1. TOP
  2. 研修情報を探す
  3. 社会医療法人 壮幸会 行田総合病院 行田総合病院初期研修医プログラム
社会医療法人 壮幸会 行田総合病院

市中病院

社会医療法人 壮幸会 行田総合病院

ぎょうだそうごうびょういん

行田総合病院初期研修医プログラム

下記ボタンから申し込むと、施設へ連絡が届きます。

病院の早見表はこちら!

  • 指導医数

    35名

  • 初期研修医(2018年度時点)

    5名

    卒後1年次 4名

    卒後2年次 1名

  • 給与

    卒後1年次(月給/年収)
    年収 7,000,000円

    卒後2年次(月給/年収)
    年収 7,500,000円

    詳細はこちら

  • 当直回数

    1年次 2回/月
    2年次 2回/月

    1・2年次:平均2回/月。希望により多くは入れます。

採用関連情報

  • 病院見学実施日

    随時行っています。

  • 採用予定人数

    4名

  • 昨年度の受験者数

    5名

この研修プログラムの特徴

特に外科系は指導医や専門医も多数在籍しているため、多角的な視点で指導を受けられます。
手術や内視鏡は件数が充実。実際に多くの手技を経験できる環境にあります。その他、内科系も各専門医が揃っています。
「身近にあって、何でも相談にのってくれる総合的な医療」”プライマリ・ケア”を経験し、身に付けることができます。
『将来何科に進もうか?』ある程度の道筋がついている方にとって、当院での研修は本当に有意義なものとなるでしょう。

また、地域医療の基幹病院として一般診療と救命救急を通して、プライマリ・ケアを中心に幅広い診療能力を身に付け、消化器をはじめとした全身管理を習得するとともに、チーム医療の一員としての役割を自覚し、医師として必須の人格を涵養することを目指します。
さらに、クリニックや老人保健施設など、法人内他施設と連携して研修内容を広め、法人全体で研修医を育成します。
また、2年次の最終ステップでは、自主的に選択科を決め、3年次以降の専門研修への橋渡しとして活用します。

研修病院タイプ
基幹型
URL

http://gyoda-hp.or.jp/

こだわりポイント

  • 手技に積極的

  • on off がハッキリ

  • 少数精鋭の研修

  • 救急充実

行田総合病院 研修スケジュール例

4月5月6月7月8月9月10月11月12月1月2月3月
1年次内科(24週必修)救急(12週必修)外科(4週必修)小児科(4週必修)精神科(4週必修)産婦人科(4週必修)
2年次地域医療(4週必修)小児科(当院)精神科小児科小児科(当院)小児科・産婦人科
  1. 1年次
  1. 4月
  2. 5月
  3. 6月
  4. 7月
  5. 8月
  6. 9月
  7. 10月
  8. 11月
  9. 12月
  10. 1月
  11. 2月
  12. 3月

内科(24週必修)

救急(12週必修)

外科(4週必修)

小児科(4週必修)

精神科(4週必修)

産婦人科(4週必修)

  1. 2年次
  1. 4月
  2. 5月
  3. 6月
  4. 7月
  5. 8月
  6. 9月
  7. 10月
  8. 11月
  9. 12月
  10. 1月
  11. 2月
  12. 3月

地域医療(4週必修)

小児科(当院)

精神科

小児科

小児科(当院)

小児科・産婦人科

スケジュールを


1年次のプログラム例について開始月は関係ありません。

●内科(24週必修)。内科研修は、呼吸器内科・循環器内科・消化器内科・一般内科をローテーションします。研修は当院で行います。4月はプライマリケア研修を行います。

●救急(12週必修)。救急研修は当院で行います。4週までは麻酔科研修でも可能です。

●外科(4週必修)。外科研修は当院で行います。

●小児科(4週必修)。小児科研修は当院か埼玉医科大学病院等で行います。

●精神科(4週必修)。精神科研修は済生会鴻巣病院で行います。

●産婦人科(4週必修)。産婦人科研修は埼玉医科大学病院で行います。


2年次のプログラムは、志す専攻科がある場合の一例です。


※年間スケジュールにつきましては2019年5月時点での「プログラム案」となります。
現在、より専門的な研修ができるように思案中ですので、お気軽にお電話又は電話にてお問い合わせ下さい。

研修環境について

在籍指導医
合計 35名

主な出身大学
秋田大学, 東北大学, 福島県立医科大学, 獨協医科大学, 自治医科大学, 群馬大学, 埼玉医科大学, 防衛医科大学校, 杏林大学, 慶應義塾大学, 順天堂大学, 昭和大学, 帝京大学, 東京医科大学, 東京慈恵会医科大学, 東京大学, 日本医科大学, 聖マリアンナ医科大学, 新潟大学, 信州大学, 金沢大学, 名古屋市立大学, 山口大学

在籍初期研修医(2018年度時点)
合計 5名

卒後1年次の初期研修医数
4名(男性 3名:女性 1名)
主な出身大学
群馬大学, 杏林大学, 東京医科歯科大学, 岐阜大学

卒後2年次の初期研修医数
1名(男性 1名:女性 0名)
主な出身大学
大分大学

在籍専攻医・後期研修医(2018年度時点)
合計 0名(男性 0名:女性 0名)

