1. TOP
  2. 研修情報を探す
  3. 宗教法人 在日本南プレスビテリアンミッション淀川キリスト教病院 淀川キリスト教病院 小児科専門研修プログラム
宗教法人 在日本南プレスビテリアンミッション淀川キリスト教病院

市中病院

宗教法人 在日本南プレスビテリアンミッション淀川キリスト教病院

よどがわきりすときょうびょういん

淀川キリスト教病院 小児科専門研修プログラム

下記ボタンから申し込むと、施設へ連絡が届きます。

NICUにて
小児科業務開始前に集合!
2019年 切磋琢磨と協力し合う仲の良い専攻医3年目
カナダから例年、講師が来日し小児科と研修医向けにレクチャ-!

病院の早見表はこちら!

  • 指導医数(2019年度時点)

    11名

  • 在籍研修医数(2020年度時点)

    9名

    卒後3年次 3名

    卒後4年次 3名

    卒後5年次 3名

  • 給与

    卒後3年次(月給/年収)
    月給 360,000円/年収 7,000,000円

    卒後4年次(月給/年収)
    月給 390,000円/年収 7,800,000円

    卒後5年次(月給/年収)
    月給 420,000円/年収 8,500,000円

    詳細はこちら

  • 当直回数

    4回/月

    小児病棟、NICU病棟、小児救急外来のそれぞれに1名当直。計4~6回の日直・当直(当直翌日は休み)

採用関連情報

  • 病院見学実施日

    平日随時 その他応相談

  • 試験応募締切日

    選考日の1週間前 必着

  • 試験日程

    当院HPご参照願います

専門研修・サブスペシャルティ

診察科小児科
基幹施設/連携施設
基幹施設
連携施設
大阪公立大学医学部附属病院神戸大学医学部附属病院、大阪母子医療センタ-、大阪はびきの医療センタ-、長野県立こども病院、国立循環器病センター、大阪発達総合療育センター、 

この研修プログラムの特徴

小児科医は成長、発達の過程にある小児の診療のため、正常小児の成長・発達に関する知識が不可欠で、新生児期から思春期まで幅広い知識と、
発達段階によって疾患内容が異なるという知識が必要です。さらに小児科医はgeneral physicianとしての能力が求められ、そのために、
小児科医として必須の疾患をもれなく経験し、疾患の知識とチーム医療・問題対応能力・安全管理能力を獲得し、家族への説明と同意を得る
技能を身につける必要があります。
 本プログラムでは上記全てをしっかり研修できます。
 淀川キリスト教病院では、小児科専攻医にとって必要な症例および手技を、
【小児外来・病棟(小児一般疾患・健診・ワクチン、各種慢性外来、発達障害等)】
【NICU病棟(超低出生体重児・新生児搬送・人工呼吸管理等)】
【小児救急外来(小児救急疾患等)】【こどもホスピス病棟(重症心身障害児・緩和医療等)】
において多く経験できます。
 当院で3年間の研修も可能ですが、2年目または3年目の半年間を使って、より専門性の高い他院での研修も可能です。
(長野県立こども病院にて集中治療・国立循環器病センターにて循環器疾患・大阪はびきの医療センターにて呼吸器アレルギー疾患 等)

こだわりポイント

  • 症例数が多い

  • 積極的に手技ができる

  • on off がハッキリ

  • いろんな大学から集まる

採血等
朝カンファレンス・チ-ム回診
採血等
朝カンファレンス・チ-ム回診
グランドラウンド
(1/週)
朝カンファレンス・チ-ム回診
採血等
朝カンファレンス・チ-ム回診
採血等
朝カンファレンス・チ-ム回診
採血等
朝カンファレンス・チ-ム回診
採血等
午前病棟一般外来
学生・初期研修医の指導
(適宜)
病棟一般外来病棟一般外来または病棟日直
(1回/月)
午後ランチョン抄読会
病棟
学生初期研修医の指導
(適宜)
症例検討会・総回診
ワクチンランチョン抄読会
乳児健診
救急外来
ハンズオンセミナ-
(1回/3ケ月) 
救急外来
学生・初期研修医の指導
(適宜)
症例検討会
総回診
ランチョン抄読会
病棟
学生初期研修医の指導
(適宜)
症例検討会・総回診
合同勉強会
(3回/年)
夕方周産期カンファレンス
(1回/週)
当直
(1回/週)
研究報告会
(2、3回/月)
土曜日直
(1回/月)
 午前午後夕方
採血等
朝カンファレンス・チ-ム回診
病棟ランチョン抄読会
病棟
学生初期研修医の指導
(適宜)
症例検討会・総回診
周産期カンファレンス
(1回/週)
採血等
朝カンファレンス・チ-ム回診
一般外来
学生・初期研修医の指導
(適宜)
ワクチン当直
(1回/週)
グランドラウンド
(1/週)
朝カンファレンス・チ-ム回診
病棟ランチョン抄読会
乳児健診
救急外来
ハンズオンセミナ-
(1回/3ケ月) 
採血等
朝カンファレンス・チ-ム回診
一般外来救急外来
学生・初期研修医の指導
(適宜)
症例検討会
総回診
研究報告会
(2、3回/月)
採血等
朝カンファレンス・チ-ム回診
病棟ランチョン抄読会
病棟
学生初期研修医の指導
(適宜)
症例検討会・総回診
採血等
朝カンファレンス・チ-ム回診
一般外来または病棟合同勉強会
(3回/年)
土曜日直
(1回/月)
採血等日直
(1回/月)

