1. TOP
  2. 研修情報を探す
  3. 蒲郡市民病院 蒲郡市民病院臨床研修プログラム
蒲郡市民病院

市中病院

蒲郡市民病院

がまごおりしみんびょういん

蒲郡市民病院臨床研修プログラム

下記ボタンから申し込むと、施設へ連絡が届きます。

更新日:2022/07/19

オリエンテーション期間中の手技の指導風景

病院の早見表はこちら!

  • 指導医数(2022年度時点)

    33名

  • 初期研修医(2022年度時点)

    10名

    卒後1年次 5名

    卒後2年次 5名

  • 給与

    卒後1年次(月給/年収)
    月給 418,600円/年収 7,300,000円

    卒後2年次(月給/年収)
    月給 431,940円/年収 8,350,000円

    詳細はこちら

  • 当直回数

    1年次 4回/月
    2年次 4回/月

採用関連情報

  • 病院見学実施日

    随時

  • 採用予定人数

    5名

  • 昨年度の受験者数

    16名

  • 試験日程

    ホームページでお知らせします。

この研修プログラムの特徴

研修医の少ない中規模病院のメリットを生かし、研修医の希望する手技・手術などの予定が各診療科から報告されると、どの診療科で研修していても、その週あるいはその日の研修に組み込まれます。診療科を超えた無駄のない臨機応変な研修が可能。ローテートが替わっても、入院時に受け持った患者様を退院するまで継続診療することもできる自由度の高いプログラムであり、検査や手術はやらせて覚える参加型研修をするなど、満足度を高めています。

こだわりポイント

  • 手技に積極的

  • 指導体制が充実

  • on off がハッキリ

  • 少数精鋭の研修

年間計画表(例)

4月5月6月7月8月9月10月11月12月1月2月3月
1年次内科(オリエンテーションを含む)整形外科麻酔科外科小児産婦人科脳神経外科(救急)
2年次内科外科地域医療選択科目救急科(院外)精神科(院外)選択科目麻酔科(院外)選択科目
  1. 1年次
  1. 4月
  2. 5月
  3. 6月
  4. 7月
  5. 8月
  6. 9月
  7. 10月
  8. 11月
  9. 12月
  10. 1月
  11. 2月
  12. 3月

内科(オリエンテーションを含む)

整形外科

麻酔科

外科

小児

産婦人科

脳神経外科(救急)

  1. 2年次
  1. 4月
  2. 5月
  3. 6月
  4. 7月
  5. 8月
  6. 9月
  7. 10月
  8. 11月
  9. 12月
  10. 1月
  11. 2月
  12. 3月

内科

外科

地域医療

選択科目

救急科(院外)

精神科(院外)

選択科目

麻酔科(院外)

選択科目

スケジュールを

 
*研修期間は、必修科目56週以上と選択科目の合計104週とする。
*選択科目及びその選択順は、研修医が随時、センター長に希望を伝えることができる。
*センター長は支障がない限り、可及的に研修医の希望に添う。

研修環境について

在籍指導医(2022年度時点)
合計 33名

主な出身大学
札幌医科大学, 東京慈恵会医科大学, 聖マリアンナ医科大学, 金沢医科大学, 浜松医科大学, 名古屋市立大学, 愛知医科大学, 岐阜大学, 山口大学

■指導医の主な出身大学:
名古屋市立大学、藤田医科大学、愛知医科大学、浜松医科大学、東京医科大学
在籍初期研修医(2022年度時点)
合計 10名

卒後1年次の初期研修医数
5名(男性 4名:女性 1名)
主な出身大学
東京慈恵会医科大学, 聖マリアンナ医科大学, 浜松医科大学, 名古屋市立大学, 山口大学

卒後2年次の初期研修医数
5名(男性 3名:女性 2名)
主な出身大学
札幌医科大学, 金沢医科大学, 名古屋市立大学, 愛知医科大学, 岐阜大学

10名
在籍専攻医・後期研修医(2022年度時点)
合計 4名(男性 3名:女性 1名)

