1. TOP
  2. 研修情報を探す
  3. 医療法人財団 東京勤労者医療会東葛病院 東葛病院 内科専門研修プログラム
医療法人財団 東京勤労者医療会東葛病院

市中病院

医療法人財団 東京勤労者医療会東葛病院

とうかつびょういん

東葛病院 内科専門研修プログラム

病院の早見表はこちら!

  • 指導医数(2019年度時点)

    5名

  • 給与

    卒後3年次(月給/年収)
    月給 480,000円/年収 6,560,000円

    卒後4年次(月給/年収)
    月給 500,000円/年収 6,840,000円

    卒後5年次(月給/年収)
    月給 520,000円/年収 7,120,000円

    詳細はこちら

  • 当直回数

    4回/月

採用関連情報

  • 試験応募締切日

    随時

専門研修・サブスペシャルティ

診察科内科
基幹施設/連携施設
基幹施設
連携施設
大田病院社会医療法人社団健生会 立川相互病院みさと健和病院船橋二和病院、みさと協立病院,代々木病院,大泉生協病院,王子生協病院,小豆沢病院,中野共立病院,城南病院,東葛病院付属流山セントラルパーク駅前診療所,東葛病院付属診療所,あびこ診療所,野田南部診療所

この研修プログラムの特徴

①東葛病院内科専門医研修プログラムは、千葉県東葛北部医療圏の流山市において中心的な急性期病院である東葛病院を基幹施設として、近隣医療圏および首都圏にある連携施設・特別連携施設にて内科専門研修を行い、千葉県の医療事情を理解し、地域の実情に合わせた実践的な医療を行えるように訓練され、基本的臨床能力獲得後は必要に応じた可塑性のある内科専門医として、首都圏の地域医療を担う内科専門医の育成を行います。

②初期臨床研修を修了した内科専攻医は、東葛病院内科専門研修施設群での 3 年間(東葛病院 2 年間+連携・特別連携施設 1 年間)に、指導医の適切な指導のもとで、内科専門医制度研修カリキュラムに定められた内科領域全般にわたる研修を通じて、標準的かつ全人的な内科医療の実践に必要な知識と技能とを修得します。
内科領域全般の診療能力とは、臓器別の内科系 Subspecialty 領域の専門医にも共通して求められる基礎的な診療能力です。また、知識や技能に偏らずに、患者に人間性をもって接すると同時に、医師としてのプロフェッショナリズムとリサーチマインドの素養をも修得し、可塑性が高く様々な環境下で全人的な内科医療を実践する先導者の持つ能力です。内科専門研修では、幅広い疾患群を順次、経験してゆくことによって、内科の基礎的診療を繰り返して学ぶとともに、疾患や病態に特異的な診療技術や患者の抱える多様な背景に配慮する経験とが加わることに特徴があります。そして、これらの経験を単に記録するのではなく、病歴要約として科学的根拠や自己省察を含めて記載し、複数の指導医や上級医による指導を受けることによってリサーチマインドを備えつつも全人的医療を実践する能力を涵養することを可能とします。

こだわりポイント

  • 症例数が多い

  • 福利厚生が充実

  • 積極的に手技ができる

  • いろんな大学から集まる

東葛病院 内科専門研修

英文抄読会総合内科学習会救急症例検討会
午前病棟
入院患者診療
総合内科外来救急外来病棟
入院患者診療
検査
超音波・内視鏡など
日当直
病棟診療
救急外来
講習会・学会
など
日当直
病棟診療
救急外来
講習会・学会
など
午後病棟
カンファレンス
病棟
入院患者診療
病棟
入院患者診療
訪問診療病棟
入院患者診療
日当直
病棟診療
救急外来
講習会・学会
など
日当直
病棟診療
救急外来
講習会・学会
など
夕方医局CC
 午前午後夕方
病棟
入院患者診療
病棟
カンファレンス
英文抄読会総合内科外来病棟
入院患者診療
医局CC
総合内科学習会救急外来病棟
入院患者診療
救急症例検討会病棟
入院患者診療
訪問診療
検査
超音波・内視鏡など
病棟
入院患者診療
日当直
病棟診療
救急外来
講習会・学会
など
日当直
病棟診療
救急外来
講習会・学会
など
日当直
病棟診療
救急外来
講習会・学会
など
日当直
病棟診療
救急外来
講習会・学会
など

★東葛病院内科専門研修プログラムに従い、週間スケジュールを調整します。
・日当直やオンコールなどは、病院全体もしくは Subspecialty 領域の診療科の当番として担当します。
・地域参加型カンファレンス、講習会、CPC、学会などは各々の開催日に参加します。

研修環境について

責任者
柿本年春
責任者の出身大学
慶應義塾大学
当科病床数
366床
当科医師数
7.0名
当科平均外来患者数
110.1名/日
当科平均入院患者数
290.0名/日
在籍指導医(2019年度時点)
5名

カンファレンスについて
随時開催
研修修了後の進路
継続研修、相談にて外部研修。

給与・処遇について

給与
卒後3年次(月給/年収)
月給 480,000円/年収 6,560,000円
卒後4年次(月給/年収)
月給 500,000円/年収 6,840,000円
卒後5年次(月給/年収)
月給 520,000円/年収 7,120,000円

上記に加えて各手当がつきます。
当直手当 平日:41,000円/回
     土・休日:45,000円/回

日直手当 40,000円/回

家族手当 12,000円 (2人目以降8,000円) 等
医師賠償責任保険
団体で加入
宿舎・住宅
あり
住宅補助 30,000円/月
社会保険
健康保険、労災保険、雇用保険、厚生年金保険
学会補助
あり

学会費用負担 1人2学会まで
学会参加費用 年間15万円まで支給
学会誌・投稿掲載料 全額負担
当直回数
4回/月

当直料
41,000円/回

当直手当 平日:41,000円/回
     土・休日:45,000円/回
休日・有給
有給休暇(初年度10日間)、夏期休暇(5日間)、年末年始休暇、週休2日制

病院見学・採用試験について

応募関連
応募締切
随時
応募連絡先
研修担当
TEL:04-7159-1011
E-mailresident_support@tokyo-kinikai.com

研修医の方へメッセージ

  • 指導責任者

東葛病院内科専門研修プログラムは、内科専門医として求められる一般的な知識・技術の習得のみならず、医師としての人格の涵養、医療の社会性の理解を深めることを重視します。また病院の地域における役割と求められる医療について理解したうえで、そのニーズに応えうる総合的な力量と必要な専門性を習得します。また、無差別・平等の医療・介護・福祉を担い創造しうる医師、基本的人権を尊重できる総合的視点を持つ医師、地域に求められる役割に応えて民主的なチーム医療を実践できる医師を養成します 。そのために「地域に出て 、地域に学び 、地域で育つ」地域基盤型教育を重視し、HPH(健康増進活動拠点病院)の視点、SDH(健康の社会的決定要因)をはじめ医療の社会的問題に対する科学的な視点、変革の視点を身につけることを目指します。

この病院の見学体験記

プログラム名を選択してください1件プログラムが登録されています
ブックマークを行うにはログインが必要です

気になる病院・研修プログラムはどんどんブックマークして、
あとから見返して比較したり、必要なときに行動できるようにしておこう!
このサイト上から資料請求や問合せが可能です。

まだ民間医局レジナビ会員でない方はこちら