1. TOP
  2. 研修情報を探す
  3. 順天堂大学医学部附属静岡病院 順天堂大学医学部附属静岡病院 初期臨床研修プログラム
順天堂大学医学部附属静岡病院

大学病院

順天堂大学医学部附属静岡病院

じゅんてんどうだいがくいがくぶふぞくしずおかびょういん

順天堂大学医学部附属静岡病院 初期臨床研修プログラム

研修医1年目 集合写真(入職時ヘリポートにて)
手術室研修(指導医監督の基、各研修医のやる気や能力などに応じて、オペレーターなど様々なことが経験できます)
ドクターヘリ同乗実習(救急診療科研修時(1年目:必修、2年目:選択)に実際に同乗することができます)
ICLSコース(研修医は必修項目となり、就職時オリエンテーションの際に必ず受講いただきます) 尚、受講料は病院が負担致します。
縫合トレーニング(年に数回、外科系医師に講師をご担当いただき、縫合キッドを使ったトレーニングを実施しています)
学会発表(年間約20名の研修医が発表を行っており、病院全体で指導・経済面に於いてバックアップいたします。)
レジデントアワー(研修医主催の症例発表会となっており、年間4回 定期的に開催しております) その他にも「モーニングレクチャー(月2回:各30分)」・「研修医レクチャー(月2回:各1時間)」も 定期的に開催されています。
研修医宿舎(全ての研修医に対して、宿舎・駐車場が用意してあります。家賃:20,000円、駐車代:月/2,000円、間取り:1K(8畳)、徒歩3分)
研修医室(各個人専用デスク、パソコン8台、無線LAN環境、当直室、シャワールーム完備、教育シミュレーター有り)
託児所(病院が運営している託児所があり、医師・看護師等の職員が利用をしています)
研修医追出し会(毎年開催し、職種を問わず多くの職員にご参加いただいております)
順天堂大学4基幹型病院合同研修会(順天堂医院、静岡病院、浦安病院、練馬病院の研修医が集まり合同で研修会を実施しています)

病院の早見表はこちら!

  • 指導医数(2019年度時点)

    81名

  • 初期研修医(2019年度時点)

    44名

    卒後1年次 23名

    卒後2年次 21名

  • 給与

    卒後1年次(月給/年収)
    月給 340,000円/年収 4,080,000円

    卒後2年次(月給/年収)
    月給 380,000円/年収 4,560,000円

    詳細はこちら

  • 当直回数

    1年次 4回/月
    2年次 3回/月

    月によって多少回数が前後することがあります。

採用関連情報

  • 病院見学実施日

    随時(要事前連絡)

  • 採用予定人数

    29名

  • 試験日程

    HPをご覧ください。

この研修プログラムの特徴

1.多彩で豊富な症例
 ・1次救急~3次救急患者を受け入れている
 ・研修医が多くの手技を経験できる

2.研修医が積極的に診療へ参加
 ・上級医やコメディカルとの距離感が近くコンサルトしやすい
 ・指導医監督の基、研修を行うため安全が確保されている

3.大学病院と市中病院の特徴を兼ねる
 ・多くの研修医が学会発表を行っている(年間約20名)
 ・初期・大学院併用コース可能
 ・ECFMG取得のための特別コース(順天堂国際医学教育塾)の受講が可能
 ・研修医対象の英語勉強会を週に1回開催している(希望者のみ)

4.ドクターヘリ同乗実習
 ・救急診療科研修時に同乗可能
 ・必須ではないため、希望者以外は同乗しないことも可能

5.QOLの充実
 ・忙しすぎず適度に自分の時間が確保されている
 ・当直明けの翌日は昼12時に帰宅している
 ・夏季休暇などの取得を病院として推進している

6.自由度の高いプログラム
 ・内科研修の自由度が非常に高い
 ・新専門医制度を見据えたプログラムとなっている
 ・幅広い選択期間

こだわりポイント

  • 症例数が多い

    静岡県東部地域の基幹病院となっており、common disease~三次救急・重症例まで多彩で豊富な経験ができます。

  • 手技に積極的

    日常の病棟業務や救急外来などトレーニングの場が充実しており、日々の成長を実感することができます。気官挿管・中心静脈路確保といった基礎的な手技だけでなく、研修医でも積極的であれば手術を執刀する機会も得ることが可能です。

