1. TOP
  2. 研修情報を探す
  3. 神戸市立医療センター中央市民病院 神戸市立医療センター中央市民病院臨床研修プログラム
神戸市立医療センター中央市民病院

市中病院

神戸市立医療センター中央市民病院

こうべしりついりょうせんたーちゅうおうしみんびょういん

神戸市立医療センター中央市民病院臨床研修プログラム

下記ボタンから申し込むと、施設へ連絡が届きます。

更新日:2022/07/08

病院の早見表はこちら!

  • 指導医数(2016年度時点)

    120名

  • 初期研修医(2016年度時点)

    36名

    卒後1年次 18名

    卒後2年次 18名

  • 給与

    卒後1年次(月給/年収)
    月給 258,700円

    卒後2年次(月給/年収)
    月給 270,400円

    詳細はこちら

  • 当直回数

    1年次:5~6回/月
    2年次:3~4回/月

採用関連情報

  • 病院見学実施日

    随時

  • 採用予定人数

    15名

  • 試験日程

    2012年8月19日

この研修プログラムの特徴

 当院は約50年前から病院独自に研修医を採用し、若手医師育成に努めてきた歴史をもつ。その臨床研修の基本理念は、「若手医師に、将来の専門性にかかわらず、その時代の社会的ニーズに見合った、良質の初期研修の場を提供する。」ことである。新臨床研修制度の開始後も、プログラムの改善を行いながら、多くの優秀な若手医師を生み出し続けている。
 当院は病床数700床、年間の新入院患者約22,000人、救急外来患者数約33,000人、救急車搬入件数約8,700件という多くの症例数がある。また、スタッフ医師約190人、専攻医約120人と多くの医師が勤務している。研修期間中は、指導医と共に担当医として診療にあたり、多くの症例を経験しながら、診療の全般にわたってマンツーマンあるいはグループによる密な指導・助言をうけることができる。
 当院の研修プログラムは、初期研修医として十分な診療能力を身につけられることに加えて、将来の専門科に向けた研修も十分に行えることを目的に、以下の3つを軸にしている。
 1)救急部、総合診療科で、救急疾患、プライマリケア疾患、一般内科全般の基本的診療能力を習得する。
 2)麻酔科、集中治療部で、重症患者の全身管理を学ぶ。
 3)専門診療科で、各分野のトップレベルの教育をうける。
 多くの症例数と指導医のもと、この3本柱をバランスよく研修でき、しかも各々がトップレベルであることは、当院の初期研修の特徴である。

研修病院タイプ
基幹型
URL

http://chuo.kcho.jp/

こだわりポイント

  • 症例数が多い

  • 指導体制が充実

  • いろんな大学から集まる

  • 救急充実

標準コースA

4月5月6月7月8月9月10月11月12月1月2月3月
1年次OR内科(5科)救急部麻酔科
2年次外科総合または精神科地域医療小児科・産科精神科選択科
  1. 1年次
  1. 4月
  2. 5月
  3. 6月
  4. 7月
  5. 8月
  6. 9月
  7. 10月
  8. 11月
  9. 12月
  10. 1月
  11. 2月
  12. 3月

OR

内科(5科)

救急部

麻酔科

  1. 2年次
  1. 4月
  2. 5月
  3. 6月
  4. 7月
  5. 8月
  6. 9月
  7. 10月
  8. 11月
  9. 12月
  10. 1月
  11. 2月
  12. 3月

外科総合または精神科

地域医療

小児科・産科

精神科

選択科

スケジュールを

 
*ローテーションは順不同
*外科総合では、外科系診療科にて当院プログラムに沿った基礎手技等を学ぶ
  なお、希望者は精神・神経科に変更することも可能
*上記スケジュールはあくまで予定であり、現在調整中

標準コースB

4月5月6月7月8月9月10月11月12月1月2月3月
1年次OR総合診療科内科(2科)麻酔科救急部
2年次外科総合または精神科地域医療小児科・産科精神科選択科
  1. 1年次
  1. 4月
  2. 5月
  3. 6月
  4. 7月
  5. 8月
  6. 9月
  7. 10月
  8. 11月
  9. 12月
  10. 1月
  11. 2月
  12. 3月

OR

総合診療科

内科(2科)

麻酔科

救急部

  1. 2年次
  1. 4月
  2. 5月
  3. 6月
  4. 7月
  5. 8月
  6. 9月
  7. 10月
  8. 11月
  9. 12月
  10. 1月
  11. 2月
  12. 3月

