橋本市民病院
  • 市中病院

橋本市民病院

はしもと しみん びょういん

橋本市民病院臨床研修プログラム

Image thumb ca458417ff2b617a7803
Image thumb 53451715a5afd263ee87
■ 病院情報ここをチェック!
指導医数
(2020年度時点)
26名
初期研修医
(2020年度時点)
卒後1年次の初期研修医数
4名
給与 卒後1年次(月給/年収)
月給 425,500円/年収 -円
当直回数 1年次5回/月
■ 採用関連情報
病院見学実施日
随時実施(要予約)
採用予定人数 4名
昨年度の受験者数 10名

この研修プログラムの特徴

研修方式はスーパーローテート方式とし、1年次はオリエンテーションに引き続き総合内科、外科、小児科、産婦人科、救急医療で基礎を身につけてから自由選択科目をローテートする。2年次も総合内科からスタートし、全診療科の中から希望する診療科を選択するようにしている。地域の拠点病院として、あらゆる患者に対応できる臨床医としてのプライマリ・ケアの修得を基本としており、救急患者の受け入れは、小児科、内科系、外科系など多数で初期救急対応を十分に学べる体制にある。
また、総合医局の特徴を生かした各課の連携体制で研修医をバックアップする。また、和歌山研修ネットワーク「和歌山版医師臨床研修プログラムシステム」に参加している。研修医一人ひとりにメンターと呼ばれる上級医がつき、研修医の状況に応じたきめ細かい指導や専門医取得に有用な研修方法等について助言等が受けられる。

研修病院タイプ
基幹型 協力型
URL

■ こだわりポイント

  • 特徴あるプログラム
  • 症例数が多い
  • 手技に積極的
  • 指導体制が充実

橋本市民病院医師臨床研修プログラム 内科

4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
1年次 総合内科 外科 小児科 救急 産婦人科 選択
2年次 総合内科 一般外来 精神 地域 選択(救急含む)
※総合内科からスタートし、外科、小児科、産婦人科、救急科を研修後、自由選択
※一般外来、地域医療、精神は2年次の選択期間で必須
※和歌山研修ネットワークは選択期間に利用可能

研修環境について

在籍指導医
(2020年度時点)
合計 26名

主な出身大学 和歌山県立医科大学, 近畿大学, その他

在籍初期研修医
(2020年度時点)
合計 8名

卒後1年次の初期研修医数
4名 (男性 3名:女性 1名)
主な出身大学 札幌医科大学, 大阪大学, 近畿大学

卒後2年次の初期研修医数
4名 (男性 3名:女性 1名)
主な出身大学 和歌山県立医科大学, 近畿大学

在籍専攻医・後期研修医
(2017年度時点)
合計 9名 (男性 5名:女性 4名)
主な出身大学 和歌山県立医科大学

当直体制
対応医師数
研修医 1名、研修医以外の当直医 4名
開始時期
1年目4月から

※研修医の当直は、総合内科からスタートし、外科、小児科と宿日直を経験する。
※研修医以外の当直医(内科1名、外科1名、産婦人科1名、小児科1名(週3回以上))
カンファレンスについて
【松前町立病院プライマリ・ケアレクチャー&カンファレンス】毎週 水・木7:30~8:00
【モーニングセミナー】隔週 火8:00~8:30
【若手医師セミナー】毎月1回 金19:30~21:00
【レジデントデイ】毎月1回 土午後
【救急・集中治療勉強会】毎月1回 水17:30~18:00
【橋本市民病院ジェネラリスト勉強会】おおよそ2ヶ月1回(不定期)
協力型施設
和歌山医師臨床研修ネットワーク、高野町立高野山総合診療所、紀の郷病院 他
研修修了後の進路
研修医の選択に任せられている
関連大学医局
和歌山県立医科大学, 近畿大学

給与・処遇について

給与
卒後1年次(月給/年収)
月給 425,500円/年収 -円
卒後2年次(月給/年収)
月給 432,100円/年収 -円

※税別、実績手当含まない
※各種手当は正職員医師と同様に支給
医師賠償責任保険
病院負担で加入
宿舎・住宅
あり

敷地内医師官舎に入居、または、病院が借りあげている近隣の賃貸物件に入居

社会保険
健康保険、労災保険、雇用保険、厚生年金保険など
学会補助
あり

当直回数
1年次 5回/月
2年次 5回/月

当直料
1年次 20,000円/回
2年次 20,000円/回

休日・有給
休日…土日祝日、年末年始(ただし休日出勤する場合もあり)、有給…年間10日

病院見学・採用試験について

病院見学
病院見学実施日
随時実施(要予約)
当直見学:なし
見学時交通費補助:あり

申込方法…メールまたは電話に予約
試験・採用
選考方法
面接
採用予定人数
4名
昨年度の受験者数
10名

応募関連
応募書類
履歴書、卒業見込証明書、成績表 

応募締切
定員枠に達するまで随時対応中
応募連絡先
山内 壮一
TEL:0736-37-1200
E-mail:shomu@city.hashimoto.lg.jp

医学生の方へメッセージ

プログラム責任者(院長代理)古川 健一 出身大学 : 和歌山県立医科大学
初期研修は、先輩医師や看護師、技師などのコ・メディカルとの接し方やコミュニケーションのとり方など社会人としての生活力を身につける大切な期間です。また、患者や家族の立場になって不安、苦しみを深く理解し対応する人間力を育てる場でもあります。医師として必要な基本的な素養を育みながら、基本的な診療能力を身につけてもらえるようにしています。当院で医師としてスムーズなスタートを切ってください。
研修医阪中 謙司 出身大学 : 和歌山県立医科大学
「市中病院は手技がいっぱいできる!」を学生時代からよく耳にし、それが選んだ理由でした。1年間研修し、それは事実でとても満足していますが、「当院の良さは?」と聞かれると、そこではなく自分のしたいことに没頭させてくれる環境だと思います。その機会を与えてくださり、研修したい診療科があれば早急に対応してくれ、日常生活でも病院組織のサポートがあり、充実した環境があるからこそ、当初の目標も達成できています。
橋本市民病院