/月
ただし、住居を自らが契約者となって賃借し、単独で家賃を負担している場合に、月額30,000円の住居手当を支給する。
社会保険
全国健康保険協会、厚生年金保険、雇用保険、労災保険 加入。
福利厚生
年次休暇年20日、夏期休暇5日などの休暇有り。
学会補助
あり

年間105,000円分の研究研修費を支給。
当直回数
1年次 5回/月
2年次 5回/月

当直料
1年次 22,000円/回
2年次 22,000円/回

休日・有給
年次休暇年20日、夏期休暇5日などの休暇有り。

病院見学・採用試験について

病院見学
病院見学実施日
随時
当直見学:なし
見学時交通費補助:なし

当院のホームページより申し込み用紙をダウンロード後、添付して、研修担当(resident@west-med.jp)にmailしていただくようお願いします。
詳細は当院のホームページをご覧ください。
試験・採用
試験日程
8月に2回。ホームページにてご確認ください。
選考方法
面接、筆記
採用予定人数
8名

筆記試験は選択式問題20題。面接試験は個人面接15分程度。
昨年度の受験者数
25名
応募関連
応募書類
申込書、履歴書(当院のホームページからダウンロード)、成績証明書、受験票返信用封筒

応募締切
マッチングの後、欠員が生じた場合は、募集定員に達するまで2次募集、3次募集を行います。
応募連絡先
管理課庶務係 井上 京子
TEL:052-991-8121
E-mailresident@west-med.jp

医学生の方へメッセージ

魅力ある病院とは?

  • センター長・病院長桒原 義之
  • 出身大学:名古屋市立大学

 皆さんは臨床研修病院に何を求めるのでしょうか?
症例数、救急患者数、オペ件数 etc. 各種パラメータが存在すると思います。研修医の皆さんに自慢できるものは、臨床指導医の数です。約100名の常勤医数のうち、臨床研修指導医が約70名と2/3を占めています。この”豊富な症例と手厚い指導体制”が当院の魅力だと私は考えています。
 都市型急性期病院で”魅力ある臨床研修”をしてみませんか?

「ドクターになって良かった」と実感してください。

  • 院長代行・臨床研修センター長妹尾 恭司
  • 出身大学:名古屋市立大学

当院は、非常にアットホームな雰囲気で、患者さんとドクター、スタッフ間それぞれの信頼関係が良いところが大きな魅力のひとつです。研修医の皆さんは、患者さんから信頼される病院で臨床研修を受ける醍醐味を味わってほしいと思います。
さらに、多くの専門医を要し、GeneralからSpecialまで丁寧な指導を受けることができます。
また、各種委員会に研修医代表として出席してもらい、病院運営にも積極的に関わってもらいます。
この病院での研修を通じて「ドクターになって良かった」といち早く実感できることでしょう。

さらにメッセージを見る

フレキシブルな研修スタイル

  • 初期研修医

当院は周産期・NICUが充実しており、がん医療の中心的施設でもあります。PET、陽子線など最新の設備も揃っており、充実した環境で研修を行うことが可能です。
私は放射線読影医を志していますが、他科を志望する研修医にとっても当院の質の高い読影レポート、毎週行われる救急画像のフィードバックは他院にはない魅力だと思います。どの研修科も指導医・上級医にも質問がしやすく、大変風通しの良い環境です。そのため研修プログラムに研修医の要望が反映されやすい環境でもあり、比較的フレキシブルな研修スタイルを取ることが可能で、主義も充実しており、自ら考え、主体的に研修することができます。

  • 初期研修医

 私は、小児科希望で当院での研修を選びました。小児科救急外来では、「一歩踏み込んだところまで自分で考える」のがルールですが、これが本当にいい訓練で、周りの先生方から自分たちで考えることができるようにサポートして頂いています。
 当院は最新の設備が整い、医師やスタッフも揃っている中で、手厚い研修を行うことができます。各科の研修で特徴的な手技を覚えるのは緊張と失敗の連続ですが、良い環境に助けられながら、色々な事を繰り返していくうちに、新しく覚える手技が早く出来るようになったと実感しています。

この病院の見学体験記

ブックマークを行うにはログインが必要です

気になる病院・研修プログラムはどんどんブックマークして、
あとから見返して比較したり、必要なときに行動できるようにしておこう!
このサイト上から資料請求や問合せが可能です。

まだ民間医局レジナビ会員でない方はこちら