1. TOP
  2. 研修情報を探す
  3. 公益財団法人大原記念倉敷中央医療機構倉敷中央病院 倉敷中央病院 ジュニアレジデント研修プログラム
公益財団法人大原記念倉敷中央医療機構倉敷中央病院

市中病院

公益財団法人大原記念倉敷中央医療機構倉敷中央病院

くらしきちゅうおうびょういん

倉敷中央病院 ジュニアレジデント研修プログラム

下記ボタンから申し込むと、施設へ連絡が届きます。

更新日:2022/06/06

外観
救命救急センター
図書室
ジュニアレジデント 集合写真

病院の早見表はこちら!

  • 指導医数(2020年度時点)

    112名

  • 初期研修医(2020年度時点)

    58名

    卒後1年次 29名

    卒後2年次 29名

  • 給与

    卒後1年次(月給/年収)
    月給 290,000円

    卒後2年次(月給/年収)
    月給 331,000円

    詳細はこちら

  • 当直回数

    月4回程度(準夜/深夜 交代勤務制)

採用関連情報

  • 病院見学実施日

    夏季実習期間:2021年7月5日(月)~8月31日(火)
    ※お申込みは必ず当院ホームページよりお願いいたします。
    レジナビよりお申込み頂きましても対応致しかねる場合がございます。
    https://www.kchnet.or.jp/resident/
    ※上記期間以外の実習についてはホームページをご確認下さい。

  • 採用予定人数

    32名

  • 昨年度の受験者数

    81名

  • 試験日程

    2021年8月7日(土)または8月21日(土)
    ※ご希望の試験日がある場合は、申込書の本人希望記入欄に明記してください。

この研修プログラムの特徴

当院のプログラムは厚生労働省の提示した「臨床研修の到達目標」に加えて、「地域社会に貢献できる専門医をめざす基礎的臨床能力を養うこと」を目標とし、専門研修につながる研修を実現しています。キャリアプランにあわせ放射線科や病理診断科、リハビリなどの横断的な診療部門での研修も盛んです。

コースは3つを設定しています。
■総合コース(定員27名):内科系、外科系を問わず、2年間ローテーションを行ないます。幅広く研修することも、希望する専門医資格に合ったローテーションを組むことも可能です。
■小児科コース(定員3名):将来小児科医を目指すコースです。
■産婦人科コース(定員2名):将来産婦人科医を目指すコースです。
※小児科コースと産婦人科コース希望者に関しては、総合コースとの併願可能です。併願する場合には、必ず、総合コースの順位を「下位」にして下さい。

研修病院タイプ
基幹型
URL

http://www.kchnet.or.jp/resident/

こだわりポイント

  • 症例数が多い

  • 指導体制が充実

  • いろんな大学から集まる

  • 救急充実

総合コース

4月5月6月7月8月9月10月11月12月1月2月3月
1年次内科研修救急麻酔外科小児
2年次選択研修産婦精神地域救急研修
  1. 1年次
  1. 4月
  2. 5月
  3. 6月
  4. 7月
  5. 8月
  6. 9月
  7. 10月
  8. 11月
  9. 12月
  10. 1月
  11. 2月
  12. 3月

内科研修

救急

麻酔

外科

小児

  1. 2年次
  1. 4月
  2. 5月
  3. 6月
  4. 7月
  5. 8月
  6. 9月
  7. 10月
  8. 11月
  9. 12月
  10. 1月
  11. 2月
  12. 3月

選択研修

産婦

精神

地域

救急研修

スケジュールを

小児科コース

4月5月6月7月8月9月10月11月12月1月2月3月
1年次小児外科救急麻酔内科研修
2年次小児産婦精神地域救急研修選択研修
  1. 1年次
  1. 4月
  2. 5月
  3. 6月
  4. 7月
  5. 8月
  6. 9月
  7. 10月
  8. 11月
  9. 12月
  10. 1月
  11. 2月
  12. 3月

小児

外科

救急

麻酔

内科研修

  1. 2年次
  1. 4月
  2. 5月
  3. 6月
  4. 7月
  5. 8月
  6. 9月
  7. 10月
  8. 11月
  9. 12月
  10. 1月
  11. 2月
  12. 3月

