静岡赤十字病院
  • 市中病院

静岡赤十字病院

しずおかせきじゅうじびょういん

画像 見学体験記 4件

【新専門医制度】静岡赤十字病院 内科専門研修プログラム【基幹型】 矢印他の研修プログラム

ブックマークボタン
この病院をブックマーク
矢印 見学申矢印 資料請求矢印
Image thumb 6760da73d0140d21adf5
内科一同、お待ちしております!
Image thumb 5d3447765b40e938c932
平成28年12月、新病院になりました!
Image thumb c6947fd7ed28f5f70196
カンファレンスでは内科系医師が集まります
Image thumb cd5862a4eb33bae16cfb
デパート5分圏内の好立地
■ 病院情報ここをチェック!
指導医数
(2020年度時点)
3名
在籍研修医数
(2020年度時点)
卒後3年次の在籍研修医数
1名
給与 卒後3年次(月給/年収)
月給 833,636円/年収 10,655,240円
当直回数 3回/月
■ 採用関連情報
病院見学実施日
平日随時。ご相談に応じます。
採用予定人数 7名
試験応募締切日
毎年10月末(応相談)
試験日程
毎年10月末を目安に応募を締め切り、適宜面接を行います。
お問い合わせください。

専門研修・サブスペシャルティ

診療科:内科

基幹施設/連携施設
基幹施設
連携施設
浜松赤十字病院、JA静岡厚生連静岡厚生病院、国立がん研究センター中央病院、西伊豆健育会病院

■ 診療科情報

診療科名 病床数 医師数 指導医数 平均外来患者数 平均入院患者数
内科 36床 8.0名 3.0名 83.6名/日 42.0名/日
その他の診療科情報はこちらアイコン

この研修プログラムの特徴

<一般内科>
・一般外来、救急外来(当直)で入院となった患者の受持ち医となる。
・朝夕の回診を通し、指導医のもとに主に診療を担当し、内科指導医とともに担当になる初期臨床研修医の教育を行う(屋根瓦方式)。
・1年終了時での内科認定医資格の取得を目指す。

<各専門内科>
・後期内科研修医は、専門内科部長の許可の下に専門内科の患者を担当する。
・各科における基本的知識の習得ならびにより多くの手技を経験する。

<検査>
・腹部超音波検査(または心臓超音波検査)や胃内視鏡については、できるだけ年間を通じた研修が望ましいと考えるが、個人の発展性を鑑み柔軟に対応する。(心臓カテや気管支鏡の研修希望者は、循環器科や呼吸器科の部長・指導医の了解の下、研修が考慮されます)。

詳細については、当院ホームページもご参照ください。

URL

■ こだわりポイント

  • 症例数が多い
  • 積極的に手技ができる
  • 指導体制が充実
  • 施設設備が充実

新入院カンファレンス、回診
新入院カンファレンス、回診
新入院カンファレンス、回診
新入院カンファレンス、回診
新入院カンファレンス、回診
午前
内科外来
入院診療・総合内科オンコール
入院診療
入院診療
入院診療
午後
入院診療、総合内科カンファレンス
入院診療、臓器別専門科カンファレンス
指導医との1対1カンファレンス
臓器別専門科検査(内視鏡など)、入院診療
臓器別専門科検査(内視鏡など)、臓器別専門科カンファレンス
若手医師対象セミナー月/1回
夕方
総合内科夕回診
総合内科夕回診
内科合同カンファレンス
総合内科夕回診
総合内科夕回診
※総合内科および臓器別専門内科のスケジュールにより、担当する業務の曜日、時間帯は適宜調整されます。
※連携施設群内科合同カンファレンス、講習会、CPC、学会などは各々の開催日に参加します。

研修環境について

責任者
副院長  久保田英司
責任者の出身大学
慶應義塾大学
当科病床数
36床
当科医師数
8.0名
当科平均外来患者数
83.6名/日
当科平均入院患者数
42.0名/日
在籍指導医
(2020年度時点)
3名
主な出身大学 慶應義塾大学,名古屋大学,名古屋市立大学

