1. TOP
  2. 研修情報を探す
  3. 公立西知多総合病院 公立西知多総合病院臨床研修プログラム
公立西知多総合病院

市中病院

公立西知多総合病院

こうりつにしちたそうごうびょういん

公立西知多総合病院臨床研修プログラム

病院の早見表はこちら!

  • 指導医数(2020年度時点)

    33名

  • 初期研修医(2020年度時点)

    13名

    卒後1年次 7名

    卒後2年次 6名

  • 給与

    卒後1年次(月給/年収)
    年収 7,200,000円

    卒後2年次(月給/年収)
    年収 8,500,000円

    詳細はこちら

  • 当直回数

    1年次 4回/月
    2年次 4回/月

    1年次、2年次をローテーションで回しています。4回から5回になる予定です。

採用関連情報

  • 病院見学実施日

    随時

  • 採用予定人数

    7名

  • 昨年度の受験者数

    16名

  • 試験日程

    例年、8月中旬頃に3日間の予定

この研修プログラムの特徴

 当院は、知多半島医療圏の北西部地域の中核病院として、2015年に東海市民病院と知多市民病院が統合してできた急性期病院です。この地域で治療を完結できるように32の診療科を備え、特に救急医療には重点を置いています。
当院の研修プログラムでは、基本的なスキルを習得して医師としてのスタイルとプロフェッショナリズムの確立を目指します。研修医は、救急医療の最前線でファーストタッチし、軽症からCPAの患者まで幅広い診療に携わります。また、救急以外の研修では内科、外科、小児科、麻酔科など幅広いスーパーローテーション研修を行い、将来の志望科に関わらず、ジェネラルに患者が診られるような医師を目指します。
2019年度からは放射線治療センターも稼働し、また知多半島唯一の緩和ケア病棟も設置してがん診療の幅を広げてきました。がん拠点病院の取得を目指して、さらに診療体制の充実を図っております。
 専門医制度にもほとんどの診療科で対応し、3年目以降も専攻医として研修が可能です。また、臨床能力だけでなく研究のためのスキルを磨くように指導します。院内研究会、学会発表に積極的に参加してプレゼンテーションしてもらいます。そのために文献を読み、自分で考えて発表をしていただきます。

研修病院タイプ
基幹型
URL

http://www.nishichita-hp.aichi.jp/

こだわりポイント

  • 症例数が多い

  • 施設設備が充実

  • いろんな大学から集まる

  • 救急充実

研修スケジュール例

4月5月6月7月8月9月10月11月12月1月2月3月
1年次外科(6週)救急部門(2週)小児科(2週)放射線科(2週)内科(16週)選択科(2週)小児科(2週)救急部門(2週)麻酔科(6週)内科(4週)救急部門(4週)
2年次救急部門(4週)内科(8週)精神科(4週)地域医療(4週)産婦人科(4週)選択科(24週)
  1. 1年次
  1. 4月
  2. 5月
  3. 6月
  4. 7月
  5. 8月
  6. 9月
  7. 10月
  8. 11月
  9. 12月
  10. 1月
  11. 2月
  12. 3月

外科(6週)

救急部門(2週)

小児科(2週)

放射線科(2週)

内科(16週)

選択科(2週)

小児科(2週)

救急部門(2週)

麻酔科(6週)

内科(4週)

救急部門(4週)

  1. 2年次
  1. 4月
  2. 5月
  3. 6月
  4. 7月
  5. 8月
  6. 9月
  7. 10月
  8. 11月
  9. 12月
  10. 1月
  11. 2月
  12. 3月

救急部門(4週)

内科(8週)

精神科(4週)

地域医療(4週)

産婦人科(4週)

選択科(24週)

スケジュールを

*小児科は、当院の他に希望があればあいち小児保健医療総合センターでも実施可能。
*産婦人科は、半田市立半田病院または社会医療法人宏潤会大同病院で実施する。
*精神科は、特定医療法人共和会共和病院または医療法人資生会八事病院で実施する。
*地域医療は、協力施設である医療法人平病院、内科外科日比野クリニック、みわホームクリニック、医療法人清樹会知多サザンクリニック、如来山内科・外科クリニック、西知多リハビリテーション病院、安藤医院、医療法人友和会のばたクリニック、医療法人敬寿会やすい内科、クリニックひらまつで延べ4週間実施する。

研修環境について

在籍指導医(2020年度時点)
合計 33名

主な出身大学
名古屋大学, 藤田医科大学, 北海道大学, 東北大学, 自治医科大学, 群馬大学, 防衛医科大学校, 富山医科薬科大学, 福井医科大学, 名古屋市立大学, 岐阜大学, 京都府立医科大学, 島根大学, 高知大学, 産業医科大学, 弘前大学, 慶應義塾大学, 浜松医科大学, 愛知医科大学, 三重大学

在籍初期研修医(2020年度時点)
合計 13名

卒後1年次の初期研修医数
7名(男性 5名:女性 2名)
主な出身大学
愛知医科大学, 藤田医科大学, 三重大学, 高知大学

卒後2年次の初期研修医数
6名(男性 6名:女性 0名)
主な出身大学
愛知医科大学, 山形大学, 杏林大学, 浜松医科大学, 関西医科大学

やる気しかありません。
在籍専攻医・後期研修医(2020年度時点)
合計 7名(男性 7名:女性 0名)