外科総合または精神科

地域医療

小児科・産科

精神科

選択科

スケジュールを

*ローテーションは順不同
*外科総合では、外科系診療科にて当院プログラムに沿った基礎手技等を学ぶ
  なお、希望者は精神・神経科に変更することも可能
*上記スケジュールはあくまで予定であり、現在調整中

研修環境について

在籍指導医(2016年度時点)
合計 120名

在籍初期研修医(2016年度時点)
合計 36名

卒後1年次の初期研修医数
18名(男性 14名:女性 4名)
主な出身大学
群馬大学, 浜松医科大学, 名古屋大学, 岐阜大学, 京都府立医科大学, 大阪大学, 大阪医科薬科大学, 大阪市立大学, 神戸大学, 岡山大学, 高知大学

卒後2年次の初期研修医数
18名(男性 17名:女性 1名)
主な出身大学
東京大学, 滋賀医科大学, 京都大学, 大阪医科薬科大学, 大阪市立大学, 神戸大学, 兵庫医科大学, 熊本大学

在籍専攻医・後期研修医(2016年度時点)
合計 122名(男性 95名:女性 27名)

主な出身大学
旭川医科大学, 弘前大学, 山形大学, 福島県立医科大学, 群馬大学, 獨協医科大学, 昭和大学, 東京医科大学, 東京慈恵会医科大学, 東京大学, 金沢大学, 富山大学, 福井大学, 名古屋大学, 愛知医科大学, 三重大学, 岐阜大学, 滋賀医科大学, 京都大学, 京都府立医科大学, 奈良県立医科大学, 和歌山県立医科大学, 大阪大学, 大阪医科薬科大学, 大阪市立大学, 関西医科大学, 神戸大学, 岡山大学, 川崎医科大学, 広島大学, 山口大学, 鳥取大学, 島根大学, 徳島大学, 愛媛大学, 高知大学, 九州大学, 産業医科大学, 長崎大学

当直体制
対応医師数
研修医 3名、研修医以外の当直医 21名
開始時期
4月中旬

協力型施設
京丹後市立弥栄病院、神戸平成病院、公立豊岡病院組合立豊岡病院日高医療センター、公立豊岡病院組合立豊岡病院出石医療センター、公立豊岡病院組合立朝来梁瀬医療センター、公立豊岡病院組合立朝来和田山医療センター、公立香住病院、公立村岡病院、公立浜坂病院
研修修了後の進路
2015年度に当院で初期研修を修了した研修医の進路は、当院専攻医6名、他院9名となっている。

給与・処遇について

給与
卒後1年次(月給/年収)
月給 258,700円
卒後2年次(月給/年収)
月給 270,400円

<給与>
1年次:別途諸手当、賞与あり
2年次:別途諸手当、賞与あり
<賞与>
夏・冬の支給見込み額合計
1年次  約800,000円(税込)
2年次 約1,100,000円(税込)
医師賠償責任保険
病院自体の加入あり。ただし、他病院で診療する場合は、個人加入が必要。
宿舎・住宅
あり
原則として単身者用(世帯者用宿舎あり)、家賃一部補助あり
社会保険
公的医療保険・公的年金保険・雇用保険加入
学会補助
あり
当直回数
1年次:5~6回/月
2年次:3~4回/月
当直料
時間外手当で対応
休日・有給
年次休暇:20日/年、夏期休暇:5日/年

病院見学・採用試験について

病院見学
病院見学実施日
随時
当直見学:あり
見学時交通費補助:なし

各大学の3季休業期間には病院見学プログラムを実施(詳細は当院ホームページ掲載)
試験・採用
試験日程
2012年8月19日
選考方法
面接、筆記
採用予定人数
15名

■選考方法:筆記試験(医学)・面接試験
昨年度の受験者数
約60名
応募関連
応募書類
申込書・大学卒業見込証明書・成績証明書

応募締切
2022年8月上旬
応募連絡先
事務局総務課 研修医採用担当
TEL:078-302-4321
E-mailkyoikubu@kcho.jp

この病院の見学体験記

プログラム名を選択してください1件プログラムが登録されています
ブックマークを行うにはログインが必要です

気になる病院・研修プログラムはどんどんブックマークして、
あとから見返して比較したり、必要なときに行動できるようにしておこう!
このサイト上から資料請求や問合せが可能です。

まだ民間医局レジナビ会員でない方はこちら