1. TOP
  2. 研修情報を探す
  3. 春日井市民病院 春日井市民病院初期臨床研修プログラム
春日井市民病院

市中病院

春日井市民病院

かすがいしみんびょういん

春日井市民病院初期臨床研修プログラム

下記ボタンから申し込むと、施設へ連絡が届きます。

更新日:2021/07/02

2021初期臨床研修医(院長・プログラム責任者・副プログラム責任者と)
2021 ICLSを受講する研修医

病院の早見表はこちら!

  • 指導医数(2021年度時点)

    53名

  • 初期研修医(2021年度時点)

    20名

    卒後1年次 10名

    卒後2年次 10名

  • 給与

    卒後1年次(月給/年収)
    月給 290,000円/年収 6,500,000円

    卒後2年次(月給/年収)
    月給 330,000円/年収 7,900,000円

    詳細はこちら

  • 当直回数

    1年次 6回/月
    2年次 6回/月

採用関連情報

  • 病院見学実施日

    随時
    見学日:月~金(祝日除く)

  • 採用予定人数

    10名

  • 昨年度の受験者数

    19名

この研修プログラムの特徴

・内科6科(腎臓内科、糖尿病・内分泌内科、脳神経内科、呼吸器内科、消化器内科、循環器内科)、救急部、地域医療、外科、小児科、産婦人科、精神科、麻酔科、整形外科、脳神経外科、障害医療・療育、一般外来の必修科目を履修する。
・一般外来を並行研修として、内科6科(腎臓内科、糖尿病・内分泌内科、脳神経内科、呼吸器内科、消化器内科、循環器内科)、外科、小児科、地域医療で履修する。
・選択科目(腎臓内科、糖尿病・内分泌内科、脳神経内科、呼吸器内科、消化器内科、循環器内科、救急科、外科、小児科、産婦人科、整形外科、脳神経外科、心臓外科、精神科、泌尿器科、眼科、耳鼻咽喉科、皮膚科、放射線診断科、放射線治療科、病理診断科)の中から任意の科をローテート研修することにより、特定の科に偏ることなく幅広くプライマリ・ケアを身につけられる構成となっている。
・研修2年目には27週の選択科目の期間があり、研修医が自主的に自身の目標に適した研修を組むことが可能である。
・救急の場でファーストタッチから診療に実際に従事すること、充実した各診療科ローテート研修を行うこと、各種勉強会に参加することを通じて実践的に基本的診療能力が身につけられる。

研修病院タイプ
基幹型
URL

https://www.hospital.kasugai.aichi.jp

こだわりポイント

  • 特徴あるプログラム

  • 症例数が多い

  • 救急充実

  • 産休育休取得者あり

春日井市民病院初期臨床研修プログラム

4月5月6月7月8月9月10月11月12月1月2月3月
1年次腎臓内科(4週)糖尿病・内分泌内科(4週)救急部門(救急科)(4週)脳神経内科(4週)循環器内科(4週)消化器内科(4週)外科(4週)脳神経外科(4週)産婦人科(4週)小児科(4週)呼吸器内科(4週)救急部門(麻酔科)(4週)
2年次救急部門(救急科)(4週)麻酔科(4週)整形外科(4週)地域医療(4週)精神科(4週)障害医療・療育(1週)選択科(27週)
  1. 1年次
  1. 4月
  2. 5月
  3. 6月
  4. 7月
  5. 8月
  6. 9月
  7. 10月
  8. 11月
  9. 12月
  10. 1月
  11. 2月
  12. 3月

腎臓内科(4週)

糖尿病・内分泌内科(4週)

救急部門(救急科)(4週)

脳神経内科(4週)

循環器内科(4週)

消化器内科(4週)

外科(4週)

脳神経外科(4週)

産婦人科(4週)

小児科(4週)

呼吸器内科(4週)

救急部門(麻酔科)(4週)

  1. 2年次
  1. 4月
  2. 5月
  3. 6月
  4. 7月
  5. 8月
  6. 9月
  7. 10月
  8. 11月
  9. 12月
  10. 1月
  11. 2月
  12. 3月

