1. TOP
  2. 研修情報を探す
  3. 社会医療法人若弘会若草第一病院 若草第一病院病院群初期臨床研修プログラム
社会医療法人若弘会若草第一病院

市中病院

社会医療法人若弘会若草第一病院

わかくさだいいちびょういん

若草第一病院病院群初期臨床研修プログラム

毎日の昼カンファ(受け持ち患者のプレゼン)
研修医室
週1の研修医カンファ
症例豊富な救急研修!
鶏肉で縫合レクチャー
研修医室

病院の早見表はこちら!

  • 指導医数(2021年度時点)

    20名

  • 初期研修医(2021年度時点)

    4名

    卒後1年次 2名

    卒後2年次 2名

  • 給与

    卒後1年次(月給/年収)
    月給 308,000円/年収 3,896,000円

    卒後2年次(月給/年収)
    月給 327,000円/年収 4,224,000円

    詳細はこちら

  • 当直回数

    1年次 4回/月
    2年次 4回/月

採用関連情報

  • 病院見学実施日

    随時

  • 採用予定人数

    2名

  • 昨年度の受験者数

    2名

  • 試験日程

    2021年8月中旬
    ※個別に日程調整も可能

この研修プログラムの特徴

地域医療の基幹病院として、一般診療、救急医療を通して、プライマリ・ケアを中心に幅広い診療能力を身につけさせ、呼吸、循環、代謝などの全身管理を習得させるとともに、チーム医療の一員としての役割を自覚し、医師としての必須の人格を涵養することを目指す。

研修病院タイプ
基幹型 協力型
URL

http://www.wakakoukai.or.jp/daiichi/

こだわりポイント

  • 手技に積極的

  • on off がハッキリ

  • 少数精鋭の研修

    マンツーマン指導!

  • 救急充実

    マンツーマン指導!

若草第一病院病院群初期臨床研修プログラム 研修スケジュール例

4月5月6月7月8月9月10月11月12月1月2月3月
1年次内科外科麻酔科救急
2年次小児科産婦人科地域医療精神科選択
  1. 1年次
  1. 4月
  2. 5月
  3. 6月
  4. 7月
  5. 8月
  6. 9月
  7. 10月
  8. 11月
  9. 12月
  10. 1月
  11. 2月
  12. 3月

内科

外科

麻酔科

救急

  1. 2年次
  1. 4月
  2. 5月
  3. 6月
  4. 7月
  5. 8月
  6. 9月
  7. 10月
  8. 11月
  9. 12月
  10. 1月
  11. 2月
  12. 3月

小児科

産婦人科

地域医療

精神科

選択

スケジュールを

*ローテーションは順不同。スケジュールは予定。
*2年次の必修科目(地域医療、産婦人科、精神科)は協力型病院および協力施設にて研修を行う。
(地域医療:坂本医院、産婦人科:関西医科大学総合医療センター、精神科:小阪病院、小児科:中野こども病院)
*選択科目:内科(呼吸器・循環器・消化器・総合内科)、小児科、麻酔科、救急科、外科、脳神経外科、整形外科
*選択期間:36週
*選択科目の際に、未研修項目を重点的に回る。

大学病院協力型コース

4月5月6月7月8月9月10月11月12月1月2月3月
1年次内科外科麻酔科救急
2年次選択大学
  1. 1年次
  1. 4月
  2. 5月
  3. 6月
  4. 7月
  5. 8月
  6. 9月
  7. 10月
  8. 11月
  9. 12月
  10. 1月
  11. 2月
  12. 3月

内科

外科

麻酔科

救急

  1. 2年次
  1. 4月
  2. 5月
  3. 6月
  4. 7月
  5. 8月
  6. 9月
  7. 10月
  8. 11月
  9. 12月
  10. 1月
  11. 2月
  12. 3月

選択

大学

スケジュールを

 
*ローテーションは順不同。スケジュールは予定。
*協力型大学病院は、大阪市立大学医学部附属病院、関西医科大学附属病院、関西医科大学総合医療センターと行う。
*大阪市立大学医学部附属病院との協力型研修は1年次のみの研修となる。
*関西医科大学附属病院・総合医療センターとの協力型研修は、最大1年間の研修となる。

研修環境について

在籍指導医(2021年度時点)
合計 20名

主な出身大学
大阪市立大学, 岩手医科大学, 信州大学, 富山大学, 大阪大学, 関西医科大学, 神戸大学, 兵庫医科大学, 愛媛大学, 福井大学, 島根大学, 自治医科大学, 富山医科薬科大学, 愛知医科大学, 奈良県立医科大学

在籍初期研修医(2021年度時点)
合計 4名

卒後1年次の初期研修医数
2名(男性 0名:女性 2名)
主な出身大学
関西医科大学, 徳島大学

卒後2年次の初期研修医数
2名(男性 2名:女性 0名)
主な出身大学
福井大学, 佐賀大学

当直体制
対応医師数
研修医 1名、研修医以外の当直医 4名
開始時期
研修開始1か月後ごろより開始

どの科にローテイトしていても基本的に全科当直(外来)とし、各科の当直医は研修医当直のsupportを必ず行う。
当直明けは基本的に13:00まで(半日勤務)となる。
カンファレンスについて
昼の内科カンファレンス(研修医のプレゼンテーション)(毎日)
研修医カンファレンス(症例検討、レクチャー)(週1回)
その他各科カンファレンスあり
協力型施設
関西医科大学総合医療センター(産婦人科)、中野こども病院(小児科)、小阪病院(精神科)、坂本医院(地域医療)
研修修了後の進路
(1)選考により、3年目以降も当院(専門科)について研修を行う。(2)大学や他病院を選択する。
関連大学医局
大阪大学, 大阪市立大学, 近畿大学, 関西医科大学, 島根大学

