1. TOP
  2. スペシャルコンテンツ
  3. 徳島県立三好病院

病を通して、生を診る 徳島県三好病院

インタビュー

  • 藤永裕之院長 藤永裕之院長

    院長 藤永 裕之先生

    AI時代にこそ必要な“地域医療マインド”を獲得

    医師としての高い技術や知識はもちろん大切ですが、それだけで人を治すことはできません。高いコミュニケーション能力や倫理的思考力をもち、その患者さんにとって本当の幸せとは何かを常に考え、追究することができる全人的医療がとても重要となります。
    当院では『「病」を通して「生(活)」を診る』を研修理念とし、“地域医療マインド”涵養を目指した研修を行っています。『傾聴・共感・尊敬・感謝』を行動指針として、各診療科、多職種、地域・職域保健との連携、さらに患者さんやご家族も含めたチーム医療を実践し、研修では数をこなすのではなく一つひとつの症例を大切に診ることを重視しています。
    山間部における超少子高齢化という地域環境のなか、強いチーム医療の実践、そして一人ひとりの患者さんとじっくり向き合いながら全人的医療を通して獲得できる“地域医療マインド”は、進展する日本の超高齢化社会やAI化など未来の医療においても非常に重要なスキルとなるでしょう。たとえばDNR (蘇生処置拒否)においては倫理的な視点が必要ですが、患者さんの価値観や人生観を考慮した医療はAI時代になろうとも医師にしかできません。
    地域を支えられる医師になることは世界も未来も支えることができる医師になること。当院でなら、いつの時代にも、どのような場所でも医師として活躍することができる土台を獲得することができるでしょう。

  • 研修医 別宮彰起先生 研修医 別宮彰起先生

    研修医 別宮 彰起先生

    教育体制、雰囲気、生活面、全てが理想的な環境です

    当院は全スタッフの“顔が見える”環境にあります。各診療科は縦割りではないため、診療科に関係なく経験豊富な先生方と話せる機会が多く、救急研修で指導していただいた藤永院長にも普段からいろいろと相談に乗っていただくなど、どの先生とも話しやすいのが魅力。病院全体で研修医を見守り、育てる風土が根付いており、とても働きやすい環境が嬉しいですね。
    研修は、早い時期から実践的に手技を経験できることが特徴であり、気管挿管は他病院での研修よりも豊富に経験することができますし、指導も丁寧でわかりやすく、サポート体制も万全のなか安心して手技に臨むことができます。早くから医師としての責任感も培われますし、手技も着実に出来るようになりモチベーションアップにもつながっています。
    当直は月に2~4 回で希望日に入ることができます。忙しくて自分の時間が取れないということは決してなく、残業もほとんどありませんし、自己学習ができる時間もしっかり確保できます。土日の休みは呼び出しもなく、徳島市内に出かけてフットボールのチーム練習で汗を流すなど、オン・オフがしっかりしていることも魅力です。 山間部ですが病院は井川池田インターチェンジから約3分の場所にあり、交通の便も比較的良く、生活に困ることもありません。むしろ美しい自然豊かな癒しのある環境で研修生活を送れることは大きな魅力だと思います。少しでも興味を持たれた方は、ぜひ一度見学に来てください。