救急部門(救急科)(4週)

麻酔科(4週)

整形外科(4週)

地域医療(4週)

精神科(4週)

障害医療・療育(1週)

選択科(27週)

スケジュールを

※研修順序は、各研修医により異なる。

研修環境について

在籍指導医(2021年度時点)
合計 53名

主な出身大学
旭川医科大学, 秋田大学, 筑波大学, 自治医科大学, 東京女子医科大学, 新潟大学, 信州大学, 金沢大学, 金沢医科大学, 福井医科大学, 名古屋大学, 名古屋市立大学, 愛知医科大学, 藤田医科大学, 三重大学, 岐阜大学, 滋賀医科大学, 川崎医科大学, 島根医科大学

(臨床研修指導医養成講習会修了者)
在籍初期研修医(2021年度時点)
合計 20名

卒後1年次の初期研修医数
10名(男性 9名:女性 1名)
主な出身大学
埼玉医科大学, 昭和大学, 名古屋市立大学, 愛知医科大学, 藤田医科大学, 三重大学, 関西医科大学

卒後2年次の初期研修医数
10名(男性 7名:女性 3名)
主な出身大学
埼玉医科大学, 信州大学, 浜松医科大学, 名古屋大学, 名古屋市立大学, 愛知医科大学, 藤田医科大学, 三重大学, 大阪市立大学

在籍専攻医・後期研修医(2021年度時点)
合計 20名(男性 12名:女性 8名)

主な出身大学
東北大学, 埼玉医科大学, 北里大学, 新潟大学, 信州大学, 名古屋大学, 名古屋市立大学, 愛知医科大学, 藤田医科大学, 三重大学, 岐阜大学, 大阪医科薬科大学, 琉球大学

当直体制
対応医師数
研修医 3名、研修医以外の当直医 3名
開始時期
1年目4月中旬 はじめは上級医について、次第にファーストタッチをおこなう

勤務体制:内科系2人、外科系1人
 そのほか、休日は11時から15時および18時から22時、平日は18時から22時上級医(3年目以降)が1人補助として救急外来で診療および研修医指導にあたる体制
カンファレンスについて
研修医のための救急医療勉強会   …週1回
救急勉強会(救急部)       …月1回
内科合同勉強会          …月2回
医師合同勉強会          …年6回
CPC               …年6回
キャンサーオープンカンファレンス …月1回
キャンサーボード         …月1回
医療安全対策院内講習会      …年2回
院内感染予防対策勉強会      …年2回
協力型施設
もりやま総合心療病院、東海記念病院、市立恵那病院、名古屋第一赤十字病院、愛知県医療療育総合センター中央病院
研修修了後の進路
当院採用、名古屋大学医学部附属病院、名古屋市立大学病院等
関連大学医局
名古屋大学, 名古屋市立大学, 愛知医科大学, 岐阜大学

給与・処遇について

給与
卒後1年次(月給/年収)
月給 290,000円/年収 6,500,000円
卒後2年次(月給/年収)
月給 330,000円/年収 7,900,000円

<賞与>
1年次 557,600円
2年次 976,200円
医師賠償責任保険
病院にて加入
宿舎・住宅
あり
宿舎 22,000円/月

ワンルームマンションタイプ 一室40平方メートル(LD12畳 K3畳) オール電化 オートロック 冷暖房完備 浴室乾燥機 食器棚 クローゼット シャワー付き洗面化粧台 専用駐車場

社会保険
1年次:全国健康保険協会、厚生年金,労働者災害補償保険
2年次:愛知県都市職員共済組合、厚生年金、地方公務員災害補償基金
福利厚生
年次有給休暇、厚生休暇、病気休暇、結婚休暇、産前・産後休暇、育児休暇、忌引休暇、介護休暇等
健康管理 春(X線) 秋(血液・尿・眼科検診等)
学会補助
あり
当直回数
1年次 6回/月
2年次 6回/月

