1. TOP
  2. 研修情報を探す
  3. 愛媛大学医学部附属病院 アイプログラム
愛媛大学医学部附属病院

大学病院

愛媛大学医学部附属病院

えひめだいがくいがくぶふぞくびょういん

アイプログラム

下記ボタンから申し込むと、施設へ連絡が届きます。

病院の早見表はこちら!

  • 指導医数(2021年度時点)

    174名

  • 初期研修医(2021年度時点)

    54名

    卒後1年次 28名

    卒後2年次 26名

  • 給与

    卒後1年次(月給/年収)
    月給 294,000円

    卒後2年次(月給/年収)
    月給 294,000円

    詳細はこちら

  • 当直回数

    原則当直をしない

採用関連情報

  • 病院見学実施日

    随時

  • 採用予定人数

    61名

  • 試験日程

    2021年8月11日(水)、27日(金)

この研修プログラムの特徴

(1)高いレベルの研修内容(指導医数やCPCなどの症例が豊富)、(2)研修医・学生とともにつくるプログラム(希望を尊重した豊富なプログラム)、(3)病院・地域が全員参加・支援する研修システム(研修医へのバックアップの充実)などが挙げられ、具体的には1.専門医同士の仲が良く連携がスムーズ、2.丁寧な指導医が多い、3.研修環境(部屋・福利厚生面)が充実している、4.専門医養成研修へのスムーズな移行、5.密度の濃いCPC(剖検率全国有数)などが特徴である。また、できるだけ学会発表や学外研修の機会を研修医に多く与えており、地域、国内外に視野を持てる幅広い医師の養成(愛媛で育て、世界に羽ばたく医療の創造という理念)に常に努めている。大学病院だけでなく、数多くの研修協力病院・協力施設での研修を組み合わせてフレキシブルな選択が可能であり、さまざまな希望に応えることができるプログラムになっている。ただ自由度を高めているだけではなく、一人ひとりのニーズを実現するため、各分野の専任アドバイザーがもっとも効果的なローテート研修のプランづくりを手伝っている。

研修病院タイプ
基幹型
URL

https://www.m.ehime-u.ac.jp/hospital/kenshu/

プログラムスケジュール

4月5月6月7月8月9月10月11月12月1月2月3月
1年次内科(24週)救急部門(12週)精神科(4週)外科(4週)小児科(4週)産婦人科(4週)
2年次地域医療(4週)選択(自由選択)  愛媛大学病院/協力型病院・協力施設(48週)
  1. 1年次
  1. 4月
  2. 5月
  3. 6月
  4. 7月
  5. 8月
  6. 9月
  7. 10月
  8. 11月
  9. 12月
  10. 1月
  11. 2月
  12. 3月

内科(24週)

救急部門(12週)

精神科(4週)

外科(4週)

小児科(4週)

産婦人科(4週)

  1. 2年次
  1. 4月
  2. 5月
  3. 6月
  4. 7月
  5. 8月
  6. 9月
  7. 10月
  8. 11月
  9. 12月
  10. 1月
  11. 2月
  12. 3月

地域医療(4週)

選択(自由選択)  愛媛大学病院/協力型病院・協力施設(48週)

スケジュールを

*1年目の研修開始病院を大学以外の愛媛県内主要病院(愛媛県立中央病院、松山赤十字病院、松山市民病院、済生会松山病院、済生会今治病院、市立宇和島病院)または愛媛大学病院を選択して研修することができる

研修環境について

在籍指導医(2021年度時点)
合計 174名

主な出身大学
日本医科大学, 金沢医科大学, 京都大学, 大阪大学, 岡山大学, 川崎医科大学, 広島大学, 香川大学, 徳島大学, 愛媛大学, 高知大学, その他

在籍初期研修医(2021年度時点)
合計 54名

卒後1年次の初期研修医数
28名(男性 16名:女性 12名)
主な出身大学
愛媛大学, 川崎医科大学, 山梨大学

卒後2年次の初期研修医数
26名(男性 21名:女性 5名)
主な出身大学
愛媛大学, 京都大学, 島根大学, 川崎医科大学, 久留米大学

在籍専攻医・後期研修医(2021年度時点)
合計 88名(男性 51名:女性 37名)

主な出身大学
藤田医科大学, 関西医科大学, 山口大学, 香川大学, 愛媛大学, その他

研修修了後の進路
■後期研修プログラムあり ■研修修了後の進路は研修医の選択に任せられている。

給与・処遇について

給与
卒後1年次(月給/年収)
月給 294,000円
卒後2年次(月給/年収)
月給 294,000円

<給与>
1年次:(時間外手当、通勤手当 別途支給)
2年次:(時間外手当、通勤手当 別途支給)
宿舎・住宅
あり
重信キャンパス内にレジデントハウスあり(2012年3月築)
社会保険
健康保険、労災保険、雇用保険、厚生年金保険あり
福利厚生
院内保育施設あり
学会補助
あり
当直回数
原則当直をしない
休日・有給
有給休暇:年20日(採用時付与)、夏季休暇(3日間)、年末年始休暇

病院見学・採用試験について

病院見学
病院見学実施日
随時
見学時交通費補助:なし
試験・採用
試験日程
2021年8月11日(水)、27日(金)
選考方法
面接、筆記
採用予定人数
61名
応募連絡先
総合臨床研修センター
TEL:089-960-5098
E-mailkenshu@m.ehime-u.ac.jp

医学生の方へメッセージ

  • 専攻医・第二内科小池 翔太

私はたすきがけコースで1年目を市中病院で、2年目を大学病院で研修しました。市中病院はcommon disease中心の診療になりますが、大学病院ではより稀な症例を経験でき、専門的な治療に携われます。また当院はシミュレーターの種類が全国屈指で私自身もCVCや挿管、心エコー、心カテのトレーニングのために頻繁に使用しました。また今年からKKBという研修医(K)による研修医(K)のための勉強会(B)が行われており、毎週、症例検討会や論文の抄読会をしています。症例検討会では、研修医が実際に経験した症例をもとに、鑑別疾患を考え議論します。1つの症例でこれだけ多くのことが学べるのだなと実感する時間でした。また抄読会では論文の効率的な読み方(PICO法)を使って、多くの論文を要点を押さえて読むトレーニングをすることができ、そのおかげで1週間に数本程度の論文を読む習慣ができました。当院で研修を行った1年は私の医師人生の礎となると思います。みなさんもぜひ当院で研修してみてください。

  • 総合臨床研修センター長熊木 天児

アイ(愛)プログラムでは、必須診療科研修の上に、キャリアプランに応じて多くの連携病院や診療科で研修できるところが特徴の一つであり、全国屈指の研修医育成を目指しております。臨場感あふれる多くのシミュレータ設備、国内初で導入されたご遺体を用いた実践的な手術手技研修(cadaver training)を通して、医療技術向上にも努めています。さらに、研修医同士が同じ視点で学びをシェアしながら、連帯感を高められる横断的な勉強会(KKB:研修医による研修医のための勉強会)が定期開催されており、臨床推論、ジャーナルクラブやハンズオンセミナーなどを通して守備範囲を広げています。将来の専門医取得も念頭に多くの学会における発表・指導も積極的に行っています。そして何より、指導医が「愛」をもってマンツーマンで丁寧に指導します。

プログラム名を選択してください0件プログラムが登録されています
ブックマークを行うにはログインが必要です

気になる病院・研修プログラムはどんどんブックマークして、
あとから見返して比較したり、必要なときに行動できるようにしておこう!
このサイト上から資料請求や問合せが可能です。

まだ民間医局レジナビ会員でない方はこちら