  • 指導体制が充実

    大学で研究されてきた上級医・指導医より直接レクチャーを受ける機会が月に4回設けられ、研修プログラムの一環として優先的に受講することができます。

  • 救急充実

    研修医は月に3回程度、救急外来の当直業務があり、重症患者からWalk-inの患者まで、幅広く受け入れております。ドクターヘリや救急車で来た1分1秒を争う患者さんを相手に、指導医と共に診断を下していく実践的な臨床の場が経験できます。

順天堂大学医学部附属 初期臨床研修基本プログラム全般

初期臨床研修に求められる『救急医療を含めた幅広い一般的な臨床経験』と、『各々の指導医の専門性に裏付けられた、より深い臨床医学』が統一して学べるよう心がけています。

4月5月6月7月8月9月10月11月12月1月2月3月
1年次内科救急診療科麻酔科選択科(進路科)必修科
2年次選択科(進路科)地域医療選択科(進路科)必修科
  1. 1年次
  1. 4月
  2. 5月
  3. 6月
  4. 7月
  5. 8月
  6. 9月
  7. 10月
  8. 11月
  9. 12月
  10. 1月
  11. 2月
  12. 3月

内科

救急診療科

麻酔科

選択科(進路科)

必修科

  1. 2年次
  1. 4月
  2. 5月
  3. 6月
  4. 7月
  5. 8月
  6. 9月
  7. 10月
  8. 11月
  9. 12月
  10. 1月
  11. 2月
  12. 3月

選択科(進路科)

地域医療

選択科(進路科)

必修科

スケジュールを

・内科6ヶ月(内科全8科より6科選択し、各1ヶ月研修)
・救急診療科1ヶ月
・麻酔科2ヶ月
・必修4ヶ月(小児科・産婦人科・外科メンタルクリニックより2科目選択し各1ヶ月研修)
・地域医療1ヶ月(臨床研修協力施設にて1ヶ月研修)
・選択科11ヶ月(研修到達目標達成度や自身の進路を考慮しながら、当院全診療科及び協力型臨床研修病院より選択する)

順天堂大学医学部附属 初期臨床研修産婦人科・新生児・児科プログラム産婦人科 小児科 新生児科 

初期臨床研修に求められる救急医療を含めた幅広い一般的な臨床経験と、各々の指導医の専門性に裏付けられたより深い臨床医学が統一して学べるよう心がけています。また、小児科医としての将来のキャリアイメージをし易い環境で、基礎となる診療知識・技能を確実に修練します。

4月5月6月7月8月9月10月11月12月1月2月3月
1年次内科周産期救急診療科麻酔科必修科
2年次地域医療麻酔科選択科(進路科)必修科
  1. 1年次
  1. 4月
  2. 5月
  3. 6月
  4. 7月
  5. 8月
  6. 9月
  7. 10月
  8. 11月
  9. 12月
  10. 1月
  11. 2月
  12. 3月

内科

周産期

救急診療科

麻酔科

必修科

  1. 2年次
  1. 4月
  2. 5月
  3. 6月
  4. 7月
  5. 8月
  6. 9月
  7. 10月
  8. 11月
  9. 12月
  10. 1月
  11. 2月
  12. 3月

地域医療

麻酔科

選択科(進路科)

必修科

スケジュールを

※以下24ヶ月のうち地域医療を除く、12ヶ月は協力型臨床研修病院での研修が可能となっております。
・内科6ヶ月(内科全8科より6科選択し、各1ヶ月研修)
・救急診療科2ヶ月
・麻酔科2ヶ月
・進路科9ヶ月(産婦人科、小児科又は新生児科)
・地域医療1ヶ月(臨床研修協力施設にて1ヶ月研修)
・選択科6ヶ月(研修到達目標達成度や自身の進路を考慮しながら、当院全診療科及び協力型臨床研修病院より選択する)