三好病院で働く3つの魅力

  • 地域医療イメージ写真 地域医療イメージ写真
    地域医療

    一人ひとりの
    生き方を支える

    詳しく見る
  • 救急医療イメージ写真 救急医療イメージ写真
    救急医療

    地域救命救急センター
    1次~3次を経験できる環境

    詳しく見る
  • 救急医療イメージ写真 救急医療イメージ写真
    病院全体のサポート体制

    一人ひとりが
    プロ意識をもった仲間

    詳しく見る

初期研修プログラムローテート例

「にし阿波初期臨床研修」プログラム科目内容
内容
必修科目 ●内科…24週(呼吸器内科・消化器内科・循環器内科・総合診療科) ●救急科…12週 
●外科…4週 ●小児科…4週 ●産婦人科…4週 ●精神科…4週 ●地域医療…8週
選択科目 徳島県立三好病院13科目、徳島県立中央病院19科目、徳島大学病院22科目、諏訪中央病院総合診療科、
より選択…44週(最後の4週間は徳島県立三好病院で研修)
例1「地域医療に重点を置いたローテート例」
4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
1年次 消化器内科 循環器内科 呼吸器内科 総合診療科 救急科 麻酔科
2年次 外科 諏訪中央
総合診療科
半田
小児科
半田
産婦人科
半田
地域医療
西祖谷
地域医療
三野
地域医療
徳大
内科
県中
精神科
緩和ケア
内科
例2「専門医研修に重点を置いたローテート例」
4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
1年次 消化器内科 循環器
内科
呼吸器
内科
総合診療科 県中
精神科
麻酔科 救急科 半田
小児科
2年次 半田
産婦人科
木屋平
地域医療
三野
地域医療
外科 外科 救急科
協力病院等

・徳島県立中央病院 ・徳島大学病院 ・つるぎ町立半田病院 ・三好市国民健康保険市立三野病院 ・組合立諏訪中央病院
・美馬市国民健康保険木屋平診療所 ・三好市国民健康保険西祖谷山村診療所

研修理念・メッセージ

病を通して、
生を診る

ここでは山間地に住まわれる患者さんも多く、さまざまな問題をかかえて来院されます。
単に医療を提供しただけでは患者さんが良くならないこともしばしば経験されます。
医療は病を治すためだけにあるのではなく、ひとを幸せにするための方策のひとつです。
もちろん、治すための豊富な知識と高い技術なくして医療は成り立ちません。
しかし、それらだけで人を治すことはできません。「病を通して生を診る」。
やさしさを忘れない急性期医療、私達と一緒にそんな医療を目指してみませんか?

指導医・先輩医師からのメッセージ

  • 循環器内科 蔭山徳人先生

    病院全体で研修医を
    サポートします

    循環器内科 蔭山 徳人先生

    当院の研修プログラムは、複数の病院との連携を図り、柔軟性に富んだプログラムとなっており、研修医の要望に対応した研修プログラムを組むことができます。また、当院は、徳島県西部圏域の拠点病院として、救命救急センターを運営しており、1次から3次まで様々な症例を経験することができます。
    私たちは研修医が楽しく、切磋琢磨しながら研修を行えるよう、指導医だけでなく、メディカルスタッフを含めた病院全体でサポートします。
    医師としての第1歩を、この自然豊かな阿波池田の土地で、はじめてみませんか?

  • 内科専攻医 山本博貴先生

    医師としての総合力が
    高まります

    救急専攻医 中野 勇希先生

    当院では内科・外科問わず、重症度も多様な患者さんがやってきます。分野を跨ぐ広い視野が必要な場面が多いですが、医師は皆仲が良いため相談がしやすく、専門以外のスキルや知識が身につきやすい環境だと思います。
    自分も含め若手の医師が多いので、気になることを相談でき、安心して研修ができると思います。
    今の時代、医師として自分の専門を極める以外に、どれだけ裾野を広げるかがとても重要だと思います。そういった考えをお持ちの方に、自信をもっておすすめできる病院です。

三好病院をもっと知る

  • 三好病院の写真
  • 三好病院の写真 三好病院の写真
  • 三好病院の写真 三好病院の写真
  • 三好病院の写真 三好病院の写真
  • 三好病院の写真 三好病院の写真
  • 三好病院の写真
三好市の魅力

徳島県三好市は、平成18年3月、三野町、池田町、山城町、井川町、西祖谷山村、東祖谷山村が合併し、誕生しました。四国のほぼ中央に位置し、古くからこの地域は交通の要衝として、また、県西部での社会、経済、文化、観光の中心として発展してきました。
豊かな自然が満載ですし、四国霊場第66番札所・雲辺寺、平家落人伝説の残る祖谷のかずら橋など、歴史的文化遺産なども魅力です。
また、阿波踊りや祖谷平家まつり、雪合戦四国大会などのイベント、井川スキー場腕山やラフティングスポット、妖怪屋敷、温泉などの施設もたくさんあり本当に素敵な土地です。

三好市の写真 三好市の写真
「誠実」で「信頼」される病院
徳島県立三好病院

徳島県三好市池田町シマ815-2

https://tph.pref.tokushima.lg.jp/miyoshi/clinicalTrainingGuide/

見学申込み・問い合わせ先はこちら

TEL0883-72-1131

地図
お問い合わせ・病院見学はこちらから