1. TOP
  2. 研修情報を探す
  3. JCHO 仙台病院 独立行政法人地域医療機能推進機構(JCHO) 仙台病院臨床研修プログラム
JCHO 仙台病院

市中病院

JCHO 仙台病院

じぇいこーせんだいびょういん

独立行政法人地域医療機能推進機構(JCHO) 仙台病院臨床研修プログラム

下記ボタンから申し込むと、施設へ連絡が届きます。

更新日:2021/06/13

病院の早見表はこちら!

  • 指導医数(2021年度時点)

    16名

  • 初期研修医(2021年度時点)

    9名

    卒後1年次 5名

    卒後2年次 4名

  • 給与

    卒後1年次(月給/年収)
    月給 492,640円/年収 6,800,000円

    卒後2年次(月給/年収)
    月給 513,752円/年収 7,500,000円

    詳細はこちら

  • 当直回数

    1年次 4回/月
    2年次 4回/月

    1年目5,6月は月2回程度

採用関連情報

  • 病院見学実施日

    見学の可否は随時ホームページ上で更新しています。ご確認の上、総務企画課までメールでご相談ください。

  • 採用予定人数

    8名

  • 昨年度の受験者数

    15名

  • 試験日程

    2021年9月5日(日)。都合のつかない場合は応募者との調整にて随時実施。病院見学をすでにされている方はオンラインか対面か選択可能です

この研修プログラムの特徴

当院は歴史的に腎臓領域に強みを持ち、1985年には当院の臨床データに基づきACE阻害薬が糖尿病性腎症に有益であることをNEJM誌に報告した他(Taguma et al. NEJM 1985; 313:1617-20)、現在も日本を代表する腎センター病院として機能しています。一方で2014年のJCHO(地域医療機能推進機構)への再編を機に、世界だけでなく地域も診る病院として徐々にその機能を新たにし、整形外科、移植外科、総合診療科などが互いに高めあう形で進化を続けている病院です。2021年5月の新病院移転により、JCHO仙台病院ではこれまで以上に有意義な研修機会を提供できる体制を整えました。以下にその一部をご紹介しましょう!
【多彩な疾患群を網羅する内科研修】
 常勤のホスピタリスト(病棟総合医)を有する総合診療科と、パワフルな腎センターが広範な疾患群を守備範囲として活躍しています!特に腎センターは腎単独の疾患のみならず膠原病、血管炎など一般市中病院では経験できない疾患を網羅。免疫抑制状態の患者さんも多く、感染症の分野でも深みのある研修が可能です。循環器科・消化器科ではcommon diseaseを十分に研修できますし、希望に応じて積極的な手技トレーニング(心カテ、内視鏡)に応じます。総合診療科では臨床推論や治療方針の決定にも積極的に参加。皆さんの自主性に期待しています!常勤医師のいない血液・呼吸器・神経の分野は総合診療科で網羅可能な上に東北大学からのコンサルタント医師が定期的に来院し、抜かりない診療体制を敷いています。内科専門研修(後期研修)プログラムの基幹施設でもあり、新病院を舞台に足掛け5年の広く深い内科研修も可能です!
【整形・泌尿器にも門戸を広げた外科研修】
 外科系は1年目で4か月の研修期間を確保し、外科に加え整形外科、泌尿器科どちらかを選択するスタイルをとっています。専門医制度の開始により、将来内科や一般外科を志望する人にとっては整形外科・泌尿器科は医師として経験を積めるチャンスはまさに今だけ。幅広い経験を積んでもらいたい、そんな願いを込めた選択制です。外科は一般消化器外科だけでなく、末梢血管を中心とした血管外科、そして年二十例ほどの生体腎移植が特色。2年次に自由選択で再履修すれば、習熟度により術者としての経験も考慮されます!麻酔科は2か月の必修とし、うち4週を救急研修に読み替えます。
【楽しい地域医療!ERは新病院で症例増】
 地域医療枠では、宮城県内の離島診療所を経験するするプログラムが好評です!仙台駅から片道2時間半なので、離島なのになんと日帰りで研修が可能。しかも集中滞在ではなく月2回定期出張のように出向くことで、前に見た患者さんが3か月後、6か月後どうなっているかというプライマリケアの時間軸が体感できます。その他にも往診専門クリニック、農村部の地域密着型病院、老健施設など多数有する病院グループなどで多様な医療の姿を医師として経験できます。これまで協力病院に依頼していた救急研修は、新病院移転で症例増が期待される当院ERでの研修に移行します!
【一般外来研修にいち早く対応!総合診療科外来と診療所外来のW体制】
 2020年度から必修化された一般外来研修。当院では総合診療科外来と離島診療所の外来のW体制で臨みます!総合診療科外来では指導医とマンツーマン体制で病歴聴取、身体診察、そして診断と治療のプランまで完結を目指します。外来終了後はその日に得たクリニカルクエスチョンを解決するためのエビデンス検索、そして録画を用いたコミュニケーション技法のフィードバックを予定。診療所では主に高齢者の継続外来への対処を習得しつつ、医療資源の限られた現場での判断術を体感してもらいます!
【自由度の高いプログラム!専門研修への橋渡しもサポート】
 内科外科などの必修部門も原則として内容は選択制。24週以上確保の自由選択期間ではいわゆるマイナー科や協力病院での研修(呼吸器内科・脳神経内科・脳神経外科)も選択可能です。無限の自由度を生かし、是非自分好みのプログラムを構築してください!また、初期研修はゴールではなくスタート。次なる専門研修に向けての病院見学や進路相談も、本人第一でサポートします!特定のプログラムへの強い勧誘などは一切ありません!

