1. TOP
  2. 研修情報を探す
  3. けいゆう病院 けいゆう病院内科専門研修プログラム
けいゆう病院

市中病院

けいゆう病院

けいゆうびょういん

けいゆう病院内科専門研修プログラム

病院の早見表はこちら!

  • 指導医数(2020年度時点)

    23名

  • 在籍研修医数(2020年度時点)

    12名

    卒後3年次 7名

    卒後4年次 3名

    卒後5年次 2名

  • 給与

    卒後3年次(月給/年収)
    月給 348,800円/年収 8,600,000円

    卒後4年次(月給/年収)
    月給 366,400円/年収 9,600,000円

    卒後5年次(月給/年収)
    月給 383,200円/年収 10,800,000円

    詳細はこちら

  • 当直回数

    4回/月

採用関連情報

  • 病院見学実施日

    随時

  • 採用予定人数

    6人

専門研修・サブスペシャルティ

診察科内科
基幹施設/連携施設
基幹施設

基幹施設: けいゆう病院
連携施設
済生会横浜市東部病院横浜市立市民病院川崎市立井田病院川崎市立川崎病院社会医療法人 河北医療財団河北総合病院国立病院機構東京医療センター北里大学病院、東京大学医科学研究所附属病院、国立循環器病センター

診療科情報

診療加盟病床数医師数指導医数平均外来患者数平均入院患者数
内科162床45名8名450名/日153名/日

内科

病床数医師数指導医数平均
外来患者数
平均
入院患者数
162床45名8名450名/日153名/日

その他の診療科情報はこちら

この研修プログラムの特徴

1.神奈川県横浜市みなとみらい地区の中心的な急性期病院であるけいゆう病院を基幹病院として、神奈川県横浜市西部医療圏、近隣医療圏および東京都にある連携施設や特別連携施設とで内科専門研修を経て基本的臨床能力を獲得し、さらには患者一人一人の社会的背景・療養環境にも配慮した実践的な医療も行えるように訓練されます。
2.当院の内科は一内科制をとっており、研修では各専門科を順にローテーションするのではなく、複数科の症例を同時に主治医として担当することが最大の特徴です。
3.当院では各サブスペシャリティ専門医にもジェネラリストであることを求めています。毎朝のカンファレンスでは全員が集まって、前日入院した問題症例の検討を行います。診断、治療の難しい症例、教育的な症例、珍しい症例については金曜日の夕方に行われる内科全体のカンファレンスでさらに検討し知識を共有します。
4.研修期間は、基幹施設である当院に1年半~2年間+連携施設・特別連携施設1年~1年半の3年間となります。連携施設・特別連携施設においては当院で研修困難な膠原病、緩和医療の研修を行うほか、研修の進捗状況によっては選考医3年次においてリーサーチマインドの養成、サブスペシャリティ領域に重点をおいた研修を行うことが可能です。
5.けいゆう病院内科研修施設群の各医療機関が地域においてどのような役割を果たしているかを経験するために、専門研修後半の1年ないし1年半、立場や地域における役割の異なる医療機関で研修を行い、内科専門医に求められる役割を実践します。研修達成度によってはサブスペシャリティ研修も可能です。
6.基幹施設である当院と専門研修施設群(専攻医3年修了時)で研修手帳に定めた70疾患群、200症例以上の主治医としての診療経験を目標とします。少なくとも通算で56疾患群、160症例以上を主治医として経験し、日本内科学会専攻医登録評価システムに登録します。