主な出身大学
関西医科大学, 愛知医科大学, 山梨大学, 名古屋大学, 藤田医科大学, 山口大学

消化器内科、小児科、麻酔科、外科、整形外科、内分泌代謝内科(予定)の診療科で専攻医が在籍しています。
当直体制
対応医師数
研修医 2名、研修医以外の当直医 2名
開始時期
4月下旬

1年目4月中旬から見習い、6月までは2年目研修医または、上級医師が補助として途中まで1年目研修医の当直に入ります。平日17時から22時、休日13時から22時までは研修医二人体制。
カンファレンスについて
毎週月曜日:ER症例検討会
<随時開催>
外科系セミナー(結紮・縫合実習等各種実習含む)
ICLS講習会
内科症例検討会
病理カンファレンス、CPC
感染対策講演会
集中治療医学講演会

2ヶ月に1度、外部講師による「総合内科勉強会」
協力型施設
医療法人平病院、内科外科日比野クリニック、みわホームクリニック、医療法人清樹会知多サザンクリニック、如来山内科・外科クリニック、西知多リハビリテーション病院、安藤医院、医療法人友和会のばたクリニック、医療法人敬寿会やすい内科、クリニックひらまつ
研修修了後の進路
研修修了後の進路は、特に拘束しません。
関連大学医局
名古屋大学, 藤田医科大学, 名古屋市立大学, 愛知医科大学

給与・処遇について

給与
卒後1年次(月給/年収)
年収 7,200,000円
卒後2年次(月給/年収)
年収 8,500,000円

<給与>
1年次:手当含む年収 約7,200,000円
※手当:地域手当、当直手当、通勤手当、時間外勤務手当、特殊勤務手当、期末手当及び勤勉手当(手当支給額は、西知多医療厚生組合職員の給与に関する条例等の例による)
2年次:手当含む年収 約8,500,000円
※手当:地域手当、当直手当、通勤手当、時間外勤務手当、特殊勤務手当、期末手当及び勤勉手当(手当支給額は、西知多医療厚生組合職員の給与に関する条例等の例による)
医師賠償責任保険
医師賠償責任保険加入
宿舎・住宅
あり
宿舎 20,000円/月

近隣の住宅を借り上げ(一部負担あり)上限20,000円
社会保険
厚生年金・健康保険・雇用保険加入
福利厚生
健康診断年2回実施
学会補助
あり

医療研修費として年間10万円まで補助
当直回数
1年次 4回/月
2年次 4回/月

1年次、2年次をローテーションで回しています。4回から5回になる予定です。
当直料
1年次 45,000円/回
2年次 45,000円/回

当直翌日は1日休み
休日・有給
休日:当番日を除き、土、日、祝日、年末年始
有給:10日(1年目)、11日(2年目)

病院見学・採用試験について

病院見学
病院見学実施日
随時
当直見学:なし
見学時交通費補助:あり

交通費については、4年生以上に支給(上限有)
(要事前連絡)
ホームページ内、研修医募集、病院見学申込みフォームから必要事項を入力してください。
当直見学については希望があれば可能です。
試験・採用
試験日程
例年、8月中旬頃に3日間の予定
選考方法
面接、小論文
採用予定人数
7名

■選考方法:小論文(事前に提出)、面接
昨年度の受験者数
16名
応募関連
応募書類
履歴書、健康診断書、卒業(見込み)証明書、運転免許証(取得済みの場合)等、小論文(800字以内)を応募締切日までに公立西知多総合病院 管理課人事管理室へ提出してください。

応募締切
例年、8月上旬(詳細は、毎年5月頃までにホームページに最新情報を掲載します)
応募連絡先
公立西知多総合病院 管理課人事管理室
TEL:0562-33-5500
E-mailjinji@nishichita-hp.aichi.jp

医学生の方へメッセージ

  • 臨床研修責任者/外科青野 景也
  • 出身大学:名古屋大学

医学生の皆さん、こんにちは。当院は、2015年5月から新病院に移行しました。病床数も増え、知多半島北部の中核病院として稼働しています。最新の施設を備え、ハイレベルな診療を目指します。特に救急医療を重視し、ICU、救急部の充実を図ります。皆さんもいっしょに新しい病院を作っていきましょう。職員一同、心待ちにしています。まずは、ぜひ見学においでください。

  • 院長吉原 基
  • 出身大学:名古屋大学

当院は、2015年度に東海市民病院と知多市民病院が統合し、新たに開院した病院です。建物、診療内容、医療機器など、すべてが新しい環境のもとで、経験豊かな指導医がマンツーマンで研修医の教育にあたります。また、知多半島北部の災害拠点病院を担う基幹病院として、プライマリ・ケアから専門性の高い疾患までさまざまな経験を積めます。研修医の皆さんには、快適で充実した研修体制を提供し、中身の濃い研修生活となることをお約束します。

この病院の見学体験記

プログラム名を選択してください10件プログラムが登録されています
ブックマークを行うにはログインが必要です

気になる病院・研修プログラムはどんどんブックマークして、
あとから見返して比較したり、必要なときに行動できるようにしておこう!
このサイト上から資料請求や問合せが可能です。

まだ民間医局レジナビ会員でない方はこちら