当直体制
対応医師数
研修医 1名、研修医以外の当直医 3名
開始時期
1年目4月~

当直は、内科2名の外科系1名体制です。
副直として入り、当直医師と共同して診察に入ります。
カンファレンスについて
症例検討会(毎月1回)
抄読会・症例発表を不定期で開催しています。
1年目の4月は毎朝、当直帯で入院した患者について上級医とディスカッションを行い治療方針を決めていきます。
協力型施設
行田クリニック・老人保健施設ハートフル行田・埼玉医科大学病院・埼玉医科大学国際医療センター・済生会鴻巣病院・熊谷総合病院
研修修了後の進路
3年目以降も当院(専門科)において研修を行うこともできます。
関連大学医局
獨協医科大学, 群馬大学, 埼玉医科大学, 防衛医科大学校, 帝京大学

給与・処遇について

給与
卒後1年次(月給/年収)
年収 7,000,000円
卒後2年次(月給/年収)
年収 7,500,000円

<給与>
1年次:年額7,000,000円
2年次:年額7,500,000円
医師賠償責任保険
個人にて任意加入
宿舎・住宅
あり
住宅補助 50,000円/月
毎月50000円の住宅補助があります。
引っ越し代の支給はありません。
社会保険
全国健康保険協会管掌健康保険、厚生年金保険、労災保険、雇用保険
福利厚生
保養所(提携リゾートホテル)の利用可。
保育室の利用応相談。
学会補助
応相談。
当直回数
1年次 2回/月
2年次 2回/月

1・2年次:平均2回/月。希望により多くは入れます。
当直料
給与に含む。
休日・有給
休日 日曜日、年末年始(12月31日~1月3日)。
有給休暇 1年目10日、2年目11日。

病院見学・採用試験について

病院見学
病院見学実施日
随時行っています。
当直見学:あり
見学時交通費補助:あり

病院見学は随時行っておりますので、お気軽に医師担当室までお問い合わせください。
試験・採用
選考方法
面接
採用予定人数
4名

■選考方法:書類選考・面接
昨年度の受験者数
5名
応募関連
応募書類
履歴書・卒業見込み証明書・健康診断書

応募締切
一次募集:2019年9月末 二次募集:2019年2月末
応募連絡先
医師担当室
TEL:048-552-1111
E-mailpub_info@gyoda-hp.or.jp

医学生の方へメッセージ

働きやすく積極的に手技を学べる環境

  • 研修プログラム責任者/消化器外科川原林伸昭
  • 出身大学:防衛医科大学校

当院は地域医療支援病院、災害拠点病院、がん診療指定病院、埼玉県救急搬送困難事案受入病院の指定を受けています。医局は、大学からの派遣はなく総合医局制度を敷いているため、診療科の横断的なコミュニケーションが可能でやりたい治療を実践できる環境です。
特に救急は、北部メディカルコントロール(MC)の埼玉県救急搬送困難事案受入病院に指定され、埼玉県北西部・北部の救急搬送の広域を担っているため、受け入れ件数は地域No.1(直近1年で4808件)であり多様な症例を経験することができる病院です。また、地域のかかりつけ医として感冒や各種諸症状の初期診療の体制も充実、急性期への入院から慢性期病床までケアミックス型であり完結型の医療を行っています。
     

     

地域完結型医療を見つめて。

  • 副院長・泌尿器科部長林 暁
  • 出身大学:秋田大学

当院は医療過疎地域である埼玉県北部において最大規模を誇る地域の中核を担うケアミックス型の総合病院です。地域からの信頼も厚く、紹介件数や救急搬送件数も年々増加しており、生活習慣病から貴重な手術症例などを広い範囲で経験することができます。また、「どれだけ手技を多く経験できるか?」という点については、他の研修病院と比較しても抜きん出ています。「順番がまわってこない・・・」ということもありません。あらゆる現場に積極的に参加してください。研修中以外の診療科からも勉強になる症例・検査が発生した場合にはコールされることがあり、医局・職員全体で指導を行う体制が整っています。地域の健やかな暮らしを守るための診療能力を身につけようと考えている医学生のご応募をお待ちしております。

さらにメッセージを見る

地域の健やかな暮らしを守るために。

  • 理事長/総院長/内科川嶋賢司
  • 出身大学:獨協医科大学

当院は、保険・医療・介護に渡る総合的なサービスの提供を通じて、地域社会に貢献し、その発展に寄与することを使命としています。当院で研修を積むことにより、多くの患者さまに接し、多種の症例を経験し、診療の技術・知識を高め、これからの医療の向上に努めて下さい。医療従事者として『かけがえのない命を守る』為に初心を忘れることなく、地域医療のために持てる力を存分に発揮しようと志す若い力を待っています。

この病院の見学体験記

プログラム名を選択してください1件プログラムが登録されています
ブックマークを行うにはログインが必要です

気になる病院・研修プログラムはどんどんブックマークして、
あとから見返して比較したり、必要なときに行動できるようにしておこう!
このサイト上から資料請求や問合せが可能です。

まだ民間医局レジナビ会員でない方はこちら