研修病院タイプ
基幹型
URL

http://sendai.jcho.go.jp/

こだわりポイント

  • 特徴あるプログラム

    1年目から整形・泌尿器が選択可能。地域医療で日帰り離島研修あり

  • 手技に積極的

  • 施設設備が充実

    2021年5月新築!

  • いろんな大学から集まる

    東北大の卒業生はむしろ少ない。関東圏からの入職が近年増加

JCHO仙台病院 初期臨床研修プログラム

4月5月6月7月8月9月10月11月12月1月2月3月
1年次内科(総合診療科/腎センター内科/循環器科/高血圧糖尿病内科/消化器科)から3科選択(28週)麻酔科(うち4週を救急研修に読み替え)(8週)外科系(外科2か月+整形外科/泌尿器科一方を2か月)(16週)
2年次救急部門(8週)小児科(4週)地域医療(4週)産婦人科(東北公済病院/仙台赤十字病院/東北大学病院)(4週)精神科(国見台病院/東北医科薬科医大学病院/東北福祉大学せんだんホスピタル/こだまホスピタル)(4週)外来研修(総合診療科/離島診療所)(4週)自由選択期間(24週)
  1. 1年次
  1. 4月
  2. 5月
  3. 6月
  4. 7月
  5. 8月
  6. 9月
  7. 10月
  8. 11月
  9. 12月
  10. 1月
  11. 2月
  12. 3月

内科(総合診療科/腎センター内科/循環器科/高血圧糖尿病内科/消化器科)から3科選択(28週)

麻酔科(うち4週を救急研修に読み替え)(8週)

外科系(外科2か月+整形外科/泌尿器科一方を2か月)(16週)

  1. 2年次
  1. 4月
  2. 5月
  3. 6月
  4. 7月
  5. 8月
  6. 9月
  7. 10月
  8. 11月
  9. 12月
  10. 1月
  11. 2月
  12. 3月

救急部門(8週)

小児科(4週)

地域医療(4週)

産婦人科(東北公済病院/仙台赤十字病院/東北大学病院)(4週)

精神科(国見台病院/東北医科薬科医大学病院/東北福祉大学せんだんホスピタル/こだまホスピタル)(4週)

外来研修(総合診療科/離島診療所)(4週)

自由選択期間(24週)

スケジュールを

ローテーション順は任意

研修環境について

在籍指導医(2021年度時点)
合計 16名

主な出身大学
東北大学, 山形大学, 東京慈恵会医科大学, 福井大学

在籍初期研修医(2021年度時点)
合計 9名

卒後1年次の初期研修医数
5名(男性 4名:女性 1名)
主な出身大学
岩手医科大学, 山形大学, 福島県立医科大学, 順天堂大学, 昭和大学

卒後2年次の初期研修医数
4名(男性 3名:女性 1名)
主な出身大学
山形大学, 福島県立医科大学, 東邦大学

在籍専攻医・後期研修医(2021年度時点)
合計 6名(男性 5名:女性 1名)

主な出身大学
岩手医科大学, 東北大学, 獨協医科大学

当直体制
対応医師数
研修医 1名、研修医以外の当直医 2名
開始時期
1年次5月

カンファレンスについて
各科にてカンファレンスがあり、研修医はプレゼンテーションなどを担当
研修修了後の進路
内科は基幹型の専門研修プログラムを有しています。特定の医局への強い勧誘は一切ありません。
関連大学医局
東北大学

給与・処遇について

給与
卒後1年次(月給/年収)
月給 492,640円/年収 6,800,000円
卒後2年次(月給/年収)
月給 513,752円/年収 7,500,000円

医師賠償責任保険
病院にて加入、個人加入任意
宿舎・住宅
あり
住宅補助 27,000円/月
寮はありません。住宅補助の支給があります。新病院移転後も同様です。
社会保険
健康保険組合・厚生年金
学会補助
学会、研究会などへの参加費用を内容に応じ支給します
当直回数
1年次 4回/月
2年次 4回/月

1年目5,6月は月2回程度
当直料
1年次 20,000円/回
2年次 20,000円/回

休日・有給
年間20日

病院見学・採用試験について

病院見学
病院見学実施日
見学の可否は随時ホームページ上で更新しています。ご確認の上、総務企画課までメールでご相談ください。
当直見学:なし
見学時交通費補助:あり

交通費は上限があります
試験・採用
試験日程
2021年9月5日(日)。都合のつかない場合は応募者との調整にて随時実施。病院見学をすでにされている方はオンラインか対面か選択可能です
選考方法
面接
採用予定人数
8名
昨年度の受験者数
15名
応募関連
応募書類
履歴書(様式不問、ただし顔写真必須)、共用試験(CBTおよび臨床実習前OSCE)の成績表の写し、 卒業(見込)証明書
まずはメールでお問い合わせください

応募締切
2021年8月6日書類必着
応募連絡先
総務企画課・橋本
TEL:022-275-3598(総務企画課直通)
E-mailsoumu@sendai.jcho.go.jp

この病院の見学体験記

プログラム名を選択してください1件プログラムが登録されています
ブックマークを行うにはログインが必要です

気になる病院・研修プログラムはどんどんブックマークして、
あとから見返して比較したり、必要なときに行動できるようにしておこう!
このサイト上から資料請求や問合せが可能です。

まだ民間医局レジナビ会員でない方はこちら