内科系他科を含めた内科プログラム指導医数は14名
専攻医・後期研修医
(2020年度時点)
合計 6名

卒後3年次の専攻医・後期研修医数
1名 (男性 1名:女性 0名)
主な出身大学浜松医科大学

卒後4年次の専攻医・後期研修医数
2名 (男性 2名:女性 0名)
主な出身大学浜松医科大学

卒後5年次の専攻医・後期研修医数
3名 (男性 3名:女性 0名)
主な出身大学昭和大学,浜松医科大学

カンファレンスについて
カンファレンス毎日(他科合同もあり)、内科合同カンファレンス(毎水曜日)総回診、指導/(毎日)
研修後の進路
自院、大学医局推薦
関連大学医局
慶應義塾大学,浜松医科大学

給与・処遇について

給与
卒後3年次(月給/年収)
月給 833,636円/年収 10,655,240円
卒後4年次(月給/年収)
月給 772,233円/年収 10,640,057円
卒後5年次(月給/年収)
月給 793,995円/年収 10,965,812円

期末勤勉手当4.06ヶ月を含む、当直回数等により変動あり
医師賠償責任保険
個人加入
宿舎・住宅
あり
住宅補助 28,500円/月

社会保険
あり
福利厚生
あり
学会補助
あり

当院名義で演者として参加する場合は旅費・参加費の補助あり 聴衆としての参加は年1回
当直回数
3回/月

月3回~5回程度
当直料
約37,000円~45,000円 当番日等により異なる
休日・有給
年間24日(夏休み3日を含む)

病院見学・採用試験について

病院見学
病院見学実施日
平日随時。ご相談に応じます。
当直・救急見学:あり
見学時交通費補助:あり

平日でしたらいつでも可能です。当直のご見学など、ご希望に応じて調整いたします。
上限を3万円として交通費の助成も行っております。お気軽にお問い合わせください。
試験・採用
試験日程
毎年10月末を目安に応募を締め切り、適宜面接を行います。
お問い合わせください。
選考方法
面接
採用予定人数
7名
応募関連
応募書類
後期臨床研修申込書、初期臨床研修終了見込証明書、健康診断書、医師免許証写

応募締切
毎年10月末(応相談)
応募連絡先
総務企画課 教育研修推進係 森
TEL:054-254-4311
E-mail:kensyu@shizuoka-med.jrc.or.jp

研修医の方へメッセージ

後期研修医からコメントします!
後期臨床研修医/内科A先生 出身大学 : 信州大学
初期臨床研修を2年間行った後、引き続き当院で後期研修として内科をローテートしています。
一般内科と専門内科を平行して研修しているので症例数も多く、忙しい毎日ですが充実しています。
初期研修を同じ病院で後期研修をしようと考えた理由としては、まず第一にコメディカルの方々が優秀でチーム医療が自然に実践されている点、第二に診療科間の垣根が低く、困った症例も気軽にコンサルトできる点が挙げられます。
救命救急センターがあるため、救急外来からの入院も多く症例には事かきません。
後期研修医になり救急外来では自分で入院の適応を決めるようになり、責任は重くなりましたがとてもやりがいがあります。
私は将来、消化器科志望なので、卒後3年目から上部消化管内視鏡検査や消化器外来を担当したりと研修内容も柔軟に対応できる点も当院の利点です。
1日の研修スケジュール例
7:00病棟回診
7:45内科朝のカンファレンス(前日入院患者のプレゼンテーション)
8:30外来又は、上部消化管内視鏡検査又は、病棟で診察、オーダー
13:00昼食
13:30検査 救急入院対応 ※午前中が外来又は、上部消化管内視鏡検査の日午後から病棟業務
17:00病棟回診
19:00カルテ記入、オーダー記入
指導医からのメッセージ
副院長久保田英司 出身大学 : 慶應義塾大学
写真
当院は、かねてから初期研修教育に注力してきました。
その甲斐あり、現在では各方面から高いご評価を頂き、静岡では屈指の初期研修人気施設となっています。
今後は初期研修教育で得たノウハウを生かしての後期研修教育も柱の一つとすることとなりました。
熱意ある後期研修希望者に、熱意ある指導を提供し、新たな評価を得ることを目指します。
指導医/後期研修医/初期研修医による理想的な臨床・教育システムが成立しています。研修期間内の内科認定医資格取得は、指導医の責務と考えています。
余談ではありますが、市街の中心に位置し生活の便は快適このうえありません。
積極的な学会参加を奨励します。
希望者には、当院に、常勤スタッフとして残る途も用意しています。
静岡赤十字病院
ブックマークボタン
この病院をブックマーク
矢印 見学申矢印 資料請求矢印