研修環境について

在籍指導医(2019年度時点)
合計 81名

主な出身大学
北海道大学, 弘前大学, 岩手医科大学, 山形大学, 筑波大学, 獨協医科大学, 群馬大学, 千葉大学, 埼玉医科大学, 防衛医科大学校, 昭和大学, 東京医科大学, 東京大学, 日本医科大学, 聖マリアンナ医科大学, 東海大学, 山梨医科大学, 新潟大学, 信州大学, 大阪医科薬科大学, 近畿大学, 島根医科大学, 熊本大学, 宮崎医科大学, 鹿児島大学, 帝京大学, 東邦大学, 山梨大学, 富山大学, 宮崎大学

在籍初期研修医(2019年度時点)
合計 44名

卒後1年次の初期研修医数
23名(男性 20名:女性 3名)
主な出身大学
順天堂大学, その他, 東邦大学, 聖マリアンナ医科大学, 山梨大学, 金沢医科大学, 島根大学, 九州大学

卒後2年次の初期研修医数
21名(男性 17名:女性 4名)
主な出身大学
東京女子医科大学, 獨協医科大学, 埼玉医科大学, 順天堂大学, 富山大学

在籍専攻医・後期研修医(2019年度時点)
合計 8名(男性 6名:女性 2名)

主な出身大学
順天堂大学, 福岡大学

当直体制
対応医師数
研修医 3名、研修医以外の当直医 15名
開始時期
入職時オリエンテーション終了後

(救急外来での患者対応)
  直接来院患者 → ①救急外来看護師がトリアージ実施 →
  ②研修医が問診、診察開始 → ③研修医が担当科を決定→
  ④担当科医師へコンサルタント →
  ⑤指導医、担当科医師と共に診察
カンファレンスについて
医療保険研修会
感染対策研修会
初期臨床研修医のための臨床病理検討会(CPC)
初期臨床研修医のための学術集会(順天堂4基幹型病院合同)
初期臨床研修医・指導医のための研修会(順天堂4基幹型病院合同・1泊2日)
その他各研修科ごとのカンファレンスは、研修時に随時開催されます。
静岡病院臨床研修センター主催の勉強会として、以下のものが御座います。
【モーニングレクチャー】(毎月 第1・第2 木曜日 7:00~7:30)
 各科による症例を用い、基本的な勉強会の開催
【研修医レクチャー】(毎月 第3・第4 月曜日 18:00~19:00)
 各科長クラスによる、レポート提出症例に沿った内容のレクチャー
【救急診療科レクチャー】(毎月 第最終金曜日 18:00~19:00)
 救急診療科によるセミナー及び、研修医症例発表
【レジデントアワー】(3ヶ月に1回 第3土曜日 9:00~12:00)
  3ヶ月間で学会発表を行った研修医による症例発表+指導医による補足
協力型施設
(臨床研修協力病院)順天堂大学医学部附属順天堂医院、順天堂大学医学部附属浦安病院、順天堂大学医学部附属順天堂越谷病院、順天堂大学医学部附属順天堂東京江東高齢者医療センター、順天堂大学医学部附属練馬病院、沼津中央病院、NTT東日本伊豆病院、聖隷浜松病院、静岡県立こども病院(協力型臨床研修病院)リハビリテーション中伊豆温泉病院、中伊豆リハビリテーションセンター、長岡リハビリテーションセンター、大島医療センター、静岡リハビリテーション病院、島田総合病院、下田メディカルセンター、西伊豆健育会病院
研修修了後の進路
大学院生・シニアレジデント他
関連大学医局
順天堂大学

給与・処遇について

給与
卒後1年次(月給/年収)
月給 340,000円/年収 4,080,000円
卒後2年次(月給/年収)
月給 380,000円/年収 4,560,000円

医師賠償責任保険
医師賠償責任保険に加入します。
宿舎・住宅
あり
住宅補助 31,300円/月
宿舎 20,000円/月

※詳細についてはHPをご覧ください。

社会保険
日本私立学校振興・共済事業団の私学共済に加入します。雇用保険、労災保険適用
福利厚生
(1)休日・休暇等 (休日)日曜日、国民の祝日、大学創立記念日(5月15日)、毎月第2土曜日 年末年始(12月29日~翌1月3日) ※ただしやむを得ない時は前記に定める休日に研修を命じることがあります。 (休暇)年次有給休暇、就業規則に準じ取得することができます。 夏季特別休暇 毎年7月~10月の期間内に合計5日間取得できます。 その他の休暇(慶弔休暇 等)就業規則に準じ取得することができます。(2)健康診断 年1回(5月頃)定期健康診断を実施致します。
学会補助
あり