給与・処遇について

給与
卒後1年次(月給/年収)
月給 308,000円/年収 3,896,000円
卒後2年次(月給/年収)
月給 327,000円/年収 4,224,000円

<給与>
1年次:別途当直手当あり
2年次:別途当直手当あり
<賞与>
1年次 200,000円/年
2年次 300,000円/年
医師賠償責任保険
個人加入は任意
宿舎・住宅
なし
希望があれば病院近辺のワンルームマンションを紹介します(初期費用及び水道光熱費は自己負担)
使用料 10,000円/月
社会保険
健康保険、厚生年金保険、雇用保険、労災保険
福利厚生
白衣貸与(クリーニング無料)、1泊または日帰り旅行、食事会、院内学会など
学会補助
あり

聴講:交通費(全額支給)
発表:交通費+参加費+宿泊費(全額支給、宿泊費は1泊分のみ)
当直回数
1年次 4回/月
2年次 4回/月

当直料
1年次 5,000円/回
2年次 20,000円/回

病院見学・採用試験について

病院見学
病院見学実施日
随時
当直見学:あり
見学時交通費補助:あり

現在当院では、実際に病院に来ていただいての見学だけではなく、オンラインでの病院説明も実施しております。
臨床研修管理室長への質問や、現在当院で研修されている先生方との交流も可能ですので、ご希望の際は下記問合せへご連絡下さい。
試験・採用
試験日程
2021年8月中旬
※個別に日程調整も可能
選考方法
面接、小論文
採用予定人数
2名
昨年度の受験者数
2名
応募関連
応募書類
健康診断書(大学発行のもので可)、履歴書(当院ホームページより指定用紙をダウンロード)、成績証明書、医師免許証(取得者のみ)

応募締切
2021年7月31日消印有効
応募連絡先
医局事務課 
TEL:072-988-1428
E-mailwakakusa-ikyoku@wakakoukai.or.jp

医学生の方へメッセージ

多くの症例を経験することで幅広い知識と技能の習得ができます!

  • 院長山中 英治
  • 出身大学:関西医科大学

若草第一病院は、大規模な有名病院ではありませんので研修医の数は少ないです。一方、ER型救急センターを有する地域医療支援病院として多くの救急紹介患者を受け入れているため、頻度の高い疾患の数は非常に多く、結果として経験すべき疾患を多数経験できます。特に診断のついていない状態から診るので鑑別診断能力がつきます。診療科間の垣根はなく、多くの重症救急入院患者をICUで集学的に治療する経験が積めます。臨床医としての基本姿勢は初期研修の間に形成されます。最初に指導を受けた医師の影響は大きいものです。当院で初期研修を修了した研修医は、次にどこに行ったとしても非常に患者さんに評判が良いことが自慢です。

Common diseaseを多く経験できます!

  • 初期臨床研修医
  • 出身大学:大阪市立大学

若草第一病院は230床という臨床研修病院の中では非常に小規模な病院であること、またそれに伴って医師、研修医の数も少ないということが1つの特徴として上げられます。当然、各診療科には数名の医師しかいないということが多くなりますが、各診療科部長は熟練の指導医が務めているので、レベルの低い医療が行われているというわけではありません。我々研修医の指導医はこの診療部長となります。当院研修の特徴として、後期研修医など若手医師はほとんどいないことから、いわゆる気軽に相談できる「先輩」という存在がないことはデメリットとなりますが、その分経験豊富な指導医から直接指導いただくことができ、また、症例や手技の経験が優先的にさせてもらうことができるため、これは大変なメリットとなります。
私自身、この病院で研修できて本当によかったと思っています。1年目ではさまざまな経験をすることができ、2年目ではその経験を活かして内科初診外来や当直業務を担当し、実践を通してさらなる経験を積むことができています。
当院は救急医療(若草第一病院は二次救急です。)に力を入れているため、入院患者さんの大多数は救急外来を受診された方が占めています。そのため、一見院内はばたばたしており、「大変そう」と印象を受けられるかもしれませんし、確かに大変なときは大変です。しかし、研修医が一人で診療を行うということは決してなく、必ず指導医のバックアップを受けて診療を行います。どれだけ優秀で勤勉な研修医としても、たかだか1年や2年診療を行った研修医、必ずミスはすると思っていた方がいいです。当院は患者さんに侵襲を加える前には必ず指導医のチェックが入りますので、自分が間違った診療を行おうとしていても、適切に訂正してもらうことができます。どれだけ忙しくても、安心した研修を行うことができるというのもまた当院のひとつの特徴であるかと思います。コメディカルからのサポートも厚いため、研修医が雑務に追われるという心配もありません。
 この紹介文を見て、興味を持たれた方がいらっしゃったら、ぜひ一度見学に来てみてください。文章だけでは伝わらない当院のアットホームな雰囲気を感じ取れると思います。皆さまが見学にこられることを当院一同心よりお待ちしております。

一日の研修スケジュール例
8:00
担当患者の診察
9:00
当直医よりER患者の引き継ぎ
10:00
指導医と担当患者の回診+カンファレンス
11:30
ER:救急患者の診察
14:00
ICU回診
17:00
担当患者回診
18:00
カルテ記載など
18:30
終了

この病院の見学体験記

プログラム名を選択してください1件プログラムが登録されています
ブックマークを行うにはログインが必要です

気になる病院・研修プログラムはどんどんブックマークして、
あとから見返して比較したり、必要なときに行動できるようにしておこう!
このサイト上から資料請求や問合せが可能です。

まだ民間医局レジナビ会員でない方はこちら