小児

産婦

精神

地域

救急研修

選択研修

スケジュールを

産婦人科コース

4月5月6月7月8月9月10月11月12月1月2月3月
1年次内科研修小児外科内科研修麻酔救急
2年次産婦救急研修産婦精神地域選択研修
  1. 1年次
  1. 4月
  2. 5月
  3. 6月
  4. 7月
  5. 8月
  6. 9月
  7. 10月
  8. 11月
  9. 12月
  10. 1月
  11. 2月
  12. 3月

内科研修

小児

外科

内科研修

麻酔

救急

  1. 2年次
  1. 4月
  2. 5月
  3. 6月
  4. 7月
  5. 8月
  6. 9月
  7. 10月
  8. 11月
  9. 12月
  10. 1月
  11. 2月
  12. 3月

産婦

救急研修

産婦

精神

地域

選択研修

スケジュールを

※これは原則となるパターンの一例であり、実際のマッチング結果や研修医の希望、各科の事情などにより調整いたします。

研修環境について

在籍指導医(2020年度時点)
合計 112名

在籍初期研修医(2020年度時点)
合計 58名

卒後1年次の初期研修医数
29名(男性 25名:女性 5名)
主な出身大学
昭和大学, 聖マリアンナ医科大学, 山梨大学, 金沢大学, 浜松医科大学, 京都大学, 関西医科大学, 神戸大学, 兵庫医科大学, 岡山大学, 広島大学, 山口大学, 香川大学, 徳島大学, 高知大学, 福岡大学, 熊本大学

卒後2年次の初期研修医数
29名(男性 21名:女性 8名)
主な出身大学
札幌医科大学, 獨協医科大学, 信州大学, 金沢大学, 福井大学, 名古屋大学, 名古屋市立大学, 岐阜大学, 滋賀医科大学, 京都大学, 大阪医科薬科大学, 兵庫医科大学, 岡山大学, 山口大学, 鳥取大学, 香川大学, 徳島大学, 九州大学, 産業医科大学

在籍専攻医・後期研修医(2021年度時点)
合計 137名(男性 98名:女性 39名)

カンファレンスについて
■各科:抄読会、モーニングカンファレンス等あり

■医師教育研修部:毎週水曜日17:00~ 医師教育研修部によるセミナー・勉強会を定期開催。
        ※いずれも、研修医の参加は義務付けられ、当直等は外されています。
 例:①シニアレクチャー:シニアレジデントがジュニア向けにレクチャーを行う
    (グラム染色の方法、小児の救急対応(発熱編)など)
   ②救急症例検討会:救急研修中のジュニアレジデントが、自分の経験した症例を元に発表を行う
    (腹痛の見方 無痛性の心筋梗塞 感染性心内膜炎など)
   ③CPC:ジュニアレジデントが決められた症例を元に発表を行う
   ④総合評価会:2ヶ月に1回、ジュニアレジデントと指導医が、相互に研修のフィードバックを行う
   ⑤指導医によるレクチャー:ジュニアレジデントの希望の指導医・内容によりレクチャーを行う
    (抗菌薬について、CTの見方など)
研修修了後の進路
研修終了後、当院の専攻医に応募する場合が多いですが、他院専攻医や大学院への進学などを選択する人もいます。関連する大学や医療機関は広くあるので、本人の希望と能力、評価に応じた進路を提案しています。
関連大学医局
研修医出身大学と同様に、多くの大学と関連があります

給与・処遇について

給与
卒後1年次(月給/年収)
月給 290,000円
卒後2年次(月給/年収)
月給 331,000円

<賞与>
1年目:447,300円
2年目:922,100円

※月給・賞与ともに2020年実績
医師賠償責任保険
加入
宿舎・住宅
あり
※賃貸の場合 住宅手当(28,400円/月)を支給する
※レジデント寮としてワンルームマンション(約35㎡) あり(単身者用)
社会保険
健康保険、厚生年金保険、雇用保険、労災保険
福利厚生
■職員専用施設の充実:図書室(医療専門書・ビデオが約500種類、24時間利用可能)、レストラン(病棟最上階 250席)、カフェ、院内保育園 等あり
■職員による部活動が盛ん:文化部13(書道部、華道部、英会話部)、運動部17(ラグビー部、水泳部、フットサル部)等あり
■イベント:職員福利厚生組織「院友会」による全職員向けのお花見、地域のお祭りへの参加、忘年会、ビアガーデン、運動会、スキー(バス旅行)等あり
■そのほか:当院での診療費補助制度、保養所施設利用助成等あり
      産育休取得率100%・産育休復帰率100%
学会補助
あり

