1. TOP
  2. 研修情報を探す
  3. 青森市民病院 青森市民病院臨床研修プログラム
青森市民病院

市中病院

青森市民病院

あおもりしみんびょういん

レジナビBook臨床研修版

青森市民病院臨床研修プログラム

下記ボタンから申し込むと、施設へ連絡が届きます。

更新日:2022/05/24

病院の早見表はこちら!

  • 指導医数(2022年度時点)

    37名

  • 初期研修医(2022年度時点)

    12名

    卒後1年次 6名

    卒後2年次 6名

  • 給与

    卒後1年次(月給/年収)
    月給 416,420円

    卒後2年次(月給/年収)
    月給 432,425円

    詳細はこちら

  • 当直回数

    1年次 4回/月
    2年次 4回/月

採用関連情報

  • 病院見学実施日

    随時

  • 採用予定人数

    10名

  • 昨年度の受験者数

    17名

  • 試験日程

    募集期間中(2022年7月から9月中旬まで)

この研修プログラムの特徴

①プライマリ・ケアに関する広範な研修ができるよう配慮し、基本的診療能力を修得しやすくしています。
②2年次の必修分野のうち地域医療及び精神科研修は、院外の協力病院・協力施設で研修することで、地域の状況に即した医療現場を体験できます。
③必修分野のほか救急研修の一環として麻酔科や整形外科を必修科目として取り入れ、到達目標が十分に達せられるよう構成するとともに、選択科研修期間も十分に確保し、基本的診療能力の修得と将来のキャリア形成に資することの双方を実現できる内容としています。
④独立した救急診療科はありませんが、年間の救急車受入件数は2,720件(2021年実績)で、救急診療の機会も豊富です。
⑤院内の教育委員会等が企画する教育プログラムにより、各種研修会・講演会を実施しています。

研修病院タイプ
基幹型 協力型
URL

http://www.city.aomori.aomori.jp/byouin/top.html

こだわりポイント

  • 症例数が多い

  • 福利厚生が充実

  • 手技に積極的

  • 指導体制が充実

青森市民病院臨床研修プログラム

4月5月6月7月8月9月10月11月12月1月2月3月
1年次内科(24週)救急(8週)外科(8週)麻酔科(4週)整形外科(4週)選択科(4週)
2年次地域医療(4週)小児科(4週)産婦人科(4週)精神科(4週)選択科(36週)
  1. 1年次
  1. 4月
  2. 5月
  3. 6月
  4. 7月
  5. 8月
  6. 9月
  7. 10月
  8. 11月
  9. 12月
  10. 1月
  11. 2月
  12. 3月

内科(24週)

救急(8週)

外科(8週)

麻酔科(4週)

整形外科(4週)

選択科(4週)

  1. 2年次
  1. 4月
  2. 5月
  3. 6月
  4. 7月
  5. 8月
  6. 9月
  7. 10月
  8. 11月
  9. 12月
  10. 1月
  11. 2月
  12. 3月

地域医療(4週)

小児科(4週)

産婦人科(4週)

精神科(4週)

選択科(36週)

スケジュールを

・上記はローテーションの参考例。
・内科研修は「糖尿病・内分泌内科」、「循環器内科」、「消化器内科」を8週ずつローテートする。
・救急研修は12週とし、うち8週をローテーションとして割り振り、残りの4週は麻酔科研修をもってこれに充てる。
・一般外来研修は4週とし、内科、外科、地域医療の研修に含むものとする。
・各研修期間は週単位で表記しているが、原則、月単位で運用している。

研修環境について

在籍指導医(2022年度時点)
合計 37名

主な出身大学
弘前大学

在籍初期研修医(2022年度時点)
合計 12名

卒後1年次の初期研修医数
6名(男性 4名:女性 2名)
主な出身大学
弘前大学

卒後2年次の初期研修医数
6名(男性 4名:女性 2名)
主な出身大学
弘前大学

協力型施設
青森県立つくしが丘病院、外ヶ浜中央病院、五戸総合病院ほか
研修修了後の進路
弘前大学医学部附属病院、県内自治体病院ほか
関連大学医局
弘前大学

給与・処遇について

給与
卒後1年次(月給/年収)
月給 416,420円
卒後2年次(月給/年収)
月給 432,425円

この他、時間外手当や宿日直手当等を実績に応じて支給
医師賠償責任保険
あり(病院賠償責任保険・勤務医賠償責任保険、保険料は当院負担)
宿舎・住宅
あり
病院周辺院所有住宅あり(入居料 月6,300円)
その他、民間住宅借上制度あり
社会保険
1年次:健康保険、厚生年金保険、雇用保険、労災保険
2年次:共済組合(健康保険・年金)、退職手当、公災制度
福利厚生
学会等への参加を奨励(旅費及び参加費は当院負担)
学会補助
あり
当直回数
1年次 4回/月
2年次 4回/月

当直料
1年次 20,000円/回
2年次 30,000円/回

休日・有給
休日:土、日、祝日(事情により休日出勤する場合もあり)
年次休暇:1年度20日(繰り越しあり、時間単位での取得も可能)
夏季休暇:4日

病院見学・採用試験について

病院見学
病院見学実施日
随時
当直見学:あり
見学時交通費補助:なし

※詳細は当院ホームページを参照
試験・採用
試験日程
募集期間中(2022年7月から9月中旬まで)
選考方法
面接、その他
採用予定人数
10名

選考方法は書類審査及び面接
昨年度の受験者数
17名
応募関連
応募書類
当院所定の用紙(臨床研修申込書・研修希望調査票・履歴書)のほか、卒業見込証明書、成績証明書

応募締切
2022年9月中旬
応募連絡先
事務局総務課 卒後臨床研修担当
TEL:017-734-2171(内線7316)
E-mailbyoin-somu@city.aomori.aomori.jp

医学生の方へメッセージ

  • 院長 兼 臨床研修管理室長(プログラム責任者)豊木 嘉一
  • 出身大学:弘前大学


 当院の研修プログラムでは、救急医療で遭遇することの多い整形外科を基本科研修に組み入れ、各科による救急疾患講義を行いプライマリ・ケア研修の領域拡大を図っています。
 また、1年次には当直業務を副直として参加するようにしています。さらに将来の専門領域選択の便を考慮して選択科研修期間を8か月と長めに設定するなどの工夫をしています。
 指導医には診療および指導意欲旺盛な中堅クラスも多く、また、高度医療に携わる専門医も多数在籍しています。プライマリ・ケアから専門性の高い診療まで幅広く実践しています。
 病院見学は随時可能です。
 意欲的な皆さんの応募を期待しています。

この病院の見学体験記

プログラム名を選択してください0件プログラムが登録されています
ブックマークを行うにはログインが必要です

気になる病院・研修プログラムはどんどんブックマークして、
あとから見返して比較したり、必要なときに行動できるようにしておこう!
このサイト上から資料請求や問合せが可能です。

まだ民間医局レジナビ会員でない方はこちら