1. TOP
  2. 研修情報を探す
  3. 坂総合病院 坂総合病院群基礎研修プログラム概要
坂総合病院

市中病院

坂総合病院

さかそうごうびょういん

坂総合病院群基礎研修プログラム概要

下記ボタンから申し込むと、施設へ連絡が届きます。

研修医集合!
日中の救急搬入患者初療研修風景
在宅往診研修
研修風景
1年目医師の世代会旅行

病院の早見表はこちら!

  • 指導医数(2019年度時点)

    55名

  • 初期研修医(2020年度時点)

    21名

    卒後1年次 11名

    卒後2年次 10名

  • 給与

    卒後1年次(月給/年収)
    月給 400,000円

    卒後2年次(月給/年収)
    月給 420,000円

    詳細はこちら

  • 当直回数

    1年次 3回/月
    2年次 3回/月

    1年次:3~4回/月 主に21時30分~翌日8時30分の深夜当直を担当
    2年次:3~4回/月 1年目研修医が独り立ち後は、主に17時~21時30分の準夜当直を担当

採用関連情報

  • 病院見学実施日

    随時

  • 採用予定人数

    11名

  • 試験日程

    随時

この研修プログラムの特徴

救急からリハビリ・在宅往診までの継続的な医療を提供する当院の特性を生かし、初期研修においても地域密着型の研修を実施しています。50年以上に及ぶ歴史あるローテート研修では、内科に最低9カ月をあて、全員が呼吸器・循環器・消化器を3カ月ずつ研修します。さらに、地域医療の枠として、通年の訪問診療に加え、仙台市北部にある小規模病院で3カ月じっくりと地域医療の最前線で基礎力を磨きます。在宅診療(月2回半日)、内科一般外来(内科系科所属時に6カ月間週1回半日)を通年型で、さらに救急に関しても週1回半日、2年間を通して日中の救急搬入患者の初療を経験します。指導医の多くは当院での研修後に外部専門機関で専門研修を受け、共通する指導基盤と高い専門性を両立。研修専任の事務担当も配置し、充実したサポート体制を確立しています。


【研修理念】

第一線こそが医療そのものであり、医学発展の幅広い裾野を形成している。新卒医師は、第一線医療の中であらためて“臨床医”としての自己を作り上げなければならない。患者の持つ社会性・地域性をも視野に捉えながら、6年間で学んだ医学を実践的学問にしていくことが求められる。初期研修の理念として以下3点を挙げる。

・臨床医としての基本的知識・技術・素養を身に付ける。
・社会性・地域性を視野においた問題意識と感性を実体験を通して豊かにする。
・将来の自己の医師像・専攻分野の方向性をつかむ手がかりとする。


【初期研修の目標】

「基礎的総合力をつける」

“基礎的”内容
・anamnesis physical examination の力をつける
・救急の初療を広く身につける
・よくある疾患の診療ができる(診断・検査計画・検査手技・治療)
・診療記録や死亡診断書を正しく書ける
・患者とのコミュニケーションがよくできる

“総合力”の内容
・全身把握の力をつける(所見・検査データ、その他精神的・経済的・社会的影響など各種情報の把握と統合integrate する力)
・患者(家族)が療養に向かえるようmanagement の能力をつける・集団医療の中で求められる医師の役割を果たす力をつける。

研修病院タイプ
基幹型
URL

https://www.miyagi-min.com/intern/

こだわりポイント

  • 特徴あるプログラム

    循環器科・呼吸器科・消化器科・外科・地域医療を各3ヶ月、救急・小児科を各2ヶ月ずつ、産婦人科・精神科を各1ヶ月ずつローテート。同時に通年型で、月2回(半日)の在宅往診、週1回(半日)の救急搬入患者初療研修、週1回(内科系科ローテート時に半日)の内科一般外来研修を行います。