卒後1年次:発表する場合は出張扱い・旅費支給あり(回数上限あり)
卒後2年次:出張扱い・旅費支給あり(回数上限あり)
当直回数
月4回程度(準夜/深夜 交代勤務制)
休日・有給
4週8休制、祝祭日(病院が稼働日とする日は除く)、年末年始、夏季休暇、年次有給休暇、特別休暇、忌引休暇など

病院見学・採用試験について

病院見学
病院見学実施日
夏季実習期間:2021年7月5日(月)~8月31日(火)
※お申込みは必ず当院ホームページよりお願いいたします。
レジナビよりお申込み頂きましても対応致しかねる場合がございます。
https://www.kchnet.or.jp/resident/
※上記期間以外の実習についてはホームページをご確認下さい。
見学時交通費補助:なし

夏季実習期間はオリエンテーション(当院の紹介、教育研修部長・研修医との懇談)があります。
夏季実習期間外はオリエンテーション及び合同懇親会はございませんが、期間外実習として対応させて頂きます。
※応募・詳細につきましては当院ホームページをご覧ください。
試験・採用
試験日程
2021年8月7日(土)または8月21日(土)
※ご希望の試験日がある場合は、申込書の本人希望記入欄に明記してください。
採用予定人数
32名

■選考方法:事前課題(記述、プレゼンテーション)、面接
※詳細は、当院ホームページをご覧ください。
昨年度の受験者数
81名
応募関連
応募書類
1)申込書(写真貼付(縦3.6cm×横2.5cm))
2)大学卒業見込証明書または成績証明書
3)健康診断書(大学で行われた健診が1年以内であれば転用可)
  ※一般的な健診診断内容で問題ございません。
4)事前課題   

応募締切
2021年7月16日(金)
応募連絡先
人材開発課 平田・影本
TEL:086-422-0210
E-mailkensyu@kchnet.or.jp

医学生の方へメッセージ

  • 研修プログラム責任者 総合診療科主任部長福岡 敏雄
  • 出身大学:大阪大学

倉敷中央病院は、日本でも有数の規模を持つ臨床本位の病院です。キャリアプランに合わせた4つのコースによる研修を行なってきました。当院の研修教育の理念は、医療の基本的な心構えを身につけ、どのような医療環境にも柔軟に対応できるすぐれた臨床医の育成にあります。今回の見直しにあわせて、より多くの部門での横断的な研修を可能にし、2年間の研修中の集合教育や救急研修などをさらに充実するよう計画しています。教育経験の豊富な指導医と100名を超える後期研修医が、プライマリ・ケア、全人的医療を中心として集中医療、救急医療を含む広汎な基礎的訓練から専門的な指導まで、man to manのキメの細かい指導を実践しています。さらに、新病棟や研修医ルームの拡充が予定され、研修の環境は充実しています。「倉敷」という自然環境とともに、この職場環境、教育環境は皆さんにとって初めての医療研修にふさわしいものと自負しています。 当院における研修は、皆さんが広い視野を持って、将来の進路を決定する際に必ず役立つものと確信しています。当院は人材の多様性を重視しています。多くの大学から、熱意と意欲に満ち、真に患者中心の医療を志向する皆さんの応募をお待ちしています。