研修環境について

責任者
西原 正人
責任者の出身大学
奈良県立医科大学
当科病床数
65床
当科医師数
20.0名
当科平均外来患者数
100.0名/日
当科平均入院患者数
8.0名/日
在籍指導医(2019年度時点)
11名

主な出身大学
北海道大学, 京都府立医科大学, 奈良県立医科大学, 和歌山県立医科大学, 大阪大学, 大阪医科薬科大学, 兵庫医科大学, 広島大学, 九州大学, 福岡大学

産育休中の指導医1名あり

専攻医・後期研修医(2020年度時点)
合計 9名

卒後3年次の専攻医・後期研修医数
3名(男性 1名:女性 3名)
主な出身大学
北海道大学, 千葉大学, 和歌山県立医科大学, 関西医科大学

卒後4年次の専攻医・後期研修医数
3名(男性 3名:女性 0名)
主な出身大学
大阪大学, 関西医科大学

卒後5年次の専攻医・後期研修医数
3名(男性 0名:女性 2名)
主な出身大学
関西医科大学, 川崎医科大学

院外研修中の後期研修医2名あり
カンファレンスについて
1)朝カンファレンス・チ-ム回診(毎日):患者申し送り、チ-ム回診後、指導医からフィ-ドバックを受け、指摘課題について学習を進める
2)総回診(毎週2回):受け持ち患者について部長、指導医に報告しフィ-ドバックを受け、更に受け持ち以外の症例についても見識を深める
3)症例検討会(毎週):診断、治療困難例、臨床研究症例等について専攻医が報告し、指導医からフィ-ドバック、質疑などを行う
4)ランチョンセミナ-(毎週):臨床トピックについてミニレクチャ-を受け、質疑を行う
5)ハンズオンセミナ-(毎週):診療スキルの実践的なトレ-ニングを行う
6)グランドラウンド(毎月):臨床トピックについて専門家のレクチャ-、関連の症例報告を行い、総合討論を行う
7)CPC:死亡・剖検例、難病・稀少症例についての病理診断を検討する
8)周産期合同カンファレンス(毎月):産科、NICU、関連科で超低出生体重児、手術症例、先天異常、死亡例等の症例検討を行い、臨床倫理など小児科専門医のプロフェッショナリズムを学ぶ
9)抄読会・研究報告会(毎週):受持症例等に関する論文概要を口頭説明し意見交換・講座での研究について討論し学識を深め、国際性や医師の社会的責任を学ぶ
10)合同勉強会(年3回):当プログラムに参加する全ての専攻医が一同に会し勉強会を行う、多施設の専攻医と指導医の交流を図る
研修修了後の進路
大阪母子医療センター、大阪大学、大阪はびきの医療センター 等
関連大学医局
大阪大学, 大阪市立大学, 神戸大学

留学の可能性
なし

給与・処遇について

給与
卒後3年次(月給/年収)
月給 360,000円/年収 7,000,000円
卒後4年次(月給/年収)
月給 390,000円/年収 7,800,000円
卒後5年次(月給/年収)
月給 420,000円/年収 8,500,000円

当直手当、超過勤務手当(当直、オンコ-ルの時間外手当も自己申請)により額面の幅あり。
医師賠償責任保険
医師会(医賠責)任意加入
宿舎・住宅
あり
住宅補助 22,500円/月
住宅手当は申請制、所定条件あり
社会保険
健康保険、厚生年金保険、雇用保険、労災保険
福利厚生
白衣貸与(クリ-ニング込)、職員食堂(職員割引)有、職員診療費減免、i-pad貸与
学会補助
あり

公費出張(10日/年)=学会発表者のみ 往復交通費・学会参加費 支給 
当直回数
4回/月

小児病棟、NICU病棟、小児救急外来のそれぞれに1名当直。計4~6回の日直・当直(当直翌日は休み)
当直料
25,000円/回

当直時間帯の実働は超過勤務手当申請可
休日・有給
日祝(暦通り)、年末年始6日、有給休暇25日/年

病院見学・採用試験について

病院見学
病院見学実施日
平日随時 その他応相談
見学時交通費補助:なし

当院HPご参照願います。
試験・採用
試験日程
当院HPご参照願います
選考方法
面接

応募関連
応募書類
1)履歴書(HPの所定書式にて) 2)応募理由書 3)医師免許証(写) 4)臨床研修修了見込証明書

応募締切
選考日の1週間前 必着
応募連絡先
総務部人事課 (久木田)
TEL:06-6322-2382(人事直通)
E-mailjinji@ych.or.jp

研修医の方へメッセージ

  • 小児科部長 (新生児副部長)西原 正人 (豊 奈々絵)
  • 出身大学:奈良県立医科大学

小児科では、NICUでの【新生児医療】、一般・専門・救急外来での【外来診療】、小児専用病棟での【入院診療】と、小児科専攻医として必要な経験がすべて可能です。【小児外科疾患】も多く対応しています。こどもホスピス病棟にて【小児緩和医療や重症心身障害児】の診療も経験できます。それぞれの部門で経験豊かな指導医が成長を確実にサポ-トします。日勤業務はシフト制やチ-ム制も採用し、メリハリのある勤務体制となっています。夜間もNICU・小児病棟・小児救急当直と3名の小児科医で、互いに助け合いながら当直勤務が可能です。とても楽しい雰囲気でチ-ム医療を実践しています。ともに成長していける淀川キリスト教病院小児科の一員になりませんか?ぜひ見学にお越しください!

この病院の見学体験記

ブックマークを行うにはログインが必要です

気になる病院・研修プログラムはどんどんブックマークして、
あとから見返して比較したり、必要なときに行動できるようにしておこう!
このサイト上から資料請求や問合せが可能です。

まだ民間医局レジナビ会員でない方はこちら