公益社団法人 鹿児島共済会南風病院
  • 市中病院

公益社団法人 鹿児島共済会南風病院

なんぷうびょういん

南風病院臨床研修プログラム

Image thumb 7986620844a996684842
ロボット(da Vinci)手術の様子
Image thumb 7fed6ee104a1ee18e8fd
麻酔科研修風景
Image thumb f16ec84314711f1b644f
採血実習
Image thumb 1ec7413fc721618e3d60
エコー実習
Image thumb 670dd6cc09c8794e5d04
新入職者オリエンテーション
■ 病院情報ここをチェック!
指導医数
(2018年度時点)
19名
初期研修医
(2018年度時点)
卒後1年次の初期研修医数
1名
給与 卒後1年次(月給/年収)
月給 430,000円/年収 -円
■ 採用関連情報
病院見学実施日
病院のご見学は随時対応いたします。ご希望の診療科を研修医が丁寧にご案内致します。
当院の雰囲気を感じていただくためにも、是非お越しください!
お申込みは病院ホームページ又は、下記メールアドレスへご連絡ください。
採用予定人数 7名
試験日程
試験日【日程1】平成30年8月3日(金) 【日程2】平成30年8月10日(金) ※締め切りは各1週間前

この研修プログラムの特徴

 プライマリケアを中心に、幅広く医師として必要な基本的知識・技能はもちろんのこと、患者さま及びコメディカルとのコミュニケーションのあり方について修得することを目的としています。

内科系・外科系ともに各領域の専門医の指導のもと、救急患者を含む広い領域の疾患を体験し、医師としての基本的診療能力を身に付けることができます。当院以外の協力型臨床研修病院・研修協力施設ともに、地域における中核的な病院・施設であり、優れた指導医のもとで多くの臨床経験を積むことが可能です。最初の内科系における基本研修の後は、各診療科のローテーションの順序・研修期間を含めて、選択の幅を最大限に活用し、後期研修以降の個々人のキャリアの方向性に合わせた研修を行うことができます。また、救命処置のトレーニングとして、日本循環器学会が主催するAHA BLS、ACLSを受講しライセンスを取得します。

積極的な研修医には、どんどん手技を経験させるのが当院のスタンスですので、豊富な症例数を自分のスキルアップにつなげられるチャンスに恵まれた環境です。医療機器としてもPET/CTや手術支援ロボット「da Vinci」など最新設備が整っておりますので、地方の病院であっても最新の医療技術に触れる機会は十分に確保できます。

プログラムをサポートするものとして定期的な講義のほか、月1回の指導医と研修医を交えたミーティングをおこなっています。ミーティングでは、臨床研修の環境向上を目的として、プログラム責任者、研修実施責任者と研修医全員、臨床研修担当事務職員が参加して、研修上の課題や要望等について意見のやり取りをしています。講義は1週間に1?2回を目安に、研修医から要望のあったテーマに対して、当院に勤務する医師が講義をおこなっています。 研修医からの要望に基づいて実施しており、双方向での講義が実現しています。また、月2回の研修症例カンファレンスもおこなっており、経験の共有化を図っています。
 
患者さまや家族の意向を十分に聞きながら、的確な診療とケアができる医師になれるよう、指導する立場の医師やコメディカルも熱心に取り組んでいます。「南風病院で研修して良かった」と感じてもらえるよう、研修の仕組みをさらに充実させるとともに、患者さまの生活全体を視野に入れた医療が提供できるように育って欲しいと考えています。

研修病院タイプ
基幹型
URL

■ こだわりポイント

  • 特徴あるプログラム
    必修科目を出来るだけ1年次に履修し、2年次プログラムの自由度を高めています。初期研修終了後のビジョンに合わせて、2年次のプログラム作成が可能です。
  • 症例数が多い
    特に消化器内科および外科・整形外科領域について、検査および手術件数は九州でも上位の症例数を誇っています。また程よい研修医数ですので、一人当たりの症例数も十分確保可能です。
  • 手技に積極的
    積極的に研修へ取り組んで頂ければ、どんどん手技を経験させるのが当院のスタンスです。どんどんアピールして下さい!
  • 施設設備が充実
    医療設備としてはPET/CTやda Vinciなどの最新設備が充実しています。福利厚生としては病院食堂・カフェ・職員寮・託児所などがあります。

南風病院臨床研修プログラム

4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
1年次 内科 選択必修 選択 救急
2年次 地域医療 選択
1、2年通年で救急部門(当直)あり