  • 初期研修医2年目長濱 俊介
  • 出身大学:京都大学

初期研修医1年目の長濱と申します。倉敷中央病院の魅力はcommon diseaseから専門性の高い疾患や重症疾患まで幅広く学べる点です。救急外来では軽い怪我をした人の処置をすることもあれば意識障害や血圧低下がありバイタルが大きく変動する方の全身管理まで幅広く診察できます。また救急科の専門医の先生とともに診療するため、一から丁寧に系統だった診療を学べる点も非常に魅力的です。診療後のfeedbackも充実しており次に活かせる経験や知識を得ることが可能です。さらには、インターネット環境・文献検索ツール・教科書など自身の疑問を即座に解決できる環境も多数そろっており研修環境として非常に恵まれております。
同期が多いのも特徴です。現在同期は29人で全国から集まってきています。人数が多いため一人ひとりの負担は少なく、皆で助け合うことができます。当番に関しても夜勤は月1回程度であり生活リズムが大きく崩れることはありません。これは同期が多いからこそ組めるシフトです。また自分が回っていない科の知識など不足している点を、お互いの経験を共有しながら高め合えるのも同期が多いメリットだと感じています。勉強会も定期的に開催しており他者から知識を得るだけでなく自分が学んだ知識を発信し、より理解を深めることもできます。
この1年間実際に働いてみて倉敷中央病院での研修に非常に満足しています。自分自身の希望の研修スタイルに合うよう上級医をはじめ周りのスタッフの方々が手厚くサポートしてくださいます。
もし少しでも当院に興味がありましたら一度見学に来てください。研修医含め医師が多数おりますので自分に合った働き方をされている方がいるのではないでしょうか。ぜひ参考にしてみてください。皆さんにお会いできる日を楽しみにしております。

さらにメッセージを見る

  • 初期研修医2年目松﨑 香子
  • 出身大学:京都大学

この病院で研修をはじめて、ちょうど1年が終わろうとしているところです。初期研修をどのような病院で行うか悩んでいる方に向けて、当院の紹介と、私がこの病院を選んだ理由、そして働き始めてから発見した利点を紹介させていただきます。
当院は、大学病院に劣らないほどの病床数、患者数を誇り、市中病院としては最大規模なのではと思っております。各診療科も揃っており、専門性の高い最先端の治療から、市中病院らしいコモンな疾患まで幅広く診療できることが魅力です。指導医の数も多く、手厚い指導を受けながら恵まれた環境で日々研修することができます。
私がこの病院を選んだ理由は、病院全体の雰囲気がとても明るかったからです。主体的に診療できるような研修がしたい、侵襲的処置を積極的に行いたい、など各々重視する点は異なると思いますが、私はどの病院で研修をするにしても結局は自分次第と割り切って研修病院を探していました。見学に来た時から、上級医の先生方がみな優しく、先輩方ものびのびと仕事をしているのが印象的だったため、この病院で研修することを決めました。1年間研修を終えた今でも、上級医の先生方がみな優しいことに常日頃感動しています。
最後に、1年間研修を終えた立場から、当院での研修のメリットを紹介させてください。当院で働いてよかったと思うのは福利厚生がしっかりしていることです。時間外業務に対して内容に応じた手当が支給されるのはもちろん、救急外来の当番は、準夜勤務、深夜勤務と分けられており、深夜明けの日は午前中で帰宅することができます。働き始めて思いますが、休みはとても大事です。夏季休暇などもしっかり確保されており、とても恵まれた環境だと思います。また、当院は初期研修医の数が多く、多様な背景をもつ同期と共に研修を送ることができますが、同時に後期研修医の数が多いことも魅力の1つだと思います。後期研修医の先生方が中心となって診療されているところを見ると、自分の将来の姿も描きやすくなりますし、何より年が近い分、相談なども気軽にでき日々楽しく診療することができます。初期研修医が守られている病院であるため、義務とされる業務は少なく感じますが、やりたいことに関しては「やりたい!」と言いやすい環境であり、積極的に取り組むことができる環境です。少なくとも私は、多くの先輩方や指導医の下、マイペースに、でも着実に成長できているような気がしています。
当院での研修に少しでも興味がありましたら、ぜひ1度見学に来てみてください。多くの初期研修医がおりますので、院内紹介とあわせて多様な研修生活の話を聞くことができると思います。皆さんとお会いできることを、当院一同楽しみにお待ちしています。

この病院の見学体験記

プログラム名を選択してください18件プログラムが登録されています
ブックマークを行うにはログインが必要です

気になる病院・研修プログラムはどんどんブックマークして、
あとから見返して比較したり、必要なときに行動できるようにしておこう!
このサイト上から資料請求や問合せが可能です。

まだ民間医局レジナビ会員でない方はこちら