学会発表時に参加費・交通費・宿泊費を負担致します。
当直回数
1年次 4回/月
2年次 3回/月

月によって多少回数が前後することがあります。

病院見学・採用試験について

病院見学
病院見学実施日
随時(要事前連絡)
当直見学:あり
見学時交通費補助:あり

希望等があれば随時、ご相談ください。
試験・採用
試験日程
HPをご覧ください。
選考方法
面接、筆記
採用予定人数
29名
応募関連
応募書類
次の書類を書留郵便にて臨床研修センターへ送付して下さい。臨床研修医応募申込書(所定用紙・ダウンロード)・写真貼付(縦4センチ、横3センチ。肩から上。正装)小論文課題(所定用紙・ダウンロード)健康診断書(所定用紙・ダウンロード)卒業見込証明書又は卒業証明書成績証明書(出身大学発行のもの)CBT結果(写し)・医療系大学間共用試験実施評価機構が実施するCBT個人別成績表の写し推薦状・出身大学の教員、できれば教授(基礎・臨床は問わない)によるもの1通・その他の推薦状があれば追加提出してください。

応募連絡先
臨床研修センター:小池直樹、石橋基弘、大髙宏文
TEL:055-948-3111(代表)
E-mailshizuoka-kenshu@juntendo.ac.jp

医学生の方へメッセージ

自身のスキルアップを第一に考える方は、まずは一度病院に遊びに来てください

  • 臨床研修センター長/脳神経外科 准教授中尾 保秋
  • 出身大学:宮崎大学

順天堂大学医学部附属静岡病院は、大学病院としての機能と地域中核病院としての機能をあわせもつ病院といえます。大学病院としては教育スタッフ(大学病院の医師は教師でもあります!)の充実をはじめ、まれな疾患、市中病院では対応困難な重症例などの治療が日常的に行われ、担当医師の1人として治療に参加します。
また、研究活動も大学病院の重要な役割であり、各科で行われる研究的先端医療にも触れる機会が確保されます。同時に地域中核病院として非常に多くの症例の治療を行っておりcommon diseaseへの対応、一般救急(熱発、腹痛、切創など)から高度救命救急処置を必要とする症例、ドクターヘリ基地病院としての救急活動(希望者はヘリに同乗し指導医と現場活動を行います)まで幅広く経験できます。
「初期研修の2年間はcommon diseaseや救急を中心に基本的な考え方や処置、手技などの経験を多く積み、まずは医師としての骨組みをしっかりと構築したい。ただし同じ研修を受けるのならば少しでもレベルの高い教育指導を受けたいし、先進医療や研究活動などにも触れておきたいにも触れておきたい」という欲張り?な方にお勧めの病院ではないでしょうか。

静岡病院は伊豆半島に位置するため、都会での生活を最重視する方には残念ながらお勧めできる病院ではありません。(アウトドア派にはお勧め!)
自身のスキルアップを第一に考える方は、まずは一度病院に遊びに来てください。そして当院自慢の研修医達から直接話を聞き、彼らの仕事ぶりや日常生活を見てください。研修医の先生達は本当に仲がよく、出身大学や先輩後輩などの垣根は皆無です。もし自分の理想の研修医像に近い研修医を当院で見つけることが出来たならばぜひ当院のドアをノックしてください。2年後にはあなた自身が理想の研修医になっているはずです。

みなさん、いっしょに静岡病院で働きましょう!

