千葉県立病院群(基幹型病院:千葉県がんセンター)
  • 市中病院

千葉県立病院群(基幹型病院:千葉県がんセンター)

ちばけんりつびょういんぐん(きかんがたびょういん:ちばけんがんせんたー)

画像 見学体験記 1件

【新専門医制度】千葉県精神科医療センター精神科専門医研修プログラム[千葉県精神科医療センター(千葉県立病院群)] 矢印他の研修プログラム

ブックマークボタン
この病院をブックマーク
問い合わせ矢印 見学申し込み矢印 資料請求矢印
■ 採用関連情報
病院見学実施日
随時
※ホームページより申し込み

専門研修・サブスペシャルティ

診療科:精神科

基幹施設/連携施設
基幹施設
連携施設
医療法人鉄蕉会亀田総合病院、千葉県こども病院、同和会千葉病院、木村病院、磯ヶ谷病院

この研修プログラムの特徴

千葉県精神科医療センターでは精神科医を目指す医師のために後期研修制度(レジデント制度)を用意しています。
千葉県精神科医療センターは、わが国初の精神科救急専門病院として、1985年に千葉市幕張地区に開設されました。その設立理念は「収容施設としての精神病院」のアンチテーゼとなる「治療施設としての精神科病院」の創出であり、日本の精神科医療の構造転換の楔となることでした。現在の精神科救急入院料病棟の施設基準は当センターをモデルとしたものであり、救急医療、チーム医療、アウトリーチを中心とした精神科医療システムは、当センターを嚆矢として今や全国に広がっています。教育面ではこれまで当センター単独で多くのレジデントを受け入れ、精神保健指定医の育成を行ってきました。
本プログラムでは、当センターを基幹施設とし、児童思春期の専門病院である千葉県こども病院、県北西部の中核的な精神科病院であり認知症疾患医療センターを併設する同和会千葉病院、地域の精神科病院として急性期から慢性期の幅広い疾患をカバーする学而会木村病院・直樹会磯ヶ谷病院、総合病院有床精神科であり症状精神病・身体合併症・コンサルテーションリエゾン精神医学等を経験できる亀田総合病院と連携します。当センターで数多くの急性期症例を経験することを通して種々の精神疾患のクリティカルな治療場面への対処能力を習得するとともに、当センターでは経験することが難しい慢性期・児童思春期・認知症・身体合併症等に関しては、上記連携病院をローテートすることにより、急性期以外の多彩な症例や地域社会での実践活動を経験できます。
精神科救急入院に至る患者においては、生物学的のみならず心理的・社会的な困難が重畳し、それらが混然一体となった結果、待ったなしの激しい精神症状として表出されています。いいかえれば、救急ケースには精神科医療のエッセンスが詰まっているのです。専門研修の一定期間、救急・急性期患者の診療に濃密にかかわり、他の医療スタッフと協同してさまざまな困難を乗り越え、患者を退院まで導くことは、将来どのサブスペシャリティに進みどのような形で精神医療に携わるかによらず、精神科専門医として不可欠の修練であると考えられます。そのような経験を日々の臨床を通して十分に提供できることが、本プログラム最大の特色です。

URL

■ こだわりポイント

  • その他
    国内では経験できない医療技術等を海外において研修する機会を設けることにより、医療知識や経験を深め資質の向上を図ることを目的に、1か月程度の海外研修制度を設けています。(派遣中の給与や往復の旅費等は千葉県病院局で負担)

研修環境について

当科病床数
50床
研修後の進路
千葉県立病院正規職員など

給与・処遇について

給与
年収概算額 3年次:約960万円 4年次:約1,070万円
 ※増給(民間のボーナスに相当)、宿日直手当(月4回)等を含む。
 ※平成29年4月1日現在
宿舎・住宅
あり

研修病院保有の職員寮や職員宿舎の個室を無償貸与します。なお、研修病院に宿舎がない場合や宿舎があっても空きがない場合は民間の住宅を病院局で借り上げて無償貸与します。

社会保険
社会保険(厚生年金、健康保険)、雇用保険、労災保険に加入
学会補助
あり

当直料
20,000円/回

休日・有給
休暇等
・年次休暇(4月採用であれば年度内20日間)
・特別休暇(6日間の夏季休暇、結婚休暇、出産休暇、子育て休暇、忌引など)
・療養休暇

病院見学・採用試験について

病院見学
病院見学実施日
随時
※ホームページより申し込み

試験・採用
選考方法
面接,小論文
応募連絡先
千葉県病院局経営管理課
TEL:043-223-3969
E-mail:byoukei3@mz.pref.chiba.lg.jp
千葉県立病院群(基幹型病院:千葉県がんセンター)
ブックマークボタン
この病院をブックマーク
問い合わせ矢印 見学申し込み矢印 資料請求矢印