1. TOP
  2. 研修情報を探す
  3. 加賀市医療センター 加賀市医療センター初期臨床研修プログラム
加賀市医療センター

市中病院

加賀市医療センター

かがしいりょうせんたー

加賀市医療センター初期臨床研修プログラム

下記ボタンから申し込むと、施設へ連絡が届きます。

更新日:2021/06/25

病院の早見表はこちら!

  • 指導医数(2021年度時点)

    26名

  • 初期研修医(2021年度時点)

    5名

    卒後1年次 3名

    卒後2年次 2名

  • 給与

    卒後1年次(月給/年収)
    月給 505,000円/年収 6,940,000円

    卒後2年次(月給/年収)
    月給 515,000円/年収 7,080,000円

    詳細はこちら

  • 当直回数

    1年次 3回/月
    2年次 3回/月

    基本は、当直(17:15~翌8:30)2回と準夜当直(17:15~22:00)2回。

採用関連情報

  • 病院見学実施日

    随時

  • 採用予定人数

    3名

  • 試験日程

    【第1回】2021年8月19日(木)
    【第2回】2021年8月26日(木)※第2回は予備として設けております

この研修プログラムの特徴

本院は地域唯一の急性期病院であり、地域医療を実践研修できることを特徴とする。患者さんの心理、さらには社会的側面や家族関係なども含めて幅広く考慮しながら、個々人にあった全人的な医療、介護を提供できるように各スタッフと連携・協力し、そのための初期医療の知識や技術および対応を身につけ、地域包括ケアを実践できる人材を育成する。

研修病院タイプ
基幹型 協力型
URL

http://www.kagacityhp.jp/doctorIntern/index.html

こだわりポイント

  • 症例数が多い

    軽症から重症まで様々な症例があり、common disease の中に紛れている重症患者を漏らさずに診断する機会に恵まれている。

  • 指導体制が充実

    自らの判断で主体的に診療することを基本とし、判断に困った際には指導医に常時相談し助言を得ることができる。教育に長けた指導医のもとで、一つ一つの手技、症例にじっくり取り組む環境、大病院にないメリットを生かし、優先、集中して関わることができる。

  • 少数精鋭の研修

    3次救急病院と比較して募集する初期研修医が少数であり、1人あたりが経験できる症例は相対的に多くなる。

  • 救急充実

    救急搬送を断らない体制を実践し、時間内は総合診療科(救急科)の医師3名が、時間外や休日は内科系・外科系の医師各1名の2名体制で救急医療の強化を図っている。令和元年度に救急センターで対応した症例数は11,819件、救急搬送受入数は2,817件、1日平均7.7件を受け入れた。

加賀市医療センター初期臨床研修プログラム

4月5月6月7月8月9月10月11月12月1月2月3月
1年次内科(24週)救急(12週)麻酔科(4週)外科(4週)小児科(4週)産婦人科(4週)
2年次産婦人科精神科(4週)地域医療(4週)選択科(44週)
  1. 1年次
  1. 4月
  2. 5月
  3. 6月
  4. 7月
  5. 8月
  6. 9月
  7. 10月
  8. 11月
  9. 12月
  10. 1月
  11. 2月
  12. 3月

内科(24週)

救急(12週)

麻酔科(4週)

外科(4週)

小児科(4週)

産婦人科(4週)

  1. 2年次
  1. 4月
  2. 5月
  3. 6月
  4. 7月
  5. 8月
  6. 9月
  7. 10月
  8. 11月
  9. 12月
  10. 1月
  11. 2月
  12. 3月

産婦人科

精神科(4週)

地域医療(4週)

選択科(44週)

スケジュールを

※上記表は研修の期間を表示したものであり、実際に研修する科の順番は異なることがある。

研修環境について

在籍指導医(2021年度時点)
合計 26名

主な出身大学
筑波大学, 自治医科大学, 杏林大学, 金沢大学, 金沢医科大学, 岐阜大学, 福井大学, 藤田医科大学, 富山大学, 獨協医科大学

在籍初期研修医(2021年度時点)
合計 5名

卒後1年次の初期研修医数
3名(男性 2名:女性 1名)
主な出身大学
金沢大学

卒後2年次の初期研修医数
2名(男性 2名)
主な出身大学
金沢大学

当直体制
対応医師数
研修医 1名、研修医以外の当直医 2名

給与・処遇について

給与
卒後1年次(月給/年収)
月給 505,000円/年収 6,940,000円
卒後2年次(月給/年収)
月給 515,000円/年収 7,080,000円

<月給>基本給400,000円+当直料3回分を含む概算
<年収>月給+賞与(1年次 年額 880,000円、2年次 年額 902,000円)を含む概算
※時間外勤務手当は別途支給
医師賠償責任保険
病院において加入(個人加入は任意。費用を負担します。)
宿舎・住宅
あり
病院近隣にあり(賃貸物件)
※宿舎利用料 賃貸料の一部と光熱水費は入居者負担
社会保険
政府管掌健康保険、厚生年金保険、労災保険、雇用保険
学会補助
あり

学会・研究会等への参加には費用支給あり。(年間150,000円以内)
当直回数
1年次 3回/月
2年次 3回/月

基本は、当直(17:15~翌8:30)2回と準夜当直(17:15~22:00)2回。
当直料
当直料は時間外手当で支給
休日・有給
有給休暇 1年次15日・2年次20日、夏季休暇5日、その他特別休暇あり。

病院見学・採用試験について

病院見学
病院見学実施日
随時
見学時交通費補助:あり

申し込み方法等はホームページをご覧ください。
http://www.kagacityhp.jp/contents/medical/observation.html
試験・採用
試験日程
【第1回】2021年8月19日(木)
【第2回】2021年8月26日(木)※第2回は予備として設けております
選考方法
面接、小論文
採用予定人数
3名
応募関連
応募書類
① 臨床研修申込書(当院指定様式)
② 履歴書(市販品での提出可)
③ 卒業(見込)証明書
④小論文(「私の目指す医師像」をテーマに、800字以内、A4用紙縦置き横書きで作成)

応募締切
2021年8月6日(金)
応募連絡先
総務課 松風・山本
TEL:0761-72-1188
E-mailjinjihosp@city.kaga.lg.jp

医学生の方へメッセージ

    ・救急搬送が多く、軽症から重症まで様々な症例があり、common disease の中に紛れている重症患者を漏らさずに診断する機会に恵まれています。
    ・基幹病院となってからの年数は浅いですが、病院全体で研修に力を入れており、少人数制で、コ・メディカルも優しいです。
    ・図書や検索サイト、模型などを使用したシミュレーショントレーニングが充実しています。
    ・夏季休暇や土日などの休日がしっかりと取れます。また、近くに温泉郷が点在し、疲れを癒しながら、日本海の幸に舌鼓を打つこともできます。

    この病院の見学体験記

    プログラム名を選択してください0件プログラムが登録されています
    ブックマークを行うにはログインが必要です

    気になる病院・研修プログラムはどんどんブックマークして、
    あとから見返して比較したり、必要なときに行動できるようにしておこう!
    このサイト上から資料請求や問合せが可能です。

    まだ民間医局レジナビ会員でない方はこちら