  • 手技に積極的

    各診療において研修医が前面に立ち、指導医のバックアップのもと様々な手技を経験できます。

  • 指導体制が充実

    50年以上に及ぶローテート研修の実績があり、指導医のほとんどがローテート研修修了者です。よって、指導医自身のローテート研修の経験に基づく指導がうけられます。

  • 産休育休取得者あり

    当院は、3年目以上の女性医師が26名在籍しており、うち小学生以下の子供がいる女性医師は11名おります。

坂総合病院群基礎研修プログラム

4月5月6月7月8月9月10月11月12月1月2月3月
1年次導入研修(4週)消化器科(12週)外科(12週)呼吸器科(12週)小児科(8週)
2年次循環器科(12週)産婦人科(4週)救急科(8週)精神科(4週)選択科(16週)地域医療(12週)
  1. 1年次
  1. 4月
  2. 5月
  3. 6月
  4. 7月
  5. 8月
  6. 9月
  7. 10月
  8. 11月
  9. 12月
  10. 1月
  11. 2月
  12. 3月

導入研修(4週)

消化器科(12週)

外科(12週)

呼吸器科(12週)

小児科(8週)

  1. 2年次
  1. 4月
  2. 5月
  3. 6月
  4. 7月
  5. 8月
  6. 9月
  7. 10月
  8. 11月
  9. 12月
  10. 1月
  11. 2月
  12. 3月

循環器科(12週)

産婦人科(4週)

救急科(8週)

精神科(4週)

選択科(16週)

地域医療(12週)

スケジュールを

*ローテーションは順不同
*選択科は複数項目より選択可 
*長期休暇(年末年始など)により、必修科目で定めた研修期間が確保できない場合には、選択研修の枠を利用して必要な研修期間を確保する。
*地域医療は通年の訪問診療に加え、仙台市北部にある小規模病院で3ヵ月じっくりと地域医療の最前線で基礎力を磨きます。

研修環境について

在籍指導医(2019年度時点)
合計 55名

主な出身大学
北海道大学, 弘前大学, 秋田大学, 東北大学, 山形大学, 群馬大学, 東京女子医科大学, 新潟大学, 信州大学, 富山医科薬科大学

在籍初期研修医(2020年度時点)
合計 21名

卒後1年次の初期研修医数
11名(男性 8名:女性 3名)
主な出身大学
弘前大学, 東北大学, 岩手医科大学, 順天堂大学, 東京女子医科大学, 東邦大学, 日本大学, 熊本大学

卒後2年次の初期研修医数
10名(男性 6名:女性 4名)
主な出身大学
山形大学, 愛知医科大学, 金沢大学, 北海道大学, 弘前大学, 東北大学, 近畿大学

在籍専攻医・後期研修医(2018年度時点)
合計 17名(男性 12名:女性 5名)

主な出身大学
岩手医科大学, 秋田大学, 東北大学, 山形大学, 岡山大学, 宮崎大学, 福島県立医科大学, 獨協医科大学, その他

当直体制
対応医師数
研修医 1名、研修医以外の当直医 1名
開始時期
導入研修終了後の各科配属後から見習い当直開始。

1年目研修医は、主に21時30分~翌日8時30分の深夜当直でウォークイン急患の診療を担当します。
当直は月に3~4回です。翌日の午後~翌々日の朝まではPHSフリーの当直明け保障があります。
カンファレンスについて
救急カンファ(毎月第2火曜日)、研修医会(毎週木曜日)、内科合同カンファ(毎月1~2回)、循環器カンファ(毎週木曜日)、呼吸器カンファ(毎週木曜日)、消化器カンファ(毎週水曜日)、外科カンファ(毎日朝)、POC(毎週月・木)、小児科カンファ(毎週月曜日)、産婦人科カンファ(毎週水曜日)、CPC(毎月第4火曜日)等
協力型施設
泉病院、長町病院、古川民主病院、緑ヶ丘病院、至誠堂総合病院、鶴岡協立病院、宮城県立精神医療センター、藤代健生病院、松島海岸診療所、坂総合病院付属北部診療所、坂総合クリニック、東北大学病院、桑野協立病院
研修修了後の進路
①坂総合病院にて各科後期研修(後期研修後も、同院常勤医師として引きつづき勤務が可能です)、②各大学入局、③その他 市中病院で後期研修   
関連大学医局
東北大学