研修環境について

在籍指導医
(2018年度時点)
合計 19名

主な出身大学 鹿児島大学

指導医養成講習会を受講している指導医数です。
在籍初期研修医
(2018年度時点)
合計 10名

卒後1年次の初期研修医数
1名 (男性 1名:女性 0名)
主な出身大学 鹿児島大学

卒後2年次の初期研修医数
9名 (男性 5名:女性 4名)
主な出身大学 帝京大学, 関西医科大学, 久留米大学, 産業医科大学, 佐賀大学, 鹿児島大学

当直体制
対応医師数
研修医 2名、研修医以外の当直医 2名
開始時期
おおよそ5月ゴールデンウィーク明けから開始します。

一般当直:1名、消化器内科当直:1名、その他に研修医当直:1~2名
カンファレンスについて
各診療科にて定期的にカンファレンスを実施しています。
また、がんを主な対象とした複数の診療科でのカンファレンスを、週1回おこなっています。また、研修医症例カンファレンスを月2回行っており、研修医間で経験の共有を図っています。
研修修了後の進路
当院各診療科での後期研修(内科学会認定医取得のための1年間の内科系の希望する診療科のローテーションも可)のほか、大学院進学・大学医局入局や他病院への異動も可能。

給与・処遇について

給与
卒後1年次(月給/年収)
月給 430,000円/年収 -円
卒後2年次(月給/年収)
月給 450,000円/年収 -円

<賞与>
年2回(夏季、冬季)支給
夏季、冬季ともに200,000円(税込)
医師賠償責任保険
個人加入は任意
宿舎・住宅
なし

宿舎はございませんが、新卒者の方で賃貸住宅に入居する方については、
2年間、月20,000円の住居手当を支給いたします。

社会保険
厚生年金、健康保険、雇用保険、労災保険
学会補助

当院規定の範囲内で学会参加等の補助を行います。
当直回数
2~3回/月

病院見学・採用試験について

病院見学
病院見学実施日
病院のご見学は随時対応いたします。ご希望の診療科を研修医が丁寧にご案内致します。
当院の雰囲気を感じていただくためにも、是非お越しください!
お申込みは病院ホームページ又は、下記メールアドレスへご連絡ください。

県外よりお越しの場合には、交通費および宿泊費を規定の範囲内にて支給させて頂きます。※詳細はお問い合わせください。
試験・採用
試験日程
試験日【日程1】平成30年8月3日(金) 【日程2】平成30年8月10日(金) ※締め切りは各1週間前
選考方法
面接
採用予定人数
7名

■選考方法:面接
応募関連
応募書類
郵送にて、履歴書(様式は任意)、卒業見込証明書(既卒者は卒業証明書)、成績証明書を応募連絡先へご郵送ください。

応募連絡先
人事課:渡邉/近藤
TEL:099-226-9111
E-mail:recruit@nanpuh.or.jp

医学生の方へメッセージ

地域の急性期医療を担うとともに開業医と連携した地域医療も
院長福永 秀敏 出身大学 : 鹿児島大学
南風病院は地域の中核病院として急性期医療を担い、開業医の先生方からの紹介患者さまや地域の患者さまに対する専門的な手術、検査、治療をおこなっています。また、地域医療支援病院として、地域の在宅医療を担う先生方の支援もさせていただいています。当院関連施設として医療依存度の高い在宅医療をおこなう「訪問看護ステーションみなみ風」を設けるなど、地域の先生方と連携しながら地域医療にも力を入れています。当院は2005年度に臨床研修指定病院となりました。研修医には、専門性の高い医療を学ぶと同時に、急性期病院の地域での役割と重要性、医療のあるべき姿を学んでほしいと思っています。研修医の方々が満足できる、より良い臨床研修の場を提供すべく改善をつづけています。
研修医
卒業後は鹿児島での研修を考えていました。鹿児島県内の臨床研修病院をいろいろ見学しましたが、中でも南風病院での実習が強く印象に残りました。先生方に丁寧に教えていただいたことや、1年次の研修医の先生方が伸び伸びと研修されている姿を見て、自分もここで研修してみようと思いました。自分の将来進む診療科は、はっきりと決めていませんが内科系に進もうと考えています。当院での研修では、多くの診療科を回って様々なことを積極的に学んでいきたいと思います。少しでも多くのことを身につけたいですが、特に救急時や急変時に慌てず適切な処置ができるようになることを目標にがんばっています。
公益社団法人 鹿児島共済会南風病院