当直料
1年次 20,000円/回
2年次 20,000円/回

休日・有給
休日:土曜日、日曜日、祝日
有給:年次有給休暇年12日間、厚生休暇年3日間

病院見学・採用試験について

病院見学
病院見学実施日
随時
見学日:月~金(祝日除く)
当直見学:なし
見学時交通費補助:なし

お申込み:当院ホームページの研修医募集病院見学よりお申込みください。
お問い合わせ:kensyu@hospital.kasugai.aichi.jp
試験・採用
選考方法
面接、その他
採用予定人数
10名

選考方法:適性検査、面接試験
昨年度の受験者数
19名
応募関連
応募書類
履歴書(写真貼付)、卒業(見込み)証明書、成績証明書

応募締切
応募締め切り、期日までに応募書類を直接持参か郵送(必着)
応募連絡先
管理課 庶務担当
TEL:0568-57-0046
E-mailbyouin@hospital.kasugai.aichi.jp

医学生の方へメッセージ

春日井市民31万人の命を支える最前線

  • 院長成瀬 友彦
  • 出身大学:名古屋大学

当院は、愛知県尾張北部医療圏の中心的な地域基幹病院として、初期医療から高度医療まで提供しています。救命救急センターは愛知県下有数の救急車搬送台数(年間約9,000-10,000台)の実績があります。当院は558床の中規模病院で、各診療科がそろい、症例豊富といった初期研修には最適の環境があります。初期研修では、第一線で実際に多くの症例の診療に当たり実践的な診療能力を身に付けていきます。また、「恕」の理念の下、患者や家族の思いを慮れる医師を目指します。指導医をはじめ、コメディカルも参加したチーム医療が研修医を指導支援します。実践力のみならずそれを支える知識の修得にも勉強会を通じて力を入れています。当院の研修医はさまざまな大学出身者で構成されているのも特徴で、お互い切磋琢磨しながら、一方で研修医同士チームワーク良く、明るい活動的な雰囲気の中で研修が行われます。医師の基礎を築く貴重な2年間が実り多いものとなるようサポートします。

春日井市民病院の研修はここが強い!

  • 副院長兼外科部長兼研修管理室長山口 竜三
  • 出身大学:名古屋大学

〇救急ローテートでは、救急搬送200件以上を経験できる。
 救急科では、上級医の指導のもと日勤帯(8:30-17:15)のすべての救急搬送されてきた患者の初期対応から専門医に引き渡すまでの一連の診療行為を行います。1日およそ10台から20台近くの救急搬送者を診るこのローテートは当院のローテートの中で最も大変なものです。しかし、この研修を終えた研修医は明らかに医師として目覚ましい成長を遂げています。
〇外科ローテートでは、手術助手として手術に参加できる。 
 外科では、朝の点滴キープから始まり、あらゆる外科手術を体験していきます。
 当院の外科は東海圏内でもトップクラスの症例数を誇っており、質の高い手術に助手として参加します。さらに虫垂炎などの手術は執刀医として活躍できるのも特徴です。手厚い指導のもと、ここでは決してできない手技はありません。研修医としてあらゆる手技を数多く体験することができます。
〇内科ローテートでは、実際に診察し、治療計画を作成できる。
 内科には、ありとあらゆる疾患が集まってきます。肺炎などのCommon diseaseから大学などでしか診ることのないような珍しい疾患まで、症例は豊富です。そんな内科での研修では、入院から退院まで一貫して診療に参加することが可能です。高齢者の肺炎などのCommon diseaseの診療では、抗生剤や輸液、食事の選択などを実際に研修医が考え、指示を出すこともあります。内科の研修は上級医の真似事をするのではなく、実際に研修医が自分で考え、患者を診察し、診療プランを作成します。Generalistとして最も成長できる期間となっています。

この病院の見学体験記

プログラム名を選択してください1件プログラムが登録されています
ブックマークを行うにはログインが必要です

気になる病院・研修プログラムはどんどんブックマークして、
あとから見返して比較したり、必要なときに行動できるようにしておこう!
このサイト上から資料請求や問合せが可能です。

まだ民間医局レジナビ会員でない方はこちら