主な出身大学
名古屋市立大学, 藤田医科大学, 香川大学

当直体制
対応医師数
研修医以外の当直医 2名
開始時期
5月連休明け

協力型施設
名古屋市立大学病院、豊川市民病院、愛知医科大学病院、知多厚生病院、豊川保健所、五井の里、篠島診療所、日間賀島診療所、市内病院診療所
研修修了後の進路
当院職員として正規採用のほか研修医の選択に任せられている。
関連大学医局
浜松医科大学, 名古屋大学, 名古屋市立大学, 愛知医科大学, 藤田医科大学

給与・処遇について

給与
卒後1年次(月給/年収)
月給 418,600円/年収 7,300,000円
卒後2年次(月給/年収)
月給 431,940円/年収 8,350,000円

<給与>
1年次:副直手当あり、諸手当(月額)83,600円、賞与(年額)1,136,655円、通勤手当あり
2年次:副直手当あり、諸手当(月額)85,440円、賞与(年額)1,808,730円、通勤手当あり
医師賠償責任保険
個別に加入
宿舎・住宅
あり
病院で斡旋
家賃・共益費の80%(上限72,000円)を当院が負担
社会保険
市町村共済組合加入(健康保険、年金)
学会補助
あり

年2回を上限に補助
当直回数
1年次 4回/月
2年次 4回/月

当直料
1年次 25,000円/回
2年次 30,000円/回

時間外勤務として計算。おおむね上記の金額。
休日・有給
年次休暇 年間20日 / 夏季休暇 5日

病院見学・採用試験について

病院見学
病院見学実施日
随時
当直見学:あり
見学時交通費補助:なし

当院ホームページから申し込み
試験・採用
試験日程
ホームページでお知らせします。
選考方法
面接
採用予定人数
5名
昨年度の受験者数
16名
応募関連
応募書類
採用試験申込書(履歴書)当院指定様式、卒業(見込)証明書、成績証明書

応募連絡先
尾崎 俊文
TEL:0533-66-2203
E-mailhospital@city.gamagori.lg.jp

医学生の方へメッセージ

  • 指導医・臨床研修センター長石原 慎二

当院の研修の特徴は、第一に、とにかく実践してもらうことです。医師として手技が身についていなければ患者を助けることはできません。実践に裏付けられた知識ほど強固なものはありません。後期研修以後、専門知識、技術は蓄積されていきますが、基本手技を習得する期間は初期研修しかありません。当院では初期研修一年目で確実に挿管、中心静脈確保などの手技を体得できます。さらには、各種の超音波検査や内視鏡検査に加え、積極的に冠動脈造影や脳血管撮影まで経験してもらい、診断に至るまで確実にできるようになります。第二の特徴として、当院では指導医が直接、初期研修医を指導します。これは、当院のような研修医が少ない中規模病院だからこそなせる業です。決して屋根瓦方式(1年次研修医は2年次研修医が、2年次研修医は後期研修医が指導)ではありません。救急外来を研修医に任せきりということもあり得ません。知識と経験を充分に兼ね備えた各科指導医の直接指導だからこそ、前述のような救命処置、侵襲的処置や検査も存分に実践して頂けます。第三の特徴は、各科の枠を超えた横断的な研修環境を整え、医師としての‘総合力’を高めることを重視している点です。内科合同カンファレンス、内科外科合同カンファレンスのみならず、全科医師が一堂に会しての研修医症例検討会や、指導医が講師を務める医局勉強会も定期開催されます。また研修中の科に限らず、常に全指導医が研修医の指導を義務と認識し、診療科を超えた指導を日々心がけています。ぜひ一度、みなさんお誘い合わせの上、当院へ見学、実習にいらして下さい。当院の特徴を知って頂くには、やはり直接見て頂くことが一番です。その中で、当院のような地方の中規模病院の魅力を少しでも理解して頂ければ幸いです。みなさんのお越しを、病院職員一同、心よりお待ちしております。

この病院の見学体験記

プログラム名を選択してください1件プログラムが登録されています
ブックマークを行うにはログインが必要です

気になる病院・研修プログラムはどんどんブックマークして、
あとから見返して比較したり、必要なときに行動できるようにしておこう!
このサイト上から資料請求や問合せが可能です。

まだ民間医局レジナビ会員でない方はこちら