岩手県立中部病院
  • 市中病院

岩手県立中部病院

いわてけんりつちゅうぶびょういん

画像 見学体験記 2件

岩手県立中部病院初期臨床研修プログラム

Image thumb 379118dd68d3d674439a
外来待合ホール・ブロック受付
Image thumb c99a040ada4933ffd14c
2階講堂
Image thumb fd08860c3ecddf7614ef
手術室(全8室)
Image thumb 9411c8a91b7c7a734ed4
病室(4人室)
■ 病院情報ここをチェック!
指導医数
(2020年度時点)
45名
初期研修医
(2020年度時点)
卒後1年次の初期研修医数
8名
給与 卒後1年次(月給/年収)
月給 345,000円/年収 -円
当直回数 1年次5回/月
■ 採用関連情報
病院見学実施日
随時
採用予定人数 12名
昨年度の受験者数 18名
試験日程
岩手県合同面接会:2020年8月8日
(この日に来れない方は単独面接会を開催しますので、研修事務担当にご連絡ください。)

この研修プログラムの特徴

 募集定員12名。On the Job Training(臨床現場)を主体に、多すぎないOff the Job Training(カンファランス等)の良いバランスの研修と考えています。見学だけの研修は一切無し。医療2次情報としてはUp To Date®を無料使用できます。
1医療の基本的知識・技能はもちろんのこと、2コミュニケーション能力、3誠実さ・思いやり・情熱など人間性の涵養、4問題解決能力、5自発性・積極性など能動性の向上、6リーダーシップ、そして7共に学ぶ 以上の7つを医のプロフェッショナルとしてバランス良くトレーニングします。

研修病院タイプ
基幹型 協力型
URL

■ こだわりポイント

  • 特徴あるプログラム
    総合診療科(1年次・2年次それぞれ4W)と緩和ケア科(4W)のローテーションが必須。
  • 症例数が多い
    日当直(月5回まで)だけで、500例/年は自分で経験。
  • 指導体制が充実
    指導体制の若返りと明るいムード
  • on off がハッキリ
    当直の翌日は12:15から帰宅命令。

岩手県立中部病院初期臨床研修プログラム

4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
1年次 オリエンテーション
(4週)
内科系
(24週)
総合診療科
(4週)
麻酔科
(4週)
小児科
(4週)
外科
(4週)
外科系
(4週)
2年次 外科系
(4週)
産婦人科
(4週)
緩和ケア科
(4週)
精神科
(4週)
地域医療
(4週)
総合診療科
(4週)
病理
(2週)
自由選択
(30週)
*病理の期間に地域保健含む

研修環境について

在籍指導医
(2020年度時点)
合計 45名

主な出身大学 岩手医科大学, 秋田大学, 東北大学, 山形大学, 自治医科大学

■医師数:79名
在籍初期研修医
(2020年度時点)
合計 15名

卒後1年次の初期研修医数
8名 (男性 5名:女性 3名)
主な出身大学 岩手医科大学, 聖マリアンナ医科大学

卒後2年次の初期研修医数
7名 (男性 6名:女性 1名)
主な出身大学 岩手医科大学, 秋田大学

初期15名
在籍専攻医・後期研修医
(2020年度時点)
合計 9名 (男性 7名:女性 2名)
主な出身大学 弘前大学, 岩手医科大学, 秋田大学, 自治医科大学, 日本大学, 金沢医科大学

当直体制
対応医師数
研修医 2名、研修医以外の当直医 2名
開始時期
1年目の5月~

1年次1人、2年次1人、内科系上級医1人、外科系上級医1人
カンファレンスについて
研修医カンファ(週1回)、木曜モーニングセミナー(週1回)、院内BLS講習会講師(月2回)、研修医CPC(年3回)、地域医療研修会(年2回)、各種学会発表(随時参加)
研修修了後の進路
当院にて勤務可能(正規職員として採用)。

給与・処遇について

給与
卒後1年次(月給/年収)
月給 345,000円/年収 -円
卒後2年次(月給/年収)
月給 395,000円/年収 -円

<給与>
1年次:他に宿直手当、超過勤務手当、特殊勤務手当、期末手当を実績に応じて支給。
2年次:他に宿直手当、超過勤務手当、特殊勤務手当、期末手当を実績に応じて支給。
医師賠償責任保険
病院加入
宿舎・住宅
あり
宿舎 6,290円/月

住宅詳細:2DK、冷暖房完備、バス・トイレ付き、病院より徒歩約5分(病院敷地内) ※公舎が不足の場合、近隣のアパートを準備します。(費用:1万円前後)

社会保険
全国健康保険協会管掌健康保険、厚生年金保険、労働者災害補償保険、雇用保険加入あり
福利厚生
外部研修:所属長許可により参加可能(旅費支給年額120,000円以内<参加費を含む> )
当直回数
1年次 5回/月
2年次 5回/月

当直料
1年次 10,500円/回
2年次 21,000円/回

病院見学・採用試験について

病院見学
病院見学実施日
随時
当直見学:あり
見学時交通費補助:あり

・当直見学は希望者
試験・採用
試験日程
岩手県合同面接会:2020年8月8日
(この日に来れない方は単独面接会を開催しますので、研修事務担当にご連絡ください。)
選考方法
面接,その他
採用予定人数
12名

■選考方法:面接、書類選考
昨年度の受験者数
18名

応募関連
応募書類
履歴書、成績証明書、卒業見込証明書、共用試験医学系CBT個人成績表

応募連絡先
事務局総務課 臨床研修事務担当
TEL:0197-71-1511
E-mail:chubu_rinken@pref.iwate.jp

医学生の方へメッセージ

先輩研修医
 当院の初期研修は『ちょいツラ』研修です。2年間が終わった今、当院での研修の良さを実感しています。皆さんは研修病院を選ぶとき、何をポイントにするでしょうか。有名講師がいるか、抄読会や勉強会があるか、立地、給料、研修医の数、習得できる手技の数や経験数、手術件数、診療科の種類、病床数あたりでしょうか。私は救急症例の充実と病院の雰囲気が大切と考えます。しかし、どんなに経験症例が豊富で勉強になったとしても、自主学習の時間がなかったり、ゆっくり休む時間がなければ長く続きません。逆に積極的に勉強しなければ2年間何も感じずに終わることさえあります。このように研修の満足度は、忙しさと修学の質とのバランスによって形成され、個々人によってバランスは異なるものだと思います。
たとえば私は総合診療科志望であったので、内科を中心にローテーションを組み、たすき掛け研修を利用して集中治療や慢性疾患の外来マネージメントを学びました。地域の中核病院だからこそ、医療全体の枠組み、流れを感じることができたのだと思います。海外短期研修や学会参加、岩手県全体の研修医教育セミナーをはじめ、研修内容は自由に選択可能です。自身のプライベートでも長期休暇を取らせていただいたり、資格取得も行えてとても充実した時間を送らせて頂きました。
まずは当院に見学しに来てください。そして雰囲気を感じて、少ない見学時間でも学びがあることを実感してください。たくさんの研修参加をお待ちしております。
医療研修室長
 「心が変われば態度が変わる。態度が変われば行動が変わる。行動が変われば習慣が変わる。習慣が変われば人格が変わる。人格が変われば運命が変わる。運命が変われば人生が変わる。」 野球界の故野村監督の名言です。これこそ、医のプロフェッショナリズムを身につけることに他ならないと思います。見学だけの研修は一切無し。岩手花巻・北上地区で医療の若き担い手、医のプロフェッショナルとして研修しよう!
岩手県立中部病院