こだわりポイント

  • 関連病院が多い

  • 症例数が多い

  • 指導体制が充実

  • いろんな大学から集まる

けいゆう病院内科専門研修週間スケジュール

モーニングカンファレンスモーニングカンファレンスモーニングカンファレンスモーニングカンファレンスモーニングカンファレンス
午前入院患者診療
部長回診
総合内科外来(隔週)入院患者診療
各診療科検査
入院患者診療
各診療科検査
入院患者診療
部長回診
午後各診療科検査
入院患者診療
入院患者診療外来(隔週)各診療科検査
入院患者診療
入院患者診療
夕方消化器カンファレンス循環器カンファレンス呼吸器カンファレンス内科全体カンファレンス
 午前午後夕方
モーニングカンファレンス入院患者診療
部長回診
各診療科検査
入院患者診療
モーニングカンファレンス総合内科外来(隔週)入院患者診療消化器カンファレンス
モーニングカンファレンス入院患者診療
各診療科検査
外来(隔週)循環器カンファレンス
モーニングカンファレンス入院患者診療
各診療科検査
各診療科検査
入院患者診療
呼吸器カンファレンス
モーニングカンファレンス入院患者診療
部長回診
入院患者診療内科全体カンファレンス

・外来の担当日は一例である。
・午後の外来は自身の受け持ち症例のフォローアップが主となる。
・総合内科外来はサブスペシャリティの明確でない初診患者、予約外受診の患者を主に診療する。
・受け持ち症例の各診療科検査になるべく入るようにする。
・これ以外にCPC、各スペシャリティ講習会、地域連携会などに参加する。

研修環境について

責任者
副院長 永見 圭一
責任者の出身大学
慶應義塾大学
当科病床数
410床
当科医師数
45.0名
当科平均外来患者数
450.0名/日
当科平均入院患者数
152.7名/日
在籍指導医(2020年度時点)
23名

主な出身大学
慶應義塾大学, 日本医科大学, 日本大学, 北里大学, 名古屋大学, 鳥取大学, 島根医科大学, 和歌山県立医科大学, 広島大学, 金沢医科大学

専攻医・後期研修医(2020年度時点)
合計 12名

卒後3年次の専攻医・後期研修医数
7名(男性 6名:女性 1名)
主な出身大学
慶應義塾大学, 埼玉医科大学, 宮崎大学, 東京女子医科大学

卒後4年次の専攻医・後期研修医数
3名(男性 1名:女性 2名)
主な出身大学
東京慈恵会医科大学, 名古屋大学, 鹿児島大学

卒後5年次の専攻医・後期研修医数
2名(男性 1名:女性 1名)
主な出身大学
杏林大学, 横浜市立大学

カンファレンスについて
各専門診療科ごとにカンファレンスを行っており、金曜日の夕方に内科全体のカンファレンスを実施している。
関連大学医局
慶應義塾大学, 横浜市立大学, 北里大学

留学の可能性
なし

給与・処遇について

給与
卒後3年次(月給/年収)
月給 348,800円/年収 8,600,000円
卒後4年次(月給/年収)
月給 366,400円/年収 9,600,000円
卒後5年次(月給/年収)
月給 383,200円/年収 10,800,000円

医師賠償責任保険
未加入者は病院で加入する
宿舎・住宅
あり
住宅補助 100,000円/月
賃貸住宅の居住者に限り支給
社会保険
各種社会保険加入
福利厚生
院内保育園あり
学会補助
あり

年1回の学会出張費補助あり(発表の場合、その都度補助あり)
当直回数
4回/月

当直料
年次によ宿日直手当が異なる
休日・有給
有給休暇 初年度10日、夏期休暇5日、 
休日 第1.3.5土曜および日曜祝日、年末年始(12/29~1/3)

病院見学・採用試験について

病院見学
病院見学実施日
随時
当直・救急見学:あり
見学時交通費補助:なし

試験・採用
選考方法
面接
採用予定人数
6人

昨年度の受験者数
2名
応募関連
応募書類
申請書 履歴書 医師免許証の写し 臨床研修修了登録証の写し 

応募連絡先
久保田希美子
TEL:045-221-8300
E-mailrinshou-kenshu@keiyu-hospital.com

この病院の見学体験記

プログラム名を選択してください1件プログラムが登録されています
ブックマークを行うにはログインが必要です

気になる病院・研修プログラムはどんどんブックマークして、
あとから見返して比較したり、必要なときに行動できるようにしておこう!
このサイト上から資料請求や問合せが可能です。

まだ民間医局レジナビ会員でない方はこちら