給与・処遇について

給与
卒後1年次(月給/年収)
月給 400,000円
卒後2年次(月給/年収)
月給 420,000円

月給は税込です。上記給与に、当直手当(準夜当直:2年次14,972円※準夜は2年目以降に担当、深夜(21:30~):1年次28,092円、2年次28,645円 土日祝日加算有 見習い期間中は手当額が異なります。)、残業手当が加算されます。
年3回の賞与があります。
医師賠償責任保険
病院で加入
宿舎・住宅
あり
住宅補助 30,000円/月
病院で賃貸契約をします。
社会保険
健康保険、厚生年金、雇用保険、労災保険 等
福利厚生
有給休暇年20日、リフレッシュ休暇 年7日間
共済会あり、各種スポーツ大会、スキー・スノーボード・温泉ツアーあり
世代会旅行保障有り
学会補助
あり
当直回数
1年次 3回/月
2年次 3回/月

1年次:3~4回/月 主に21時30分~翌日8時30分の深夜当直を担当
2年次:3~4回/月 1年目研修医が独り立ち後は、主に17時~21時30分の準夜当直を担当
当直料
1年次 28,092円/回

準夜当直(17時~21時30分):2年次14,972円※準夜は2年目以降に担当、深夜(21時30分~翌日8時30分):1年次28,092円、2年次28,645円 土日祝日加算有 見習い期間中は手当額が異なります。
休日・有給
4週6休制。有給は年20日。リフレッシュ休暇年7日。

病院見学・採用試験について

病院見学
病院見学実施日
随時
当直見学:あり
見学時交通費補助:あり

交通費補助額は上限あり。
詳細はホームページ https://www.miyagi-min.com/intern/ 
を参照ください。
試験・採用
試験日程
随時
選考方法
面接、小論文
採用予定人数
11名

選考方法:病院実習(2泊3日程度)、面接、小論文
昨年度の受験者数
非公開とさせていただいております。
応募関連
応募書類
研修申込書(当院所定様式:申込者に郵送)・履歴書 ・健康診断書・大学卒業見込み証明書または卒業証明書または在学証明書。

応募締切
定員に達するまで随時、希望1週間前までにお申し込み下さい。
応募連絡先
宮城県民主医療機関連合会 医学生係
TEL:022-265-2601
E-mailigakusei@miyagi-min.com

医学生の方へメッセージ

主治医として診て 対応できないときは 2年目研修医や上級医の先生方に相談

  • 研修医後藤 恵
  • 出身大学:山形大学

ほどよい規模で研修医11人。診療科の壁がないことから研修先に選びました。4月末からは入院患者さん数人を受け持ち、毎日1人で診て前日より良い悪いを判断します。対応できないときは2年目の先生に相談。受け持ちが多く手が回らなくなったときは、上級医の先生がフォローしてくださって「こうした方が良かったかも」といったアドバイスも。ベテランのコメディカルの方々には何度サポートしていただいたか分からないほどです。

1年目研修医を指導しながら 自身の治療の判断基準も養っていく

  • 研修医萩原 達也
  • 出身大学:東北大学

後輩に教えることで、1年目になんとなくしていたことが2年目で着実な力となっています。また、2年目研修医として治療方針などを考える機会も多く、困ったときは指導医からのサポートがある環境です。僕はガムシャラに行く性格なので、「少し焦り過ぎ」と言われたり、2年目になり自信が付く一方で傲慢になる部分を押さえていただいたり、研修医それぞれの性格に合わせてサポートしてもらっています。

さらにメッセージを見る

医学生のみなさんへ

  • プログラム責任者渡部 潔
  • 出身大学:東北大学

当院研修の特徴は、早く現場に立ち、医師としての責任を感じてもらう点です。私も含め大半の指導医は当院の45年にも及ぶローテート研修で育っていますので、責任を持たせる重要性と、任せっきりにしない距離感もつかんでいるつもりです。私たちと一緒に、医師としての第一歩を踏み出しませんか。

この病院の見学体験記

プログラム名を選択してください1件プログラムが登録されています
ブックマークを行うにはログインが必要です

気になる病院・研修プログラムはどんどんブックマークして、
あとから見返して比較したり、必要なときに行動できるようにしておこう!
このサイト上から資料請求や問合せが可能です。

まだ民間医局レジナビ会員でない方はこちら