1. TOP
  2. 研修情報を探す
  3. IMS(イムス)グループ新松戸中央総合病院 新松戸中央総合病院群卒後臨床研修プログラム
IMS(イムス)グループ新松戸中央総合病院

市中病院

IMS(イムス)グループ新松戸中央総合病院

しんまつどちゅうおうそうごうびょういん

新松戸中央総合病院群卒後臨床研修プログラム

下記ボタンから申し込むと、施設へ連絡が届きます。

更新日:2021/06/05

研修医オペ
研修医DR
研修医エコー
臨床研修発表会

病院の早見表はこちら!

  • 指導医数

    46名

  • 初期研修医(2019年度時点)

    12名

    卒後1年次 6名

    卒後2年次 6名

  • 給与

    卒後1年次(月給/年収)
    月給 400,000円

    卒後2年次(月給/年収)
    月給 430,000円

    詳細はこちら

  • 当直回数

    1年次 4回/月
    2年次 4回/月

    月4~5回

採用関連情報

  • 病院見学実施日

    随時

  • 採用予定人数

    6名

  • 昨年度の受験者数

    25名

  • 試験日程

    2021年8月(調整中)

この研修プログラムの特徴

プライマリ・ケアの全般を的確に診療できる医師としての基盤を固めることが研修目標。年間救急患者数1万5,000件(うち救急車約5,000件)で研修医を6名厳選し、臨床現場にて指導医・上級医とマンツーマン方式の手厚い指導システムを構築している。
各学会の専門医の教育(関連)病院に指定されており、その専門医がハイレベルで診療法を指導する。知識を教えるのではなく、各疾患の捉え方や、診断と治療の考え方、方法を指導。研修医が的確な診療ができるように導き、また自分自身で医療医学の研鑽が継続できるようにするシステム。
2年間のプログラムのうち、自由選択期間を9ヵ月間設定し、グループ内の4病院22科から選択が可能。

研修病院タイプ
基幹型
URL

http://www.ims.gr.jp/shinmatsudo/

こだわりポイント

  • 手技に積極的

  • on off がハッキリ

  • いろんな大学から集まる

  • 少数精鋭の研修

年間研修予定(例)

4月5月6月7月8月9月10月11月12月1月2月3月
1年次小児救急精神
2年次産婦人地域医療選択
  1. 1年次
  1. 4月
  2. 5月
  3. 6月
  4. 7月
  5. 8月
  6. 9月
  7. 10月
  8. 11月
  9. 12月
  10. 1月
  11. 2月
  12. 3月

小児

救急

精神

  1. 2年次
  1. 4月
  2. 5月
  3. 6月
  4. 7月
  5. 8月
  6. 9月
  7. 10月
  8. 11月
  9. 12月
  10. 1月
  11. 2月
  12. 3月

産婦人

地域医療

選択

スケジュールを

外来研修は2年次に実施。

研修環境について

在籍指導医
合計 46名

主な出身大学
弘前大学, 福島県立医科大学, 筑波大学, 獨協医科大学, 埼玉医科大学, 防衛医科大学校, 順天堂大学, 昭和大学, 東京慈恵会医科大学, 日本医科大学, 聖マリアンナ医科大学, 北里大学, 東海大学, 新潟大学, 信州大学, 富山医科薬科大学, 浜松医科大学, 京都大学, 大阪医科薬科大学, 愛媛大学

在籍初期研修医(2019年度時点)
合計 12名

卒後1年次の初期研修医数
6名(男性 4名:女性 2名)
主な出身大学
東京医科大学, 東京大学, 東邦大学, 東海大学, 近畿大学, 愛媛大学

卒後2年次の初期研修医数
6名(男性 4名:女性 2名)
主な出身大学
聖マリアンナ医科大学, 日本大学, 香川大学, 高知大学, 久留米大学, 鹿児島大学

在籍専攻医・後期研修医(2019年度時点)
合計 7名(男性 4名:女性 3名)

主な出身大学
秋田大学, 山形大学, 福島県立医科大学, 千葉大学, 聖マリアンナ医科大学, 岐阜大学

新専門医制度での研修医になります。
当直体制
対応医師数
研修医 2名、研修医以外の当直医 2名
開始時期
5月

当直翌日は午後の勤務を免除
カンファレンスについて
カンファレンス(各診療科にて実施)、その他カンファレンスは適宜実施
医局勉強会(月1回)、CPC(年3回)実施
協力型施設
板橋中央総合病院グループ(IMSグループ)
研修修了後の進路
■後期研修プログラムについて:あり(総合内科プログラム、循環器内科プログラム、腎臓内科プログラム、呼吸器内科プログラム、消化器内科プログラム、感染症内科プログラム、外科プログラム) ■研修修了後の進路:当院にて後期研修医として継続研修可。グループ病院および関連大学医局への紹介も相談可。

給与・処遇について

給与
卒後1年次(月給/年収)
月給 400,000円
卒後2年次(月給/年収)
月給 430,000円

<給与>
1年次:基本給350,000円、当直手当10,000円/回(最大月5回を想定)
2年次:基本給350,000円、当直手当10,000円/回(月5回)
<賞与>
なし
医師賠償責任保険
病院にて加入するが、個人加入も必要(外部研修があるため)
宿舎・住宅
あり
単身用あり(家賃の半額を負担、限度額40,000円)
社会保険
健康保険、厚生年金保険、雇用保険、労災保険あり
福利厚生
有給休暇(1年次10日、2年次11日)、慶弔休暇等あり。
学会補助
あり

IMSグループ内規定あり(詳細はお問い合わせください)
当直回数
1年次 4回/月
2年次 4回/月

月4~5回
当直料
1年次 10,000円/回
2年次 10,000円/回

休日・有給
有給休暇は初年度10日(入職時3日、入職半年後に7日付与)

病院見学・採用試験について

病院見学
病院見学実施日
随時
見学時交通費補助:なし

希望日にあわせて実施
試験・採用
試験日程
2021年8月(調整中)
選考方法
面接
採用予定人数
6名
昨年度の受験者数
25名
応募関連
応募書類
履歴書・卒業見込証明書・成績証明書・健康診断書(大学発行のもので可)

応募締切
2021年8月末日
応募連絡先
総務課 大谷尚弘
TEL:047-345-1112
E-mailshinmatsudo.rike.smt@ims.gr.jp

医学生の方へメッセージ

  • 研修医

当院は、大学病院や他の大病院と比較して規模は小さいですが、指導していただく先生方には教育熱心な方が多く、また、その分野ではトップクラスの臨床実績を持つ先生方もいらっしゃいます。私は、卒業後に Primary Care の勉強を重点的にするのであれば、一般病院の方が学べることが多いと考え、当院での研修を決断しました。実際、研修中に経験した症例数や手技件数は他の病院の研修医の方に比べて多いと聞きます。2年間でできることは限られていますので、より多くのことを経験できる当院での研修をお勧めいたします。

この病院の見学体験記

ブックマークを行うにはログインが必要です

気になる病院・研修プログラムはどんどんブックマークして、
あとから見返して比較したり、必要なときに行動できるようにしておこう!
このサイト上から資料請求や問合せが可能です。

まだ民間医局レジナビ会員でない方はこちら