千葉県立病院群(基幹型病院:千葉県がんセンター)
  • 市中病院

千葉県立病院群(基幹型病院:千葉県がんセンター)

ちばけんりつびょういんぐん(きかんがたびょういん:ちばけんがんせんたー)

画像 見学体験記 2件

【新専門医制度】千葉県救急医療センター救急科専門医研修プログラム[千葉県救急医療センター(千葉県立病院群)] 矢印他の研修プログラム

ブックマークボタン
この病院をブックマーク
問い合わせ矢印 見学申し込み矢印 資料請求矢印

専門研修・サブスペシャルティ

診療科:救急科

基幹施設/連携施設
基幹施設
連携施設
医療法人鉄蕉会亀田総合病院国立大学法人千葉大学医学部附属病院総合病院国保旭中央病院君津中央病院、国保松戸市立病院、千葉中央メディカルセンター

この研修プログラムの特徴

千葉県救急医療センターでは救急科医を目指す医師のために後期研修制度(レジデント制度)を用意しています。
千葉県救急医療センターは、千葉県全域を対象とする県立の独立型救急救命センターで、県内唯一の高度救命センターであり、また災害拠点病院です。100床(うち20床は集中治療室)の病床に対して、救急に特化した40名以上の各科の専門医が、24時間365日体制で救命救急医療に取り組んでいます。本研修プログラムは、当院の特徴を活用したユニークで有意義なものになっています。
救急医療では医学的緊急性が重要となります。すなわち救急患者の最も重要な病態を速やかに理解し、それに対して速やかに適切な処置を行う診療が大切です。そのような緊急性に対応できるよう、ある一定のトレーニングを受けた専門医が必要です。あらゆる急病、外傷、熱傷、急性中毒など全ての緊急病態に対応できる救急科専門医は、国民にとって重要です。 本研修のプログラムの目的は、千葉県民のみならず国民にも「良質で安心な標準医療を提供できる救急科専門医」を育成することです。本プログラムを修了した救急科専門医は、急病や外傷などの救急患者の重症度と緊急度を速やかに理解でき、その病態は複雑であっても治療の優先順位を適切に判断でき、救急診療の陣頭指揮が取れるようになります。また必要に応じて他科の専門医と提携し、急性期患者により良い医療を提供できるようになります。加えて千葉県内の地域の救急医療にも参加し、救急搬送(プレホスピタル)と医療機関の連携の維持と発展、さらに災害時の対応にも関与できるようになります。

URL

■ こだわりポイント

  • その他
    国内では経験できない医療技術等を海外において研修する機会を設けることにより、医療知識や経験を深め資質の向上を図ることを目的に、1か月程度の海外研修制度を設けています。(派遣中の給与や往復の旅費等は千葉県病院局で負担)

研修環境について

当科病床数
100床
研修後の進路
千葉県立病院正規職員など

給与・処遇について

給与
年収概算額 3年次:約960万円 4年次:約1,070万円
 ※増給(民間のボーナスに相当)、宿日直手当(月4回)等を含む。
 ※平成29年4月1日現在
宿舎・住宅
あり

研修病院保有の職員寮や職員宿舎の個室を無償貸与します。なお、研修病院に宿舎がない場合や宿舎があっても空きがない場合は民間の住宅を病院局で借り上げて無償貸与します。

社会保険
社会保険(厚生年金、健康保険)、雇用保険、労災保険に加入
学会補助
あり

当直料
20,000円/回

休日・有給
休暇等
・年次休暇(4月採用であれば年度内20日間)
・特別休暇(6日間の夏季休暇、結婚休暇、出産休暇、子育て休暇、忌引など)
・療養休暇

病院見学・採用試験について

病院見学

随時
※ホームページより申し込み
試験・採用
選考方法
面接,小論文
応募連絡先
千葉県病院局経営管理課
TEL:043-223-3969
E-mail:byoukei3@mz.pref.chiba.lg.jp
千葉県立病院群(基幹型病院:千葉県がんセンター)
ブックマークボタン
この病院をブックマーク
問い合わせ矢印 見学申し込み矢印 資料請求矢印