神戸市立医療センター中央市民病院
  • 市中病院

神戸市立医療センター中央市民病院

こうべしりついりょうせんたーちゅうおうしみんびょういん

画像 見学体験記 13件
所在地
〒650-0047
兵庫県神戸市中央区港島南町2丁目1-1 大きな地図を見る
Thumb bdc60fac7d58a4ec0c1d
救急指定 病床数 医師数
アイコン3次救急 アイコン700床 アイコン310.0名
平均の患者数
外来患者1967.4名/日 入院患者638.3名/日 救急車搬送患者23.6名/日 救急外来患者91.4名/日 心肺停止状態
搬送患者
153.0名/年

矢印病院情報どこ見たらいいの?病院情報のチェックポイント

病院情報詳細

運営団体名
地方独立行政法人神戸市民病院機構
病院長
坂田 隆造
出身大学:京都大学
所在地
〒650-0047
兵庫県神戸市中央区港島南町2丁目1-1 大きな地図を見る
TEL
TEL: 078-302-4321
病院ホームページ
http://chuo.kcho.jp/アイコン
診療科情報
矢印診療科情報はこちら
主な設備
X線テレビ、アンギオ装置(6台)、MDCT、1.5テスラ超伝導MRI装置、3テスラ超伝導MRI装置、リニアック(体外照射、IMRT、呼吸同期装置)、永久刺入組織内照射、イリジウム192高線量率治療装置、PET-CT、SPECT-CT、X線骨塩測定装置、レーザーメス、CUSA、超音波凝固・切開装置、内視鏡下手術装置、人工心肺装置、ハイブリッド手術室、内視鏡手術支援ロボット(ダヴィンチ) など
学会認定・修練施設等
多数あり(詳細は当院ホームページ参照)
病院の特徴
神戸市の基幹病院としての使命を果たすため「高度医療ができる高度医療機器の整備充実」、「救急医療の充実」、「医師とコ・メディカルの教育・臨床研究の充実」を3本の柱とし、現在から将来においてもっとも進歩した医療サービスを常に提供できるような体制づくりに努めている。また、2009年度より地方独立行政法人化し、患者サービスの向上及びさらに効率的な病院経営をめざす。従来の診療科の枠、特に内科的、外科的診療の区別にとらわれず、あくまで患者中心に各科の医師が協同して診療ができるよう、臓器別、疾患別の総合診療体制を実施。各学会の専門医(認定医)の研修病院であり、各診療科において充実した臨床修練を積むことができる。

■ 診療科情報

診療科名 病床数 医師数 指導医数 平均外来患者数 平均入院患者数
一般 690床 -名 -名 -名/日 -名/日
感染症 10床 -名 -名 -名/日 -名/日
合計 700床 310.0名 120.0名 1967.4名/日 638.3名/日
<医師数>
一般・感染症合計:約310名
<指導医数>
一般・感染症合計:約120名

この病院の見学体験記みんなの見学体験記

もっと見るarrow
神戸市立医療センター中央市民病院