  • 臨床研修副センター長/心臓血管外科 教授丹原 圭一
  • 出身大学:東京大学

みなさん、こんにちは!
順天堂静岡病院は静岡県東部の基幹病院であり、伊豆半島全域からさまざまな疾病・外傷を持った患者の方々が数多く来院するため、症例のバリエーションの豊富さにおいては日本屈指と言っても過言ではありません。病院の規模としては「大病院」に位置づけられますが、過去50年を超える病院の歴史の中で徐々に病床数を増やしてきた経緯があるため、各診療科間の壁が低いのみならずコメディカルや事務の人たちとのコミュニケーションも取りやすく、さらには上司にあたる医師にもものが言いやすいという、いわば「中小病院の良さ」を合わせ持っています。こうした静岡病院の特徴は、ここで研修生活を送る先生たちにとっても絶好の環境を提供しています。とくに、経験できる症例の豊富なバリエーションと手技の多さは順天堂グループの中でも随一であると自負しています。
臨床研修センターでは、当院での2年間の研修生活が充実したものとなるよう、研修医の先生たちをさまざまな側面から各科の垣根を越えてサポートしていくことを約束します。見学や面談などはいつでも大歓迎です。みなさん、いっしょに静岡病院で働きましょう!

さらにメッセージを見る

そんなあなたに『順天堂大学静岡病院』という選択

  • 臨床研修副センター長/整形外科 准教授最上 敦彦
  • 出身大学:順天堂大学

卒業を控えた医学生の会話:「研修先どうする?」「早くから最新・先進の医療に触れられるのは大学だよね!」「でも初期研修で大事なのは、どれだけ多くの手技や処置(手術)を実際に体験できるかでしょ!」「確かに大学だとcommon diseaseは少ないし、人も雑用も多そう・・・」「それならやっぱり民間や地域の大病院じゃない?」「でも、研修終了後もその病院にずう~といる(いられる)訳じゃないから、その先が心配だなあ」「そうなったら、大学に戻ればいいじゃん?」「う~ん、遅れてあとから出身大学に出戻り入局するのも気が引けるよね」「かといって、他大学の病院は“派閥”があるって言うし、、、」

・・・・そんなあなたに『順天堂大学静岡病院』という選択。。。

ある都心の医大卒業予定の学生の会話:「やっぱ、研修先は都心の大病院が良いよな~」「でも医師人生の最初に、都会の雑踏を離れどっぷり医療に浸かってみるのも悪くないと思う」「遠いとやっぱり不便だよ」「都心に近い地方ならOK!じゃな~い(笑)」「それで大学病院ならmore better!」「そんなところ、ある?」

・・・・・そんなきみに、『順天堂大学静岡病院』という選択。。。

静岡県東部地域・伊豆半島を支える病院として

  • 臨床研修医 代表小笠 大起
  • 出身大学:順天堂大学

当院は静岡県東部地域にある三次救急病院です。静岡県東部はもちろんのこと、ドクターヘリで神奈川県や静岡県西部からも症例が集まります。また高度医療施設であるため、他の病院からの転院搬送も多く静岡県東部地域の最後の砦となっています。一方で大学病院としての素質も持ち、common diseaseから専門性の高い疾患まであらゆる症例を経験できます。いわば、市中病院のような大学病院でありどちらの長所も兼ね備えていると思います。
もちろん研修医は即戦力。当院では都会では決して経験できない研修ができます。研修プログラムも非常に魅力的なものとなっております。

また当院は卒業大学の垣根がないことで有名です。他大卒生でも関係なく、研修医同士もすぐに仲良くなれました!アットホームな病院の雰囲気と“人好き”を引き寄せる地域性があるのかもしれませんね!

仲が良いだけでなく、上級医の研修医に対する熱意はどこにも負けていません!きちんとした指導体制が整っており、厳しすぎずゆるすぎず、研修医の意見を聞きいれ、それに対してのフィードバックがある。そのため、どんどん成長できる環境が整っていると感じています。
ぜひ一度、病院見学に起こしください!!

この病院の見学体験記

プログラム名を選択してください0件プログラムが登録されています
ブックマークを行うにはログインが必要です

気になる病院・研修プログラムはどんどんブックマークして、
あとから見返して比較したり、必要なときに行動できるようにしておこう!
このサイト上から資料請求や問合せが可能です。

まだ民間医局レジナビ会員でない方はこちら