国立病院機構 相模原病院
  • 市中病院

国立病院機構 相模原病院

こくりつびょういんきこう さがみはらびょういん

所在地
〒252-0392
神奈川県相模原市南区桜台18-1 大きな地図を見る
Thumb 13b9b92e50ebc92ff117
Thumb c80bba764ec04187b410
Thumb 6e5f9e1d498f0062d5ee
救急指定 病床数 医師数
アイコン2次救急 アイコン458床 アイコン99.0名
平均の患者数
外来患者993.1名/日 入院患者338.2名/日 救急車搬送患者8.9名/日 救急外来患者18.2名/日 心肺停止状態
搬送患者
-名/年

矢印病院情報どこ見たらいいの?病院情報のチェックポイント

病院情報詳細

運営団体名
独立行政法人国立病院機構
病院長
金田 悟郎
出身大学:北里大学
所在地
〒252-0392
神奈川県相模原市南区桜台18-1 大きな地図を見る
TEL
TEL: 042-742-8311
病院ホームページ
https://sagamihara.hosp.go.jp/アイコン
主な設備
CT、MRI、RI、血管撮影装置、放射線治療装置、骨塩定量、超音波(心臓、消化器、内視鏡下、乳房、骨盤内等)、内視鏡(上部・下部消化管、気管支)、リハビリテーション室
学会認定・修練施設等
日本内科学会、日本消化器学会、日本外科学会、日本整形外科学会、日本小児科学会、日本産婦人科学会、日本脳神経外科学会、日本耳鼻咽喉科学会、日本皮膚科学会、日本眼科学、日本麻酔科学会、日本泌尿器科学会、日本放射線科学会、日本病理学会、日本アレルギー学会、日本リウマチ学会、日本呼吸器学会、他
病院の特徴
当院は昭和13年4月に東京第三陸軍病院として戦時下に発足致しました。現在は政策医療の免疫異常(リウマチ、アレルギー疾患)分野における高度専門医療施設(準ナショナルセンター)に指定され、我が国のリウマチ・アレルギー疾患部門の指導的役割を果たしています。アレルギー疾患、リウマチ疾患を多く診療しており、その症例数は本邦有数となっております。また併設された臨床研究センターでは免疫異常を中心に活発な臨床研究が行われ、毎年多くの学会発表や原著論文を出しています。さらに「がん、成育、精神」医療に関しての専門医療施設にも指定され、地域の中核をなす総合病院として診療、医療分野への研究、人材育成など、明日の医療への前進に向けて積極的な活動を続けています。手術件数も年々増加し、昨年は内視鏡手術を中心に年間約4000件に達しました。「私たちは患者のみなさんの人権を尊重し、十分な説明と同意に基づき親切で心のこもった医療を提供します」という理念のもと職員一丸となり頑張った結果、2008年8月には念願の新病棟も完成しました。現在は新外来棟建設を目指し頑張っています。また晩夏には20年にわたり納涼祭を開催し、毎年約2500人の地域住民の皆さまの参加を頂き、地域との連携を深めています。
関連大学
杏林大学, 順天堂大学, 東京慈恵会医科大学, 東京大学, 横浜市立大学, 北里大学
国立病院機構 相模原病院